c0209909_21551421.jpg
c0209909_21554638.jpg毎年1月11日は報恩講準備の『おみがき』です。
今年は仏婦役員さんへ送った年賀状には午前8時参集と、婦人会総会の年間行事計画では午前9時からと標記され、参集がばらばらになりました。
c0209909_21555240.jpg8時から始まりましたが、9時頃にはたくさんの仏婦会員が集まり、真鍮の仏具みなピカピカになりました。
c0209909_21555737.jpg9時半には庫裡へ移動し、今年新たに作った衛生帽子紹介、好きな色をかぶってもらいました。
昨年、浜松まで行き遠州木綿を仕入れ作ったヘアキャップ、好評のようだった。

c0209909_21560145.jpg衛生帽子を被ってティータイム、賑やかで楽しい時間です。
c0209909_21560514.jpg休憩が終わると、皆さん厨房に入りお華束餅(おけそくもち)作りに参戦です。
今年も住職は法事に行く前に自撮りで参加です。
c0209909_21561068.jpg餅米と米粉ダンゴを蒸かし、お華束餅の種が次々作られます。
c0209909_21561482.jpg餅つき器に興味津々の孫は、オバさん達に混じってヘアキャップ被り動き回っていました。
c0209909_21561929.jpgお餅がつけると伸し板に広げられます。
珠に抜くのは水道ビニールパイプの継ぎ手を改良したものです。
c0209909_21562236.jpg厚みを均一に、9mmの補助棒に沿って均一に広げられていきます。
c0209909_21562871.jpg軍手をはめて、抜きパイプを握って型抜き作業が進みます。
大勢の手でキツツキののような音が響き渡ります。
c0209909_21563122.jpg今年も1斗分の米が何度にも分け、蒸し搗き延ばしの作業が繰り返されました。
c0209909_21565028.jpg型抜きされたお華束玉は、人海戦術で形を整え、形成板に綺麗に並べられていきます。
c0209909_21565689.jpg綺麗に並んだお華束玉は形成板ごと涼しい廊下に積み上げられていきます。
c0209909_21570183.jpg2歳7ヶ月の孫は皆さんの人気者でした。
c0209909_21571624.jpgお華束作り2時間ほどで8,000個以上の玉が作られました。
c0209909_21572148.jpg厚みを均一にするために、重ねてひと晩寝かせます。
c0209909_21572545.jpg11時45分作業終了で、お昼御飯です。
混ぜご飯とお味噌汁、これが美味しいのです。
c0209909_21572921.jpg食後、役員さんは献灯献花の練習もして、解散です。
お手間入りの報恩講お供え、親鸞さまへの感謝の法要賑やかになります。
皆様お疲れ様でした。
※ 去年のおみがき

by shoson | 2016-01-11 12:30 | 行事 | Comments(0)

<< お華束台の改良    平成28年 元旦会 >>