c0209909_11595634.jpg
c0209909_120418.jpg1月13日からは本格的にお取り持ちの方々が入られ報恩講準備が始まります。
3日間で約1000食分のお斎、下ごしらえも大量です。
大根と人参をツキツキして“なます”の準備、お取り持ちの皆さん思い思いの快適な場所を陣取り作業開始です。


c0209909_120111.jpg昨年までは陶器の瓶に入れて保管しましたが、庫裏工事中に割れてしまい、今年からはプラスチックの桶で保管です。
風情はなくなりましたが、衛生的で収納も便利になりました。

c0209909_1201923.jpg土間流しは横一列に並んで作業ができ、人の動きがスムーズになりました。

c0209909_1203187.jpg土間流しと板間調理台が対面なので、お互い違う作業でもコミュニケーションができ、賑やかに作業が進んでいきます。
例年、外回りやお華束の着色が終わっても、台所の下こしらえが終わることはありませんでしたが、今年は早々と終わり、名物のかぶら煎りまで完成できました。
以前の台所とは違い、新しい厨房の使い勝手は大変良いようです。



by shoson | 2011-01-13 11:58 | 行事 | Comments(0)

<< 報恩講の控室    厨房で作るお華束 >>