c0209909_21444929.jpg
c0209909_21445728.jpgおみがき前日、本堂にはゴザを敷き座卓を並べおみがき作業場が設営され、お内陣の真鍮の仏具を降ろし、パーツパーツ作業がし易いように机に並べられます。

c0209909_2145585.jpg正尊寺普段の五具足は真鍮ですが、報恩講は本願寺派正式の宣徳色のお仏具を出しお荘厳します。

金色の真鍮五具足は磨かれ一時休憩です。

c0209909_21451353.jpg庫裡はおみがきと同時に行われるお華束作りの準備もされます。


c0209909_21452230.jpg厨房もお華束作りで粉だらけになるため、ビニールシートや養生テープを使いしっかりガード、IHレンジの換気口もしっかり目張りを忘れませんでした。
この準備をキッチリしておかないと後のお掃除が大変になります。

c0209909_21452987.jpg朝8時半には婦人会の皆さん集合し、一斉に仏具みがきが始まります。
大勢での作業、1時間ばかりで見る見る金ピカの輝きが戻る仏具です。

c0209909_21453834.jpg午前10時にはおみがきも終わり、粉まみれになっても良いように、ブルーシートで養生された会議室で休憩です。
その間、仏婦会長さんから15日報恩講で献灯献花のメンバー募集など、和気相合のいっぷくです。

c0209909_21454633.jpg厨房ではお昼ご飯の準備も並行して行われています。
味ご飯イイ感じのお焦げもできて美味しそうです。
こうして大勢の力でおみがきも終わり、昼食時には住職からも御礼、とこれからの仏教婦人会への期待とお願いがされました。


by shoson | 2012-01-11 09:00 | 行事 | Comments(0)

<< 報恩講お華束作り    厨房便利アイテム制作 >>