平成30年の報恩講準備が始動しました。
1月11日おみがきと『お華束(けそく)』準備が仏教婦人会の皆様のお力で滞りなくできました。
こうしてネットで紹介するお華束は多くの方に関心を持たれますが、何百年も口伝で継承されてきたお供えです。
かけたお手間がより美しく飾れるように毎年少しずつ進化しています。
c0209909_22214520.jpg
c0209909_22214569.jpg1月11日朝
おけそく作りは部屋中が粉だらけになります。
厨房はブルーシートで床全面養生し、アイランドカウンターも養生テープで粉侵入しないようにしっかりマスキングしてから始まります。
c0209909_22214540.jpgお華束の材料は、もち米とうるち米の粉を使います。
米粉は取り粉も一緒で20㎏作ってもらっています。
c0209909_22222390.jpg餅米は前日から9升分バケツで水にひやかします。




c0209909_22235752.jpg米粉はついてお餅になるよう、お湯で練ってダンゴにします。
米粉も9升分ダンゴにします。
c0209909_22222481.jpgもち米と米粉ダンゴをセイロで蒸していきます。
c0209909_22222420.jpg餅つき器ので、シャモジを使って米粉ダンゴを餅の中に融合させていきます。
c0209909_22222473.jpgできあがった餅を伸し板で9mmの桟を使い均一に伸ばします。
c0209909_22222409.jpg直系20mm厚さ9mmのお華束玉の型抜き作業、昔はブリキで作った抜き型でしたが、今は塩ビ水道パイプの外側先を削って代用しています。
c0209909_22245152.jpg型抜きで残ったお餅はまた新しく蒸した種に混ぜられ、何度も型抜きがされます。
c0209909_22245187.jpg型抜きされたお華束玉は形成のし板に並べます。
一枚の板に216個平均で並べられます。
c0209909_22245120.jpg形成板は25枚、盛り用お華束玉5,400個は重ねて一晩寝かせます。その他の玉も番重にいれ寝かせます。
c0209909_22245124.jpg朝8時半集合の仏婦会員はおみがきに精を出しておられます。
おかげで真鍮仏具がピカピカになりました。
c0209909_22245292.jpg宝恩顧2日目の音楽法要では献灯献花があるのでその練習も、しっかりしておいででした。
c0209909_22245293.jpg作業を終え珈琲飲みながらしばしの歓談、このあとのお華束玉抜き粉作業前の一時の平穏です。
c0209909_22253522.jpg6,000個以上の型抜きをする人海戦術、厨房は大賑わしになります。
c0209909_22253551.jpg大勢の力で午前中にはお華束玉の型抜き終了。
お昼ご飯を食べ本日のお供えご奉仕の終了です。
皆様方お手間のお供えありがとうございました。
c0209909_22253535.jpgおけそく盛りをしやすくする為に一晩寝かせられます。一晩おくことで程良い堅さになり、くし刺しして盛ることが可能になるため、お華束をお供えするにはどうしても2日間必要になります。
c0209909_22253669.jpg1月12日朝
8時過ぎには近所の達人お祖母ちゃん登場です。
山川おばあちゃん正尊寺お華束に携わられて60年以上の年季、84才まだまだ現役で頑張ってもらえます。

c0209909_22253660.jpg餅取り粉の粉を落とし、くし刺し開始です。
住職は一昨年から懸案のアクリル固定板を作っていました。
c0209909_22253612.jpg金串の上部を均一に固定するため円盤状に穴を空けています。
c0209909_22262554.jpgくし刺しにしたお華束玉を台の穴に立て、上部をアクリル版の穴に入れれば良し・・・
くし刺しにする玉の数をマニュアル化すればひと手間で出来ることを見ながら考えました。
c0209909_22262592.jpgこのアクリル固定板、穴は大きめで良いがもう一工夫してセットしやすくしてあげなければ・・・
c0209909_22262544.jpg固定板のアイデアは正解、セットしてからの微調整が大変なので金串に差す玉の数を決められるともっと簡単になるようです。
来年は一串23玉の統一規格でやってみよう。
c0209909_22262543.jpg丸盛りは約550個の玉、半盛はその半分玉の数が計算できてしまう。
c0209909_22262551.jpg笠餅も例年より少し大きめにして、固定板も功をそうして奇麗なお華束が完成しました。
玄関ホールに並べ記念写真を撮って、明日のお取り持ち方の彩色へバトンタッチとなりました。

お手伝いの皆さん貴重な時間をお供え下さり、
ありがとうございました。
※去年のおみがきおけそく盛り

by shoson | 2018-01-12 18:00 | 行事 | Comments(0)

<< 30年 報恩講準備日    平成30年 元旦会 >>