早朝から市内防災放送で熱中症予防を呼びかける猛暑日の盂蘭(うら)盆会法要です。
それぞれのご家庭でもお盆のお客さん接待も終え、ゆっくりお聴聞してもらいたい、そんな願いの17日での法要です。
c0209909_15411104.jpg
c0209909_15411261.jpg午前9時半盂蘭盆会の法要、お勤めは朝も昼も『仏説阿弥陀経』です。
若院は本山伝道院が昨日から始まったそうで、今年は院代2名とお内陣は少し寂しいお勤めとなりました。
c0209909_15411233.jpgご法話は、京都龍谷大学大学院教授の葛野洋明先生です。
今年もいろいろの喩えで、阿弥陀様の働きによるお救い、聴かせてもらえました。
c0209909_15411213.jpg受付には9月の中川北組公開講座と11月4日の本山伝灯報告法要のチラシを配りました。
c0209909_15411265.jpgお座の最後には受付で渡したチラシの説明をして勧誘に力を入れましたが・・・どちらも余り手応えが無く、頭が痛くなってきました。
c0209909_15411206.jpg虫干してある寺宝の中で、特に蓮如上人ご真筆の六字名号の写しが法縁廟の墓室のご本尊になっていると、説明すると、皆さん一生懸命拝んでおいででした。
c0209909_15411259.jpg建設中の法縁廟へも見学に行く方もいました。
工事途中のコンクリートの塊、興味を引く物体です。
c0209909_15430725.jpg墓室のなか、10日前に設置されたご本尊です。
黒御影石に彫られたお名号、実物よりもくっきりと金文字で仕上がっています。
c0209909_15443339.jpg本堂で皆さんがお説教聴聞している間も、庫裡ではお斎の準備が進められています。
播州揖保乃糸、まずは120束、帯が解かれ茹でる準備です。
c0209909_15443367.jpg厨房のガス台を使うと室温は一気に上がります、エアコンフル稼働でその暑さ和らげながらの下ごしらえでした。
c0209909_15443356.jpg茹で上がった素麺は冷水でしめられ、一人前ずつザルに上げられていきます。
c0209909_15443496.jpg今年も流しソーメンは断念、あまりの暑さエアコンキンキンにして、スチロールのドンブリにして並べられました。
c0209909_15443446.jpg皆さん替え玉もされ、120束は瞬く間に完食、慌てて茹で直しをされたそうです。

お勝手お手伝いの皆様ありがとうございました。
c0209909_15443443.jpg住職は書院でご講師のお相伴です。
今年は書院のエアコンも増強し、涼しく快適に色々お話伺いながら頂きました。
c0209909_15443453.jpg昼食で話の出た、先月往生された、正尊寺妙好人の遺稿を見て貰いました。
30冊以上に40年間ビッシリ書かれた大学ノート、龍大の大学院生の手を借りて活字化できそうな話になりました。
c0209909_15452738.jpg夏休み、孫さんを連れてのお参りも有り、シャボン玉大会になる一幕も有りました。
理解出来ずともこうして幼子の手を引いてお聴聞、ありがたく尊いことです。
c0209909_15452740.jpg午後のお座は新しい顔もちらほら増え、空き空きですが、何とか法座の格好は付きヤレヤレでした。
c0209909_15452764.jpg午後の法座の休憩では、あまりの暑さでボヨ~ンとなった同行に、カキ氷でシャキンとなってもらいます。
c0209909_15452790.jpgお盆会の本堂向拝で振る舞う宇治金時のカキ氷、毎年の風物詩ともなりました。
c0209909_15452716.jpg午後4時、葛野先生の力のこもったお浄土参りのご法話、恩徳讃で締めくくられました。
来年もまた、宜しくお願い申し上げます。
c0209909_15452771.jpgお供えのどら焼きが下げられ、お下がりとして一つずつもらって頂きました。
c0209909_15452751.jpg皆様ようこそのお参りでした。
c0209909_15452732.jpg仏壮の関係者もおられ、堂内の椅子の片付け手伝ってもらえ、アッという間に外陣は日豪の体形に戻されました。

ヤレヤレ、夏の行事もこれで終了です。
ご協力の皆様、ありがとうございました。
※去年の盂蘭盆会法要







by shoson | 2016-08-17 16:40 | 行事 | Comments(0)

<< 縁の下の漏水が解決    平成28年 盆おどり >>