c0209909_05501136.jpg
c0209909_05504754.jpg蒸し暑い日の真宗講座、その暑さを吹っ飛ばすかのようにハイブリッドの大型ワゴン車を運転し、ご講師が駐車場に入ってこられました。
お迎えに出ると・・・車のナンバーもお説教ネタにしている、『お坊さんがゆく』の宏林先生でした。
c0209909_05505221.jpg
定刻前から参詣者は続々集まってこられます。
月曜の午後、200席程準備した椅子はみるみる埋まっていきました。
c0209909_05505836.jpg7月の真宗講座は夏の配り物をしてもらうために、地区の役員さんへ必ず出席してもらうように案内がしてあります。
普段お聴聞されないご門徒も、役員になると1回はお聴聞に来なければなりません。

c0209909_05510313.jpg定刻お勤めの始まる頃には満席、本堂内も南風が吹き抜けて爽やかだったので助かりました。
c0209909_06472178.jpg縁側の特設席も全て埋まり、嬉しい悲鳴でした。
真宗講座を始めて14年、初めの頃は外陣畳の枚数より少ないお参りだったのが、よくこれだけ聴聞する人が集まれるようになった名あと感慨無量でした。
第1回昼座写真
第2回夜座写真
c0209909_05511344.jpg今回のご講師は本願寺webテレビ『お坊さんがゆく』
の宏林先生、仏事作法はその番組を見てもらうことにしました。
c0209909_05511892.jpgお勤めと仏事作法プレゼンが終わると休憩、30℃を超える暑さに、大勢の人息で蒸す暑く、休憩には水分・糖分・塩分の補給で庫裡広間は大混雑でした。
c0209909_05512229.jpgお供えに頂いたお饅頭、冷凍保存し始まる前水増しのため、包丁で切ってラップで包み一口お茶菓子に変身させます。
c0209909_05512780.jpgたくさんいただいたメロンも冷蔵庫で冷やし、サイコロ状にカットします。
c0209909_05513087.jpg特製の梅汁ゼリーもサイコロカッとして、みつ豆風雨にしました。
c0209909_05513432.jpg山口の親戚からもらった
透明サーバー、つけ込んだ梅ジュースと氷を入れ、目で見ても感じる超涼しげなサーバーになりました。
c0209909_05515884.jpg梅ジュースは2才の孫も喜んで呑んでいました。
大人から子どもまで、健康にも良さげなこの飲み物、正尊寺定番になりそうです。
c0209909_05520307.jpg少し長めの休憩を取ってから、いよいよ宏林晃信先生ノリノリの法話がはじまります。
c0209909_05520757.jpg参詣者の履き物で埋め尽くされた向拝、堂内も縁も一杯、熱い熱いお取り次ぎ中です。
c0209909_05521178.jpgホタル柄のオシャレな輪袈裟、いつまでたっても若さみなぎるエネルギッシュな法話、この先生は本願寺のスターです。
c0209909_05521652.jpg帰省中の孫は人混み大好きで、法話の邪魔をしにちょこちょこ本堂をかきまわしていました。
c0209909_05523055.jpg法話が終わると皆さん一斉に帰路につかれます。
そこにも孫が登場して愛想しながら見送ってくれました。
c0209909_05523696.jpg参詣の美濃四十八座のご院さんとの夕食も、和気あいあいで楽しい一時です。
c0209909_05525115.jpg夜座はチョッと参詣の方が減りました、扇風機全開の暑さに負けず、先生のテンションは高く笑いと涙の90分でした。

c0209909_05530076.jpg午後10時真宗講座修了。
先日の旅行フォトブックをもらった仏壮のメンバー、率先して椅子をかたづけてもらえ助かります。

c0209909_05534241.jpg80回AdvanceStage
上級課程は3名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
いよいよFinal108回を目指し、休まずお聴聞がんばってください
c0209909_05535135.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算93名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_05540089.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は1名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、177名となりました。
c0209909_05575180.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは4名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は399名、きりの良い数字まであと一歩です。


※ 前回の真宗講座


by shoson | 2015-07-13 22:00 | 教化 | Comments(0)

<< 平成27年 盆おどり    平成27年 仏壮研修旅行 >>