c0209909_21125462.jpg
c0209909_2113477.jpg報恩講中日、厨房の勝手口横にはクミタ豆腐の番重がうず高く積まれていました。
13日から3回に分けて配達された丸アゲは1000個、回収されずに置いてある番重を見ると、お寺と言うより豆腐屋さんといった感じに見えます。

c0209909_2113941.jpg本日最後の仕込は200個、ヘソを付け湯せんにされ味付けがされていきます。

c0209909_21131849.jpg煮上がった丸アゲは、アルミ番重に形を整え移され出番を待ちます。

c0209909_21132367.jpg配膳室では黒塗りのお椀に、盛りつけられ広間の食卓に並べられていきます。
本日も300食弱出たそうで、配膳のお取り持ちは休む暇無しであったそうです。

c0209909_21133132.jpg報恩講2日目、朝のお勤めは『初夜礼讃』ですが、美濃四十八座の中で練習したりで、ご門徒もだんだんと付いて読まれるようになりました。

c0209909_21133842.jpg午後の法要は仏婦の献灯献華で始まります。
役員さん21名ほぼ全員出席してくださり、10対のお供えをすることができました。

c0209909_21135043.jpgおみがきの後練習もして、みなさんバッチリ厳かなお供えとなりました。

c0209909_21135631.jpg15日はいつも満堂、総代さんは余間に坐ってお参りです。

c0209909_2114569.jpgお勤めは「宗祖讃仰作法:音楽法要」CDの伴奏ですが、イイ感じでみなさんお勤めしてもらえ、これから毎年定番になりそうです。

c0209909_21141612.jpg法要の後は、総代さんや各教化団体の代表焼香で締めくくりとなりました。


☆昨年の報恩講2日目

by shoson | 2013-01-15 13:30 | 行事 | Comments(0)

<< 平成25年 報恩講最終日    平成25年 報恩講1日目 >>