c0209909_63476.jpg
c0209909_635493.jpg連日35℃を超える猛暑、体調を崩される方もおられるような今年の夏、例年通り宝物の掛け軸を内陣に奉懸しお盆会をお勤めしました。
午前9時半、午後1時半の二座、中央仏教学院で勉強中の若院も出仕でのお勤めでした。


c0209909_64296.jpg法話は京都龍谷大学教授の葛野洋明先生、お車でおいでかと思っていたら、本巣駅から徒歩でとのこと、お迎えを怠り申し訳ないことでした。
しあし、自ら編纂にも携わられた、『拝読 浄土真宗のみ教え』から、お盆についての一節を読んでのご法話でした。

c0209909_64986.jpg迷いと悟について、分かり易い例話で丁寧なお取り次ぎを頂きました。
その中でも、十八願文の『唯除』を「通抜け禁止」の看板に譬えての、アミダ様の手回し納得させられました。

c0209909_641660.jpg午前も午後も法話の休憩にはカキ氷を出し、シロップもお好みに会わせてもらい、宇治金時からイチゴまでそれぞれお好きな味で、体を冷やし少しでも気持ちよくお聴聞してもらえるようにしました。


c0209909_642487.jpg今年は土曜日とも重なり、お子様連れでのお参りもあり、ありがたい反面、お盆続きの週末で有り、まだお盆モードのお宅もあるようで、参詣者数の伸びなやみは残念でした。

c0209909_643132.jpg本堂縁での割り竹素麺から会場移動した、流しソーメンのお斎も定着して、年々段取りも良くなり、今年はテントを建てることもなく、木陰を利用して涼しげなお斎会場が設営されました。

c0209909_64387.jpg流しソーメンの水源は手水鉢の龍頭、あまり水圧が揚がらず水勢は上がりませんが、2本つなぎ12mの大人のソウメン流しにはちょうど良い感じです。

c0209909_644522.jpg市の上水道は水があまり冷たくありません、素麺をより美味しく味わってもらうために、おダシに氷を入れ清涼感アップしています。

c0209909_6453100.jpg気さくな葛野先生、お同行に混じって流しソウメン楽しんで頂けました。
こうした和んだお斎になるのも屋外での流しソーメンららではの光景です。

c0209909_65232.jpgただ、お薬を飲んでおられる方などからは、流しソーメンは食べ過ぎるのでというリクエストも有り、一人前のどんぶりソーメンも準備しています。


c0209909_651392.jpg今年は地元有力者の葬儀とも重なり、ゆっくりお聴聞する方が目減りし寂しいことでしたが、最後に住職から9月の中川北組公開講座への勧誘もしっかりなされました。


昨年のお盆会アルバム

by shoson | 2013-08-17 16:00 | 行事 | Comments(0)

<< 平成25年 秋彼岸永代経    平成25年度 盆おどり  >>