涅槃会は2月15日ですが、今年よりご家族連れで参拝してもらいたいと、休日に開催することとなり4日遅い法要となりました。
昨年末工事完成した正尊寺『法縁廟ほうえんびょう』の落慶法要も一緒に厳修するはこびとなり、快晴穏やかな天候にも恵まれ賑やかにお勤めすることができました。
c0209909_04590216.jpg
c0209909_04590205.jpg余間には涅槃図(ねはんず)をかけ三具足でお荘厳は例年通りですが、その横には広蓋に乗せられた8個のお骨箱と木箱の入りの納骨名簿、放骨室本尊となる重軽(おもかる)阿弥陀の石像も安置されました。
もちろん、白木お位牌や年回通知状も机の上に並んでいます。
c0209909_04590271.jpg朝早く京都から電車を乗り継いで来てもらった、影絵法話の『ともしえ』メンバーと浜松からご家族で来ていただいた、法縁廟を設計してもらった前原設計士、遠山設計士さん一緒に庫裡広間で昼食です。
c0209909_04590203.jpg午後1時頃からボツボツと、お位牌や焚焼の品々を携えたご門徒さんが、本堂に上がってこられます。
受付は娘が担当し涅槃図の解説版と、落慶記念の豆うちわをお渡ししました。
c0209909_04590376.jpg記念品の「豆うちわ」はお仏壇の灯明消しに使ってもらおうと、消しゴムハンコで作ったオリジナルです。
ここ数日坊守や娘が夜なべして90本製作しました。
c0209909_04590396.jpg南余間(よま)の焚焼品安置机はみるみる一杯に成っていきました。
参詣者もご家族ずれが多く、外陣の腰掛けも慌てて増やし、焼香用の香炉も1基増やし4口にしました。
c0209909_04590394.jpg午後1時半住職より本日の法要の意義と流れが説明されました。
法縁廟落慶法要についての説明が長くなり、10分遅れのお勤め開始となりました。
c0209909_04590339.jpg今年は落慶法要も兼ねるので、住職と若院は色衣正装での「仏説阿弥陀経」お勤めです。

c0209909_05002075.jpgお経が始まると、余間前の特設焼香所へ法務員が順次ご案内です。
100人を超える焼香、4口にして置いて正解でした、お勤めの間に全員お焼香をしてもらえました。
c0209909_05002035.jpgお子さん連れの参詣者もあり、休日に変更した甲斐がありました。

c0209909_05002049.jpgお勤めが終わり式典です。
始めに本部委員長から住職に法縁廟落慶の祝い金が渡されました。
正尊寺法縁廟はお墓利用者からの懇志で建設する事になっていましたが、門徒会からも多額の祝い金をいただき、名実共に正尊寺門信徒全員の墓所になりました
c0209909_05002045.jpg法縁廟建設にあたって尽力いただいた設計と施工の業者さんへの感謝状伝達です。
はじめは、この法縁廟設計への道筋を付け、測量などの基礎設計をしていただいた宝珠の遠山設計士さんです。
感謝状と金一封をお渡ししました。
c0209909_05002190.jpgお二人目は法縁廟の実質設計者で、LINEで浜松から細部にわたり現場監督していただいた前原設計士さんです。
狭いスペースながら境内に溶け込む共同墓設計ありがとうございました。
感謝状と金一封を贈りました。

c0209909_05002145.jpg最後は施工の松井石材の社長さんです。
途中、目の病気で視力が無くなりながらも、長年の経験と勘で設計図面より立派な石組みで仕上げてもらえました。
感謝状と記念品を贈らせてもらいました。
c0209909_05545801.jpg法縁廟入口に付けられた定礎版には表彰された方のお名前が浮き文字され、その功績を残しています。
c0209909_05002149.jpg式典後、5分の休憩で「ともしえ」影絵法話の準備して40分の法話が始まります。
4人1チームの「ともしえ」始めに自己紹介と影絵法話についての説明から始まりました。
c0209909_05010581.jpg4人のナレーションと影絵映像が参詣者の目と耳を釘付け、涅槃会にちなんでのおしゃか様「四門出遊」のお話、皆さんホッコリ暖かな気持ちに成られたようです。
c0209909_05010622.jpg20分の影絵のあとは法話、若いのにしっかり分かり易くご法義伝えていただきました。
c0209909_05010680.jpg法話が終わると焚焼の準備ができるまでしばしの休憩です。
庫裡にはコーヒーやお茶を準備し、お供えの「正尊寺どら焼」を下げ皆さんのお茶受けとなります。
100個準備しておきましたが、チョッキリでした。
c0209909_05010655.jpg境内での焚焼(ぼんじょう)は昨年までのスペースが法縁廟の池になったため、焚き火場へと移動しました。
秋に名古屋からやって来た芋煮用の大鍋を使うことにしました。
c0209909_05010635.jpg焚焼釜のセッティングが終わり、休憩のお茶タイム急かすように「本堂のお灯明が分灯され、運ばれてきます」とアナウンスし皆さんに境内へと出てきてもらいます。
c0209909_05010620.jpg特設祭壇の蝋燭に分灯から火を付け、お勤めが始まります。
お勤めは音楽礼拝の教礼文(きょうらいもん)と三帰依(さんきえ)、サンスクリット語で住職が歌います。
c0209909_05010747.jpgいよいよ点火、大鍋だとお位牌もよく見え、いかにも焚焼をしますといった感じで、焚焼場がトイレ前へと移動したマイナス面をカバーできました。
c0209909_05010733.jpg火が入れられると「一同合掌・礼拝」焚焼の儀の終了です。
c0209909_05015054.jpg大釜でも木の位牌は勢いよく燃え炎も高くなります。
たくさん集まった焚焼の品は、小型焼却炉を出してきて並べて焚き上げていきました。

焚焼の儀が終わると皆さんを法縁廟の方へ向き直ってもらいます。
c0209909_05015135.jpg法縁廟の落慶では、始めに放骨室本尊のご安置です。
先週、寄進されたご石彫阿弥陀仏を施主の杉山さんの手で法縁廟墓室入口まで運んでもらいます。

c0209909_05015193.jpg放骨室入口に無事安置され、この扉が開けられるたびに皆さんが合掌し、お礼を申させていただく本尊となりました。
c0209909_05015102.jpg続いては納骨式です。
今回納骨される8体(内3は正尊寺墓所移動分)の中で、遺族がお越しの3体は向拝から入口まで自らの手で運んでもらいました。
c0209909_05015198.jpg故人の思い出を胸に大勢の参拝者が見守るなかで、緊張の納骨式となりました。
c0209909_05015147.jpg入口で住職に手渡し、納骨室の棚に収められていきました。
c0209909_05015274.jpg高さが160㎝の納骨カロート、頭を打たないように注意しながらステンレスの棚に並べられていきます。
c0209909_05015273.jpg納骨が済むと最後に、桐箱に入れられた納骨名簿が収められ、線香を焚きしめ入口の鍵が掛けられました。
c0209909_05022374.jpg住職は池の橋の上に立って、法縁廟建設についての願いを参詣者に説明します。
暖かく天気が良かったのでゆっくり説明することができました。
c0209909_05022308.jpgそして、最初に住職がお焼香をして、参詣者皆さんにもお勧めしました。
c0209909_05022367.jpg約100名最後まで残っていた参詣者が長い列を作って橋を渡り、お焼香してお参りし、仏足石もしっかり見て帰路について行かれました。
c0209909_05022395.jpgまだ芝生が土に埋もれていますが、春になったら緑のお山に成ることでしょう。


c0209909_05022359.jpg最後に設計士さん松井石材さんと橋の上で記念写真を撮りました。
すばらしい法縁廟を完成させてくださり、ありがとうございました。
c0209909_05022457.jpg本堂では、ともしえの皆さんと正尊寺総代での記念写真も撮りました。
ともしえの皆様、遠路ご出講ありがとうございました。
c0209909_05022272.jpg全てが終わりましたが、やっぱり夕暮れ時まで、焚焼の品々燃やす焼却炉は、ブロアーで強制給気され燃え続けていました。

※ 去年の涅槃会

by shoson | 2017-02-19 18:00 | 行事 | Comments(0)