c0209909_9303.jpg
c0209909_931781.jpgかつての庫裡とは間取りも構造もまったく変わった玄関、報恩講の受付を思案しました。
結果、今までの座っての受付でなく、玄関土間で立って受け付けてもらうことにしました。
玄関から土足で直接の方とホールから素足の方どちらも対応できるように、半間だけスノコをを敷きました。

c0209909_932434.jpg報恩講にはたくさんのお仏飯がお供えされます。
そのお米を整理するのは玄関横の待合室、普段置かれた箱火鉢机を会議室に移動させ、スペースを作りゆったりと作業をしてもらえました。

c0209909_933290.jpg会議室は箱鉢机を置き、イスを並べ事務所代わりにして法要の約束や、総代さんの控室になりました。
もちろんテレビも運び込み、本堂の高座説教がお聴聞できるようにしました。
正尊寺のお庫裡では何処でもテレビのアナログUHF52チャンネルで本堂の様子が見られます。

c0209909_934239.jpg玄関ホールには大正時代から使われている大火鉢を出しました。
板敷では冷たいので、半分は電気カーペットと火鉢の下は普通のカーペット、その上に毛氈を敷き、せっかくの和風のホール雰囲気を出つつ、暖を取れるようにしてみました。

c0209909_935282.jpg玄関入口には大型ブルーヒータを置きましたが、受付では足元へ外気が直接入ってきて冷えてしまいます。
急遽、フリース膝掛けとガムテープで机を被いにしました。

反省:受付机の防寒足元囲いの準備が必要
c0209909_94268.jpg明るくなって火鉢とホットカーペットで暖められた玄関ホール、自動給茶器も廊下に置かれ、休憩時間はご門徒さん方まったりと歓談できる場所になりました。

c0209909_941190.jpg16日御満座には真正の楽人さんが10名ほど来てもらえます。
今までは寒い本堂南落ち間が休憩所でしたが、庫裡2階のお座敷2間に入ってもらえ、綺麗で暖かく着替えもしてもらえるようになりました。


by shoson | 2011-01-16 10:44 | 行事 | Comments(0)

<< 2月の門信徒画廊    報恩講の厨房は流れ作業 >>