今日は日曜日、解体工事も予定通り終わり工事は完全offになりました。
工事報告がないので、正尊寺庫裡のチョッとしたアイデアを紹介しましょう。

  その1・・・・・エレベータのかわり

c0209909_23291945.jpg先日の設計士さんと丸平さんとの協議のおり、設計図面からちょっと尋ねてみました。
報恩講あけの事務機器引越のときに、事務機器やさんから「これらの機器を2階まで上げるには、専門家でないとどうにもならないので、相当額の移動料をいただきます」といわれたことが頭の奥から離れず考えていたことを聞いてみたのです。

c0209909_2330858.jpg図面では玄関を入ると吹き抜けです。天上は小屋組を見せるような意匠、その梁にウィンチを付け2階に重量物を上げ下げできるように出来ないだろうか・・・・。
厳しい予算のために2階のアイテムが当初図面からどんどん消えて、キッチンや作り付けの家具は予算に応じて「既設」という表記に変わり、今までの物を再利用することになっています。
吹き抜け2階の書棚もそのうち見合わせになることでしょう。
それなら、いっそ可動式の手すりにして荷揚げスペースとしても利用できないかと考えたからです。すると、丸平建設の総監督K常務が「荷物はエレベーターで上げれば良いじゃないですか・・・」といわれました。
確かにエレベーターのスペースは確保してありますが「EV将来用」と明記、最初から予算が届かないことは織り込み済みです。
でも・・・そこで思い付きました・・・・
c0209909_2331529.jpg


c0209909_23314160.jpgエレベータスペースを確保した物置の2階を踏天上にして、屋根裏まで空洞にすれば、現在のお倉と同じように踏天上を移動させ、床に穴をあけウインチで引っ張り上げれば良い事に気が付きました。
物置と荷揚げスペース、バリアフリーにキャスターで両立するアイデアが現実に可能であることを確認しました。

c0209909_23311840.jpgそんなことを思いながら、解体屋さんが屋根瓦を降ろす作業を見ていると、職人さんがユンボのバスケットに乗せられ、大屋根から降りてきました。
本当はこんな使い方をしてはいけないのでしょうが、梯子を掛けながら降りるより圧倒的に速くて楽でしょう、ユンボがエレベーター代わりになっていました。

c0209909_23371595.jpgそれを見ていてまた思い付きました、車椅子の前住職もイザとなったら、物置シャフトのウィンチで上げ下げすれば簡単快適。
電動ウィンチなら介添え一人いれば問題なし、不特定多数には非対応ですが、内々ならば問題ないでしょう。
数百万円のエレベータ機能が数万円のウィンチで済むわけです。
正尊寺のお庫裏はこうしたアイデアいっぱい詰め込み、楽しく明るい空間にしたいと日々坊守と住職は相談しながら考えています。

by shoson | 2010-01-31 00:00 | アイデア | Comments(2)

Commented by mts-r at 2010-02-02 10:52 x
スゴイアイデアです。飛び抜けてます。私も揚げられるように重量150キロでお願いします。楽しみ増えました。
Commented by shoson at 2010-02-02 23:45
でしょう(^_^)v

予算無くたって、アイデアでフォロー・・・楽しくなってきます。
まだまだ、サプライズなアイデアを温めています。
楽しみにしていて下さい。

<< 除却許可    解体作業10日で整地まですべて... >>