c0209909_07303466.jpg
c0209909_07305846.jpg涅槃会の焚焼で白木のお位牌をお焚き上げすることが門徒の中に浸透してきました。
事前に多くのお位牌が集まって来ていますが、念押しの案内葉書も例年のように出し準備万端で迎えます。
c0209909_07310678.jpg涅槃図の絵解きプレゼンテーションはiPadでマイクロソフトのPowerPointが動くようになったので、今年は気合いを入れ新たな画像の説明に準備しました。

このプレゼンお裾分けします。iPhoneやiPadにPowerPointアプリをインストールして見てみてください。
☆27年度版涅槃会プレゼン

c0209909_07313854.jpg本堂はプレゼンを鮮明に見てもらえるよう、遮光のため南側の唐戸を閉めておきました。参詣席は100名ばかりの収容でザックリと配置し、ストーブもしっかり焚いてお参りの方を待ちます。
c0209909_07314626.jpg午後から雨も上がり、定刻30分前頃から、ぼつぼつと白木位牌や焚焼の品々を持ったご門徒が本堂に上がってこられます。

c0209909_07315262.jpg午後2時近くになると、余間涅槃図前のお位牌も一段と増え、外陣の机にはダンボールや紙袋に入った様々なお焚き上げの品々が集まってきました。

c0209909_07324026.jpg定刻に換鐘を打ち、『仏説阿弥陀経』のおつとめが始まりました。
内陣でお勤めするのは住職と徳岡院代、藤原法務員はお勤め中にもやって来られる参詣者の受付誘導に回りました。
c0209909_07325063.jpg今年はちょうど日曜日、若い方や親子連れもたくさんみえて、活気あるお勤め中のお焼香となりました。
c0209909_07330793.jpg涅槃図絵解きプレゼンテーションでは参詣者にカラー印刷の名入り涅槃図を配り、より涅槃図の絵解きが解るよう配慮してみました。
c0209909_07332042.jpgiPadでのプレゼンは動き回れて快適です。
ただ、調子が出すぎ40分の持ち時間あっという間で後半はチョッと滑ってしまったのが残念。
次回からもう少し綿密なリハーサルもせねばと反省のことでした。
c0209909_07332884.jpg絵解きのあとは『御文章』で法話の形を整え40分間の絵解き法話の終了です。
c0209909_07340900.jpg休憩時間には余間ヘ上がってもらい、本物の涅槃図を間近で見てもらいます。
参詣者の多くはここ1・2年の間にお身内の葬儀をされた方々、焚焼されるお位牌への思いも強いようでした。
c0209909_07345544.jpg休憩にはお供えの「正尊寺どら焼き」がお下がりの茶菓子として振る舞われ、お庫裡でゆっくりお茶を飲んで焚焼の時を待たれます
c0209909_07350263.jpg参詣者が休憩中、境内特設お焚き上げ場に宏蓋に載せられたお位牌や年回通知状をまず移動します。
c0209909_07351097.jpg準備が終わり、焚焼の儀が始まりますとアナウンスし、参詣者が境内に集まりだした頃を見計らい、白木お位牌を釜の中に入れはじめます。
今年からこの辺りも見せる演出に気を配りました。
c0209909_07352154.jpg涅槃会のお勤めで阿弥陀様を照れしていたローソクの火を内陣から分灯します。
骨董品の手燭のお陰で風の強い日でも安心です。
c0209909_07352864.jpg風が強く、お焚き上げ会場のお荘厳、蝋燭に火が付きませんでした。
この燭台の強風対策、次年への課題となりました。
c0209909_07353655.jpgお焚き上げ会場でのお勤めは、釈尊涅槃にちなんで、音楽法要のサンスクリットのお勤め、敬礼文と三帰依を独吟でした。

c0209909_07354225.jpgお勤めのち、火炉に火が入れられます。
今回もたくさんのお位牌や年回通知状が持ち寄られ、お釜一杯での焚焼となりました。
c0209909_07355284.jpg火が入り最後に全員で合掌礼拝、焚焼の儀終了です。

c0209909_07360419.jpg参詣の方々は持参したお位牌が燃え行くのを確認、安堵の思いを抱きつつ家路にとつかれます。
住職はこれをご縁にお寺へ気軽に足を運んでもらい、お聴聞怠らないようにと願うばかりでした。
c0209909_07361809.jpg冷たい北風に煽られて、お位牌にはすぐ火が回り行きよいよく炎を上げて燃えていきます。
c0209909_07362372.jpg持ち寄られた焚焼品の中には古い経本がたくさん有り、高熱処理できる焼却路も出し、ブロアーで過給しながら焚き上げていきます。
c0209909_07363040.jpg今回も大量に品々が集まり、燃え尽きるのに4時間以上かかりましたが、すべてのお預かりした物は焚き上げられました。
※ 去年の涅槃会











by shoson | 2015-02-15 18:00 | 行事 | Comments(0)

<< 平成27年 仏婦追弔会    27年 報恩講御満座 >>