c0209909_12121484.jpg
c0209909_12124747.jpg正午を回るとご法中方がやって来られます。





受付をされると、法要式典係の役員さんが、鞄を持ち先導して大玄関に迎入れます。



庫裡2階の座敷には奏楽員の方々も集合、お揃いの鉄線模様の五条(特別法務員:本山の雅楽声明のスペシャリスト)を付けてスタンバイです。

c0209909_12123597.jpg控室の特設お茶所では、呈茶係の晴れ着を着た娘さんもスタンバイです。





12時40分
ご法中方がお衣を着替え、庫裡仏間へ移動が始まると30客用意された茶碗にお湯が注がれ、お抹茶が点てられます。


c0209909_1213274.jpg庫裡仏間に定刻集合のご法中が緋毛氈の上に円型に座られると、二人の娘さんによってまずお菓子が配られます。



お菓子が配り終えられると、8人の娘さん達によって一気にお抹茶が配られます。


赤い毛氈の上に緑と黄色の椿模様の茶碗が並び、色とりどりの衣を付けたお坊さんがお抹茶を飲む、壮観でした。

c0209909_12125216.jpg差定説明
30人分のお抹茶接待には、10分少々の時間が要しましたが、お茶碗が引かれると、一同北側入口に注目です。


12:55
予定より少し遅れてですが、超宗寺鷲見会行事さんから。宿坊勤行と庭儀(ていぎ:稚児行列)の説明が簡潔にされました。

日程表では





法要委員長の宿坊挨拶
林法要委員長からご参集のお寺さんにお礼が述べられ、いよいよ宿坊(庫裡仏間)勤行のスタートです。



役員役稚児参拝
裃を着けた本部役員と参与、お坊さんに付く役稚児も襖を隔てた広間で宿坊勤行参拝のため待機です。

庫裡配置図

c0209909_12131998.jpg午後1時 仏間勤行
奏楽員の音取りが始まると、静かに襖が開け放たれます。
カーテンを引くように、仕切られた2部屋が52畳の大広間へと一瞬に変わります。



24畳の仏間と28畳の広間が合体し、一気に法要の雰囲気があがりました。



正尊寺庫裡設計の要、格納式襖の真骨頂、最高の演出ができました。



雅楽合奏が始まると円座になった法中は移動し、ご本尊に向かい3列に整列し直し、お勤めが始まります。

c0209909_1213879.jpgお勤めは『讃仏偈さんぶつげ

30人のお坊さんによる勤行、木造の庫裡全体が共振しているような素晴らしいお勤めでした。

c0209909_12133475.jpg移動
お勤めが終わると玄関から、準備した新しい草履を履いて貰い、稚児行列のスタート地点への移動ですが、その間に記念写真が入ります。。


法中記念写真
庫裡をバックに法中参の集合写真を撮りました。
天気もよく新築庫裡を背景の記念写真になりました。



c0209909_12132586.jpg役員・役稚児記念写真


総代さんや参与の皆さん、裃を着けるのが初めての方々ばかり、皆さんうれしそうです。



30名の法中用に設えた撮影場所、子どものお稚児さんでも、冠を付けると大人と背は変わらなくなり、整列にチョッと時間がかかりました。
ここで予定より10分ほど遅れがではじめました。




プロカメラマンもですが、まわりを取り囲んだ保護者の皆さんも真剣にシャッターを押していました。

c0209909_12135359.jpg記念撮影が終わると。稚児行列集合場所の市役所グランドへ移動します。


お稚児行列参加者は1時20分の集合案内でしたが、相当早くから集まってこられる参加者もあったようです。
稚児行列集合図
機転を利かせた稚児係の責任者は、整列場所を芝生グランドから全天候の「かがやきドーム」へ変更、1000坪以上有る屋根の下での整列、暑さを凌げ最良の決断。
赤ちゃんも多い行列だけにこういう施設ができていて助かりました。

法中係の役員さんが行列の体系を作るために走り回っていられたのも印象的でした。



稚児行列スタートです!
c0209909_12134124.jpg



by shoson | 2012-04-29 13:00 | 行事 | Comments(0)

<< 大遠忌稚児行列    大遠忌2日目の午前 >>