c0209909_325447.jpg
c0209909_3326.jpg22日からはじまった大玄関式台回りの御影石貼り工事は西郷の藤井左官さんがされています。
厚さ25ミリの切石が朝から日が暮れるまで丁寧に貼られて、3日かかり目地にモルタルを詰め完成です。


c0209909_331211.jpg本堂との境も2回に分け生コンが打たれ犬走が完成し、坂井お大工さんが本堂とのつなぎ階段のパーツを持って現場合わせです。
今月末の建築確認検査までに仕上がるよう、作業も総出急ピッチで進んでいきます。


by shoson | 2010-11-24 11:01 | 工事 | Comments(0)

c0209909_22135187.jpg
c0209909_2214065.jpg大玄関の樋を付けに青木建設委員長、直々に作業に来てもらえました。
複雑な唐破風屋根と通路の取り合い難儀そうでしたが、さすがに熟練の青木委員長、樋受けを仕組んで行かれました。
そして、板金仕事の終了を待ち切れないかのように、足場の撤去も始まりました。

c0209909_2214810.jpg庫裏と同じく、ステンレス板にいぶし銅塗装をした樋が設置されました。


by shoson | 2010-10-14 11:12 | 工事 | Comments(0)

c0209909_18424956.jpg久方ぶりに浅川建設担当の大玄関へ職人さんが現れました。
きょうは、外壁の漆喰仕上げの左官屋さんと、洗いをかけた木部の保護剤を塗る塗装屋さんが登場です。

藤井左官さんは城壁漆喰と中塗り漆喰を別々に練り上げです。

c0209909_18425651.jpg修復の泥壁下地には壁下地として上塗りがしっかり着くように、接着剤の塗布がされました。


c0209909_1843342.jpg上塗りがかかると一段とまっ白に、漆喰壁ができあがってきます。

書院から見える正尊寺唯一の坪の内の庭です、中はトイレですが、庭の借景になる壁で、ご講師や賓客の目に入る部分です、最高の塗りをしてもらえているはずです。


c0209909_18431087.jpg塗装屋さんは唐破風や化粧垂木、付け柱といった外に出る木部にキシラデコール「やすらぎ」をしっかり塗り込んでもらえました。


by shoson | 2010-10-12 10:41 | 工事 | Comments(0)

c0209909_18211221.jpg
c0209909_18211986.jpg浅川建設担当の大玄関修復工事が進みました。
坂井お大工さんの造作がほぼ終わり、西郷の藤井左官屋さんが若い衆を連れての作業に掛かられました。
新築の左官作業と違い、修復は旧来の下地との相性や仕上がりの塩梅など、職人さんの腕の見せ所でもあるようです。
下地モルタルの配合も気合いが入っているようにも見えました。

c0209909_18212687.jpg曳き屋移動でもビクともしなかった漆喰壁も、塗り直しのため剥がされていきます。

c0209909_18213254.jpg式台や新築トイレの壁にモルタル下地が塗られていきました。

c0209909_18214050.jpg造作作業の終わった坂井お大工さんはトイレや流し台にキッチンパネルの張り込み作業です。
グラインダーのようなノコギリでカットした堅いパネルが両面テープとボンドで貼り付けられるように準備されてきます
男便所、子どもとお年寄りが用をたす、少々的外れでも大丈夫なようにしっかり耐水パネルで覆われていきました。

c0209909_18214795.jpg



by shoson | 2010-08-31 10:20 | 工事 | Comments(0)

c0209909_774780.jpg
c0209909_78214.jpgきょうは浅川建設さん担当の大玄関式台(上がりはな)の礎石が据えられました。
増設のトイレ部分や小部屋の造作も終わり、いよいよケヤキの上がり口の造作にかかるようです。

by shoson | 2010-08-23 16:06 | 工事 | Comments(0)

きょうは本堂でお盆の法要が勤まり、お参りの門徒さんが縁でお昼やカキ氷をよばれながら工事の進む庫裡や玄関を見てもらえた。
c0209909_70599.jpg

夕方には大玄関式台の棟瓦も積み終わり、竹本瓦屋さんがタワーを撤去をされた。梅雨開けから始まった大玄関の瓦葺き、連日猛暑のなか手間のかかる作業お疲れさまでした。
おかげで本堂の縁から間近に眺めるご門徒からも感嘆お声がある、美しい唐破風の式台甍が復活しました。
c0209909_701561.jpg

by shoson | 2010-08-17 16:59 | 工事 | Comments(0)

c0209909_1656513.jpg
c0209909_1657360.jpg浅川建設施工の大玄関修復工事も順調に進み、式台をあがり本堂と庫裡をつなぐ1間巾の廊下に桧板が貼り始められました。
浅川建設の計らいで、巾6寸18㎝無垢桧板へと材料変更をしてもらえた箇所で、坂井お大工さんも慎重に張り込みを始められました。

現場で一枚一枚長さを合わせ、ネダボンドを桧板の方へ付けていきます。

c0209909_16571265.jpgボンドのが塗られた反り防止加工の面を下にしておかれ。
板のかみ合わせをしっかり合わせ、添え木をして叩きながら詰めていきます。


c0209909_16572126.jpg38㎜のフロアー用釘を鉄砲で撃って止めていきます。

ほんのりピンクがかったフシのない幅広の桧板が貼られると、造作の完成が見えてきたように感じます。
貼り上がると段ボールと養生板で、工事中に傷が付かないようしっかり保護養生がされました。


c0209909_16572947.jpg



by shoson | 2010-08-12 11:55 | 工事 | Comments(0)

c0209909_23565699.jpg
c0209909_6454522.jpg大玄関屋根工事もいよいよ終盤になってきました。昨日から唐破風式台屋根に付く獅子口(ししぐち)、一般には鬼瓦と呼ばれる瓦が仮付けされました。


c0209909_2357429.jpgところが住職がイメージしたものとは違い、一般的な『経ノ巻唐破吹流』の瓦が据え付けられ、優美でありながら豪壮さを感じさせてくれるかつての大玄関の雰囲気がなくなっていました。
そこで、竹本葺師さんと協議し、解体時に保管してあった従前の鰭瓦(ひれがわら)を使えないか採寸することになりました。

c0209909_23571114.jpg元々同じ場所に載っていたのですから、角度などの調整をし直せば使用可能の診断がおり、住職のたっての要望で古瓦を再生(再着色)し、獅子口鬼瓦の左右に垂れる大波の足元瓦を調整し復活を果たしました。

c0209909_23571717.jpg手間のかかる微調整に半日以上掛け、何とか新しい経巻(きょうのまき)と古い鰭瓦が合体し唐破風のてっぺんに上げ、仮止めされるまでになりました。
やはり従前の飾り瓦は破風下に付けられた懸魚(けぎょ)と対称になるよう作られたいたことが分かります。
古き良き物を再生し、重厚で優美な大玄関の姿を残せるようになりました。
手間のかかる作業、労を惜しまず技を発揮してくださった竹本親方に感謝でした。

c0209909_235724100.jpg




by shoson | 2010-08-11 15:55 | 工事 | Comments(0)

c0209909_22231425.jpg
c0209909_22232421.jpg大玄関の通路部分、棟瓦がすべて積まれ完成ました。

竹本瓦屋さん大きめのヘルメットのような半円形の瓦を二つ持ってこられました、見たところ何とも間の抜けた、しかし愛嬌のある丸い瓦です。
この瓦は何かと尋ねると「おわん」という回答、なるほど形は鍋かお椀その物ですが・・・さっそくネットで調べると解りました
巴蓋というもので、本堂には唐獅子になって付いています。

c0209909_22233672.jpg竹本親方はおわん瓦を加工し、唐破風で隙間を埋めているヒモ瓦の先端にピッタリ納まるようにして見えました。

猛暑の中汗を流しつつミリ単位の細工ご苦労様です。


by shoson | 2010-08-06 11:22 | 工事 | Comments(0)

c0209909_5171986.jpg
c0209909_5173410.jpg大玄関には本堂と庫裡をつなぐ廊下がありますが、小部屋もついて二間チョッとの巾です。
瓦が葺かれていくと、屋根もそれなりの巾があり結構な部屋のように上からは見えます。
今日はその部分の鬼瓦が据えられ、棟の熨斗瓦がナンバン漆喰で積まれ始めました。
鬼瓦のソデには「竹本瓦店」しっかりサインがしてありました。見えなくなる部分ですが、瓦屋さん職人の主張といった感を受けました。

c0209909_5174620.jpg



by shoson | 2010-08-04 16:16 | 工事 | Comments(0)