c0209909_7263515.jpg

c0209909_7263032.jpg3日目永代経は熱心なご門徒のお参りが中心の法要になりました。

c0209909_7264274.jpg休憩時間もコーヒーを飲みながら玄関ホールで和気藹々と歓談です。

c0209909_727288.jpg3日目のご法話は再び丹羽先生、優しく細やかな表現でのお取り次ぎ、皆さんジッと聴いておられました。

c0209909_7265614.jpg七十代半ばになったと言われる丹羽先生、書院で記念写真を撮らせてもらいました。

c0209909_7272191.jpg先生特製のお斎(とき)と言いたいところですが、器が朱塗りに変わっただけです。
先生も喜んでもらえましたが、器によって内容まで変わったように見えるのは不思議です。

c0209909_7272925.jpgお参りの方々のお斎です、最終日は60名くらいが食べてもらえました。

c0209909_7273633.jpgお斎の内容は先生とほとんど一緒ですが、お皿一枚に乗り切りととりわけ大鉢だとチョッと差があるように見えてしまいますが、味は最高でお代わり自由が喜ばれています。

c0209909_7274229.jpgおかげで今期も賑やかに彼岸永代経法要をお勤めすることができました。



by shoson | 2013-03-22 16:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_061667.jpg
c0209909_062651.jpg永代経2日目のご講師は、愛知県三河吉良町の小野線隆師、若い布教使さんですがゆっくり丁寧なお取り次ぎをしてもらえました。

c0209909_063531.jpgこの日は開闢法要も勤まるので、11時半には一般参詣者のお斎が始まりました。

c0209909_064227.jpg一般参詣者がお庫裡へ移動されると、開闢法要ご案内の方々は、余間の法名軸の前に集まり、明治29年から掛けられる12幅の永代経掛軸の説明を聞いてもらいます。

c0209909_065215.jpg今回新たの法名軸に書き込まれた法名を一人ずつご遺族に確認してもらいます。

c0209909_065945.jpg開闢法要は『仏説阿弥陀経』をお勤めします。
その間には余間の法名軸の前にご遺族が進み出てお焼香をされました。

c0209909_07661.jpg庫裡広間24畳には毛氈が敷かれ、本膳のお斎が並びご遺族の名札も置かれ指定席での開闢お斎の準備が進んでいました。

c0209909_07176.jpg今期のお斎です。
広間には30名分のお膳が並べられました。

c0209909_072880.jpg開闢豊予も終わり、本堂から降りてこられた方々は、それぞれの名札の席に着かれ、住職からお礼言上です。

c0209909_084828.jpgこの日はご門徒の葬儀と重なり、住職は挨拶が済むと早々に巣南の会場へ出発していき、お接待は徳岡院代さんが担当しました。

c0209909_085717.jpg午後の法要が終わる頃には、お手伝いの女性陣によって本塗りのお椀は丁寧に洗われそれぞれセットに戻して片付けられていきました。
準備から片付けまで、お疲れ様でした。


by shoson | 2013-03-21 16:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_23164634.jpg
c0209909_23165598.jpgすこし肌寒い北風が吹くお中日となりましたが、本堂の縁に受付所を作りました。
能田法務員初めての永代経の喚鐘打ちでした。

c0209909_2317551.jpg桜模様の新調された打敷を北余間に飾り、若院も帰省しフルメンバーでのお勤めです。
休日ですが参詣者が少なめなのがちょっと寂しいことでした。

c0209909_2317163.jpg第一日目のご法話は三重県東員町の丹羽龍美先生でした。

c0209909_23172519.jpg1席目はヘッドセットのマイクをつけてもらいましたが、耳元が気になり話しづらいとの評価で、2席目からは普通の胸元ピンマイクでのお話となりました。

c0209909_23173478.jpg来月15日第55回真宗講座のテキスト、三木照国先生著『正信偈入門』を先行頒布したところ、あっという間に50冊以上売れてしまいました。
先生の揮毫された正信偈ご文の付いたサイン入り本、我や先気に入ったご文の本を捜しての購入でした。

c0209909_23174433.jpg永代経初日の厨房はお勝手方女性陣が、明日からのお斎準備に働いてもらっています。

c0209909_23175528.jpg去年のお斎の写真を見ながら、レシピを考え下ごしらえが始まります。
開闢別修のお膳は、本塗りの本膳にはえる精進料理です。

c0209909_2318458.jpg本膳30人前と、一般の参拝者へ出される100名見当のお斎おかずは大量です。

c0209909_23181451.jpg手作りゴマ豆腐も、九州の高木久助商店から取り寄せた極上のクズを使ったお手間煎りです。


by shoson | 2013-03-20 16:00 | 行事 | Comments(0)

新しい庫裡での諸行事3年目に入り、使いやすいよう少しずつアイテムを増やしています。
c0209909_063391.jpg
c0209909_064652.jpg会議室スクリーン
15畳の会議室で総代会を行うとちょうど一杯、自立式のスクリーンを置くと手狭になるので、吊り下式の物を購入しセットしました。
巻上型の安価スクリーンですが、天井からフック付けで簡単にセットできました。
70㎝巾の会議机も2台購入し14名ゆったりと話し合いができるようになりました。

c0209909_065597.jpgご家庭ではスリッパを履く生活が普通ですが、庫裡ではスリッパ散乱するのは見苦しいので片づけてあります。
そこで廊下を歩く時に冷たさが緩和されるようにと、毛氈風のカーペットを敷いてみました。
これもネットで購入したパレットフィットカーペットというリサイクル素材の安価な物ですが、桧廊下に赤色が映え滑り止めも付いてなかなか良い雰囲気になりました。
c0209909_07329.jpg停電誘導灯
会館でない庫裡には停電誘導灯が付いていません。最近お通夜に泊まられる方もおられるので、もしもに備え自動点灯で誘導灯の代わりになるLEDライトをまとめて購入しました。
廊下に面したあちこちのコンセントに付け、夜間もしもの場合でも真っ暗闇に成らず安心です。

c0209909_07102.jpg食洗機
厨房の食洗機、ホシザキの営業さんに勧められ、お茶出しマシーンとセットで新しくリースすることになりました。
小型ですが、湯呑みや茶碗一瞬で洗うことができ、大勢のお参りの時でも3回転4回転とスムーズに洗い物が終わります。
厨房係の方には大変喜ばれています。


by shoson | 2013-03-08 00:07 | レポート | Comments(0)