c0209909_07503126.jpg
c0209909_07503870.jpg三寒四温まだまだ北風は冷たく吹いていましたが、雨の心配は無く春彼岸永代経が3日間勤まりました。
c0209909_07512233.jpg初日は第三回目になる『正尊寺十三参り』が午後1時から2時まで開催されていました。
その模様はキッズサンガblogで紹介しています。
c0209909_07512646.jpg◎初日
今年のお中日は日曜日とも重なり、近隣町内は総会や祭りで、午後2時からの法要参詣者は淋しい限りでした。
一日目の法話は教蓮寺の若院さんが務めてもらえました。
c0209909_07513049.jpg庫裡厨房では、明日明後日のお斎の準備が進められます。
各町内の行事と重なって、お勝手方のお手伝い手薄になるのでは心配しましたが、皆さんお寺の方を優先して手伝ってもらえました。
c0209909_07513517.jpg本堂向拝受付には必ず誰か立ってもらい、今年から取り入れたメッセージ葉書の受け取りをしてもらいました。
c0209909_07513945.jpgメッセージ葉書は余間の法名軸荘厳前机のお盆に収められ、お供えのようにして置かれていきました。
c0209909_07514343.jpg◎二日目
初日が少なかった分、二日目は予想以上のお参りがあり、住職は胸をなで折りしました。

c0209909_07514791.jpg19日のお祭りが雨天順延していて、お説教の最中に賑やかに鉦太鼓を打ち鳴らしながら、御神輿がやってきました。
本堂は法話中、駐車場でご祝儀を渡しご退散願いました。

c0209909_07515171.jpgあさから厨房ではお斎の準備が急ピッチ、味ご飯もたくさん炊かれていました。
c0209909_07515589.jpg庫裡上の間は開闢法要のお斎会場、今回は35名分のお膳が用意されました。
c0209909_07515824.jpg全て手作りのお精進料理、色取り良くなるように、開闢膳ようのコンニャクは近江の赤コンニャクで鮮やかです。
c0209909_07520258.jpg二日目からの法話は教蓮寺ご住職の小野正信先生、花粉症のせいかちょっと声がかすれ気味ながら、易しく丁寧にお浄土への道を説いてもらえました。
c0209909_07522256.jpg午前のお説教が終わると、開闢法要が勤まります。
住職から一般の方は庫裡でお斎へと案内、ついでに5月に行われる岐阜別院大遠忌法要
の参拝についても募集しました。
c0209909_07522846.jpg庫裡の一般参拝者用お斎は一杯の人になり、味ご飯もたくさんうれていきます。
昨日から心を込め準備してきた甲斐があります。
c0209909_07523986.jpgご講師の昼食は、開闢法要お斎と同じものを朱塗りの本膳で出します。
c0209909_07524304.jpg今期永代経法名軸に記載された法名は22名、開闢法要お勤めの前に余間に上がってもらい、法名軸を見てそれぞれの法名を確認してもらいます。
c0209909_07524756.jpg開闢法要は『仏説阿弥陀経』です。
お勤めの間に法名軸の前でお焼香をしてもらいます。
c0209909_07525154.jpgお勤めが終わると庫裡に移動し、お斎が始まります。
住職かたちばかりのお酒をついで回りますが、隙間が狭く衣の袂が危険状態でした。
c0209909_07525506.jpg開闢お斎はドタキャンも有り、31名が付いてもらえました。
高級料亭のようには行きませんが、毛氈に輪島塗りの本膳、最近であわなくなったお座敷に喜んでいただけたようです。

c0209909_07525953.jpg早めにお斎の済んだお斎がすんだ一般のお同行は、本堂の南縁で日向ぼっこしながらおしゃべりタイム、春彼岸のどかな風景でした。
c0209909_07531287.jpgお斎も終わるとお勝手方フル回転で後片付けが始まります。
お膳がワンセットづつ風呂敷に包んで片づけられていきます。
c0209909_16480062.jpg二日目のお説教も終わり皆さん家路につかれます。
明日も続いてお参りくださいよ!
c0209909_16362756.jpg◎三日目
昨夜は小野先生書院でお泊まりでした。
坊守は秘蔵の食器を出してきて、朝食の準備気合い入っていました。
c0209909_07531810.jpg平日の法座、お参りがガタ減りになるのではと心配しましたが、まずまず椅子が埋まるほどの参詣者で胸をなで下ろしました。
今回はブーメラン方式の案内状が功を奏したようです。
c0209909_07540090.jpgお聴聞しながら、メッセージを書いてお供えする方もありました。
参拝者の思い大切にしながら、永代経のご縁が広がるようにしなければと思いました。
c0209909_07532454.jpg送りっぱなしで無くお寺にメッセージと共に帰ってくる案内状、ブーメラン方式と名付けました。
今回は33通帰ってきました、5%強の帰還率、今後この割合をいかに伸ばしていくか、永代経法要の準備の楽しみが増えました。
c0209909_07533139.jpg三日目もしっかりお斎の準備をしています。
朝から夕方まで一日ゆっくりお聴聞してもらいたい、お勝手係のお手伝いも力が入ります。
c0209909_07533750.jpg九州からお取り寄せの手作りのごま豆腐も一品付いています。
おかず取り放題にデザートもお手間入りジャムのかかったヨーグルトが付いています。

c0209909_07534437.jpg春彼岸の最後のお斎、皆さんいっぱい食べて大満足してもらえました。
c0209909_07535642.jpg法話も終わり皆さん帰られるときには、お斎のおかず袋に入れてお土産にお渡しです。
夜のおかずの一品に、皆さん喜んで持って帰られました。

お勝手方の皆さん、お手伝いありがとうございました。

※ 去年の春彼岸永代経

by shoson | 2016-03-22 15:00 | 行事 | Comments(0)