きょうは快晴無風、絶好の花見日和、そんな日に正尊寺庫裡新築の上棟式をすることができました。施工の丸平建設関係者、総代・建築委員・地区役員・教化団体役員など120名が木の香かおる庫裡に参集し賑やかに行われました。
c0209909_19482697.jpg

庫裡の仏間予定位置に金屏風を立てご本尊を奉懸し上棟の報告法要を勤めました。参列できるか微妙であった前住職も皆さんに助けられ車椅子で登場し、お焼香もすることができました。
c0209909_19484068.jpg

52畳の大広間は腰掛けを並べても余裕の広さ、住職の法話にも熱が入り、ウルウルなりそうでした。
c0209909_19485577.jpg

お勤めの後は『上棟の儀』、野口棟梁を介し三人のお大工さんに木槌が渡されました。
c0209909_19491054.jpg

三人のお大工さんは大屋根の上に駆け上がり、棟梁のかけ声のもと屋根を打ち付ける「槌打ちの儀」が始まりました。
c0209909_125497.jpg
c0209909_12543170.jpg

大屋根から木槌の響きがおさまると、玄関上の足場に立たれた丸平建設社長が『古歌』と呼ばれる上棟祝詩を熱唱され、大屋根を眺める門徒集も聞き惚れました。
c0209909_194935100.jpg

上棟の儀、最後は棟札(むなふだ)の奉納です。4日前、住職が書いた門徒役員と工事関係者75名の肩書きと名前が記された板がロープで吊り下げられていきます。
c0209909_19495421.jpg

玄関上の天井に付けられた滑車から伸びたロープは玄関から境内と長く延ばされました。これも「ヨイショ・ヨイショ・・・」の掛け声に合わせ、あっという間に天井てっぺんに引き揚げられ、地棟の上に固定されました。
c0209909_1950420.jpg

以上三種の『上棟の儀』が終了すると、一気に庫裏は祝宴会場に模様替えです。婦人会の方やお大工さんにも手伝ってもらい、120名分の宴席ができました。
c0209909_19501737.jpg

林本部委員長の丸平建設社長から挨拶があり、青木建築委員長の発声で乾杯、祝宴が始まりました。
c0209909_19502932.jpg

正面スクリーンには工事始まりからの写真のスライドショウー、時間を忘れ盛り上がっていきました。
c0209909_19504399.jpg

約1時間の宴席、話は尽きませんが、遠藤委員から中締、万歳三唱真新しい庫裏の部材に門徒衆の願いや思いがしみこむ上棟の祝宴となりました。
c0209909_1950553.jpg

by shoson | 2010-04-10 11:00 | 儀礼 | Comments(0)

c0209909_1835697.jpg

c0209909_1836934.jpg

c0209909_18474.jpg
午前11時前には三々五々と総代さんや役員さんが本堂に集まって来られました。お茶や珈琲を飲み歓談後、5分前に会場テントへ移動しました。

c0209909_1841735.jpg小川副委員長から開式の辞。

c0209909_1843025.jpg表白(ひょうびゃく)この法要の内容や意義を読み上げます。
若院も京都から帰ってきましたが、前住職の老院は寒さが厳しかったので出座はかないませんでした。

c0209909_1844372.jpg讃仏偈(さんぶつげ)のお勤めの間にお焼香です。
坊守→本部委員長→副委員長→本部委員→建築委員→加談会員→一般門徒→設計士→施工会社代表→工事関係者の順で読み上げ、お焼香しお参りしました。

c0209909_185864.jpg鍬入(くわいれ)の儀
「えぃ・えぃ・えぃ」と気合いを入れ草刈りをされたのは、施主代表として青木建築委員長がされました。

c0209909_1851767.jpg鍬を振り上げ土を掘り起こすのは小里設計士です。
揖斐組の連研修了者でもあり、式章(しきしょう:門徒わげさ)の似合う設計士さんです。

c0209909_1852944.jpgヘルメットをかぶり作業着姿で鋤(すき)で地ならしするのは、丸平建設社長と浅川建設社長です。
こうしてご門徒の両業者が力を合わせ工事にあたってもらえる、正尊寺としては理想の形で庫裏建設がスタートしました。

c0209909_1853615.jpg林本部委員長から挨拶、門徒が集い安らぎの場となる庫裡の完成に向け、役員の決意を力強く表明されました。

c0209909_185479.jpg施工者代表の挨拶として、林寛丸平建設社長が浅川建設と協力しながら会社の総力を傾け完成を目指すと、心強い挨拶をいただきました。

c0209909_1855752.jpg締めくくり、閉会の辞は青木副委員長が担当され、約40分の起工式無事終了いたしました。


c0209909_186859.jpg起工式終了後、本堂でお弁当を食べ身体を温め建築委員会・本部委員会の合同会議が開かれました。
造園予算や追加工事予算など検討され承認され、上棟式には地区役員さん方も一緒にお祝いするよう準備することが決められました。
4月の上棟式が楽しみなことです。

by shoson | 2010-02-04 11:00 | 儀礼 | Comments(0)

平成22年の報恩講御満座法要が終わり、幔幕やお飾りがお取り持ちの手で片付けられたあと、庫裏座敷次の間の全ての襖が外されました。
明治29年から114年間多くのご門徒を育んできた庫裏の最後の仕事が始まりました。
庫裏解体奉告法要が本部委員(総代)・建築委員・仏婦役員・報恩講お取り持ちの法林寺・西ノ門のご門徒、ぜひこの法要にお参りしたいと待っておられたご門徒、総勢60名で正信偈をお勤めし、お焼香をしていただきました。
c0209909_20234844.jpg

住職からこの庫裏の歴史と、新たに計画中の新庫裏のコンセプトと、その庫裏が意味あり価値あるスペースとして門信徒に親しまれるような行事などのに主体的にかかわって行くことを誓い合いました。
c0209909_20235868.jpg

現在の庫裏広間は54畳の広さがありますが、真ん中に2本の柱が何とも邪魔しています。
新庫裏は52畳ですが柱は立ちません、そのために建築委員会では検討に検討を重ね、伝統工法の中に新建材(大断面集成材)を横梁に使うという決断を下しました。来年の報恩講のお斎はそこで食べてもらえるよう工事を進めて貰わねばなりません、
c0209909_2024834.jpg

by shoson | 2010-01-16 17:00 | 儀礼 | Comments(0)

平成21年11月27日 岐阜新聞18面-県内板
c0209909_9211298.jpg

by shoson | 2009-11-27 06:00 | 儀礼 | Comments(0)

c0209909_17591554.jpg
午後1時半から正尊寺の住職・坊守・若院、門徒総代・建築委員・仏教壮年会々長・仏教婦人会々長が大野町稲富の丸平建設本社工場に集まり、盛大に手斧初式が行われました。


c0209909_1832457.jpg午後1時半丸平建設「百年棟」に集合し、手斧式リーフレットにそって日程の説明や丸平建設の役員さんや工事担当社員の紹介がありました。
そこで配布された木割り図面の説明後、作業所へ移動し庫裏新築に予定されている材料の見学へと進みました。

c0209909_1911141.jpg
丸平建設は欅飾り彫刻も自社で行うように、富山県井波で修行した彫り師を抱えておいでます。
建て方に使う柱や梁は全て揃えてあり、素人でもそれぞれの柱どこに使うかまで解るようにしてありました。
玄関に使われる巨大なケヤキ梁や柱、皆さんため息をついて眺め触っていました。


c0209909_18275552.jpg並べてある8寸・7寸・5寸の桧木柱4m以上の長尺だが、どれもフシ少なく性の良さそうなものばかりで、役員さんからは「こんな材料を使って本当にあの値段でできるのか?」という質問が飛び出していました。


c0209909_18294452.jpg土場に出ると米松の長尺丸太が積まれていて、どれも切り口に図面で指定されている太さの表示があり、どの丸太も大幅に太く立派なものばかりでした。
これらの丸太材が地棟となり大屋根を支えてくれるかと思うと皆さん大いに安心をしました。


c0209909_1830285.jpgプレカット工場の倉庫には総二階を支える大断面集成材の梁、150㎜×800㎜のゴッツイものが何本も用意されていました。
建築に詳しい委員さんは材料に貼られた品質証明を見ながら、会社担当者や設計士さんからプロフェッショナルな説明を受けておられました。
こうした委員さんがいるので安心です。


c0209909_18493940.jpg午後3時、手斧初式(ちょうなはじめしき)の開会です。
半纏に脚絆・地下足袋(きゃはん・じかたび)姿の女性職人さんの先導で先ほど材料見学した大作業所へ住職・若院が入場します。



c0209909_19114488.jpg
仏旗を先頭に社長が鉞(まさかり)、専務が大ノコギリを担いで、正尊寺所有の北山から切り出した桧丸太が会場へ釣り込まれてきました。
職人さん達の威勢の良いかけ声がお祭りの御輿のようで迫力がありました。


c0209909_1928528.jpg釣り込みが終わり桧木材が定位置につき、社長から開式の言葉で住職導師のもとお勤めが始まりました。
青木建築委員長から順に参列者全員がお焼香をしました。


c0209909_19292346.jpgお勤めが終わると、副社長から正尊寺庫裏新築の棟梁の指名があり、堂大工の野口棟梁へ丸平建設百年の歴史を刻んだ手斧(ちょな)が渡されました。


c0209909_19301690.jpg野口棟梁のかけ声で、若い職人さんが桧木柱に筋交い金具を打ち込み固定されました。


c0209909_19303734.jpg野口棟梁が数度手斧の刃先を桧材に当て、大工仕事のスタートの儀式『手斧初』(ちょうなはじめ)がおこなわれました。


c0209909_19305569.jpg『手斧初』を終え、住職より法話、青木建築委員長の挨拶と進みました。
そして、丸平建設3代目の前社長で正尊寺の本部委員長でもある林隆一代表が、5代目に当たる孫のMくんを連れ添って「祝いの歌」の披露がありました。
半纏を半がけにしての祝歌、社員全員で合いの手を入れ、丸平建設の今回の普請にかける意気込みと団結を感じさせてもらえました。


c0209909_19332646.jpg
約1時間の『手斧初式』凛と張り詰めた雰囲気のなか無事閉式となりました。

この式次第や内容についてはリーフレットをPDFで見ていただけるようにしてあります。

by shoson | 2009-11-26 15:00 | 儀礼 | Comments(2)