毎年2月後半開催される正尊寺仏教婦人会追悼法要が今年も開催されました。
1年一度の仏教女子会、前日の準備からお片付けまで女性の集まり明るく賑やかでした。
c0209909_05353740.jpg
c0209909_05354532.jpg前日の日曜日午後から役員さん集合で、お斎の下ごしらえなど準備が始まりました。
17名の役員さん今年からしゃれた衛生キャップ姿で厨房は華やかでした。
c0209909_05355025.jpgお斎はギンナンご飯、大量の銀杏皮むきです。
今年は長浜盆梅展を見に行った時、街中のレトロな富健金物店銀杏割ハサミを仕入れ作業の効率化を図りました。
やっぱり道具は道具、大勢の力もあってきれいに殻がむけました。

c0209909_05355401.jpg銀杏は茶色の薄皮がやっかい、今年は湯煎にして剥いてみました。
c0209909_05360082.jpg結局は人海戦術、一つ一つ指先と爪で一皮めくられていました。
c0209909_05360616.jpg銀杏ご飯は人気です、当日はお変わり充分できるように8升も炊かれました。
結構残りましたが、パック詰めのお土産でお持ち帰りもされていきました。
c0209909_05361147.jpgおかずのラインアップ、赤い三角はこれも盆梅展で行った長浜で仕入れてきた『赤こんにゃく』です。
報恩講用に仕込んだ蕪の塩漬けが残っていたので『カブラ煎り』も作ってもらいました。
それぞれの素材タッパに入れ、前日の下ごしらえ終了です。
c0209909_05361504.jpg婦人会のお斎は、役員さんもゆっくりお参りお聴聞してもらえるように、パックの弁当にして当日朝の間に準備します。
まるで弁当屋さんのような流れ作業です。
c0209909_05362008.jpg精進のお弁当ですが、人参のオレンジとこんにゃくの赤が食欲をそそってくれそうです。
c0209909_05362408.jpgデザートは手作りジャムの載ったヨーグルトです。
これもお手間入りの自然食品、皆さん喜んで食べてもらえました。
c0209909_05374792.jpg朝八時半前に集合、9時にはお斎も完成ししばしの歓談。
大勢の力だとこうした準備が早々と整い、ありがたいことです。
c0209909_05375808.jpg9:30には南余間に物故者法名軸をかけ荘厳し、お下がりも各地区ごとに分けお供えし、法要が始まります。
c0209909_05393926.jpg朝のお勤めは「阿弥陀経」経切り太鼓も入れて賑やかにお勤めです。
c0209909_05395141.jpgお説教も午前・午後の2座4席しっかりお聴聞します。
c0209909_05395776.jpgご講師は正尊寺仏婦の皆様からご指名の大垣林雙寺の水上誠孝先生です。
元気溌溂笑いと感動の90分です。
c0209909_05400556.jpgお説教が終わると、ヤレヤレ・・・・
お楽しみのお斎です。

c0209909_05401370.jpgご講師のお斎は特別製ではありません。
皆さんと全く同じですが・・・・器だけは本物のの輪島朱塗り膳で豪華さをアピールです。
水上先生には喜んでもらえました。
c0209909_05402139.jpg午後1時半から昼座、追悼法要の始まりです。
副会長さんが司会を務め、レジメに沿って進みます。
c0209909_05404388.jpg会旗入場
会長さんから内陣の住職に渡されます。
c0209909_05410856.jpg献灯献花
役員さんがガウンを着てお灯明とお花をお供えしてもらいます。
c0209909_05430149.jpg讃仰作法音楽法要
お勤めはCDを使って皆さん声を上げ、調子のよい正信偈音楽法要です。

お勤めの後は物故者遺族の余間焼香、10名の今年度往生の会員の名が呼び上げられ、遺族の方がおっ焼香されました。
c0209909_05430778.jpg午後もパワフルで楽しくありがたいお取り次ぎ、アッという間の90分でした。
肝要は『御文章』で締めくくり、お念仏の声が響き渡り終了です。
会員のリクエストにお応えし、来年も水上先生ご出講予約をいたしました。
c0209909_05431357.jpg午後4時過ぎ各地区の会員用に分けたお供え、お下がりとして役員さんに配ってもらえます。

役員の皆様二日間お疲れ様でした。


去年の仏婦追弔会

by shoson | 2016-02-22 16:30 | 行事

c0209909_11542304.jpg
c0209909_11543270.jpgお釈迦樣のご命日法要『涅槃会ねはんえ』が正尊寺で勤まりました。
週間天気予報では爆弾低気圧の通過にともない大荒れとの情報、心配しましたが雨も上がり、境内での焚焼もすることができました。
c0209909_11543755.jpg午後1時半定刻前には次々と焚焼(ぼんじょう)の品々を抱えたご門徒が集まって来られました。
c0209909_11544194.jpg午後1時半定刻にはお勤め開始の換鐘が打たれました。
本山の勤式指導所で研鑽中の若院、日々習っている本山流の換鐘を披露してくれました。
c0209909_11544539.jpg外陣はゆったりと80名分並べた椅子も60名ほどの参詣者でほぼ埋まり、賑やかそうな雰囲気でのお勤めが始まりました。
c0209909_11544980.jpg今年は第2日曜日にしたため、徳岡院代の善明寺と行事が重なり、京都から若院を呼び戻しました。
若院からは、節柝せったく:拍子木みたいなものの打ち方間違っているとだめ出しされました。
子どもだと思っていた若院から指導されるようになり、嬉しくも思ったことでした。

c0209909_11545457.jpg節柝を打つのを間違えたのは、外陣の焼香の様子を見つつ打つので、老眼で経本が句点が見えていないからでした。(言い分け・・・)
c0209909_11545827.jpg絵解きプレゼンは去年よりページをだいぶ減らし、40分ちょうどで終えられるよう、涅槃図の解説法話を行いました。
涅槃図のひらがな名入りコピーも全員配ってそれを見ながら聴いてもらいました。
c0209909_11550266.jpg絵解きの最後は御文章を拝読して終わります。

c0209909_11550658.jpg15分の休憩、今年は若院がお友達を4人誘って帰ってきたので、お手伝いしてもらえ、本堂でお茶とお下がりの「正尊寺どら焼き」を配ることができました。
c0209909_11551255.jpg皆さんが休憩の間に、余間に置かれたお位牌を境内の焚焼場へと運びます。
c0209909_11551601.jpg余間に奉献された『涅槃図』を間近で拝めるよう、机もどかし皆さんにゆっくり見てもらいました。
c0209909_11551938.jpg今年の白木位牌は40本弱集まって来ました。
このお位牌に書かれた法名の方が仏さまと成って、親族の方をこの本堂へ連れてこられ、お釈迦樣の涅槃会を通して仏縁に合わせて下さいました。
c0209909_11552363.jpg外陣にはテーブルの上に、昨年お餅付屋さんを廃業されたご門徒から頂いた、大型番重をお盆替わりに使いました。
今年も沢山の古い経本や仏具の焚焼品が集まりました。
c0209909_11552704.jpg焚焼品は境内の特設焼き場に運ばれ、まずはお位牌と年回通知札が釜に収められます。
c0209909_11553419.jpg焚焼の火種は、内陣のお灯明を分灯し、ボンボリで運びます。
c0209909_11553950.jpg焚焼の前に特設の屋外仏壇の三具足に分灯が点火され、お勤めをします。
お釈迦樣の命日にちなんで、古代インドの言葉での敬礼文と三帰依をお勤めです。
c0209909_11554384.jpgお勤めの後、再び紙燭束に火を移し、焚焼釜へと点火します。
c0209909_11554725.jpgお位牌群に火が移ったら一同合掌、このお位牌に書いてある方々の導きによって、本日の涅槃会で多くの方にご縁が結べたこと、感謝の合掌礼拝でした。
c0209909_11555180.jpgお参りの方々お釜に火が入り、あとはお寺で最後まで炊きあげられることを知り、安心して帰路につかれました。
お釜は一気に炎をあげ、焼き場を飾った幕やテントが片付けられていきます。
ここでも若院のお友達が手伝ってもらえ早々と片づきました。
c0209909_11555617.jpgあとは密閉釜を出し、ブロアーで強制送風しながら、超高温で経本など燃えにくい物を燃やしました、大量の焚焼品で火は暗闇が迫る頃までありました。

※ 去年の涅槃会

by shoson | 2016-02-14 15:00 | 行事 | Comments(0)

1月16日親鸞聖人ご命日、報恩講御満座です。
今年も立派に三日間ご開山のご法事をお勤めすることができました。
お取持、お手伝いの皆様ありがとうございました。
c0209909_06442384.jpg
c0209909_06442315.jpg16日朝座は正蓮寺若様がご出勤で、初夜礼讃賑やかにつとめることができました。
c0209909_06444038.jpg例年最終日の聴衆は少なくなりますが、今年は午前のお説教もほぼ満堂で高座のお説教お聴聞してもらえました。
c0209909_06444550.jpgお説教が終わるとお斎場は満員、受付係や本堂係の男性陣もお給仕の助っ人で頑張ってもらえました。
c0209909_06444922.jpg玄関も廊下もお斎場の空くのを待つ人でいっぱいでしたが、これも正尊寺報恩講の風物詩、様々なコミニュケーション花盛りの一時でした。
c0209909_06445384.jpg55膳が4回転はしたでしょ、配膳係はてんやわんやであったようです。
c0209909_06445762.jpgお昼には楽人さんが到着、2階のお座敷でゆっくりリハーサルでした。
c0209909_06450237.jpg午後の法要前、書院ではお勤めの習礼のはずですが、法中不足を補う為に、得度して間もない次女と徳岡法務員の長男(高校生)まで出勤させて数あわせをしました。
ともかく、難しいお勤めなので、隣の人と同じ動きをするようにとの説明確認習礼でした。
c0209909_06450635.jpg生楽に合わせての登礼盤(とうらいばん:ご本尊前の台座に上がる)AppleWatchのブルートゥスの遠隔操作もいらず、作法に集中できる導師でありました。
c0209909_06451058.jpg始めて正式な内陣に座る2人が居ます。心配しましたが、隣のご院さん見よう見まねで、何とか『浄土法事讃作法』無言行道も揃ってできました。

c0209909_06451522.jpg起居礼(ききょらい)は中腰で耐えるお辞儀、新米僧侶では揃わないと、内陣に椅子を置きその部分をカットしました。
これは正解でした。
c0209909_06452035.jpgお勤めが終わると、住職が礼装(七条袈裟)のまま高座の上に座り、御俗姓という巻物を読みます。
今年の高座の上はメチャクチャ熱かった、ご講師1席40分良く耐えられたと感心しました。
c0209909_06452335.jpg昨夜のキッズサンガで使ったお鏡かき餅がだいぶ余ったので、最後までお聴聞する方へのご褒美にゼンザイをさし上げることに。
今日もまた大火鉢は七輪化していました。
c0209909_06452776.jpg紙コップに炭火で香ばしく焼けた餅とアズキ汁が絶妙の味のお汁粉になっていました。
c0209909_06454476.jpg3日間6座の報恩講、少々お聴聞疲れの熱心なご門徒も、糖分と炭水化物で復活、最後まで元気にお聴聞でした。
c0209909_06454904.jpg御満座最後の法話もほぼ満堂でのお取り次ぎ、高田先生には熱い高座の上から6座12席ありがとうございました。
c0209909_06455351.jpgお説教が終わる頃には、外回りの幕が片付けられ始めます。
お取持からは、境内南側の長い土塀幕、引っかけ金具を改良し、取り外しが簡単にできるようにと宿題を頂きました。
さて、良いアイデアを考えなければ成りません。
c0209909_06455630.jpgお仏花も下げ、解体してお取り持ち皆さんに渡るように小分けされます。
c0209909_01041791.jpg外陣中央にブルーシートは敷かれ、お華束の解体が始まります。
盛って着色してのお手間入りですが、大勢で崩すとあっという間に原型がなくなります。
c0209909_06461718.jpg各地区ごとに小分けして出来上がったばかりの「正尊寺だより」といっしょに袋詰めされます。
お華束といっしょに配る寺報、初めての試みで睡眠不足になりましたが、報恩講に参れなかった方々に読んでもらい内容に仕上げました。
c0209909_06462111.jpgご講師法中のご接待を担当された仏婦三役の皆様、三日間ありがとうございました。
書院廊下の防犯カメラ不具合を直すようにとの宿題も来年までにはしておきます。
c0209909_06462606.jpg午後5時、何とか明るい内に全ての片付け作業終了し、『とくだや』さんにお世話になった割子を頂きながら、お取持とお手伝いの皆様で打ち上げです。

おかげで、大過無く盛大に勤められました、
皆様ありがとうございました。

翌日、耳の取れた幔幕の修繕宿題は、山口県から助けに来てもらったCottonさんに、一日かかって直してもらえました。 ありがとうございました。
c0209909_16371981.jpg

※ 去年の報恩講御満座

by shoson | 2016-01-16 18:30 | 行事 | Comments(0)

報恩講二日目も冷え込みもなくおだやかでお座となりました。
例年この15日はお参り集中日ですが、今年はそれほどでもなく明日最終日に期待できそうです。
c0209909_21314664.jpg
c0209909_21314678.jpg朝8時、後半お取持の宝珠・上新村のご門徒さんが集合です。
今日はiPadとプロジェクターは合性良く、取持マニュアルのプレゼンうまく映りました。
15分ほどの集まり、担当を決めそれぞれの持ち場に向かわれました。
c0209909_21314692.jpg本堂係は境内で焚き火、暖を取っているのでなく、火鉢の炭をおこしているのです。
c0209909_21320916.jpgおきた炭は各所の火鉢に配られます。
最新の空調の入った庫裡でも、100年近くご門徒が親しんだきた火鉢を出し、炭を入れ手を炙りながら、報恩講に集う門徒同士のコミュニケーションを取る伝統は残しています。
c0209909_06442343.jpg受付もスタンバイです。
玄関吹き抜けのキャットウォークから俯瞰すると、受付お取持ちの動線が良く解ります。
c0209909_21321358.jpgおとき係の皆様もスタンバイ、今年から採用の衛生帽子は気に入ってもらえたようです。
カラフルなヘアキャップ被ると、明るくモダンになった感じです。
c0209909_21321712.jpg庫裡広間のお斎場には名55人前のお椀が並びます。
さてこれが、何回転するでしょ・・・


c0209909_21322053.jpg午前9時半、二日目朝座日中法要の換鐘が打たれ、法要開始です。
c0209909_21322656.jpg意訳の正信偈、『しんじんのうた』正蓮寺さんも来てもらえ、内陣も淋しくありませんでした。
c0209909_21323063.jpg朝の説明で、参詣者がお手洗いに立つ前に集めて欲しいと、本堂係には賽銭を集めるタイミングを早めるようにお願いしました。
お願い通り素早く賽銭集めが始まっていました。
c0209909_21323558.jpgお斎に行かれる前に、住職から岐阜別院の大遠忌法要に関わる説明と、帰敬式受式のお勧めもしました。
c0209909_21324397.jpgお斎場は沢山の方ですが、例年の中日に比べると多少余裕があったようです。
c0209909_21324760.jpg仏教婦人会役員の皆様集合写真ですが、今年は暖かく向拝での集合は気になりませんでした。
このあと献灯献花をされます。
c0209909_21325274.jpg風もなく、蝋燭に付ける火も難しくありませんでした。
c0209909_21325664.jpgお磨きの日にしっかり予行演習、一糸乱れず捧げられる婦人会のお供え有り難かったです。
c0209909_21330078.jpg午後のお勤めは『宗祖讃仰作法』の音楽法要、CDに合わせ産気映写全員でお勤めされました。
c0209909_21331438.jpgお勤めが終わると、総代を始め各団体の代表者によるお焼香。
ここ数年この日が平日で、日曜学校の代表が居ないことが寂しいことです。
c0209909_21332059.jpgお説教は高座で親鸞聖人のお徳を讃嘆、ありがたく聴聞です。
c0209909_21332583.jpgお取持は片付けも一段落、午後のお説教が終わると、ぜんざいを食べおやつ休憩です。
c0209909_21332821.jpgぜんざい食べ、明日の準備も整い解散です。

明日もよろしくお願いしますと住職も見送りします。

一日お疲れ様でした。
c0209909_21333355.jpgこのあと、7時からはお初夜キッズサンガがありました

その模様はこちらから

※ 去年の報恩講2日目

by shoson | 2016-01-15 16:00 | 行事 | Comments(0)

平成28年度の正尊寺御正忌報恩講が始まりました。
週間天気予報でも雨や雪マークはなく、暖冬の法要となり参詣者もお取り持ちも笑顔でご開山感謝のご法要が勤まっています。
c0209909_07294255.jpg
c0209909_07295029.jpg秋沢・中谷門徒のお取持は朝7時半に集まり初日法要のシフトに入られました。
帳場ではお取り持ち方のお供えや御報謝で、受付のウォーミングアップです。
c0209909_07295501.jpgお仏米(ぶくまい)の秤はレトロな目盛りの無い台秤が今でも現役です。
お供えになったお仏飯を30㎏(白米28㎏)ずつ袋に溜められます。
c0209909_07300116.jpg朝のお勤めは「初夜礼讃(しょやらいさん)」です、師匠寺の新ご院さんがお参りに来て下さいました。
ありがたい、また参り会が復活できそうです。
c0209909_07301219.jpgお説教は高座での親鸞聖人御讃嘆のお取り次ぎです。
c0209909_07301904.jpgご講師は、浅木蓮教寺のご住職。高田篤敬師です。
一昨年住職継職され、大変忙しくなられた様子、一時部屋を出て寺役もこなされながらも、ありがたいお話しで、御讃嘆です。
c0209909_07320758.jpgお取り持ちの皆さんは、説教中には早めのお昼を食べられ、本番お斎へ英気を養っておいでです。
c0209909_07302655.jpg一座が終わると、本堂係の型は忙しく、お賽銭を集めて回ります。
c0209909_07304019.jpg境内では焚き火がされていますが、今年は暖冬で、火のそばに集まる人が少ないように感じました。
c0209909_07304511.jpgお説教が終わるとお斎場は一気に大混雑、お給仕方も小忙しいです。
c0209909_07305157.jpg厨房と座敷を繋ぐハッチはお汁など出されるものが動き、入口はかたづける食器が入りと、うまく一方通行で機能しています。
c0209909_07305550.jpg厨房洗い場も、板間から使用済み食器が、土間の洗い場へ渡され、洗って水を切った物は板間のアイランド調理台へとベルトコンベアに乗って動いているようです。
c0209909_07310004.jpgお斎場満員、あぶれた型は死なし火鉢を囲んで歓談。
報恩講らしい風景です。
c0209909_07310514.jpg午前のお仏飯が下がってくると、遇炊きたての御飯で、午後のお仏飯が盛られます。
c0209909_07310905.jpg早く来られたご法中へもお斎が出されます。
朱のお膳で上等そうですが、中身は皆さんといっしょです。
器だけでかなり格式が上がります。
c0209909_07311249.jpg今年は書院の一室を洋間にしてみました。
お坊さんもやっぱり応接セットの方に集まられました。
c0209909_07311613.jpg午後のお勤めは「法讃大師作法 第二種」お師匠寺の新住職さんが登壇ありがたかったです。
これかたま参り合が復活できそうな予感でした。
c0209909_07312253.jpg午後の説教も終わり、帰路につかれるご門徒、親鸞さまありがとうのノボリの狭間を感謝しながら帰路につかれます。
c0209909_07312620.jpg全てが終わって、お取り持ちの打ち上げです。

二日間ありがとうございました。




※ 去年の報恩講初日

by shoson | 2016-01-14 17:00 | 行事 | Comments(0)

平成28年の正尊寺御正忌報恩講がスタートです。
今日から秋沢と中谷のご門徒がお取り持ちに入り準備が整いました。
明日から3日間、午前午後のお座とお斎があります、ご家族そろってのお参りをお持ちしています。
c0209909_21355690.jpg
c0209909_21360460.jpg
AM8:30
お取り持ちの方々が集まって、本日から二日間の段取りについての説毎会です。
昨夜もリハーサルをしてバッチリのはずのプレゼンテーション
、まさかのiPad画像が映りませんでした。


c0209909_21361405.jpg
AM8:50
説明会が終わり、割り振られた持ち場にわかれ作業開始です。
女性陣はヘアキャップを付け厨房でお斎の準備を始めます。

c0209909_21362393.jpg
お斎下拵えの始まりは「ツキツキ」と呼ばれる作業です。
スライサーで大根と人参を大量にせん切りします。
これが報恩講名物大根なますになります。


c0209909_21362998.jpg
土間では岐阜の『松野とうふ』から届いた300個の丸揚げの調理です。
まずは、味が染みやすいように、まん中に切れ目が入れられます。

c0209909_21363982.jpg
大きな竹篭に入れられ、まずはお湯で油抜きです。
この一手間が柔らかな丸揚げになる秘訣です。

c0209909_21364505.jpg
正尊寺名物『カブラ煎り』先月大量につけ込んだ蕪の塩漬けを塩抜きし、さらに煮込んでシナシナにします。

c0209909_21364927.jpg
カブラ煎りにはミカンの皮が隠し味、これも沢山むいて皮をみじん切りにされます。

c0209909_21365375.jpg
控えの間では、百人前の漆塗りのお椀やおひらが綺麗に拭かれ、スチールの配膳棚へ並べていかれます。


c0209909_21365844.jpg
AM8:50
男性陣はまず境内外回りの幕張準備に取りかかりです。
8年に1回まわってくるお取り持ち、数ある幕を何処へ張るのか、マニュアル写真を見ながら、皆さん悩みもっての作業のようでした。

c0209909_21370264.jpg
山門土塀も五色膜で飾られていき賑やかになってきました。
今年は広島の「瀬尾浩義商店」で購入の報恩講ノボリも新調し「親鸞さまありがとう」報恩講を盛り上げてくれます。

c0209909_21370671.jpg
森川本部委員もマニュアルを手に陣頭指揮、境内の幕張は快調に進んでいきます。

c0209909_21371598.jpg
チョッと、トラブル・・・
幕のまん中を絞る房ひもの「あげまつ結び」がほどけてしまいました。他の紐を見ながら真似ようにも、なかなか結べません、iPhoneで検索し、それに沿って 何とか結び治せました。

c0209909_21371976.jpg
AM10:20
幕張が終わり甘酒で休憩です。
映らなかったiPad、画面回転ロックをOn・OFFしたら映るようになり、スクリーンに注目の休憩でした。

c0209909_21372306.jpg
AM10:35
一服が終わると本堂と庫裡の受付などの設営が始まりました。

c0209909_21372705.jpg
本堂のセッティングが終わった頃、大野花屋さんが仏花を立てに来てもらいます。

c0209909_21373151.jpg
AM11:50
午前中の作業は一段落、あじ御飯と具だくさん味噌汁でお昼御飯です。

c0209909_21373574.jpg
PM12:30
お腹を満たしいよいよお華束の着色が始まりました。
スクリーンに映し出された去年の作品を見ながら、慎重に筆を運んで行かれました。

c0209909_21373818.jpg
落雁でできた引っ付け菓子も、金の台座に輪ゴムで留めていきます。
柔らかくもろい吉野家の落雁、大きな身体のオジさんが慎重に貼り付けてもらえました。

c0209909_21375198.jpg
PM1:25
お華束の彩色が完成し、記念写真も撮り、本堂へ運ばれていきます。
お手間入りの御供物、大事そうに運んでもらえました。

c0209909_21382791.jpg
14本のお華束、お手間入りの素晴らしいお供えとして、お内陣を飾ってもらえます。

c0209909_21383939.jpg
平成28年の報恩講、阿弥陀様の周りをお荘厳する御供物です。

c0209909_21384483.jpg
PM2:30
全ての作業は早々と終わり、早速3時のおやつです。
脱酸素材を入れ保管していたお正月の鏡餅で作ったゼンザイです。
休憩が終わると、作業の無い方から漸次解散となりました。

早朝よりお疲れ様でした。

c0209909_21384835.jpg
今年も元仏婦会長のK野さんが、古流のこだわりお道具持ち寄りで床の間の花を生け回ってもらえました。
素晴らしい生花ありがとうございました。


c0209909_21385140.jpg
報恩講では買物帳が障子紙で作られます。
最近の障子紙はロールでしか販売していません、大福帳を作るには難しく成りました。
ロール紙を来年度以降も使えるよう同じ長さにカットしました。
結構面倒くさい作業でした。




by shoson | 2016-01-13 23:33 | 行事 | Comments(0)

餅つきからひと晩、形成板で圧着され少し硬くなった餅玉を盛り積あげます。
地元の達人女性軍と、仏婦の有志の方が集まってお手間をお供えしてもらえます。
c0209909_22123377.jpg
c0209909_22123813.jpg朝8時、形成板に並べられた餅玉がザルに移されます。
c0209909_22124518.jpgザルを振るって取り餅粉が落とされます。
皆さんが集まられる前に、達人のT井さんが準備してくださいました。
c0209909_22124931.jpg厨房に並べた丸盛り用の台に向かった皆さん、最初は黙々と1年振りの作業、勘を取り戻して行かれます。
c0209909_22125422.jpg昨晩、台座の穴を大きく深くしたので、金串が自立して、作業効率はとても良くなったようです。
c0209909_22130003.jpg心棒に丸く12本の金串を立てる丸盛(まるもり)は、とても精度が良く綺麗な仕上がりとなりました。
c0209909_22130432.jpg丸盛り8本完成した後は、半盛(はんもり)の作業が始まります。
余間に飾るお華束は前からしか見ることなく、裏側は無くお華束餅の量をコントロールしています。
c0209909_22131426.jpgところが、半分7本しか金串を立てないので、下部は穴に刺さり完全固定、そのため頂上部分が広がってしまうので、上部も固定できないかとの要望が出されました。
c0209909_22131954.jpg住職はこういう事を考えるのが大好き、さっそくホームセンターへ行きアクリル版を買って固定板を作ってみました。
来年はこの板の成果が試されます・・・
c0209909_22130900.jpg14名のお作品は、3時間ばかりかけて完成、玄関に並べて記念写真も撮りました。

お手間入りのお供え、ありがとうございました。


c0209909_22132646.jpg餅つきとおけ束盛りの二日間、衛生帽子として使われたヘアキャップ57枚が洗濯され乾燥です。
坊守力作遠州木綿のケアキャップ、皆さん喜んで被ってもらえ何よりでした。
c0209909_22133093.jpg全てが終わり、お昼御飯。
皆さん楽しそうに食事してもらえる、報恩講の良い景色です。

お疲れ様でした。
※去年のお華束盛り


by shoson | 2016-01-12 13:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_21551421.jpg
c0209909_21554638.jpg毎年1月11日は報恩講準備の『おみがき』です。
今年は仏婦役員さんへ送った年賀状には午前8時参集と、婦人会総会の年間行事計画では午前9時からと標記され、参集がばらばらになりました。
c0209909_21555240.jpg8時から始まりましたが、9時頃にはたくさんの仏婦会員が集まり、真鍮の仏具みなピカピカになりました。
c0209909_21555737.jpg9時半には庫裡へ移動し、今年新たに作った衛生帽子紹介、好きな色をかぶってもらいました。
昨年、浜松まで行き遠州木綿を仕入れ作ったヘアキャップ、好評のようだった。

c0209909_21560145.jpg衛生帽子を被ってティータイム、賑やかで楽しい時間です。
c0209909_21560514.jpg休憩が終わると、皆さん厨房に入りお華束餅(おけそくもち)作りに参戦です。
今年も住職は法事に行く前に自撮りで参加です。
c0209909_21561068.jpg餅米と米粉ダンゴを蒸かし、お華束餅の種が次々作られます。
c0209909_21561482.jpg餅つき器に興味津々の孫は、オバさん達に混じってヘアキャップ被り動き回っていました。
c0209909_21561929.jpgお餅がつけると伸し板に広げられます。
珠に抜くのは水道ビニールパイプの継ぎ手を改良したものです。
c0209909_21562236.jpg厚みを均一に、9mmの補助棒に沿って均一に広げられていきます。
c0209909_21562871.jpg軍手をはめて、抜きパイプを握って型抜き作業が進みます。
大勢の手でキツツキののような音が響き渡ります。
c0209909_21563122.jpg今年も1斗分の米が何度にも分け、蒸し搗き延ばしの作業が繰り返されました。
c0209909_21565028.jpg型抜きされたお華束玉は、人海戦術で形を整え、形成板に綺麗に並べられていきます。
c0209909_21565689.jpg綺麗に並んだお華束玉は形成板ごと涼しい廊下に積み上げられていきます。
c0209909_21570183.jpg2歳7ヶ月の孫は皆さんの人気者でした。
c0209909_21571624.jpgお華束作り2時間ほどで8,000個以上の玉が作られました。
c0209909_21572148.jpg厚みを均一にするために、重ねてひと晩寝かせます。
c0209909_21572545.jpg11時45分作業終了で、お昼御飯です。
混ぜご飯とお味噌汁、これが美味しいのです。
c0209909_21572921.jpg食後、役員さんは献灯献花の練習もして、解散です。
お手間入りの報恩講お供え、親鸞さまへの感謝の法要賑やかになります。
皆様お疲れ様でした。
※ 去年のおみがき

by shoson | 2016-01-11 12:30 | 行事 | Comments(0)

謹 賀 新 年
快晴の元旦、参詣者が160名以上の満堂で賑やかに元旦のお勤めをすることができました。
c0209909_04554128.jpg
c0209909_04555011.jpg元旦の朝一番にお供えされたお屠蘇の入った水引で飾った提子(ひさげ)
c0209909_04555829.jpg福光屋ノンアルコール大吟醸酒には食用純金箔が茶杓で5杯入っています。
c0209909_04560648.jpg4器の提子にノンアル酒200cc8本使います。
c0209909_04561283.jpg派手な干支の盃になって四年目、今回も150個を土岐の金正陶器を通して準備しました。
c0209909_04561713.jpgお屠蘇を配る雌蝶さんは今年も4人が来てくれました。
その内2人は「あきも」さんの簡単着物のお世話になりました。
c0209909_04562356.jpg2人とも15分ほどで変身できました。
c0209909_04562782.jpg今年は快晴ポカポカ陽気で、家族連れの参詣者が次々と本堂に上がってきます。
住職の孫も着物を着て出迎えてくれました。
c0209909_04563273.jpg午前10時換鐘が打たれますが、まだまだ参詣者がおいでになります。
c0209909_04564197.jpg満堂、あわてて腰掛けを出し対応しながら、全員で『正信偈』のお勤めは圧巻です。
c0209909_04564508.jpgお勤めの後は、教行信証総序のご文を一緒に唱和します。
難しい述べ書きですが、何とか住職に合わせ読み味わってもらいます。
c0209909_04565024.jpg法話、総序の「権化の仁」について話しですが、王舎城の悲劇まで話が広がり、11時までに終われるか焦りました。
c0209909_04565503.jpg椅子の数からして150個では足らないのは明白、お子さんには過去に余ってきた盃を渡し、全員に盃を配ることができました。
c0209909_04565913.jpg4名のお酌雌蝶さんが、順々にお屠蘇を配っていきます。

c0209909_04570559.jpg金箔がたくさん入る人とそうでない人、注がれたお酒が気になるようでした。
c0209909_04571192.jpgアマチュアカメラマンもシャッターチャンスを狙っておいででした。

c0209909_04571591.jpg最後に住職にも注いで、お配り終了です。
今年は参詣者が多く二の銚子が空っぽになるハプニングが起こりましたが、何とか全員注ぎ回ることができました。
c0209909_04571827.jpg住職の「今年も一年、お聴聞に励みましょう」という乾杯の発声で、全員のみ乾し記念におちょこを持って帰りました。
c0209909_04572449.jpg
元旦と思えない暖かなそと、清々しい思いで家路について行かれました。
ようこそのお参りでした。
c0209909_04572917.jpg暖かいので、お着物着た雌蝶さんの記念写真は向拝でできました。
人見知りのない孫も、一緒に写っていました。
c0209909_04573440.jpg我が子の艶姿、親御さんもシャッター切るのに一生懸命でした。
c0209909_04574027.jpg若院は本山修正会出仕で帰って来れませんでしたが、孫が帰省して賑やかしてくれました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

※去年の元旦会

by shoson | 2016-01-01 11:00 | 行事 | Comments(0)

今年の除夜の鐘は夕刻から降り始めた雨でを心配しましたが、午後11時事にはあがり、穏やかな年越しのなか、108人を大きく超える大勢の方々についてもらえました。
c0209909_03081680.jpg
c0209909_03082462.jpgPM11:30
仏壮の役員さんが早々と火起こしして皆さんを待ってもらえます。
c0209909_03082805.jpgPM11:45
住職の第一打から参集の皆さんへ、カウントの炒り豆が1個ずつ配られます。
c0209909_03100315.jpg鐘楼には長い列ができますが、早鐘のような除夜の鐘撞きはすぐ順番が回ってきます。
c0209909_03100800.jpg焚き火の回りも大きな人垣ができ身体を温めます。
c0209909_03101378.jpg甘酒、今年は冷めないようにと保冷キーパーを利用してみました。
これな良いアイデアでした。
c0209909_03101814.jpgAM0:15
予備のカウント豆も無くなった頃、本堂でのお勤めに上がってもらうよう即します。
なかなか全員本堂のお勤めのご縁に合えません・・・今年も60%位でした。
c0209909_03102307.jpgAM0:25
90名の椅子満席にはなりませんでしたが、お勤めが始まります。
c0209909_03102983.jpgお勤めは「讃仏偈」を皆さんで唱和します。
c0209909_03103350.jpg住職からの法話、毎年同じ108の謂われのお話しですが、目先を変えiPhoneでググった世間の三毒煩悩を超える道と、浄土真宗の報謝の生活の違いについてのお話しでした。
c0209909_03103782.jpg仏壮会長さんからも新年のご挨拶がありました。
c0209909_03104187.jpgAM0:50
お開き本堂でお勤めした方への現世利益・・・
仏壮会から年越しカップそばが配られます。
c0209909_03123114.jpgAM1:00
仏壮会だけでの乾杯、今年も一年よろしくお願いします。
c0209909_03123659.jpgAM1:15
皆さんが帰られてから、法務員と住職は朝の元旦会に向けセッティングです。
150名の座席と、お屠蘇を配る道筋を勘案しながら、キッチリ椅子を並べなければなりません。
c0209909_03125519.jpgAM1:45
30分かけ椅子とストーブ思案しながら、150席が確保されました。
外陣がもう少し広かったらと思いながら、作業終了です。


※ 去年の除夜会


by shoson | 2015-12-31 23:45 | 行事 | Comments(0)