昨年9月に発覚した庫裡縁の下の漏水事件、1年経ってやっと原因が究明されました。
生コン34台分敷いたぶ厚いベタ基礎の下から水が湧くはずも無く、大雨の吹き降りかエアコンドレインからの漏水と決め込んでいましたが、この夏水を吸い出しながら原因を究明してきました。
c0209909_05392706.jpg
c0209909_05392796.jpg6月後半エアコンを使い始める前に基礎は水浸しになっていました。
7月に入ってこの漏水との戦いが始まりました。
c0209909_05392736.jpg縁の下の様子が潜り込まなくても判るように、防犯カメラとLEDスポットの台車を作り、TVで確認できるようしました。
福島原発の捜索ロボットをヒントに設置です。
強制乾燥の扇風機も回し続けました。
c0209909_05392738.jpg2㎝程溜まった会議室下では、扇風機での乾燥では間に合わず、乾湿掃除機を持ち込み吸い取り作業です。
スケボーのようなモグラ作業は結構くたびれます。
c0209909_05392744.jpg水を抜き、扇風機で乾燥させて行くと水源が特定されました。
立て基礎とベタ基礎の間に型枠からはみ出たのか木の節穴のような物を発見しました。
ここから少しずつ湧いているのです。

c0209909_05392771.jpg乾湿掃除機の水排水用に使っていた電ドルミニポンプで吸い出しますが、ジワジワと際限なく水が湧いてきます。
c0209909_05413606.jpg会議室下から階段下の搬出口までは15mのホースを使って水を運びます。
マキタのインパクトドライバーと電ドルポンプの相性は抜群、楽々排水できました。
c0209909_05414894.jpg湧水口が発見でき、水が広がらないよう木枠でダムを造り水を貯め、排水できるシステムを作りました。
c0209909_05420847.jpgブロックされた遊水地には水深を測るため、5mm単位の線が引かれたフィルムケースを置き、撮影台車もセットして状況をいつでも確認できるようにしました。
c0209909_05421438.jpgこまめに排水できるよう、インパクトドライバーは地下から出して、2ヶ月間湧水量のデータを取り原因究明をしてきました。
天候・エアコン稼働時間・行事など、そのデータを照らし合わせ考えまし。
c0209909_05422018.jpg行事の後に漏水量が増える傾向、これしかないのではと排水枡の水を抜き、様子を見ていると水の流れが確認できました。

c0209909_05422739.jpgベタ基礎の上に水が溜まる、これしか無いと庫裡建設blogの日程を参考に、現場写真を点検し、結論が出ました。
もっと早く気づくべきだった。
c0209909_05423176.jpgベタ基礎の上に置かれた溜め枡から下水道へのパイプへ繋がれています。
溜め枡に亀裂が入り漏水したら、水の逃げ場は無く地下に溜まっていく。
当たり前の結果ですが、このことが判るまで2ヶ月間水を汲み上げ続けました。
c0209909_05423608.jpg原因が解れば設備屋さんの対応も迅速です。
庫裡設備を担当した高橋設備屋さんに連絡しました。
c0209909_05424236.jpg市会議員で元中川北組教区会議員の息子さん、気持ちよく修繕しに来てもらえました。
c0209909_05425661.jpg当初は原因が解らず、床を削って水道管を調べようかとも言っておられたが、最もダメージの少ない修繕で済み有り難かった。
c0209909_05430135.jpgコーキングと防水モルタル施工、3ヶ月悩まされていた出水、これで終止符が打たれました。
c0209909_07011773.jpg床下撮影ロボットの映像を見るのもあと少しです。

by shoson | 2016-10-06 07:11 | 修繕 | Comments(0)

c0209909_10553044.jpg
c0209909_10554082.jpg今年の梅雨は雨が少なく高温になっています。
そのせいか、先月中頃から大広間のフスマの滑りが悪く、スムーズな開閉に支障をきたすようになりました。

c0209909_10554954.jpgよく見ると、部屋のまんなか辺では鴨居とフスマの隙間が無くなっています。
7.2m継ぎ目のない無垢鴨居の中心が下がってきたようです。
施工段階から織り込み済みの現象、さっそくアイデア施行の出番です。

c0209909_1056145.jpg2階お座敷の畳を上げると『鴨居の逆ジャッキ』秘密のボルト出現が出現します。
設計士さんは既製の鴨居あげ金具(鴨居サポート)を勧めましたが、上げ下げ自由1ミリ以下での微調整が出来るようにと、棟梁に無理強いしたアイデアです。

c0209909_1056935.jpgタイヤ交換用の十字レンチの登場ですが、空回りしているかのようになんの抵抗もなく回ります。
携帯電話で広間から状況を聞くと「ユルユルになりました!」との報告、さらに微調整です。

c0209909_10561984.jpg秘密のボルトはお座敷となりの納戸の中にもあり、それも微調整簡単でした。

結果、たいそうな十字レンチ要りません、モンキースパナ程度で充分調整ができることが解りました。

c0209909_10562914.jpgわずか数分の作業、片手ですぅーっとフスマが動き、廊下の向こうへ格納できるステルス襖が復活しました。


by shoson | 2013-07-01 10:57 | レポート | Comments(0)

新しい庫裡での諸行事3年目に入り、使いやすいよう少しずつアイテムを増やしています。
c0209909_063391.jpg
c0209909_064652.jpg会議室スクリーン
15畳の会議室で総代会を行うとちょうど一杯、自立式のスクリーンを置くと手狭になるので、吊り下式の物を購入しセットしました。
巻上型の安価スクリーンですが、天井からフック付けで簡単にセットできました。
70㎝巾の会議机も2台購入し14名ゆったりと話し合いができるようになりました。

c0209909_065597.jpgご家庭ではスリッパを履く生活が普通ですが、庫裡ではスリッパ散乱するのは見苦しいので片づけてあります。
そこで廊下を歩く時に冷たさが緩和されるようにと、毛氈風のカーペットを敷いてみました。
これもネットで購入したパレットフィットカーペットというリサイクル素材の安価な物ですが、桧廊下に赤色が映え滑り止めも付いてなかなか良い雰囲気になりました。
c0209909_07329.jpg停電誘導灯
会館でない庫裡には停電誘導灯が付いていません。最近お通夜に泊まられる方もおられるので、もしもに備え自動点灯で誘導灯の代わりになるLEDライトをまとめて購入しました。
廊下に面したあちこちのコンセントに付け、夜間もしもの場合でも真っ暗闇に成らず安心です。

c0209909_07102.jpg食洗機
厨房の食洗機、ホシザキの営業さんに勧められ、お茶出しマシーンとセットで新しくリースすることになりました。
小型ですが、湯呑みや茶碗一瞬で洗うことができ、大勢のお参りの時でも3回転4回転とスムーズに洗い物が終わります。
厨房係の方には大変喜ばれています。


by shoson | 2013-03-08 00:07 | レポート | Comments(0)

c0209909_18592035.jpg
c0209909_18593465.jpg庫裡の玄関吹き抜けには京都唐長特製の『天平大雲』のランプシェードが下がっています。
京都から届いた時には200Wの白熱球が付いていましたが、省エネで22Wの電球型蛍光灯に変えていました。
広い玄関を照らすにはこのランプでは暗く、照明としては実用にほど遠く、しかもランプシェードの底には紫外線に集まる夜行性の虫たちの死骸がたくさんたまります。

もう少の光量と虫が寄らないように・・・・LED電球に変えてみました。

c0209909_18594223.jpgクールビーム型の18W高輝度LED、30°の照射角が直径40㎝長さ180㎝の円筒全体をムラ無く照射してくれます。

玄関ポーチも明るくなり、この照明一つで充分にお客さんの対応ができそうます。

c0209909_18595046.jpg少々お値段は張りますが、美しいランプシェードを引き立たせ、実用的明るさがあり、しかも虫が寄らない=蜘蛛も猟場にしないを期待し、ネット割引で良いアイテムの変更ができました。


by shoson | 2012-03-04 19:00 | アイテム | Comments(0)

c0209909_13555740.jpg
c0209909_1356966.jpg庫裡北側には鋼製の外階段があります。
設計士さんは見栄えと漏水など勘案して、外階段設置には消極的でしたが、2階を生活空間とするにはどうしても必要だと作って貰いました。
但し、漏水と壁面クラッシュを避けるために、階段と壁には10㎝の隙間が有り、雨が降ると厨房勝手口の入口に少しですが雨粒が落ちてきます。

c0209909_13562432.jpg梅雨に入り、その雨粒が鬱陶しくなり、その隙間を塞ぐことにしました。
ホームセンターで思案の結果、アクリル版で小屋根を作ることにしました。
50㎝×110㎝、厚さ1㎜のアクリルサンデーを購入し、まずはカッティングです。
これは素人にも簡単、ハサミで紙を切るよりも寸法通り真っ直ぐに切ることができました。

c0209909_13563551.jpg45㎝×16㎝にカットしたアクリル版を電熱器を使い隙間に合うように曲げ加工をします。
これはなかなか難しい、片方はトギトギの直角に曲げたかったのですが、角丸の上に波打ったような・・・板金屋さんのような綺麗に仕上がりませんでした。
厚さ1㎜というのはかえって難しいようでした。

c0209909_13564912.jpgアクリル版が飛んでいかないように止めるのは、階段側面にCクランプ(シャコ万力)で固定された、15㎜厚の巾20㎝の板に45㎜の角材を付けた下地材にペンキを塗ったものです。
お手軽で、何処も傷つけること無く納まっていて、素人の良いアイデアだと自己満足です。

c0209909_1357018.jpg下地にアクリル屋根材を置き、ステンレスネジで固定します。
寸法も測らず目分量で固定し始めてしまい、重ね部分にバラツキができたのは、素人作業のご愛敬でしょう。

c0209909_13571674.jpg最後に、流れる雨水が下地に漏れ出さないように、コーキング剤でねじ穴やつなぎ目を処理、水誘導の堤防を作って作業完了です。

c0209909_13572820.jpg今一つ見場はパッリとしていませんが、大雨の時階段下を出入りしても雨粒がかかることはないでしょう。
それに、階段部分が少々揺れても壁側は1ミリの柔らかいアクリル版が触っているだけ、壁にヒビが入る事はないはず、住職思案の傑作です。


by shoson | 2011-06-03 08:00 | 修繕 | Comments(0)

c0209909_21535165.jpg
c0209909_22124554.jpg朝8時前境内の赤外線アラーム反応したので、防犯カメラにTVチャンネルを合わせると、玄関のカメラに大きな顔が写りびっくり!
落ち着いてよく見ると懐かしい顔、白木クリーニングのK田さんではなかろうか?
玄関を見に行くとT監督の指揮でケヤキの虹梁に脚立を掛け作業中だった。

c0209909_22125924.jpgケヤキの虹梁が少しシミのような模様が現れていたようで、先日の和平会でK監督がその色あせ気づき、メンテ修繕に職人さんを連れて来てもらえたようです。

c0209909_21542430.jpg着色剤の入ったエナ油を丁寧に塗ってもらえ、ムラになっていたところはまったく分からなくなり、ケヤキ独特の美しい木目が一段と際立ってきました。

住職が気づかない様な無垢材の変化見逃さず、丁寧なメンテナンスありがとうございました。

by shoson | 2011-05-12 08:00 | 修繕 | Comments(0)

c0209909_22272945.jpg
c0209909_22283821.jpg気候も暖かくなり、このところの行事や葬儀会場となる機会が増えた庫裡大広間の音響整備を始めました。
仏間隣の押入にはAV機器が置かれ壁の穴からはいろいろのコードやラインが引き込まれています。

c0209909_22284739.jpg設計段階では簡単な放送設備しか見積もってなく、完成間際電気屋さんにお願いして数本の同軸ケーブルを引いておいてもらいましたが、まだまだ足りません。
自作でスピーカーケーブルや本堂からの予備同軸ケーブルを引くことにしました。

c0209909_22275990.jpg今回は3C-2V同軸ケーブルを本堂まで1本、玄関外とホールでスピーカを鳴らすためのスピーカーケーブル2本を這わせました。
大引と根太に1㎝ほどの隙間がありラッキー、うまい具合に縁の下へコードを出すことができました。

c0209909_22273920.jpgかつて電気屋さんが話していたように、縁の下をほふく前進するのは大変辛い作業になります。
そこで考え、板にキャスターを付け簡易スケートボートを作り、腹ばいになってベタ基礎の上を滑る作戦にしました。

c0209909_2228918.jpg縁の下のベタ基礎の上をサーフィンのパトリングの要領で進みます。
丁寧に仕上げられた基礎面はべた凪のように気持ちよく滑れました。

c0209909_22275058.jpg所々に電気コードが横たわり、横波で転倒といった感じですが、ホコリさえ立たなければ愉快な作業でした。

c0209909_22281860.jpg玄関横RC防火室との境に貼られた板に9mmの穴を開けコードを通し、チョッと奢ったPanasonicジョイントボックスレセプタクルコネクターを取り付けました。

c0209909_22282850.jpgスピコンコネクターには4本の線間違いなく付けなければ成りません、ネットで配線動画もしっかり学習しハンダ付けまでしてバッチリ、プロの職人さんに負けない仕事ができたようです。

c0209909_2228574.jpgまだ庫裡の放送機材は揃いきっていませんが、当座はTOAのKZアンプからハイインピーダンスで音源供給、室内をニョロニョロとコードを這わすことなくすっきり実用に耐えるようになりました。


by shoson | 2011-04-28 09:00 | 修繕 | Comments(0)

c0209909_18385217.jpg
c0209909_183914.jpg桧無垢貼りの庫裡廊下、滑らないはずのオスモカラーを塗ってもらったのですが、木肌の仕上げが良すぎたのかつるつるです。
冬には塗料の剥離もしてもらったのですが相変わらず滑ります、山田監督季節の変わり目を狙って塗装屋さん同行で、再度滑り止めの勘考です。

c0209909_18391039.jpgいろいろ試しながら、桧の光沢がチョッと変わるようですが、ご門徒の転倒があっては大変、安全第一で滑り止め効果のある樹脂ワックスを塗ってもらうことになりました。
塗布から数時間の乾燥、今まで何だったのと思うほどにまったく滑らなくなりました。
足元注意の立て看板も必要なくなり、ひと安心です。

by shoson | 2011-04-23 09:30 | 工事 | Comments(0)

c0209909_2035890.jpg
c0209909_21492374.jpg3年前庫裡新築に先立って、書院のトイレを庫裡と同じく丸平建設さんに増築してもらいました。
そこに設置した便器の水漏れが報恩講の時に発覚し、ご講師以外使うことのないトイレ、しばらく元栓を閉めて忘れていました。
先月21日、仏教婦人会追弔会準備の掃除中に思い出し、月末丸平さんの監督さんと水道屋さんに見てもらいましたが、原因が特定できず直りませんでした。
メーカー修理を頼むとのことで、INAXのサービスマンが修理に来て貰えました。
さすがにサービスマン、トイレを見るなり言いにくそうに「この便器は寒冷地仕様ですね・・・氷って水槽が破損しないように、常時排水のボタンが有るのですが・・・」

c0209909_20352758.jpgなるほど、気が付かなかったけれど、ボタンが出ると水はまったく止まり、引っ込めるとチョロチョロと流れだしました。
掃除の時間違って押し込んだようです、仕様書もよく読まず空騒ぎの便座騒動でした。

c0209909_20353374.jpgちなみに、こうして間違った使い方をしないように庫裡に設置した便器も同じ物で頼んでありましたが、設備屋さん奢ってもらえてフタは勝手に開くし照明が付いて音楽まで鳴り響き、用をたすと勝手に水まで流れるナマカワを促進する最上グレードのトイレになっています。
お庫裡の便器は寒冷地仕様でないので水が自動に流れることはないそうです。


by shoson | 2011-03-03 15:31 | その他 | Comments(0)

c0209909_020116.jpg
オークションで揃えた充電式ハンディ掃除機、なかなか優れものです。
この掃除機は本体価格よりリチュームイオンバッテリィの方が高価で、オークッションを色々探し半額以下でGETしました。
庫裡の廊下を一周すると50m以上あります、コードの付いた掃除機では走って回れません、そこで職人さんが使っていたマキタの14.4V 3.0Ahの強力バッテリ駆動を見て考えました。

Highパワーで2階のメイン階段をスタートして1階廊下一周、Sub階段を2階に上がって半周まで頑張って埃を取ってくれます、1階2階と2台の掃除機でしばらく掃除をしてみます。

by shoson | 2011-02-03 00:18 | アイテム | Comments(0)