c0209909_7355317.jpg
c0209909_736589.jpg昨年は庫裡建設で1年間永代経法要のお斎は出せませんでした。
庫裡が完成し初めての永代経法要、開闢法要(かいびゃくほうよう)のお斎は2ヶ年度分、大広間のキャパティシーが試される法要でもありました。
初日34名、2日目19名の開闢法要のお斎でした。

c0209909_7383849.jpg厨房では21日から近在のお取り持ち方の手で作られていきます。

c0209909_736286.jpgガス台には別口のコンロが置かれ、天ぷらが揚げられます。
業務用フライヤー置きたかったのですが、予算が間に合わず断念しましたが、ベテランのお取り持ちのお陰で上手に揚げられます。

c0209909_7363816.jpg吉野葛を使った胡麻豆腐、IHのアイランドキッチンで段取りよく美味しくできあがりました。

c0209909_7364532.jpg控えの間では輪島塗の器に盛りつけされました。

c0209909_7365478.jpg今年の開闢法要精進料理、本塗りのお膳に和紙を敷き一汁七菜のお斎です。

c0209909_737273.jpg法要が終わる頃には予備を含め36膳、準備万端整いました。

c0209909_7371065.jpg120年以上続いた正尊寺永代経開闢お斎、新しくなった庫裡で一段とバージョンの上がったお斎になりました。
ゆっくり召し上がってもらい、午後からお聴聞ゆっくりしてもらえました。


by shoson | 2011-03-22 12:00 | 行事 | Comments(0)

<< お彼岸のお斎    拈華微笑 >>