c0209909_08304644.jpg
c0209909_08363795.jpg正尊寺真宗講座が始まったのは平成13年7月、まる13年が経過し季節や天候にあまり左右されない法座となりました。今回も36℃を超える猛暑日となりましたが、定刻の1時間も前から次々とお同行が受付に集まってこられます。
c0209909_08373061.jpg美濃四十八座にはお聴聞の達人と呼ばれる方々がいます。達人方の席は最前列、腰掛けなど無くても平気、定刻になると連れ添ってニコニコしながらは本堂に上がってみえます。
c0209909_08392701.jpg今回も縁に並べた腰掛けも全て埋まり、超満堂での真宗講座、暑さに負けず大きな声での正信偈のお勤めです。
c0209909_08423078.jpg仏事作法のプレゼンテーションは、前回コネクターの調子が悪く投影できず悲惨でしたが、ケーブル新調し環境は整えましたが・・・
住職がお疲れ気味、先週の関東御旧跡研修のblogを大写し、浄土真宗の正しい巡礼のあり方を説明しました。
c0209909_08392717.jpgエアコンの付けられない超満堂の本堂は何台もの扇風機を回して、ヒートアップを抑えながらのお聴聞となりました。
途中、夕立の気配がありましたが、雨も雷もたいしたことなく助かりました。
c0209909_08392740.jpgご講師の松月博宣先生、インカム風のマイクは初めで、お気に召さないようでしたが、聴衆にお届けする音声はこの方が断然良く、我が儘はこらえて頂きました。
c0209909_08392798.jpg休憩は熱中症対策も考慮して、冷たいお茶だけで無く、アイスコーヒーやカルピスなどと共に、冷やした水菓子も大量に用意しました。
c0209909_08392741.jpg200名くらいのお同行が一時に休憩、部屋には入れず廊下でマッタリお茶お楽しむ方も大勢いました。
c0209909_08392756.jpg一昨日帰省した孫もお同行に愛想を振りまいてくれ、お参りの方々の人気者になっていました。
まだ1才2ヶ月ですが、なかなかやってくれます。
c0209909_08392792.jpg『 仏さまにも本能 ? 』という不思議な講題から、聴衆の心をグイッとつかみ、他力念仏に頷かざるを得ないお取り次ぎ、絶好調でした。
自己発芽なる新種の譬えに皆さんうなずきながら、松月ワールドへ引き込まれていきました。
c0209909_08392787.jpg夜座も縁側までの聴衆、夜座の満堂での法話は最高です。
10時を5分回りましたが一人として席をたつ人無く、暑い夜座堪能されたようです。
c0209909_08392766.jpg蒸し暑い本堂でなく、エアコンのはいった庫裡広間のサテライト会場では、孫と一緒に遊ぶ若い同行の子供達はしゃいでいました。
そんな中でもお聴聞される方があり、微笑まし光景でした。
c0209909_08445687.jpg80回 AdvanceStage
上級課程修了者は2名おられましたが、休憩の表彰の時賞状では50回と間違え慌てて作り直し、法話終了後表彰のやり直しをしました。
c0209909_08450701.jpg50回 StandardStage
一般課程終了の方は1名、これからも休まず通ってください。
c0209909_08451559.jpg30回 BasicStage
基礎課程をクリアされた方は4名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、171名となりました
c0209909_08442631.jpg10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは3名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は383名に達し、Fastステージを越えたこの方々によって美濃四十八座は支えられています。
※ 前回の真宗講座

by shoson | 2014-07-17 22:00 | 行事 | Comments(0)

<< 平成26年 盆おどり    平成26年 仏壮研修旅行 >>