c0209909_19463868.jpg
c0209909_19464506.jpg報恩講3日目、朝お日中のお勤めは初夜礼讃(しょやらいさん)岩利の正蓮寺さんと西郷の専宗寺さんが駆けつけて下さいました。


c0209909_19464905.jpg例年最終日はお参りが寂しくなりますが、今年は年賀案内カラー化が功を奏したのか、ほとんどの椅子が埋まり、大勢でご開山のご一生聴聞です。
c0209909_19465973.jpg昨秋から工事にかかった岐阜別院の本堂、報恩講をご縁に寄付をしませんかと呼びかけたら、さっそく志を運んで下さる方がありました。

c0209909_19470585.jpgお昼のご飯が炊けると、最初にお仏飯を盛ってもらいます。
報恩講用の仏飯器は結構大きいです。
c0209909_19471165.jpg最終日のお斎も200食ほど出ました。
1,000膳分用意した割り箸、残ったのは200本弱で3日間トータル800食のお斎、休日が1日もなかったのに皆さんチャンとお参りしてもらえたようです。
c0209909_19471771.jpg御満座法要は雅楽の生演奏も加わります。
本巣雅楽グループ6名が参集、見学に来られた親類の高田派蓮教寺 ご住職も楽人に飛び入りしてもらえました。
c0209909_19472389.jpg午後1時、開始30分前に集会太鼓が打たれます。
寒の内にもかかわらず快晴、ポカポカ陽気の御満座法要になりました。
c0209909_19472822.jpg法中さんの控え書院ではご講師が会行事として習礼(しゅらい:お勤めの作法事前学習)をしてもらいます。c0209909_21351435.jpg
c0209909_19473948.jpg浄土法事讃作法(じょうどほうじさんさほう)、無言行道(むごんぎょうどう)といって雅楽に合わせ内陣を一週回るので、少人数のお坊さんではできません、気を揉みましたが10名揃、駆け足しなくて済みました。
c0209909_19474697.jpg起居礼(ききょらい)は膝も尻も畳に付けず中腰、肥満体には厳しい姿勢、ご法中みなさん震えながら耐えておられました。
c0209909_19475256.jpg狩衣に烏帽子姿の雅楽体の中に、名古屋高針蓮教寺のご住職、僧形で鉦鼓を担当してくださいました。
c0209909_19475913.jpg浄土法事讃お勤めのあとは、住職が高座に上がりご俗姓(ぞくしょう)の拝読。
法務員が恭しくご俗姓箱を運んできます。
c0209909_19480485.jpg御満座法要も満堂、この雰囲気をipadで撮影するお同行おられる、写真マニアにも耐えうるロケーションの報恩講です。
c0209909_19482020.jpg御満座法話を1席にして、ゆっくりコーヒータイムの休憩、喰い逃げ・飲み逃げする人がないように、挨拶でしっかりプレッシャーをかけました。
c0209909_19482914.jpg午後3:40
説経も終わり、みなさん家路に急がれます。
一月も半ば少しづつ夕日が遅くなって、まだ外は明るい内にみなさん家路と急がれました。
c0209909_19483789.jpg皆さんが本堂から出られると同時に、袢纏を着けたお取り持ち、後片付けにかかられます。
c0209909_19484509.jpg幔幕も外されまれますが、ロープを通す部分が結構外れているので、太鼓堂には仕舞わず、来年までに修理です。
c0209909_19485737.jpgお華束も解体、各地区件数分におさがり詰め、小袋とともに、配ります。
件数分のお華束と紙袋、袋に詰めて明日以降役員さんに配ります。

c0209909_19490685.jpg1時間ばかりで、片付けが終わり庫裏での打ち上げす。
お取持の皆さん大変お疲れ様でした。




※ 昨年の御満座


by shoson | 2015-01-16 17:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_06101984.jpg
c0209909_06102659.jpg報恩講第2日目、今日からお取り持ちが変わります。
西郷ブロック(阿弥陀寺・北寺内・中西郷・小野・神屋)のご門徒、朝8時集合で説明会です。
c0209909_06115662.jpg早朝から雨、焚き火で炭をおこすことができず、車庫でBBQコンロを使い炭おこしです。
c0209909_06103122.jpg15日9:30お日中法要
正蓮寺の若院さんと姪っ子がお参りに来てくれました。
お勤めは意訳正信偈『信心のうた』です。
c0209909_06121717.jpg報恩講中日は朝からまずまずのお参りです。
皆さん一緒にリズム良くお勤めです。
c0209909_06123163.jpg休憩には必ずお賽銭集めが入ります。

c0209909_06123701.jpg満堂での高座説教はゆったりマッタリ、ご開山のご法事に何ともマッチしています。
c0209909_06124438.jpg2日目は参詣客が集中する日、受付は大変ですが、今回銀行とJAのOBさんが係で、とてもスムーズに流れていました。
c0209909_06125195.jpgお供えのお仏米は30㎏ずつレトロな秤で量り、袋詰めされ保冷庫
で保管です。
c0209909_06125790.jpgお斎はお説教中の11時頃から次々と座られる。
およそ6回転ほどしたらしい。
c0209909_06130318.jpg50名のお斎場は満席、行列でなく火鉢にあたり、楽しい会話をしながら席が空くのを待っています。
c0209909_06133908.jpg今日はおよそ300食ほど、昨日煮た丸揚げは完食のようだった。
c0209909_06151175.jpg午後の逮夜法要は献灯献花で始まります。
部経婦人会役員の皆様がお供えです。
c0209909_06152470.jpg開式前、寒い向拝縁でスタンバイです。
c0209909_06153197.jpg換鐘のあと、法の深山のBGMで献灯献花献香、雨のウイークDay例年より参詣者がチョッと少なくなっているのが残念でした。
c0209909_06154049.jpg内陣お畳には9名の結衆(けっしゅう:お勤めをする僧)、余間には総代さんが陣取り、賑やかでした。
c0209909_06155647.jpgお勤めのあと、総代、加談、仏婦、仏壮の各代表による焼香です。
c0209909_06160202.jpg書院ではご出勤のご法中、仏婦三役のお接待で、珈琲タイムお寺の情報交換場所になっていました。
c0209909_06161417.jpg午後4時、逮夜法要終了、まだ雨はやみませんが、雪じゃないのでスリップの心配なく帰路へとつれます。
報恩講お初夜キッズサンガ
c0209909_06162133.jpg

c0209909_06162429.jpg午後7時
親子お経教室の報恩講「お初夜キッズサンガを行いました。
木曜日しかもインフルエンザが流行していて、参加者は少なく、お初夜のご縁あまり結べなかったのが残念でした。
c0209909_06164099.jpg余間御絵伝の前でお焼香です。
正面の熊皮の御影の親鸞さま、厳しいまなざしで見護っていてもらえます。
c0209909_06165171.jpgおやつは、祖師前のお華束を一対解体し、大火鉢で焼いていただきます。
c0209909_06165675.jpgお楽しみは、輪投げでお菓子を採るゲーム。
人数少ない分当たりよく、子どもたち大寄こびでした。

※去年のお初夜キッズサンガ


※ 去年の報恩講中日


by shoson | 2015-01-15 20:30 | 行事 | Comments(0)

c0209909_18573868.jpg
c0209909_18575078.jpg3日間にわたって準備されてきた報恩講が始まりました。
庫裡広間も1回転50名のゆったりしたお斎場のセッティングも完了です。
c0209909_18575805.jpg本日のお取り持ちは8時集合、それぞれの持ち場について臨戦態勢です。

c0209909_18580985.jpg午前9:30
朝座の始まり、最初は黒衣(こくえ)で初夜礼讃(しょやらいさん)のお勤め、住職と法務員だけでのお勤めですが、近ごろ四十八座の達人はあちこちのお寺経験を積み、一緒にお勤めしてもらえます。
c0209909_18581913.jpgお説教は今年も浅木蓮教寺、高田篤敬師です。
高座に座り平易な言葉で親鸞さまと報恩講をかんで含めるようにお取り次ぎをしてもらえます。
c0209909_18582362.jpg今年の報恩講初日は門徒さんの葬儀ができ、お斎繁忙期には住職不在でしたが、お斎場は何巡もする盛況だったようです。
c0209909_18582911.jpgご講師やご法中のお斎は朱塗りのお膳で付加価値を付けます。
お椀の中身は門徒のお斎とまったく同じですが、器が変わると特別メニューのようで、ご法中に感激されます。


c0209909_18583365.jpgお斎の席が空くのを待つ人は、玄関大火鉢でしばしの歓談、報恩講ならではの風情です。

c0209909_18583761.jpg境内では報恩講恒例の焚き火、本堂係のお取持が火の番しながら参詣者との語らいの一時演出します。
c0209909_18584908.jpg午後1:30
初日昼座は八木西光寺さんに登壇してもらい、正信偈の作法です。
参り合いの法中さんも来てもらい賑やかにお勤めです。
c0209909_18585230.jpg高座説教は前席大五条、後席小五条という古い伝統があります。
高田先生はそうした心得も熟知し二枚の五条を掛け別けられます。
c0209909_18590015.jpg庫裏もお説教後席の頃になると片付けも終わり、厨房のお取持は広間の大スクリーンでサテライトお聴聞です。
c0209909_18590351.jpgお説教終了、片付けと明日の準備が終わると、二日間のお取持奉仕の終了です。
住職の御礼言上後、皆さんゆっくり会食です。
二日間ありがとうございました。

※ 去年の報恩講初日

by shoson | 2015-01-14 17:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_22254283.jpg
c0209909_22252861.jpg平成27年正尊寺報恩講が始まります。
今日は西郷(明音寺、上西郷)の門徒35戸がお取持ちで朝8時半庫裡広間集合で、お取持ちマニュアルのプレゼンです。

c0209909_22261163.jpg説明会が済むとそれぞれ手分けして準備作業に取りかかります。
男性陣は境内幕張に動き出しました。
今日は天気も良く穏か、屋外作業も順調です。
c0209909_22262214.jpg本堂幔幕もハシゴと竿を巧みに使い、綺麗に張れていきます。
c0209909_22263946.jpg10時のおやつ、風も無く男性陣は陽向ぼっこをしながら甘酒を飲み歓談です。
そんな所へ孫も参戦、自撮り棒で爺ジと「ウィッシュ」記念写真です。

c0209909_22264704.jpg1才8ヶ月の孫は人気者、ご門徒のオジちゃんに抱かれて、高座デビューです。
こうしながらも、本堂内の準備は着々と進んでいきます。
c0209909_22265760.jpg庫裏厨房では女性陣がお斎の仕込みに精を出されます。
30Lの桶3杯分のナマス、大量の大根がツキツキされます。

c0209909_22270723.jpg去年までの豆腐屋さんが廃業し、探し求めて見つけた「松野とうふ」の丸揚げ300個、初日分の下拵えです。
c0209909_22271840.jpg丸揚げは150個ずつ大ザルに入れ、湯煎し味付けじっくり味を染み込ませていきます。
c0209909_22273061.jpg正尊寺報恩講名物『カブラ煎り』塩漬けのカブを湯煎し、塩抜きです。
これを乾煎りし味付けして、お斎(とき)の一品となります。
c0209909_22273625.jpg正尊寺は木製本塗りのお椀を使っています。
150膳分ひとつひとつ丁寧に拭いて準備です。
c0209909_22274621.jpg男性陣会場準備が終わり、腰を落ち着けてお華束の彩色にかかってもらいます。
彩色マニュアルを見ながら一対ずつ担当を決め、センスの腕比べが始まりました。
c0209909_22275218.jpg正尊寺のお華束はその時々のお取り持ちの個性が表れる、芸術作品です。
お手間入りのお華束餅の重圧を感じながら、美しいお供えとお化粧されていきます。
c0209909_22275940.jpg完成したお華束、大事に抱え手本堂お内陣へ運びお供えされます。
c0209909_22281903.jpgお手間入りのお供物が並び、明日から三日間お内陣を飾ります。

c0209909_22281169.jpgお花は大野花店に活けてもらいます。
お店で仕立てて持ってきてもらえるので、短時間でお供えしてもらえます。

c0209909_22282676.jpgすべての準備が終わり、お正月のお鏡餅で作ったぜんざいをお八つに食べ、解散です。
まだ2時前、お八つには早いという声出てましたが、鏡開きから段取りしてあるので必須です。
お取り持ちの皆さん初日のご奉仕お疲れ様でした。

※ 昨年の報恩講準備

by shoson | 2015-01-13 15:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_21143988.jpg
c0209909_21143938.jpg報恩講の最重要お供えはお華束(けそく)、朝9寺集合で達人方が集まってのお華束盛りが行われました。
まず直径3mmのステン串を揃えて準備です。
c0209909_21152709.jpg台座の固定穴を大きく深くはめ易いようにとの要望に応え、ドリルで加工し直しました。
c0209909_21154574.jpg一晩、整形板に重ねられ、ちょうど良い固さに成ったお華束玉をザルに移し、米粉をふるい落とします。
c0209909_21165709.jpg
ステン串にムカデの足のように少し間隔を空け、串団子にします。
6㎝からスタートで、5個基礎部分その上へ約20個隙間を空けてが基本のようです。
丸盛りは12本、半盛りは8本作ります。

c0209909_21171461.jpg台座に串団子を巻き付け、お華束タワーの原型が見えてきます。
c0209909_21172889.jpgムカデのような隙間に1個1個お華束玉を詰め、隙間をふさぎ上等なトウモロコシのように目の詰まったお華束タワーに成長していきます。
c0209909_21174370.jpg今回、古い形成板2枚分が忘れられていて、玉が足し無くなるというハプニング。
急遽、残っていた餅板を電子レンジで温め延ばし、型抜きしてかさ上げしました。

c0209909_21175289.jpg例年よりハプニングのため時間がかかりましたが、上等なお華束七対十四本完成しました。

あとは明日のお取り持ちに彩色をしてもらのを待つだけです。
c0209909_21180006.jpg作業を終えて遅めの昼食、ご奉仕の皆さんお手間入りのお供え、ありがとうございました。
c0209909_21180523.jpgお華束形成板を同じ物で統一し、間違いが起こらないようにとの宿題です。
5mmのシナベニア30㎝×91㎝
両脇に9mm×15mmの桟をつけたもの5枚制作します。

by shoson | 2015-01-12 13:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_19440534.jpg
c0209909_19442407.jpg本日から報恩講の準備が本格化しました。
朝8時仏教婦人会の会員有志の方が続々本堂へと集まって来られました。
まずご本尊に合掌しご挨拶し、お磨きの持ち場につかれます。
c0209909_19442481.jpg35名ほども方が集まって、和気あいあい語りながら、手には力を込めて、ピカピカになるまで磨いてもらえます。
c0209909_19442468.jpg約1時間半ですべての真鍮仏具はピカピカになり、法務員がそれを組み立てます。
c0209909_19442470.jpg内陣では法務員が熱湯に浸けられた雑巾を固く絞って、擦り漆の床を丁寧に拭き上げます。
側では孫が遊んで欲しそうに付いていました。

c0209909_19442422.jpg漆の光沢が戻ったお内陣の前卓に打敷をかけていきます。
c0209909_19442495.jpg婦人会の皆さんはおみがきが終わり庫裏でティータイム、ひと息ついて皆さん楽しそうです。
c0209909_19453545.jpgお華束準備

一晩水にした餅米が厨房で出番を待っています。

c0209909_19462831.jpg厨房の準備も万端、とくにアイランドキッチンの電磁調理器排気口を目張りを忘れてはなりません。
米粉がここに入り込むとあとの掃除が大変ですから。
c0209909_19453505.jpg厨房床にはブルーシートを敷き詰め、餅つき器や伸し板もセットして準備万端にして朝を迎えました。
c0209909_19453534.jpg米粉を熱湯で混ぜ、団子を作ります。
この手間を省くことはできないようです。
c0209909_19453569.jpg蒸し器に餅米を入れ、その上に米粉団子の乗せて蒸し上げます。
c0209909_21551263.jpg蒸し上がったらマシーンにいれ餅つきです。
しゃもじの絶妙な加減でこねて行くと柔らかなお餅の完成です。
c0209909_21551207.jpg伸し板に米粉を敷き詰め、伸し板の回りを囲む婦人会の皆さん、そこへつきたてのお餅と投入です。
厚さ9mmに延ばされた伸し餅になります。
c0209909_21551237.jpg一斉にビニールパイプで作った型抜きで、コツコツと良い感じの響きで型抜き作業が行われます。
住職は手に入れたばかりの自撮り棒を延ばし良い角度から作業を撮影です。
c0209909_21551120.jpgお華束には約8,000個の玉が必要、人海戦術で型抜きが進んでいきます。
c0209909_21551239.jpg型抜きされた玉は作業台で華束玉形成板に形を整え並べていきます。
c0209909_21570980.jpg型抜きで余ったタネを再度蒸し、手でこねて再び伸し板に延ばされ規定の珠数まで型抜きし続けられます。
c0209909_21570906.jpg最後に残ったへた部分は、頭に乗せる鏡餅と一口サイズぜんざい餅に成ります。
c0209909_21570944.jpg形成板に綺麗に並んだ華束玉は、重ねて置かれ適度な固さになるよう、寒い廊下で一晩寝かされます。
c0209909_21570995.jpgお華束抜きは作る人も粉だらけになります。
お外で粉を落とさないと庫裏中粉だらけになります。
担当の皆様、お気遣いありがとうございます
c0209909_21570918.jpg正午にはすべ取越の作業が終わり、庫裏広間でお昼ご飯。
孫も参戦、皆で賑やかな昼食会場となっていました。
c0209909_21570978.jpg昼食が終わり、解散前にもう一仕事。
15日の音楽法要の前に行われる献灯献花、ピカピカに磨いた花器燭台を持って練習です。

準備第一日目無事完了できました、皆様お疲れ様でした。
※ 去年のお餅つき

by shoson | 2015-01-11 13:00 | 行事 | Comments(0)

明けましておめでとうございます
c0209909_22192760.jpg
c0209909_22192719.jpg元旦の朝7時、日の出と共にHONDA雪オスにガソリン満タン補給し、ガレージから出し駐車場へ。
20㎝弱の積雪、これ以上積もると参詣者が難儀をされます。

c0209909_22192766.jpg300坪の駐車場、1時間20分程縦横に走り回り、なんとか駐車場の面目保てるまでになりました。
その頃雪は止み、朝日が顔を出してくれました。
これで元旦会参詣者への雪の影響は少なくなると、嬉しくなりました。

c0209909_22192684.jpg午前9時半、雌蝶さんのために簡易着物貸して下さる「あきも」のオーナーも駆けつけて下さいました。
『あきも』さんは正尊寺十三参りにも協力してもらっています。
c0209909_22192615.jpg15分ばかりで、2人の可愛いイハイカラさん風雌蝶さんが完成しました。
住職も雪かき作業着からお衣に着替え、一緒に記念撮影でした。
c0209909_22192689.jpg太陽も顔を出し、15分前位から次々と参詣の方が集まりはじめました。
向拝階段上がったところでお焼香をしてもらいます。
本堂の外でお焼香スタイル、観光寺院みたいですが堂内は整然と並べられた腰掛けで身動きができ無いので、外に出してあるのです。
c0209909_22192645.jpg午前10時ちょうどおつとめが始まる合図の換鐘が打たれます。
天候のせいでしょう、ギリギリ滑り込みの参詣者も多く有ったようです。
c0209909_22192635.jpg150名分の腰掛け、ほとんど空席が分からないほど埋まり、正信偈のおつとめが始まります。
150名での元旦早々の正信偈、本堂が揺れるようなお勤め、気持ちの良いお正月です。
本堂がゆれる満堂のお勤め
c0209909_22192691.jpg
c0209909_22192765.jpg正信偈お勤めのあとは親鸞聖人著述、教行信証総序を皆さんで声にだして読みます。
そのあと住職から年頭の挨拶と法話。
今回は「浄邦縁熟」の部分を題材にお話をしました。
c0209909_22215412.jpg内陣には御流杯用の金粉入りお屠蘇がお供えされ、回畳には150個の干支盃と、もしも足らない場合の数年前既配し残った記念杯も20個ほど準備して起きました。
160席設営してあり、その空き具合で予備の必要は無ことは分かっていました。
c0209909_22215444.jpgお屠蘇は今年は秋に仕入れた食用金粉ノンアルコール日本酒に、いっぱい混ぜ込んで作ったものです。
c0209909_09002112.jpg法話が終わるとお供えしてあった4器の飾お銚子をそれぞれ雌蝶さんに注いで回ってもらいます。
底に沈んだ金粉が一杯出るように、お銚子を時々振って皆さんに笑顔と共に大サービスです。
c0209909_22215480.jpg全員にお屠蘇が配られると、住職の「今年も1年お聴聞怠らないように!乾杯ぃ~」という発声で、飲み干し懐紙に包んでお持ち帰りです。
c0209909_22215403.jpgぴったし1時間、午前11時に外へ出ると、お日様の姿はなく、また雪が降っていました。
この法要に遇わせ雪雲は本巣地方を回避していてくれたようです。

足下の悪い中ようこそのお参りでした。
c0209909_22215433.jpg参詣者が帰ったあと、艶姿お手伝いの子たちと記念撮影でした。

皆ありがとうございました。
c0209909_22215414.jpg今年のお正月は住職の子どもたち誰も帰ってきませんでした。
毎年恒例の巻頭家族写真は諦めて、法務員家族と一緒に写真を撮りました。

法務員さん今年もよろしくお願いします。

※ 去年の元旦会

by shoson | 2015-01-01 12:00 | 行事 | Comments(0)