庫裡が完成し最初の行事は前住職の本葬でした。
c0209909_2244189.jpg
c0209909_2244928.jpgはじめに庫裡建設に尽力していただいた正尊寺総代の本部委員と建築委員の皆様で集合写真を撮りました。

c0209909_22441745.jpg葬儀のお取り持ちは各地区の役員さん120名、大広間に集合しそれぞれの持ち場分担の説明会が開かれました。
電気屋さんが付けたホームシアターの音響設備でもTOAのKZ30をマイクミキサーとして使い充分大広間で対応できました。

c0209909_22442590.jpg関係者のお斎は60㎝×180㎝の座卓に6名ずつゆったりと頂くことができました。

c0209909_22443222.jpg控室は、念のため養生ボードを敷きお斎の配膳場所に使われました。
8畳間ですが充分に活用されていました。

c0209909_22443914.jpg2階の座敷は襖を外し、二つの広間としてしようされました。
床間の8畳と仏間の5畳は会行事さんと楽人さんが入られました。

c0209909_22444615.jpg中の間と下の間の8畳は美濃四十八座のご院さんや親戚の法中さんが入られました。

書院の3部屋と2階の4部屋の和室はこうした大掛かりの法要には無くてはならないお座敷になりました。

c0209909_22445457.jpg1階大広間は開け放たれスクリーンも降ろされ本堂の様子が映しだされ、葬儀サテライト会場として働いてくれました。

c0209909_2245212.jpg今回の葬儀では一般会葬者の焼香がスムーズに流れるよう、本堂縁の焼香台から庫裡へと靴袋を手に手に移動するよう流が作られました。
1間の広い庫裡廊下やホールが緩衝地帯となり、スムーズな人の流れができました。

c0209909_2245960.jpgお焼香の後庫裡の見学もして、庫裡玄関で靴を履き境内へと排出される会葬者、ゆったりとした流になっていました。

c0209909_22451783.jpg葬儀の後は大広間で170名の親戚と総代役員による法要が勤まりましたが、52畳とそれを取り巻く広い縁廊下で十分対応できました。
その後の会食も140名が一同に割子弁当を頂くこともでき、新築なった庫裡のキャパシティが発揮された前住職の本葬でした。

c0209909_22452414.jpg


by shoson | 2010-12-20 08:30 | 行事 | Comments(0)

<< 門信徒の画廊 第1号    タイトルを変え再出発します。 >>