c0209909_1131297.jpg
c0209909_1131991.jpg前日午後1時 お別れ法要
お骨と参加費を持参で本堂に集まり、この地最後のお別れ法要をおつとめいたします。
明日の団参に参加できないご家族もお参りされています。


c0209909_11311615.jpg7:30 バス配車
名鉄観光からいつもは門徒さんのドライバー指名で頼みますが、今回はAさん遠方の仕事で、替わりに女性ドライバーが担当してもらえました。

c0209909_11312464.jpg7:50 出発
定刻より早く全員揃い、10分前には35名の参加者を乗せ出発しました。
定員を下回り車内は空き空き、皆さん快適そうでした。

c0209909_11313053.jpg10:40 明著堂参拝
大谷本廟に着くと、まずは全員で親鸞聖人の御廟所『明著堂』にお参りです。
梅雨の晴れ間、傘も不要でさほど暑くも無くお参りできました。

c0209909_11313916.jpg10:45 礼拝堂集合
4ヶ月前の予約時には11時までは先約があるとのことでしたが、空押さえだったようで時間を気にせず礼拝堂に入ってもらえました。

c0209909_11314694.jpg10:50 最終説明
エアコンの効いたイス席の礼拝堂、納骨の段取りや今後の動きについて丁寧に説明をします。



c0209909_11315491.jpg10:55 勤行とお焼香
預かってきた遺骨を箱から出して内陣に据え、『讃仏偈』お勤めの間に全員がお焼香をします。


c0209909_113233.jpg11:10 納骨
今回は13体の納骨、数も少なくスムーズに1556番からのお骨箱が7段目の箱へと納められました。


c0209909_11321187.jpg11:15 お焼香
納骨終了後、住職の阿弥陀経お勤めの間に一人一人納骨所でのお焼香です。
これも35名の少人数、阿弥陀経の終わりの方はお焼香する方は誰も居ませんでした。


c0209909_11321966.jpg11:30 昼食
昼食会場は本廟内レストラン『光輪』、11時半からと予約していましたが、10分以上前からお焼香を済まされテーブルに付かれた方が沢山あったようです。


c0209909_11322985.jpg13:30 帰敬式
大谷本廟を12:10出発して、本山阿弥陀後門の前で下車して本願寺に入りました。
6名の帰敬式受式者以外は自由行動、門前を散策されたようです。

c0209909_11323777.jpg13:35 帰教文拝読
お導師は奈良吉野の本善寺御連枝、その前で帰教文を読み上げるのは正尊寺門徒のMさんでした。
たいそう緊張したとの談、一生の思い出になられたようです。


c0209909_1132481.jpg13:40 法名拝受
御影堂での式が終わると龍虎殿2階の仏間で、受式者一人一人へ法名が手渡されました。
この会場2年前は広々とイス席だったのにえらく狭い窮屈な部屋に成っていました。

c0209909_11325637.jpg13:50 記念法話
昨年は無かった記念法話が復活、しかも真宗講座でもお馴染みの宏林晃信先生から、人生2回目のお誕生となる帰敬式のお話を聴かせてもらえました。

c0209909_1133554.jpg14:10 書院拝観
書院参観は宗務所職員手薄とのことで、カギを渡され住職が説明しながら誘導でした。
昨年までのM上職員さん絶妙の解説を思い出しながら、声を張り上げながら回りました。


c0209909_11331377.jpg14:40 飛雲閣参観
新緑の飛雲閣とても良い眺めでした。

しかし、住職はiPad片手で、解説本をアンチョコにしながらの解説お疲れ様でした。

c0209909_11332370.jpg飛雲閣の参観の後は再び龍虎殿から履物を持って、御影堂で御真影様、阿弥陀堂でご本尊とお別れのお参りをして、北境内地駐車場へと向かい待機のバスに予定通り乗り込みました。

15:10 本山北境内地出発

c0209909_11333450.jpg15:35 青蓮院到着
青蓮院は三条神宮道から右折すぐのところに無料駐車場があります。
バスを降りてまずは植髪堂へ参拝し、親鸞聖人の剃髪の髪で作られた稚児像に参拝、時間短縮のためこれも住職がハイスピードで解説。


c0209909_11334211.jpg15:50 青蓮院拝観
青蓮院本堂では若いお坊さんが丁寧に門跡寺院のことや慈円和尚についてお話してもらえ、聖人お得度の風景に思いを馳せました。

c0209909_11335229.jpg16:15 青蓮院出発
若いお坊様から親鸞聖人お手植えと聞かせてもらった、大きな楠の木を仰ぎながら帰路に着きました。


c0209909_1134241.jpg19:10 正尊寺到着
途中インター手前の八橋屋さんで道草をしながらでしたが、6月は陽も長く、明るい内に無事に帰ってくることができました。


※昨年の団参



by shoson | 2013-06-24 19:15 | 行事 | Comments(0)

c0209909_9172318.jpg
c0209909_9173524.jpg今年は空梅雨、しかも異常なほど高温で真宗講座に合わすよう坊守丹精の蓮が咲き始めました。
山門前の道路工事も人寄りに合わせ、通行可能にしてもらえ、案内標識を立て直しての準備でした。

c0209909_9174361.jpg熱帯夜あけ、快適にお聴聞してもらえるよう、回転釜50L大量の麦茶も湧かしました。

c0209909_9175122.jpg午後1時いつものように縁に並べた腰掛けもすべて埋まり、満堂での第57回真宗講座が始まりました。

c0209909_9175813.jpg住職の仏事作法プレゼンは式章や仏旗などの説明、iPadミニを手にひっ付け新品のレーザーポインターで画面を指さし楽しいお勉強でした。

c0209909_918591.jpg今回のご講師は服部法樹師、広島県呉市の沖に浮かぶご法義豊かな島のご住職、島の暮らしでのエピソードを織り交ぜながらのお取り次ぎでした。

c0209909_9181213.jpgお念仏を異物としていた私の口から「お念仏」が出るまで、如来さまのどれだけのおはたらきがあった事でしょうか」と、満堂の聴衆一身に引き込んでお伝えいただきました。

c0209909_9182382.jpg高温多湿熱心にお聴聞をすると喉も渇きます、休憩時間は庫裡の喫茶コーナー大賑わいです。

c0209909_9183194.jpg正尊寺御用達、京都本願寺前の鷲見法衣店の社長さんから正尊寺でお聴聞がしたいとの申し出、せっかくだからご縁街風に店開きもしてもらいました。
次回も出店予定です、お財布を膨らませて来てください!

c0209909_9183828.jpg昼の部が終わると、山門前工事中の影響か、裏口の方から帰られる方々も大勢見うけられました。

c0209909_91846100.jpg先生との夕食、登照寺の若様と昨年伝道院が同室だったと西郷の専宗寺さん、ノンアルコールビールのお酌をお まかせしました。
行信教校の梯和上の話題ではおおいに盛り上がりました。

c0209909_919102.jpg今開催での表彰者はチョット少なめでした。
10回表彰
昼3名、夜1名、累計351名の方白籐賞バッジが贈られています。

c0209909_9192356.jpg30回表彰
Basicな黄籐賞は1名クリアで、151番目の表彰となりました。

c0209909_9193349.jpg80回表彰
AdvanceStageをクリアされた方が1名、いよいよFinal108回を目指し、休まずお聴聞がんばってください。


by shoson | 2013-06-18 22:00 | 行事 | Comments(0)