毎年2月後半開催される正尊寺仏教婦人会追悼法要が今年も開催されました。
1年一度の仏教女子会、前日の準備からお片付けまで女性の集まり明るく賑やかでした。
c0209909_05353740.jpg
c0209909_05354532.jpg前日の日曜日午後から役員さん集合で、お斎の下ごしらえなど準備が始まりました。
17名の役員さん今年からしゃれた衛生キャップ姿で厨房は華やかでした。
c0209909_05355025.jpgお斎はギンナンご飯、大量の銀杏皮むきです。
今年は長浜盆梅展を見に行った時、街中のレトロな富健金物店銀杏割ハサミを仕入れ作業の効率化を図りました。
やっぱり道具は道具、大勢の力もあってきれいに殻がむけました。

c0209909_05355401.jpg銀杏は茶色の薄皮がやっかい、今年は湯煎にして剥いてみました。
c0209909_05360082.jpg結局は人海戦術、一つ一つ指先と爪で一皮めくられていました。
c0209909_05360616.jpg銀杏ご飯は人気です、当日はお変わり充分できるように8升も炊かれました。
結構残りましたが、パック詰めのお土産でお持ち帰りもされていきました。
c0209909_05361147.jpgおかずのラインアップ、赤い三角はこれも盆梅展で行った長浜で仕入れてきた『赤こんにゃく』です。
報恩講用に仕込んだ蕪の塩漬けが残っていたので『カブラ煎り』も作ってもらいました。
それぞれの素材タッパに入れ、前日の下ごしらえ終了です。
c0209909_05361504.jpg婦人会のお斎は、役員さんもゆっくりお参りお聴聞してもらえるように、パックの弁当にして当日朝の間に準備します。
まるで弁当屋さんのような流れ作業です。
c0209909_05362008.jpg精進のお弁当ですが、人参のオレンジとこんにゃくの赤が食欲をそそってくれそうです。
c0209909_05362408.jpgデザートは手作りジャムの載ったヨーグルトです。
これもお手間入りの自然食品、皆さん喜んで食べてもらえました。
c0209909_05374792.jpg朝八時半前に集合、9時にはお斎も完成ししばしの歓談。
大勢の力だとこうした準備が早々と整い、ありがたいことです。
c0209909_05375808.jpg9:30には南余間に物故者法名軸をかけ荘厳し、お下がりも各地区ごとに分けお供えし、法要が始まります。
c0209909_05393926.jpg朝のお勤めは「阿弥陀経」経切り太鼓も入れて賑やかにお勤めです。
c0209909_05395141.jpgお説教も午前・午後の2座4席しっかりお聴聞します。
c0209909_05395776.jpgご講師は正尊寺仏婦の皆様からご指名の大垣林雙寺の水上誠孝先生です。
元気溌溂笑いと感動の90分です。
c0209909_05400556.jpgお説教が終わると、ヤレヤレ・・・・
お楽しみのお斎です。

c0209909_05401370.jpgご講師のお斎は特別製ではありません。
皆さんと全く同じですが・・・・器だけは本物のの輪島朱塗り膳で豪華さをアピールです。
水上先生には喜んでもらえました。
c0209909_05402139.jpg午後1時半から昼座、追悼法要の始まりです。
副会長さんが司会を務め、レジメに沿って進みます。
c0209909_05404388.jpg会旗入場
会長さんから内陣の住職に渡されます。
c0209909_05410856.jpg献灯献花
役員さんがガウンを着てお灯明とお花をお供えしてもらいます。
c0209909_05430149.jpg讃仰作法音楽法要
お勤めはCDを使って皆さん声を上げ、調子のよい正信偈音楽法要です。

お勤めの後は物故者遺族の余間焼香、10名の今年度往生の会員の名が呼び上げられ、遺族の方がおっ焼香されました。
c0209909_05430778.jpg午後もパワフルで楽しくありがたいお取り次ぎ、アッという間の90分でした。
肝要は『御文章』で締めくくり、お念仏の声が響き渡り終了です。
会員のリクエストにお応えし、来年も水上先生ご出講予約をいたしました。
c0209909_05431357.jpg午後4時過ぎ各地区の会員用に分けたお供え、お下がりとして役員さんに配ってもらえます。

役員の皆様二日間お疲れ様でした。


去年の仏婦追弔会

by shoson | 2016-02-22 16:30 | 行事

<< 平成28年 春彼岸永代経    平成28年 涅槃会 >>