c0209909_1745978.jpg
c0209909_17452322.jpg台風24号が遠ざかり影響はありませんが、夏日となった蒸し暑い真宗講座となりました。

田んぼの稲は頭を下げ、お聴聞する姿のなか、パープルの美濃四十八座ノボリがはためいています。


c0209909_17453097.jpg受付
今回は本山から『季刊せいてん』の記者2名が取材に来られ、写真は撮りまくり、参詣の方々へ取材ありまくりでした。


c0209909_17454282.jpg昼の部定刻には堂内も縁も腰掛けはほとんど埋まり超満堂、向拝はクツの脱ぎ場のないうれしい悲鳴となりました。

c0209909_17455058.jpgお勤め
最近昼の部も若い方の姿かチラホラ見られるようになり、このお座に関しては世代交代の可能性が垣間見られます。

c0209909_17455727.jpg仏事作法
iPadのKeynoteを使ったプレゼンもだんだん慣れ、今回お取越のお供えシリーズでは、クリスマスプレゼントより喜ばれる「おさがり」をと、アジテーションのようにお伝えしました。

c0209909_1746523.jpg法話
200名の聴衆ほとんどが、うつむくことなくご講師の方を向き、心地よくお聴聞を楽しんでいるように見えます。

c0209909_17461357.jpgご講師
大阪行信教校の教授、天岸浄圓先生は4度目のご出講です。
「往生浄土の目的」というテーマで、念仏者の行く末を受け止めやすいなかにも、厳しく誡められました。

c0209909_1746223.jpgとても厳しいお話なのに、皆さん幸せそうに頷き聞き入っています。
苦が転ぜられる仏法の醍醐味を味わっておられるようです。

c0209909_17464934.jpg休憩
お勤めのあと、法話の音聲(おんじょう)休めの時は庫裡の大広間は休憩場になり大賑わいです。
飲み物は廊下に、ホット・アイスのコーヒーとお茶を準備、思い思いのリラックスでした。

c0209909_17465935.jpg出店
今回も京都からわざわざ法座を賑やかにするため、鷲見法衣仏具店さんが販売ブースを開設してもらえました。


c0209909_17471015.jpg茶菓子
今回は3ヶ月ぶりの開催で冷凍保存していたお菓子がてんこ盛りでしたが、綺麗に無くなりました。
恐るべし、お同行の食欲冷凍庫や冷蔵庫で保管したお供え物の山、きれいに頂いてもらいました。

c0209909_17472465.jpg飲み物やお茶菓子をゲットすると、思い思いの場所でリラックス、お聴聞するエネルギーの充電完了です。

c0209909_17473358.jpg200名の参詣者が集まると駐車場も満杯、隙間なく有効的な駐車の仕方が回を増すごとに旨くなっています。

c0209909_17474269.jpgPM4:40
天岸先生の力の入った法話は10分延長、言いしれぬ充実感を胸に抱き、皆さん家路を急がれます。

c0209909_1748443.jpg 夕食
今回は木曜日、いつもの「わかのや」のお弁当は定休日、黒野の「蕎麦むらせ」さんにキャラバン号でご案内、手打ち蕎麦をすすりながら、先生の蘊蓄を聞かせたもらいます。

c0209909_17475570.jpg
c0209909_17481448.jpg夜座
夜の受付には学校や保育園を済ませた、最年少10回入門課程修了のアンナちゃんと、しゅう君がお手伝いしてくれました。

c0209909_17482861.jpg夜の法話
夜座の天岸先生、凜として往生浄土の目的をお釈迦様の誕生物語や捨身飼虎(しゃしんしこ)の譬えでお話しされました。

c0209909_1748406.jpg夜座も満堂
しんみりと聴かせてもらえる夜座、その雰囲気がたまらなく病み付きになられる、チョッと若いお同行が増えてきました。
10時過ぎまで誰一人帰る人無く、張り詰めた美濃四十八座ワールドが展開されました。

c0209909_17485551.jpg
c0209909_17492442.jpg表彰
今回はPremium150回到達された方が4名おられ、庫裡で店開きしている鷲見法衣店の賞品の中から、親鸞さま透かし入りミニ念珠ストラップを購入し、記念品としてお渡ししました。

c0209909_17493561.jpg108回FinalStage
満了課程は1名の方がクリアされ、現在17名の方が金のバッチを輝かせておられます。

c0209909_17494352.jpg80回AdvanceStage
上級課程は3名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
いよいよFinal108回を目指し、休まずお聴聞がんばってください。

c0209909_17495351.jpg50回StandardStage一般課程終了の方は1名、通算83名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。

c0209909_1750362.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は5名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、160名となりました。

c0209909_17501243.jpg10回EntranceStage入門課程をクリアされ表彰されたのは7名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は361名に達し、Fastステージを越えたこの方々によって美濃四十八座は支えられています。




by shoson | 2013-10-10 22:10 | 行事 | Comments(0)

<< 平成25年 除夜の鐘    平成25年 秋彼岸永代経 >>