c0209909_1033753.jpg
c0209909_103461.jpg報恩講まであと一週間、厨房の回転釜で丸揚げを炊くシュミレーションをしました。
あげが焦げないように竹製の煮ザルを敷、まずは丸揚げを200個湯せんにします。
80Lのお釜だと余裕で茹でられます。

c0209909_1035543.jpg火力が強くあっという間に茹で上がりますが、釜の縁に付いた竹が燃えてしまいました。
もう煮ザルのストックは無く、あわてて関市にある石原かご屋(22-3651)に電話をかけましたが「報恩講までにはとても出来ないと言われ、煮ザルに変わる物を探しました。

c0209909_18204229.jpg倉庫を探すと煮ザルとはチョッと違いますが、おなじ竹製の古い大ザルを発見、しっかり煮沸し煮ザルの代わりに使ってみることにしました。

c0209909_1041239.jpgステンレスの針金で取っ手を作り扱いやすると、お揚げを一杯入れて持ち運びも快調です。
厨房担当の達人方々からも評判は上々です。

c0209909_1042022.jpg丸アゲ200個湯煎も快調、回転釜の風呂の中でご機嫌良く茹でられていきました。

c0209909_1042946.jpgダシ・醤油・みりん・砂糖・お酒で割下をたっぷり作り、カゴごとどっぷりと付け一煮立ち、美味しそうな丸アゲができました。
この作業を二釜、あとは一晩じっくりとタレを染み込ませれば、400人前のお斎メインディッシュ丸アゲの出来上がりです。


by shoson | 2011-01-08 09:59 | 行事 | Comments(0)

庫裡が完成し最初の行事は前住職の本葬でした。
c0209909_2244189.jpg
c0209909_2244928.jpgはじめに庫裡建設に尽力していただいた正尊寺総代の本部委員と建築委員の皆様で集合写真を撮りました。

c0209909_22441745.jpg葬儀のお取り持ちは各地区の役員さん120名、大広間に集合しそれぞれの持ち場分担の説明会が開かれました。
電気屋さんが付けたホームシアターの音響設備でもTOAのKZ30をマイクミキサーとして使い充分大広間で対応できました。

c0209909_22442590.jpg関係者のお斎は60㎝×180㎝の座卓に6名ずつゆったりと頂くことができました。

c0209909_22443222.jpg控室は、念のため養生ボードを敷きお斎の配膳場所に使われました。
8畳間ですが充分に活用されていました。

c0209909_22443914.jpg2階の座敷は襖を外し、二つの広間としてしようされました。
床間の8畳と仏間の5畳は会行事さんと楽人さんが入られました。

c0209909_22444615.jpg中の間と下の間の8畳は美濃四十八座のご院さんや親戚の法中さんが入られました。

書院の3部屋と2階の4部屋の和室はこうした大掛かりの法要には無くてはならないお座敷になりました。

c0209909_22445457.jpg1階大広間は開け放たれスクリーンも降ろされ本堂の様子が映しだされ、葬儀サテライト会場として働いてくれました。

c0209909_2245212.jpg今回の葬儀では一般会葬者の焼香がスムーズに流れるよう、本堂縁の焼香台から庫裡へと靴袋を手に手に移動するよう流が作られました。
1間の広い庫裡廊下やホールが緩衝地帯となり、スムーズな人の流れができました。

c0209909_2245960.jpgお焼香の後庫裡の見学もして、庫裡玄関で靴を履き境内へと排出される会葬者、ゆったりとした流になっていました。

c0209909_22451783.jpg葬儀の後は大広間で170名の親戚と総代役員による法要が勤まりましたが、52畳とそれを取り巻く広い縁廊下で十分対応できました。
その後の会食も140名が一同に割子弁当を頂くこともでき、新築なった庫裡のキャパシティが発揮された前住職の本葬でした。

c0209909_22452414.jpg


by shoson | 2010-12-20 08:30 | 行事 | Comments(0)