平成27年5月24日 正尊寺初参式
c0209909_23530775.jpg
c0209909_01593872.jpg親鸞聖人降誕会に合わせて開催の正尊寺初参式はお花で飾り付けです。
愛情いっぱい注がれる赤ちゃんの阿弥陀様へ誕生報告の初参りです。
c0209909_01594342.jpg手形を取る台紙には赤ちゃんの名前とご両親の名前も住職が墨書します。
c0209909_01594922.jpg今年は第3子2名、第2子8名、第1子が11名の申込、記念の施本は3種類準備です。
ポラロイドフィルムも充分用意し、赤ちゃんの気を引く鳴り物の準備も欠かせません。
c0209909_02012977.jpg今年の栞には、春彼岸に開催される『十三参り』で手形をお返ししますと明記しました。
c0209909_02095705.jpg定刻の30分前にはボチボチと赤ちゃんが集まってこられます。
c0209909_01595743.jpg本堂に上がるとまず、受付をしてもらいます。申込者21名でしたが、お2人の赤ちゃんが発熱でお休みの連絡が有りました。
今年は手形用紙の誤字1枚もなく、住職あわてることなく済みました。
c0209909_02000154.jpg婦人会の役員さん二人がかりで、赤ちゃんの指を伸ばし可愛い手形を取っててもらえます。
赤ちゃん緊張の瞬間です。
c0209909_02000692.jpg朱肉の付いた手は、石鹸でぬるま湯を使って綺麗に洗い流します。
自由を奪われた赤ちゃんはおお泣きです。
c0209909_02001045.jpg手形を持って記念撮影です。
カメラマンは住職、その後ろでは赤ちゃんの気を引く鳴り物をならすスタッフが必要です。
c0209909_02001583.jpg全員の記念撮影が終わると、お勤め(讃仏偈)と住職からの法話です。
900兆分の1不思議なご縁で授かった命、仏さまの子として親子共々お育て中でした。
c0209909_02001990.jpg法話が終わると地区順に名前を呼び、お焼香です。
3世代そろってのお焼香、美しい姿です。
c0209909_02003858.jpgお焼香の写真、記念に差し上げるため左右から2台のカメラでシャッター押しまくりです。
今年は若院も京都から駆けつけてカメラマンをしてくれました。
c0209909_02004363.jpgお焼香が終わると、集合写真の会場へ模様替え。
あらかじめ台を余間前に重ねておいたので、スムーズに設営ができます。
c0209909_02004861.jpg集まった方全員での集合写真は5段に並びます。足下にはお花を並べイイ感じの写真スタジオに変身です。
c0209909_02005396.jpg今年は赤ちゃん19名の18家族、総勢82名での記念写真となりました。
c0209909_02005818.jpg撮影が終わると好みのお花を取ってもらい終了となります。
c0209909_02010261.jpgお天気も良く、境内で写真を撮ったり皆さんボツボツと家路につかれました。

大きくなったら日曜学校来て下さいね
本年受式の皆様です
c0209909_02011210.jpg

※ 去年の初参式

by shoson | 2015-05-24 15:00 | 行事 | Comments(0)

<< 第66回 真宗講座    第65回 真宗講座 >>