c0209909_22351706.jpg
c0209909_22351743.jpg今年のお盆は毎日が梅雨明け間際のような天候で雨と湿度90%近くの日が続いています。
例年虫干しで宝物や御歴代の肖像をおかけしますが、かえって湿気るのでは無いかと蔵から出すのを止めました。
c0209909_22351725.jpg法要は三部経の繰り読みで、
山口県で修行中の若院も、そちらの盆参りが終わり、連休が貰えたというので帰ってきてお勤めに加わってくれました。
c0209909_22351723.jpg午前中は天候の荒れもさほど無く並べた椅子も80%位埋まっての法要でした。
c0209909_22351762.jpgご講師は龍谷大学院教授の葛野洋明先生『信心』について丁寧にやさしくお取次をして頂けました。
午後からは受け念仏で無く雷鳴がしょっちゅう響き渡り、お話しが止まる場面も、先生は雷苦手のようにお見受けしました。
c0209909_22351756.jpg受付は縁に机を置いてですが、午後からは吹き降りであちこち移動してました。
c0209909_22351736.jpg「バケツをひっくり返すような」まさにそんな表現がぴったりの大雨が20分間隔ぐらいで押し寄せ、大雨警報も出ていました。
岐阜市南部は避難勧告、長良川流域も避難の準備をするようにというすさまじさでした。
c0209909_22351753.jpg朝から厨房ではお斎の準備が進められていました。
悪天候を予想して恒例の流しソーメンは断念し、室内バージョンで準備することになり、70名分140束茹でました。
c0209909_22360359.jpgプラのどんぶりに一人前ずつ麺を入れ、氷と納涼感をだすためにモミジの青葉をあしらいました。
流しソーメンの風情にはかないませんが、これはこれでイイ感じのお斎に仕上がりました。
c0209909_22360383.jpgもうすぐお説教が終わります、お椀のお出汁にネギ・ショウガ・ゴマも全て入れ、一人ずつ座れるように配膳ラストスパートです。

c0209909_22360335.jpgエアコンで快適な室内に、参詣の皆さんほっこりソーメンのお斎、替え玉をされる方も有り、対面で話も弾みこれはこれで楽しいお斎となりました。
c0209909_22360356.jpg大雨警報のなか、さすがに午後からの法要はお参りが減りました。
扇風機全開で蒸し暑さを吹き飛ばそうとしましたが、雨音と雷厳しい条件でのお聴聞となりました。
c0209909_22360386.jpg休憩にはカキ氷、午前は味比べシロップでしたが、午後は手作り抹茶シロップに小豆&練乳の高級カキ氷のサービスでクールダウン、お聴聞に勢いを付けてもらいます。
c0209909_22360398.jpg午後4時法話が終わると、お供えを降ろして配ります。
若院もご門徒に笑顔で受け答えしながら、お配りできるようになりました。
山口でしっかりお育てしてもらっているようです。
c0209909_22360388.jpg法話が終わり帰る時刻には雨間になり、傘を差さずに家路についてもらうことができました。
ヤレヤレ、大雨に翻弄された夏の最後の行事お盆会も無事終了しました。

※去年のお盆会

by shoson | 2014-08-17 16:00 | 行事

平成26年8月13日恒例の正尊寺盆おどり大会が開催されました。
今年も天候に恵まれ浴衣を着ての方も大勢有り、盛大に今宵一夜の盆おどりの盛り上がりとなりました。
c0209909_08100520.jpg
c0209909_12180953.jpgAM7:00 準備
例年盆おどり準備は直近の日曜日ですが、台風11号のため準備不足、今日の朝7時から集まっての会場準備となりました。

c0209909_12180967.jpg万国旗
朝日が眩い早朝ですが、仏壮会委員は万障繰り合わせ参集してもらえ、それぞれも持ち場で着々と準備が進んでいきました。
c0209909_12180932.jpg断線修理
参道を照らす提灯の中の電球ソケットがいくつか断線していました。
元NTT会員は年季の入ったプロ仕様の工具を持参し、断線箇所のハンダ付け修理もしてもらえました。
c0209909_12180947.jpg休憩
1時間ばかり集中しての作業でだいぶ形ができてきました。
スイカとお茶で休憩、余談に話が盛り上がります。
c0209909_12180955.jpgAM10:00 準備完了
皆さんの手際の良い段取りと集中力で、わずか2時間で準備完了です。
会計さんお昼のお弁当を慌てて手配しお持ち帰りでの一時解散となりました。
c0209909_12180918.jpgPM6:00スタッフ集合
最終準備とスタンバイのため、会員が暫時集合し入念に最後の準備とチェックがなされます。
今回はビンゴ看板さげるフックも垂らしてみました。
c0209909_12180976.jpgビンゴの景品
400アイテム以上つり下がったビンゴの景品、子どもたちはこの中でもピカピカ光る玩具に心引かれます。
目玉は10点、扇風機2台、キャンピングチェア2台、チェアバケツや健康器具など盛りだくさんです。
c0209909_12292577.jpg飲み物コーナー
ビールやジュースも大型クーラーBOXに氷たくさん入れ、ギンギンに冷やします。
もちろん、飲酒運転厳禁の張り紙も目立つ所に貼っています。
c0209909_12180950.jpgPM7:10 開会宣言
人よりを見ながら定刻少し遅れて、仏壮会長さん・仏婦会長さんの挨拶で盆おどりが始まりました。
餅欄本堂に向かっての合掌礼拝もしてからです。
c0209909_12180989.jpg開会花火
合掌礼拝のあと、開会の花火が打ち上げられます。
スターマイン5連発を6基板に張り付け、バーナーで一気に点火、暮れかけた夜空に閃光と爆発音が広がりました。

c0209909_15055724.jpgiPodの音源
今年も踊りの曲は全5曲
①本願寺(おやま)音頭
②炭鉱節
ブンガッチャ節
④かわさき
⑤春駒
を順番に、本願寺音頭は計8回かけました。
c0209909_15055785.jpg本願寺音頭
この踊りだけはおぼえようと、反時計回りでゆっくりと、大きな輪が出来るまで何度も何度も踊りました。



c0209909_15055774.jpg行列
正尊寺盆おどりは本堂でお参りし、お賽銭を投げた人は全てのサービスが無料です。
カキ氷もわた菓子も全て無料の奉仕、長い列ができます。
c0209909_15055784.jpgシロップ
風が止み蒸し暑くなり、カキ氷はフル回転、15貫目の氷がまたたく間にカキ尽くされました。
盆おどりでは伝統の味シロップしか用意しませんが、イチゴが底をつきました。
c0209909_15055739.jpgわた菓子
カキ氷ほどのスピードで作れないわた菓子、長い列ができていましたが、仏壮の名人が汗だくで作っていました。
c0209909_15055783.jpgビール
門前アダルトコーナーにもおつまみだけ狙って、子どもが寄りつきます。
今年のビールは3ケース全て飲み干されました。

c0209909_15055778.jpg休憩
踊りが始まり50分、音楽を止め休憩です。
その間に子どもたちへは紙パックのジュースのサービス、300本のジュースまたたく間に配布終了でした。
今年も子どもたくさん集まっています。
c0209909_15055736.jpg躍り再開
後半40分の躍りには、踊っている人にビンゴカードが配られます。
そんなアナウンスで一段と大きな輪ができました。
c0209909_15055779.jpgヤグラの上
ヤグラは安全確保しながら、小さな子どもたちも登楼OKです。
終盤は可愛い子どもたちでヤグラは大混雑、正尊寺盆おどりならではの景色です。


c0209909_15253749.jpg大ビンゴ大会
PM8:40頃、本願寺音頭を踊っている人から順番に、ビンゴカードが配られ、踊り終了とともに大ビンゴ大会が始まります。

c0209909_15253770.jpg熱くなる
正尊寺盆おどりに来る子どもたちの大半がこの大ビンゴゲームが目的のようです。
開始直後から、いつになったらビンゴやるのか本部席へ聞きに来る子がたくさんいました。

c0209909_15253711.jpg欲張り・・
お爺ちゃんやお婆ちゃん、はたまた乳児の分まで取り上げて何枚ものカードで挑戦する子もいますが、あんがいそうした欲張りにはビンゴが遠いようです。
ヤグラの下で、○○番出せと大騒ぎの子もいました。
c0209909_15253715.jpg景品交換所
ビンゴが始まって20分ほど経つと、次々にビンゴになるカードが出てきます。
景品交換所は景品交換に悩む子どもがいたり、対応は大騒動になります。
今年は虎ロープだけでなく、長椅子を景品の前に置いてセーフティーゾーンを作ったのでスムーズに行きました。
c0209909_15270799.jpgビンゴ終了
400人のビンゴ大会は収束までに向かうまで40分はかかります。
景品交換所がパニックにならないように、全員が楽しむためには時間が必要です。
c0209909_15253730.jpg恩徳讃
PM9:40 ビンゴゲームが終わると、仏壮副会長からお開きの挨拶が有り、全員で本堂に向かい『恩徳讃』を合唱します。
最後に念仏お称えながら、合掌礼拝で一夜の盆の踊りの幕が閉じられました。
c0209909_15253741.jpg片付け
恩徳讃で解散すると.会員は一気に撤収作業にかかります。
今年はインパクトドライバーの”カタ・カタ・カタ・・・・“という音でボルトが緩められ、解体も早くすすんだ感じでした。

c0209909_15253763.jpg手早い
鉄骨の重量あるヤグラですが、解体されパーツパーツになりヤグラ小屋へと仕舞われていきます。
会員は毎年の作業、格納順に手早く運び込まれていきます。
c0209909_15253760.jpg乾杯
PM10:40、撤収作業開始から1時間ばかりで作業完了、エアコンに効いた庫裡広間で打ち上げです。
最近、聴聞を怠らない会長さんの挨拶は一段と有り難さをましています。
そんな挨拶で疲れも吹き飛び乾杯です。
c0209909_15253799.jpg歓談
深夜の作業で小腹も空く頃、鮨飛脚でデリバリーしたにぎりを頬ばり、ビールもすすみます。
楽しい時間は尽きませんが、11時半前にはお開きになりました。
仏壮の皆さんお疲れさまでした。
※昨年の盆おどり大会

by shoson | 2014-08-13 11:00 | 行事 | Comments(0)