c0209909_9575070.jpg
c0209909_958345.jpg4月27日午前8時、役員お取持ち庫裡広間に集合、大遠忌法要準備の1日が始まりました。
昨夜までに法要記念品のほとんどが、業者さんや宅配便で届けられ、庫裡のあちこちに段ボールの山ができていました。

c0209909_9581149.jpgお取り持ち女性陣最初の作業は、参詣者用記念品の袋詰め作業です。

c0209909_9581955.jpg参拝記念品
この法要のために刊行された記念誌で、庫裡新築の全容をまとめた写真集と音楽法要の経本を兼ねたもので、1,500冊印刷されました。
あと一冊は本山から出版された『拝読 浄土真宗のみ教え』で、これも正尊寺バージョンで金文字で正尊寺と印刷されています。

c0209909_9582795.jpg参拝記念品として準備されるのは1,200部、これだけ作っておけば、門徒以外の方がどれだけお参りに来られても安心して差し上げることができます。

c0209909_2341356.jpg記念誌を袋詰めしている頃、お菓子処吉野屋さんが稚児参加記念品になるキッズサンガプトラどら焼を搬入してもらえました。

c0209909_9584449.jpg記念誌の袋詰めが終わっても、どら焼が届くと休憩するまもなく、稚児行列参加者の記念品の封入作業が始まりました。


c0209909_9585116.jpgお稚児さん参加記念品
この度の大遠忌用にオリジナルで作られた片紐の不織布バッグ、青色の大遠忌カーラーにオリジナルロゴと取っ手も付いた可愛いバッグです。
それにプトラの子供式章、どら焼、プトラ念珠、お菓子、親子キッズサンガティッシュと豪華な景品をそろえました。

c0209909_9585842.jpg稚児記念品は結構かさばります、人海戦術で630袋詰めましたがえらい量に膨れあがりました。

c0209909_959899.jpg大勢の力でなんとか昼前に記念品袋詰め作業は完了しました。
大広間のまん中を占領した記念品を避けるように、役員さん方は昼食です。

c0209909_9591828.jpg昼食が済むと、男性役員さんが稚児記念品の入った段ボール箱を倉庫へと運んでもらえました。
その光景はまるで蟻の行列、630人分の記念品の量に驚くことでした。



by shoson | 2012-04-27 08:30 | 行事 | Comments(0)

<< 大遠忌準備:境内外回    大遠忌準備:掛けだし >>