c0209909_18321798.jpg
c0209909_18322438.jpg報恩講一日目、昨日からお取持が本堂も庫裏のお斎も準備万端で迎えました。

本堂も準備よし




庫裡お斎場もよし



c0209909_18323252.jpgところが未明からあいにくの雨ですが、雪になるよりはましだと、焚き火を断念しカーポートで炭起こしからご奉仕の始まりでした。

c0209909_18324052.jpg庫裡はほぼエアコンで温度管理していますが、やっぱり懐かしい火鉢に炭火は報恩講の風物詩です。
起こった炭をてんこ盛り入れてもらいました。

c0209909_18371363.jpg正尊寺報恩講の法話は、伝統の高座でのお説教です。
今年も真正浅木の高田先生、優しく丁寧に噛んで含めるようなお取り次ぎです。

c0209909_18325575.jpg昨日のお取持プレゼンでは報恩講を勤めるための大切な財施、たくさん集めて下さいとお願いしただけあって、半纏を着け一人一人の前にヒシャクを差し出し、休憩時間には頑張ってもらえました。

c0209909_1833191.jpgお説教中でもお斎に付く人はたくさんあります。
ほんとはお説教が済んでからでしょうが、正尊寺はそのあたりの規範アバウトで、腹ごしらえしてからお聴聞お方も沢山おられます。

c0209909_18331191.jpg午前中は次から次へと、受付にご門徒が来られます。
受付係の方は休む暇がありませんでした。

c0209909_18331749.jpgお説教が終わった正午にはお斎場は満席、廊下まで参詣者が並び50人強の座席が3回転ばかりしたようです。

c0209909_18332521.jpgお斎場があくまで、火鉢に当ながらご法義談に花が咲く、報恩講ならではの光景です。
今日は祝日で、子どもさんを連れての参詣者が多く、明るい未来が感じられました。

c0209909_18333976.jpg厨房の洗い場は戦争状態、食器を回転させなければ並んでいる方をこなせません。
本日のお斎300食以上でたようで、お取り持ちの皆様たいへんお疲れ様でした。


c0209909_18334898.jpg午後のお勤めは、八木の西光寺さんがお導師を勤めてもらえました。
法中に正蓮寺さんも来ていただけ、賑やかにお勤めさせてもらえました。

c0209909_18335577.jpg午後4時過ぎ午後の法話も終わり、片付けと明日の準備も終わり、前班のお取り持ちの皆様は会食です。
52畳を一輪にしての歓談、壮観でした。

上長瀬、古川のご門徒の皆様、2日間のお取持ありがとうございました。


☆ 去年の報恩講第1日目

by shoson | 2013-01-14 14:30 | 行事 | Comments(0)

<< 平成25年 報恩講2日目    平成25年 報恩講準備日 >>