c0209909_10553044.jpg
c0209909_10554082.jpg今年の梅雨は雨が少なく高温になっています。
そのせいか、先月中頃から大広間のフスマの滑りが悪く、スムーズな開閉に支障をきたすようになりました。

c0209909_10554954.jpgよく見ると、部屋のまんなか辺では鴨居とフスマの隙間が無くなっています。
7.2m継ぎ目のない無垢鴨居の中心が下がってきたようです。
施工段階から織り込み済みの現象、さっそくアイデア施行の出番です。

c0209909_1056145.jpg2階お座敷の畳を上げると『鴨居の逆ジャッキ』秘密のボルト出現が出現します。
設計士さんは既製の鴨居あげ金具(鴨居サポート)を勧めましたが、上げ下げ自由1ミリ以下での微調整が出来るようにと、棟梁に無理強いしたアイデアです。

c0209909_1056935.jpgタイヤ交換用の十字レンチの登場ですが、空回りしているかのようになんの抵抗もなく回ります。
携帯電話で広間から状況を聞くと「ユルユルになりました!」との報告、さらに微調整です。

c0209909_10561984.jpg秘密のボルトはお座敷となりの納戸の中にもあり、それも微調整簡単でした。

結果、たいそうな十字レンチ要りません、モンキースパナ程度で充分調整ができることが解りました。

c0209909_10562914.jpgわずか数分の作業、片手ですぅーっとフスマが動き、廊下の向こうへ格納できるステルス襖が復活しました。


by shoson | 2013-07-01 10:57 | レポート | Comments(0)

新しい庫裡での諸行事3年目に入り、使いやすいよう少しずつアイテムを増やしています。
c0209909_063391.jpg
c0209909_064652.jpg会議室スクリーン
15畳の会議室で総代会を行うとちょうど一杯、自立式のスクリーンを置くと手狭になるので、吊り下式の物を購入しセットしました。
巻上型の安価スクリーンですが、天井からフック付けで簡単にセットできました。
70㎝巾の会議机も2台購入し14名ゆったりと話し合いができるようになりました。

c0209909_065597.jpgご家庭ではスリッパを履く生活が普通ですが、庫裡ではスリッパ散乱するのは見苦しいので片づけてあります。
そこで廊下を歩く時に冷たさが緩和されるようにと、毛氈風のカーペットを敷いてみました。
これもネットで購入したパレットフィットカーペットというリサイクル素材の安価な物ですが、桧廊下に赤色が映え滑り止めも付いてなかなか良い雰囲気になりました。
c0209909_07329.jpg停電誘導灯
会館でない庫裡には停電誘導灯が付いていません。最近お通夜に泊まられる方もおられるので、もしもに備え自動点灯で誘導灯の代わりになるLEDライトをまとめて購入しました。
廊下に面したあちこちのコンセントに付け、夜間もしもの場合でも真っ暗闇に成らず安心です。

c0209909_07102.jpg食洗機
厨房の食洗機、ホシザキの営業さんに勧められ、お茶出しマシーンとセットで新しくリースすることになりました。
小型ですが、湯呑みや茶碗一瞬で洗うことができ、大勢のお参りの時でも3回転4回転とスムーズに洗い物が終わります。
厨房係の方には大変喜ばれています。


by shoson | 2013-03-08 00:07 | レポート | Comments(0)

c0209909_2345855.jpg
c0209909_238760.jpg今日は夕方5時から本巣ライオンズクラブの法要例会が正尊寺で行われました。
本堂で物故者追悼法要をして、今回からは庫裡の大広間で例会と会食、こうしてライオンズの会員方が仏法に遇ってもらえるのは有りがたいことです。

c0209909_2382249.jpg電動スクリーンを少し下げ、そこに国旗とライオンズFlagを掲げての会場設営、45名が一同に会議と食事が出来るよう長机と定床イスを並べた会場になりました。

c0209909_2383787.jpg玄関ホールには受付、会員全員の名札と集金袋が並べられるので、長机2台必要でした。
並べられた名札の中に大勢の正尊寺門徒の名前を見ることができました。

c0209909_2385295.jpg約45分の法要と法話が終わると本堂から庫裡へ移動し、お弁当の並べられた席に座り“チンチン”と鐘を鳴らし、1時間半ばかり庫裡広間は賑やかな社交の場となっていました。


by shoson | 2011-05-12 17:00 | レポート | Comments(0)

c0209909_0243956.jpgお庫裡を施工してくださった丸平建設のホームページに最新の施工実績として正尊寺庫裡が掲載されました。
プロが撮った庫裡の綺麗な写真がたくさん掲載されています、是非御覧下さい。

by shoson | 2011-02-27 00:21 | レポート | Comments(0)

c0209909_18343752.jpg
c0209909_18344594.jpgお庫裡と本堂の間にある坪の内の庭は未完成です。
正尊寺の境内や庭をずっと管理してくださった後藤造園の親方が交通事故で急逝され、石が仮並べしただけで置いてありました。
今日はその庭が完成できるように、稲沢の庭木屋さんへ買い付けに行きました。

c0209909_18345233.jpg坊守がカメラを構えるなか、住職は庭木の代わりをして樹高のイメージがわかるよう何枚も写真を撮り、プリントアウトして持って行きました。

c0209909_18345958.jpg今回尋ねた庭木販売業者の永緑園さんは稲沢市の植木センター近くで、植木栽培の畑の中にありました。
愛知県稲沢市は植木生産の町で、広々とした平野のあちこちに畑が点在し、本巣の柿園よりずっと作付け面積は広いように感じます。


c0209909_183588.jpg点在する庭木の土場を回って、植えたい樹種と大きさ、枝振りなどを入念に見て回りました。
椿は何ヶ所か見て回りましたが、まだ花が咲いて無い物もあり決定力不足で悩み所でしたが、ピンク系の花びらでおしべの黄色が鮮やかなものになりました。


c0209909_18351625.jpgモミジも種類は豊富ですが、住職の体格と比較しながら大きさを決め、枝振りの良いものに決定、その他の樹木も数本枝振りを見ながら決めました。
暖かくなる前には正尊寺の庭に移植されるでしょう。


by shoson | 2011-02-22 09:19 | レポート | Comments(0)

c0209909_23375221.jpg
c0209909_23374058.jpg昨夜引き渡しを前に墨俣の平塚家具さんが、昨年から頼んであった玄関横談話室の箱火鉢を搬入された。
午後1時半からその鉄刀木(タガヤサン)の箱火鉢の上で、小里設計士立ち会いのもと、丸平建設社長と庫裡完成引き渡し書類をかわしました。
これで新築した庫裡は、正式に正尊寺門信徒の物となりました。

c0209909_2338438.jpg引き渡し事務説明をしている間には、いつもお勝手を切り盛りしてもらっている女性軍へマルゼンさんとトーヨーキッチンの担当者から使い方講習会も行われました。

c0209909_23381450.jpgこれから正尊寺行事のお台所を預かってもらうお斎の達人方、真新しい厨房器機の使用説明真剣に聞いておられ、
最初にこうしてプロのレクチャーを受けてもらえば、あとに実践は安心です。

住職は引き渡セレモニーの後は、住設・電気・ガス・電話・事務器機と怒濤の取り扱い説明を受け、パニクッていました。


by shoson | 2010-12-10 13:30 | レポート | Comments(0)

正尊寺庫裏の仏間にお迎えするご本尊、塗師屋さんから箔屋さんへと工程が移っていきました。
今回は京都市山科区の北村箔押師の工房を訪ねレポートしてきました。
c0209909_10544841.jpg
c0209909_10545562.jpg20畳ほどの工房では、北村箔師と若いお弟子さん二人で、大きなお宮殿の箔押しの最中でした。
根気の仕事にこうした若い職人さんが携わっている所を見ると、伝統が受け継がれている感じで嬉しくなります。
そんな工房のムロからご本尊の台座や光背を出し、見せてもらいましたがそうした装飾品はすでに完成していました。

c0209909_1055310.jpg仏さま本体は、お衣部分は2度箔を貼り完成、お顔とお身体部分は一度置いただけでテカった感じのお顔でした。

素彫りや黒漆の時より、ぎらぎら脂ぎった感じで品が無くなったような・・・・

c0209909_10551061.jpg
北村箔師からの材料説明では、台座などは金沢金箔1号色箔を使い、本体は一番上等の五毛色を貼るそうです。
金箔を貼る接着剤は生漆を使います。

説明が終わると箔師さんの目がキラリと光り、仕上げの作業が始まりました。

c0209909_1055182.jpg仏さまのお身体やお顔のお化粧が始まりました。
まず、生漆をハケで塗金をする部分に塗ります。
生漆は空気中の湿気と反応して黒い色に変色していきます。
せっかくの金色が薄汚れた感じに・・・・

c0209909_10553648.jpg昔のでんちこにでも入っていたかのような古い真綿で、黒くなった生漆を拭き取っていきます。
ヤレヤレ、黒ずみが拭き取られまた金色のお顔に戻ってくれました。

c0209909_10554273.jpg竹串のように尖った先にも真綿を付けて、綿棒宜しく目や口などの凹んだところの生漆も丁寧に拭き取られていきます。
せっかく塗った漆跡形もなくなったようですが・・・

c0209909_10554950.jpg元通りになったようなお顔やお身体に、今度はもっこりの真綿に金粉を付けて、天花粉を塗るようにぽんぽんとはたきながら撫でていきます。

c0209909_1055563.jpg茶碗に入った金粉は光っていません・・・・大丈夫かなぁ?
北村箔師の言では、金粉は金の削り粉ではなく、金箔の耳などを集め細かく砕き、ニカワで練って乾燥させたもので、髪の毛のキューティクルみたいな平べったい粒だそうです。

c0209909_1056215.jpg女性がお化粧のとき、ファンデーションとやらを塗ってお肌の色つやを引き立たせるようですが、仏さんも金粉のパタパタするとお肌がしっとりし潤ってくるのです。

c0209909_1056937.jpg真綿のパフが届かない隙間は綿棒風竹串真綿で拭き上げ、最後の仕上げは柔らかな筆で優しく撫でて、更にしっとり感をUpさせるようです。

金箔だけだとギラッとテカり、脂ぎったようなお顔でしたが、「ぬぐい」という金粉をまぶす技法、スゴイ変身でした。

c0209909_10561581.jpg仏さまから外された両の手も同じように金粉でお化粧され、摂取不捨の印相も一段と柔らかく安心感が生まれます。

作業終了し、数日間ムロで乾かされてから、パンチパーマのような螺髪(らほつ)を紺色に染めるために彩色屋さんへ回っていくようです。

c0209909_10562396.jpg


by shoson | 2010-09-21 13:00 | レポート | Comments(0)

c0209909_6531427.jpg庫裡の仏間に安置される身丈1尺5寸のご本尊、漆の下地が完成したと連絡が入ったので見に行きました。
京都市山科区西野大鳥井町にある邑田漆芸株式会社は、込み入った住宅街の中に4階建てのビルです。その中で9名の職人さんが作業をしてみえました。

c0209909_6581964.jpg
c0209909_6532287.jpgムロと呼ぶ押入のような乾燥室から、職人さんが須弥壇の蝋色(ろいろ)作業をされている作業場に出してきてもらいました。
奥さんの説明では、下地の漆は3回塗られているそうで、1回塗っては水ペーパーと炭でハケムラを削りなめらか、かつ木地を保護する漆の膜を作っていき、お顔と胸の皮膚の上には更にもう一度漆を塗り、入念に磨をかけ下地を完成させたそうです。

c0209909_71878.jpg邑田漆芸ビルの4階にある吹き付け室。
ご本尊も一番初めの漆かけはこの部屋で吹きつけによって行われたそうです。
今日は吹き付け作業をしていないので、中も見せてもらいました、作業が有るときに素人がこの部屋に入ると体中かぶれるそうです。

c0209909_6533013.jpgアミダ様の後ろ姿。
右手のお衣には金箔が押してありました。
京都の分業による職人さんの世界、既に仏師と箔押し屋さんの間を何度も行ったり来たりしているようです。


c0209909_6533895.jpgご本尊を寝かせて足の裏を見せてもらいましたが、足の指一本一本までていねいに塗りと磨が施され、綺麗な足の裏になっていて感激しました。
この黒い下地のお姿は今しか見ることができません、こうしてご報告がで何よりでした。

c0209909_746840.jpg 工房にはたくさんの生漆が保管してありました。
世の中には様々な塗料がありますが、ほとんどの塗料は油分や水分が蒸発し乾いて固まりますが、漆の成分ウルシオールは湿気を吸って固まっていくというたいへん珍しい性質だそうです。
生漆は密封した缶やビニール袋に入っているのでなく、桶の表面にロウ紙のような物を乗っけて空気に触れさせないようにするだけで保管okだそうです。


by shoson | 2010-09-13 15:00 | レポート | Comments(0)

c0209909_19474729.jpg京都嵐山の京都仏像美術社、北典生仏師から、ご本尊の彫りが終了し8月に入ると塗師屋さんへ送られ、素彫りは今のうちでないと見られないと連絡が入り、坊守と連れだって行きました。
嵐山化野(あだしの)念仏寺の隣の工房、お座敷に通されると白木の阿弥陀如来像が机の上に立っておられました。


c0209909_19475688.jpg先月来たと時には感じられなかった、お顔の表情や細かな線が現す慈悲を感じることができるようになっていました。

ふくよかで、慈愛溢れるお顔、仏師の選択に狂いはなかったと、住職としての選球眼間違いなかった納得ができました。

c0209909_1948483.jpg54枚の蓮の花びらも仮止めされ、蓮台となっていました。
これも一枚ずつ緑の彩色と金箔で仕上げられるようです。

c0209909_1948191.jpg昨夜、このご本尊の制作を仲介している京都鷲見仏具店の番頭さんから、今なら胎内仏のようにお身体に由緒書きなどを納めることができると聞きました。
北仏師が頭を持ち上げると、首からスポッと抜けるではありませんか・・・・ほとんどの仏像は体にヒビが入らないように中空に成っているそうで、漆をかける前はこうして抜くことができるそうです。

c0209909_19483658.jpg今朝京都に来る前漢詩風(漢字のみで書く)の由緒をモミ和紙に書いてきました。
もう少し時間があれば、格調高くできたかもしれませんが、とりあえず何時どうしてこの仏さまを誰に制作してもらったかだけを書き記しました。

c0209909_19484478.jpgアミダ様のお腹は結構でかい・・・・・・もっと大きな紙に内容濃く書けたのでは・・・・・後悔しましした・・・。
漆をかけるときにはヒビや亀裂が入らないように完全に接着するそうです、この状況を知っていたら、巻物に仕立てた由緒でも作ったのに・・・・チョッと残念でした。

c0209909_1948511.jpgアミダ様のお顔だけをマジマジと見つめ、お願いしてあったとおり優しい柔和なお顔、北典生仏師の卓越した技術による制作は思い通りでした。

c0209909_19485833.jpg自ら頭を戻し、これで漆をかけ箔をおき、正尊寺庫裡お内仏本尊として仕上げてもらうようお願いをして嵐山を後にしました。


--------------------------------
c0209909_19491395.jpg
c0209909_19492024.jpg嵐山を出て、北大路を東に向かい修学院離宮の近く、唐長修学院工房に向かいました。
大玄関吹抜にシンボルとして天平大雲和紙シャンデリアを下げたい、その相談のためにやって来ました。
ネットで見て想像するのでなく、小さいながら現物を見て構造や作り方が実際にわかり、こちらの希望も伝え図面を作りと見積をしてもらうことになりました。
十二代目当主もこんな大きなランプシェードは作ったことがない・・・・・どうするか、職人さんとも相談しながら進めるとのご返事、ワクワクしますが・・・・どんな見積書が出されるか一抹の不安も増しました。


by shoson | 2010-07-30 13:44 | レポート | Comments(0)

今日は日曜日、きのう布基礎のコンクリート打ちも終わって居るので職人さんも監督さんも皆お休みです。
2日前、丸平建設から写真が送ってきましたのUpしておきます。
c0209909_22442795.jpg
玄関框・鴨居の仮組みのをしたそうで、こうした特殊の組み合わせは倉庫で事前に仮組するそうです。
上の図面、赤色の部分がケヤキで、足下と頭の上に横向きに入るものです。
工場では上棟に向かって着々と準備が進んでいるようです。
c0209909_22443967.jpg

c0209909_2244498.jpg

by shoson | 2010-03-07 17:00 | レポート | Comments(0)