5月12日蒸し暑くなった、美濃四十八座第76回正尊寺真宗講座が開催されました。大型連休明け柿の摘蕾や田圃が忙しくなった時期、参詣はちょっと減りましたが何とか満堂で三宮先生の優しい法話で皆さん心身共にほっこりになりました。
c0209909_07021468.jpg
c0209909_07021442.jpg今回も総代さんがいち早く駆けつけて、受付や駐車場整備を助けて下さいました。
c0209909_07041394.jpgピンクの108回ファイナルカード一杯になり、名前を書いて提出される方がありました。
c0209909_07021448.jpg駐車場整理を買って出て下さった総代さん、先生おいでの車を発見、指定場所へと誘導、良い仕事をしてもらえました。
c0209909_07021474.jpg仏婦の会長さんも御講師い到着に出くわされ、お荷物持ってご案内してもらえ、助かりました。
c0209909_07021488.jpg午後2時お勤めの開始、昼座は正信偈草譜、皆さん一緒にお勤めです。
c0209909_07053052.jpg風邪気味で咽の枯れている住職に変わって若院が調声です。
GW多忙で案内不足と農繁期でチラホラ空席があり、超満堂にならなかったのが残念でした。
c0209909_07021531.jpg仏事作法プレゼンも住職体調不良で凝ったものができず、何をお伝えするか要再考の課題を残しました。
c0209909_07025458.jpg
昼夜の仏事作法プレゼンで、故高木一二三さんの遺稿一篇ずつ紹介です。

c0209909_07025515.jpg
c0209909_07041235.jpgお勤めと仏事作法が終わると、ちょっと長めの休憩、庫裡でお茶と珈琲のティータイムです。
c0209909_07041203.jpgお茶菓子は、お供えの饅頭が少なかったので、お供えの餅米できな粉餅を作ってかさ上げでした。
c0209909_07041205.jpg法話は滋賀県大津堅田からおいでの三宮亨信先生です。
若院が昨年伝道院でお世話になったご縁で今回お願いしました。
c0209909_07103999.jpg少し汗ばむ陽気となり、縁でのお聴聞が心地良さげでした。
c0209909_07041201.jpg定刻に法話も終わり、皆さん一時帰宅、夜座も来て下さい・・・・
c0209909_07041258.jpg先生との夕食は賑やかでいた。
先生から教えを受けた若い方、先代の義信和上から中央仏教学院で教えを受けたロートル、法義勉学について話の花が咲きました。
c0209909_07041369.jpg夜座は参詣者が減り空席が目立ちました。
せっかくのイイ感じの夜座だけに、満堂にならないこと先生には申し訳ないことでした。
c0209909_07093090.jpg夜座の法話は宵闇と共に、世間の喧噪が聞こえず、法話が心の中に染み込んできます。
先生のお味わいをしっかり聴かせて頂きました。

c0209909_07041349.jpg夜座のおやつは、常連の他門徒さんが、自家栽培のイチゴで作ったシロップとアイスクリームを大量に差し入れしてもらい、皆さんで美味しく頂きました。
c0209909_07052861.jpg法座が終わり、有志の皆様で本堂の後片付け、あっという間に平常のセッティングに戻りました。
お手伝いありがとうございました。
c0209909_07052985.jpg表彰式
法話の休憩には各ステージクリアされた方の表彰で。
最近は10回のEntranceクリアの偏り、回数重ねた方の表彰が増えました。
c0209909_07095963.jpg
108回FinalStage
満了課程は3名の方がクリアされ、24名の方が金のバッチを輝かせておられます。


c0209909_07052994.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は2名、通算109名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます
c0209909_07052918.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は2名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、202名となりました。
c0209909_07052915.jpg10回 EntranceStage
入門課程をクリアされた方今回は1名の方が表彰されました。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は424名となりました

※前回の真宗講座

by shoson | 2017-05-12 22:10 | 行事 | Comments(0)

4月20日今年初めての美濃四十八座、第75回正尊寺真宗講座が開催されました。少し花冷えでしたが、満堂の本堂は人息で寒さを感じることなく、桑羽先生の熱い法話で皆さん心身共にホカホカになりました。
c0209909_19025642.jpg
c0209909_19025710.jpg半年ぶりの真宗講座、定刻1時間前にはボツボツとお同行が山門くぐって来られます。
c0209909_19025779.jpg先週の門徒役員総会で本部委員(総代)さん一部変わられました。
今年度から真宗講座を手伝ってもらえることになり、総代長さん交通整理を買ってでて下さいました。
c0209909_19025704.jpg受付にも総代さんが座ってもらえました。
総代さんが自主的に協力してもらえるようになり有難いことです。
c0209909_19025763.jpg年度初めの受付は大変です。
美濃四十八座カードには新設の2ヶ寺分シールを貼り、2巡クリアしている方には記念品を渡します。
久しぶりなので参拝者もどのカードかよく解らない・・・・渋滞が起こっていました。
c0209909_19025772.jpg200ばかり並べた椅子はほぼ埋まり、定刻2時からお勤め開始です。
正信偈行譜(ぎょうふ)本堂が揺らぐお勤めです。
c0209909_19041601.jpg縁に並べた椅子もほぼ埋まっています。
今日は風も無かったので助かりました。
c0209909_19041615.jpg仏事作法では、妙好人の口あいノートから、正尊寺妙好人の残された法悦ノート40冊から1篇取り出し紹介でした。
第1回目と12回目の真宗講座での口あいを見てもらいました。
c0209909_08332924.jpg
c0209909_08333007.jpg

c0209909_19041771.jpg仏事作法のプレゼンテーションが終わると休憩です。
200名の人が一気に庫裡へ移動し珈琲Time。
少し長めの15分休憩にしました。
c0209909_19041529.jpg冬の間にいお供えのお菓子はすべて冷凍保存。
夕べから自然解凍して250個の饅頭用意しました。
c0209909_19041654.jpg御法話は山口県からおこしの桑羽隆慈先生です。
聴衆の反応を見ながら笑いと涙の90分、そして最後はアミダ様のお慈悲を心にしっかりお届け下さいました。

c0209909_19041623.jpg真宗講座75回、演台前のかぶりつき聴聞達人スペースの顔ぶれが男性中心に変わってきました。
聴聞を重ね段々前に座ってもらえるようになり、嬉しいことです。

c0209909_19041691.jpg法話が終わり帰路では、聞いた話を全部忘れて帰っても心配ない浄土真宗のお聴聞、皆さんそれを地で行かれる感じです。
c0209909_19041674.jpg今回は木曜日開催になり、いつもの夕食仕出し屋さんが定休日、近くのおそば屋さんへ夕食ご案内でした。
c0209909_19055400.jpg夕食から帰られた先生、正尊寺のアイテムに興味がおありのようで、法縁廟や庫裡の中を説明しながらご案内しました。
c0209909_19055423.jpg夜座の受付にも総代さんが座ってもらえました。
正尊寺と美濃四十八座のカード、それによそのお寺のカードまでたくさん出てきて煩雑な受付、その内お任せできるようになると助かります。
c0209909_19055489.jpg夜座は外した戸を戻し、縁側席無しで納まる参詣者で、昼座と比べチョッと寂しさもありました。

c0209909_19055490.jpg夜座の法話は一段とテンポ良く堂内全員一体となった、桑羽ワールド全開でした。
結果終了は午後10時を回っていましたが、同行の皆さんは悦んで帰っていかまれました。
c0209909_06054438.jpg
正尊寺真宗講座スタンプカードは基本5段階、108回でファイナルでバッジも5種類、賞状もそこまでしかありません。しかし、受付のハンコ無しでは寂しかろうとさらに150回・200回とカードだけは作っています。
c0209909_19055477.jpg今回、150回のPremiumがすべて埋まった方がでました。
賞状はありませんが記念品と、スーパーPremium200回カードをお渡ししました。
そろそろ次ぎのウルトラPremiumカードも作っておかなければ・・・・
c0209909_19055449.jpg80回AdvanceStage
上級課程は1名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
現在52名の方が銀バッチを輝かせておられます。

c0209909_19055506.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は2名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、198名となりました。
c0209909_19055553.jpg10回 EntranceStage
入門課程をクリアされた方今回は1名の方が表彰されました。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は422名となりました

※ 前回の真宗講座


by shoson | 2017-04-20 22:10 | 行事 | Comments(0)

10月14日第74回正尊寺真宗講座が開催されました。秋の長雨が一段落、稲刈りが始まった秋の晴天、ご法義にこうべを垂れるお同行で熱い高座説教聴聞となりました。
c0209909_07082028.jpg
c0209909_07082011.jpg本堂の横ではコンバインがせわしなく動き回り、農繁期で皆さん忙しくお参りが減少するのではと心配させられました。
c0209909_07082022.jpg農繁期の心配は外れ、高座説教を満堂のお同行とお聴聞することができました。
c0209909_07082093.jpg高座準備
普段高座は太鼓堂の物置に片づけられています。
リヤカーにも乗らないので、2人で抱えて本堂へ移動です。
c0209909_07082192.jpg年季物の高座、嘉永元年(1848年)、168年前に宝珠のご門徒方の寄進で作られています。
c0209909_07141874.jpgお茶請け
今年はたくさん薩摩芋のお供えが上がりました。
それを使って芋きんとんを作り茶菓子の一品に加えました。
c0209909_07141790.jpg蒸して熱々の芋をつぶします。
蒸したての芋の皮を剥くのが熱くてたまりません。
c0209909_07152144.jpgつぶした芋を裏ごし、けっこう手間がかかります。
c0209909_07152295.jpg茶巾で形成し出来あがり、一口でお口に入る芋きんとんのできあがり。
200個以上準備ができました。
c0209909_07152172.jpgお寺の前の公道駐車場もコーンに沿ってお行儀良く満車となっていました。
c0209909_07160857.jpg若林先生がタクシーでご到着、若院が出迎えましたが、カバンを手放されませんでした。
若院手持ちぶさたでのご案内風景です。
c0209909_07165836.jpg向拝(ごはい)には履物がぎっしり、200足ばかりが並んでいます。
書き物の取り違えには充分気をつけて貰います。
c0209909_07165828.jpg縁に並べた特設の椅子もすべて埋まりました。
秋の快晴、心地よい環境です。
c0209909_07165982.jpg正信偈のお勤め、満堂のお勤めは堂内が揺れるような感じで気持ちが良いです。
c0209909_07165955.jpg仏事作法のプレゼンでは、工事中の正尊寺合同墓『法縁廟ほうえんびょう』の設立経緯なども、お墓の話の中で説明しました。
c0209909_07173022.jpg休憩時間、庫裡広間はごった返します。
芋きんとんもアッという間に完食されたそうです。
c0209909_07173074.jpg若林先生高座説教
昼の部では親鸞聖人九才お得度の場面を、微に入り細に入り見てきたかの様なライブ中継講談、同行の視線釘付けでした。
c0209909_07173068.jpg本堂からこぼれた親子同行は、庫裡サテライトでおやつを頬張り遊びながら聴聞です。
c0209909_07173066.jpg2席90分のお説教が終わると、潮が引くように皆さん帰路につかれます。
気負わず衒わず淡々と帰る、真宗法義お聴聞の良いところです。
c0209909_07173178.jpg帰りがけ、工事中の法縁廟内部を覗く方も有りました。
完成すると鍵がかかるので今のうちが見るチャンスです。
c0209909_07172953.jpg先生との夕食は遠方から泊まりがけでの法友や、若院伝道院でのお友達がお相伴で、庫裡広間で設えました。
c0209909_07160741.jpg夜座の受付には孫が手伝ってくれ、参詣の方々もホッコリしてもらえました。
🎥その受付動画
c0209909_07172946.jpg夜座は親鸞聖人29才、法然聖人とのお出逢いを、これまた実況中継の説教、講座の先生のお顔に一点集中して聴聞、とても良い時間を過ごせました。
c0209909_07205120.jpgStage表彰
今回は表彰者少なめでしたが、盲目でありながら岐阜から通ってこられる方も表彰されました。
有り難いご縁です。
c0209909_07205102.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は2名、通算107名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます
c0209909_07205046.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は5名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、196名となりました。
c0209909_07205131.jpg10回 EntranceStage
入門課程をクリアされた方今回は多く、3名の方が表彰されました。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は421名となりました
c0209909_07173048.jpg午後10時お座が終わると、皆さんに手伝って貰い本堂の椅子が片づけられます。
大勢でして貰えるのであっという間に完了、助かります。

大勢のお参りありがとうございました。

※ 前回の真宗講座

by shoson | 2016-10-14 22:00 | 行事 | Comments(0)

7月12日、美濃四十八座第73回正尊寺真宗講座が開催されました。この真宗講座が企画され初開催が平成13年7月12日でちょうど15周年を迎えることができました。今回はそんな節目開催で夕飯代わりにカレーライスをふるまいゆっくりお聴聞してもらうことになりました。
c0209909_06320604.jpg
c0209909_06321579.jpg15周年記念ということで案内状にも気合いを入れて、添え書きいっぱいして出しました。
その効果か堂内縁側すべての椅子が埋まりました。
c0209909_06322073.jpg満席で200名以上は座っています。
c0209909_06322437.jpg庫裡はサテライトと厨房に40名ほどが配信画像を見ながらのお聴聞となりました。
ただ、庫裡はエアコンが効いて快適でした。
c0209909_06323008.jpg200名カレーの準備は婦人会有志の方々で、朝から段取りよく進められていました。
カレールー8㎏、牛肉5㎏、ジャガ芋40個、人参5㎏、隠し味は玉ネギ数十個分のペーストです。
c0209909_06323861.jpgご飯は足らないと申し訳ないと、15升炊きましたが、さすがにたくさん余りました。
10升で充分だったようです。
c0209909_06324316.jpgデザートも付けます。
寒天を作り、お供えの果物やゼリーなどの水菓子も細かくカットして、フルーツみつ豆風に出来あがりました。
c0209909_06324820.jpg80㍑の回転釜一杯のカレー、厨房の中はカレーの匂い満載でした。
c0209909_06325405.jpg5升釜の一つが調子悪く、お焦げも沢山できました。
お焦げもカレーのトッピングに加えられていました。
c0209909_06325929.jpg15升炊くには二回転、電気ジャーに移し二度目の炊飯です。
c0209909_06330472.jpgキュウリやナスビ、夏野菜たくさんお供えしてもらえました。
サラダ代わりに、浅漬けの素で味付けして鉢盛りにして出されました。
c0209909_06330984.jpgお天気を心配しましたが、雨も降らず道路も参詣者の車で埋め尽くされました。
c0209909_06331596.jpg今回は地区役員さんに夏の集め物の依頼書類を配布する旨、案内がしてあり受付は大忙しでした。
c0209909_06332163.jpgお勤めが始まる頃には本堂の腰掛けすべて埋まりました。
c0209909_06332582.jpg仏事作法では、美濃四十八座の中から未来の妙好人が出て欲しいと、味わいを才市さんのように『口あい』として書き残しましょうと、勧めました。
c0209909_06332994.jpg蒸し暑い上に満堂、のども渇きます・・・
冷やし麦茶に梅ジュースを用意しました。
c0209909_06333508.jpg梅ジュースには代金の代わりに義援金をお願いしました。
売り上げは5,710円
ちょっと寂しかったです。
前回とたしても少ないので、もう少し貯めて本山を通し熊本に送ります。
c0209909_06335265.jpgご講師は福岡県から、紫藤常昭先生です。
正尊寺には5年ぶり2回目ですが、しょっちゅお会いしている感じで、達人同行さんは馴染みになっているようです。
「福岡市城南区七隈3-・・-・・」みんな憶えてしまいました。

c0209909_06335735.jpg今回のテーマは「親鸞さまのお話」親鸞さまと法然聖人との出会い、法然門下の人間ドラマを軽快な冗句を交えながら、見てきたような設営ワクワクしながら聴かせてもらえました。
c0209909_06340105.jpg庫裡広間のサテライト会場は聴聞する人がたくさん居られ、法話の後一時退出してもらい、カレーライスのお斎場セッティイグトなりました。
c0209909_06340826.jpg婦人会のお手伝いの皆様、フル回転でまず90食ばかり配膳でした。
c0209909_06341309.jpgまずは一座敷、お聴聞で一体感が生まれ、同じ釜のメシをよばれ、より強固な美濃四十八座同行の連帯が生まれそうでした。
ヤッパリ、一緒に食事を頂くことは良いです。
c0209909_06341791.jpgご講師も同じカレーライスですが、器は上等で特盛りにして差し上げました。
先生まさかの完食でした。
c0209909_06342295.jpgカレーお斎場のセッティングや、入れ替え戦のお斎を待つのが気に入らないのか・・・・
半分以上の方がせっかく準備したカレーに見向きもせず帰って行かれました。
200食から300食まで対応可能へと厨房は頑張ってもらえたのに、残念なことでした。
c0209909_06342810.jpg大量に余ったご飯とカレー、袋詰めにしてお土産テイクアウト二人前50セット作りました。
これは評判良く、アッという間の完売でした。
最年少EntranceStage受賞のAちゃんSちゃんよく手伝ってくれました。
c0209909_06343208.jpgカレー夕食提供のお蔭か、夜座もたくさんのお参りで満堂となりました。
近頃はご夫婦でのお聴聞が増えました、嬉しいことです。
c0209909_06343611.jpg縁側の腰掛けも結構埋まっていました。
夜座にこれだけの聴衆は初めてでした。
c0209909_06344243.jpg夜座も800年前の実況中継、親鸞さまと恵心尼様のデートの様子、川向こうから覗いていたかのようなお紫藤節、満堂の同行固唾を呑んで聴かされていました。
c0209909_06344607.jpg午後10時まで誰1人として中座する方はありませんでした。
みなさんほっこり、淡々と家路につかれます。
気負わず自然体の引き際が、浄土真宗のお聴聞の姿だと思えます。
c0209909_06345495.jpgPremium150 Stage
今回は150回出席の方がありました。
SuperPremiumカードと、『口あい』メモ帳セットを差し上げました。聴聞の慶びどうか口あいに残してください。
c0209909_06345829.jpg80回AdvanceStage
上級課程は1名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
現在51名の方が銀バッチを輝かせておられます。

c0209909_06350688.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算105名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。

c0209909_06351083.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は2名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、191名となりました。
c0209909_06351640.jpg10回 EntranceStage
入門課程をクリアされた方今回は多く、8名の方が表彰されました。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は418名となりました。
c0209909_06352228.jpgサプライズ
徳岡院代さん今日が誕生日ということで、法友が大きなケーキを差しいれてくださいました。
本人ビックリの「Happy Birthday to You」でローソク消しになりました。





※ 前回の真宗講座

by shoson | 2016-07-12 22:26 | 行事 | Comments(0)

6月13日第72回真宗講座が開催されました。100%梅雨の天気を覚悟していましたが、お昼頃には雨も上がり、農繁期の仕事一服めぐみの雨間となり、大勢の参詣で開催することができました。
c0209909_08085569.jpg
c0209909_08090267.jpg朝の準備の時はまだ降っていた雨が予報より相当早く上がりました。
少し蒸し暑くなりそうでしたが、田植えの水が張られた田圃、新緑の中のお聴聞日和になりました。
勧誘もしました、さてnewフェイスも来てもらえるかな。

c0209909_08090908.jpg農繁期はご法事も少なくお下がりで頂くお菓子のお供え物も多くありません。
せっかくお聴聞に来てもらった同行のお茶うけにおはぎを作ることに。
白米餅米半々で2升炊いて、きな粉をまぶしたおはぎ作りです。
c0209909_08091403.jpg小豆甘納豆がトッピングのひと口ザイズのきな粉おはぎ、200個ほどになりましたが、休憩時間にはアッという間に売れてしまいました。
c0209909_08091731.jpgお供えの果物も小さくカットしてデザート代わりに出しました。
遠方より泊まりがけで来てくださった法友の皆さんも、手伝ってもらえ十二分に用意することができました。
c0209909_08092245.jpg傘持参の方は稀で、靴袋も用なし、雨が降らない向拝は履き物で埋まります。

c0209909_08092709.jpg今回も満堂、定刻にはお正信偈のお勤めから真宗講座が始まります。
マイクのセッティングもバッチリ調整し、気持ちの良いお勤めでした。
c0209909_08093090.jpg縁側においた椅子も全て埋まり超満堂、庫裡のサテライトに溢れる程に、天候に感謝の72回目の真宗講座スタートです。
c0209909_08094063.jpg仏事作法プレゼン、今期から導入の5,000ルーメンプロジェクター、曇りの日には眩しすぎる位に明るくパーワーポイント映し出してくれました。
c0209909_08094480.jpg受付横に熊本大震災の義援金箱設置してありましたが、あまり宣伝お願いしなかったので今回は
総額5,267円
と、少なめでした。
後日まとめて、本山を通し被災寺院に役立てて頂きます。

c0209909_08094873.jpg法話までの休憩には、200名ばかりのお同行が一斉にお庫裡のにわか喫茶に殺到、冷茶冷コーおはぎに茶菓子、大賑わいであっという間に食べ尽くされます。
c0209909_08095295.jpg超満堂での法話聴聞、良い雰囲気が漂っています。
満堂での熱気ある同行と直球勝負の他力法義のお説教は老若男女、聴聞の達人から初めて参詣のビギナーまで、お慈悲の温もりに包まれて行きます。
c0209909_08095658.jpgご講師は、正尊寺は2度目(四十八座は3度目)の山口県下関からはるばる来て頂いた、福田康正先生です。
迫力の他力義のお説教、ご文章の後には聴聞の達人席から、受け念仏を飛び越え、大きなお礼の言葉が述べられる、ビックリの一幕もありました。
c0209909_08100739.jpg昼座終了とともに皆さん一斉にお帰りです。
来月は正尊寺真宗講座開講15周年を迎えます。
慌てて帰らず昼夜ゆっくり参ってもらうために、夕食代わりにカーレーライスを用意します。
今からそのつもりをして昼夜お参りくださいね。
c0209909_08101220.jpg今回は福岡・東京・三重・兵庫・大阪と遠方から泊まりがけでお聴聞の法友が来られました。
書院では手狭なので、いつもの四十八座寺院住職も庫裡で晩ご飯のお弁当を食べてもらいました。
先生は一人が良いとテレビをお相伴でお願いしました。
c0209909_08101722.jpg夜座もたくさんのお参りでした。
久々に縁側の椅子も埋まっていきました。
c0209909_08102225.jpg夜座の福田先生は弥陀懸かり(神懸かりに対して)のような説教、9時55分まで同行釘付け、弥陀を憑(たの)む他力の人生を皆がしっかり聴かせてもらえました。
やっぱり夜座は心に染みます。
c0209909_08102665.jpg今回の表彰では、なんと妙徳寺のご院さんが門徒同行に混じって出てこられました。
坊さんも在家も関係なく一緒にお聴聞を悦ぶ見本のような住職さんです。
ちなみに、9月14日は妙徳寺で再び福田康正先生の説教が聴けます。
c0209909_08103048.jpg80回AdvanceStage
上級課程は1名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
現在50名の方が銀バッチを輝かせておられます。

c0209909_08103432.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算103名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_08103837.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は2名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、189名となりました。
c0209909_08104295.jpg10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは今回1名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は409名となりました。
c0209909_08105027.jpg午後10時真宗々歌を歌い、本日の真宗講座修了、同行が帰られると仏壮や有志の方々が腰掛けの片付けを手伝ってもらえ、あっという間に日常の本堂へ衣替えができました。
お手伝いの方々ありがとうございました。

※ 前回の真宗講座

by shoson | 2016-06-13 23:00 | 行事 | Comments(0)

5月17日、第71回真宗講座の開催、雨も上がり昼夜満堂おおぜいのお聴聞で、熱気ある美濃四十八座となりました。
c0209909_18303467.jpg
c0209909_18303944.jpg
前日までの天気予報では雨マークでしたが、未明には上がり昼座開催時間にはまぶしい日差しの日となりました。

c0209909_18304420.jpg
昼座午後2時前には縁まで一杯、超満堂での開催です。


c0209909_18304978.jpg
お勤めは正信偈、200人ばかりでのお勤め、本堂が気持ちよく共鳴している感じです。

c0209909_18310132.jpg
お勤めの後は仏事作法のプレゼン、葬儀の形態について説明し、家族葬について密葬形式にしないように力説でした。

c0209909_18310815.jpg
法話の前の休憩は、庫裡で腰を据えてのティータイムとなっています。

c0209909_05305172.jpg広間満員で、玄関や廊下あちこちでコーヒー片手に一服です。
c0209909_18311498.jpg
今回も熊本地震の義援金もお願いしました。
今回は
26,425円の義援金が集まりました。
花まつりの分と一緒に被災地にお届けいたします。


c0209909_18311990.jpgご講師は北九州から来て頂いた外松太恵子先生。
平成21年に右手を骨折
されてから調子が悪いと言われますが、達筆で芳名帳を書いてもらえます。
c0209909_18312467.jpg今回の講題は『今を生きる金子みすゞの世界』今年7月に正尊寺仏教壮年会で訪れる長門仙崎、事前学習も兼ねています。
たくさんの詩を紹介してながた、念仏の土徳でお育てを聴かせてもらえました。

c0209909_18354428.jpg外松先生の優しい話しかけの中に満堂の同行が引き込まれ、全員が一体となった法座となりました。
c0209909_18341504.jpg昼座の終了、皆さんほっこりとした気持ちで家路につかれていました。
c0209909_18342013.jpg先生との夕食は、お通夜が控えていたので、少し早めから行いました。
住職は15分ほどの相伴しかできず残念でたまりませんでした。
c0209909_18342357.jpg夜座は堂内だけの席で、廊下まで溢れることはありませんでしたが、何とか満堂での法座となりました。
c0209909_18343340.jpg金子みすゞの生涯を通して、仏さまの眼差しの中に居ること、しみじみと聴かせてもらえました。
やっぱり夜の法座は良いですね。
c0209909_18343818.jpg80回AdvanceStage
上級課程は3名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
現在49名の方が銀バッチを輝かせておられます。

c0209909_18344311.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は2名、通算100名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_18344894.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は6名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、187名となりました。
c0209909_18345185.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは今回1名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は408名となりました。

※前回の真宗講座

by shoson | 2016-05-19 06:04 | 行事 | Comments(0)

4月18日開催の正尊寺真宗講座は開講15年で第70回の記念すべき法座を開催することができました。
花冷えの本堂ではありましたが、大分からお越しいただいた和上様の法話を縁側まで一杯のお同行とお聴聞できました。
c0209909_19381851.jpg
c0209909_19385849.jpg四十八座は冬期は休眠、5ヶ月ぶりで出席カードの補充もしっかりとして、第70回目の開催に気合いを入れました。
勧誘の葉書も事前にたくさん出しています。
c0209909_19404166.jpg午後から一時雨の微妙な天気予報でしたが、重たい雲ではありましたが何とか一日雨は無く済みました。
門前道路も良い臨時駐車になっていました。
c0209909_19412868.jpg1時間前くらいからぼちぼち受付にこられ、常連の同行からは「今年も楽しみが始まった」とニコニコ受付でハンコをもらっておいででした。
c0209909_19413515.jpg受付横には熊本大震災の義援金箱を設置し、皆さんにご協力をお願いしました。

c0209909_19414091.jpg午後2時お勤めのスタート。
200名ほどのお同行、お正信偈の大合唱で正尊寺本堂が揺れていました。
c0209909_19414624.jpg真宗講座70回を記念して、買い換えたプロジェクターによる仏事作法、皆さんが驚かれるほど鮮明な画像でプレゼンが出来ました。
5000lmに買い換えて良かった・・・
c0209909_19421860.jpg仏事作法の最後に、熊本大震災への義援金について画像を使いしっかりお願いしました。
おかげで、
46,021円の義援金が集まりました。
これは本山を通じ被災されたお寺の復興のため被災地へ送らせてもらいます。
c0209909_19422670.jpg休憩の庫裡にも法務員が募金箱を持って、協力を呼びかけていました。
c0209909_19423032.jpg参拝者が多く、休憩所が混雑してコーヒータイムが長引き、5分遅れたの法話が始まりました。
c0209909_19423403.jpgご講師は大分県中津市から来ていただいた、本願寺司教の内藤昭文和上です。
“浄土真宗の教章”を題材に真宗門徒として、最低憶えておきたい大切な教義、語呂合わせで憶えさせてもらえました。
c0209909_19423844.jpg満堂でこぼれたお同行は、庫裡のサテライト会場でお聴聞でした。
c0209909_19424750.jpg昼座終了、本堂からはき出された同行が、気負わず淡々と家路につかれる光景はいつ見ても良い物です。
c0209909_19425420.jpgご講師を囲んでの夕食、さすが九州の先生、ノンアルコールなら飲まない方が良いと、ノンアルビールには手を付けられませんでした。

c0209909_19425912.jpg夜のお座は本堂内だけで収まる参詣者でしたが、葉書勧誘で渋々来られた方の顔がたくさん見え、うれしい法座となりました。


c0209909_06344988.jpg休憩時間には表彰式が行われます。今回も全てのステージでの表彰状が渡されました。


c0209909_19432257.jpg
108回FinalStage
満了課程は1名の方がクリアされ、21名の方が金のバッチを輝かせておられます。
c0209909_19433058.jpg80回AdvanceStage
上級課程は正尊寺筆頭総代の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
平成18年5月第1位で50回クリア し80回まであと一歩のところで往生された先代の跡をしっかり継いでの表彰でした。
c0209909_19433633.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算97名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_19434132.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は2名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、181名となりました。

c0209909_19430473.jpg10回表彰では高校2年生の青年が表彰されました。
正尊寺から20㎞以上離れた岐阜市芥見から、お母さんと小学校の頃から時々お聴聞に来てくれていました。
c0209909_19434598.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは4名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は407名となりました。


※前回の真宗講座


by shoson | 2016-04-21 07:06 | 行事 | Comments(0)

c0209909_22282240.jpg
c0209909_22282896.jpg美濃四十八座、第69回真宗講座が開催されました。
今回のご講師は人形説きの安藤けい一師、東京から人形用のスーツケースと琵琶を担いで前日から岐阜に入ってもらいました。
午前中に舞台設置と、音響のテストは入念でした。

c0209909_22283657.jpg3日前に宅配で届いた舞台や小道具の荷物は大量でした。
c0209909_22284245.jpg色づき頭を垂れる収穫の秋、抜けるような青空、室内ででお聴聞するには惜しいような天気です。
農作業や行楽でお参り減を心配しましたが、定刻前には農道にも車が並びました。
c0209909_22284670.jpg駐車場は満杯、拡幅された道路に並んだオレンジ色のポールコーン、まるで正尊寺門前駐車場の見印のように立っています。
皆さんその間に綺麗に並んで駐車されています。
c0209909_22285023.jpg受付も早い方は一時間以上前に来られ、前の方の良い場所はすぐに埋まってしまいます。
c0209909_22285524.jpg今回も縁まで満席、満堂の中でのお勤め『正信偈』が始まりました。
c0209909_22285931.jpg今回は舞台も設えての人形説き、仏事作法のブレゼンはお休みして、休憩時間を長く取りました。
お庫裡広間は一杯の人で埋まりました。
c0209909_22290471.jpg広間から溢れた方は、玄関の板の間でコーヒーTimeを楽しんでおられました。
c0209909_22290824.jpg今回は茶菓子のストックが少なく、白米2升と餅米1升を混ぜ3升の御飯を炊いて、ミニぼた餅を作りました。
c0209909_22291350.jpg半日かけて大量のミニぼた餅・・・・チョッと作りすぎたようです。
c0209909_22291779.jpg長めの休憩が終わり、安藤けい一人形説き師の登場です。
美濃四十八座ではFacebookが流行っています。
お坊さんらしきお同行はスマホで写真撮りまくりです。
c0209909_22292157.jpg昼座の演目は『弁円(べんねん)のなみだ』小さな人形なのに安藤師の迫力の台詞で、200人近い聴衆の目と耳が舞台に釘付けになってしまいました。
c0209909_22292666.jpg前席約1時間、演目が終わり人形を舞台の袖に寝かせ、皆さんに見てもらいました。
c0209909_22293093.jpg山伏弁円と親鸞聖人、良くできています。
c0209909_22293411.jpg後席は30分ばかり、自己紹介や人形説きについてのお話し、蘊蓄一杯しかも有り難いお話しでした。
c0209909_22294016.jpg午後4時半、帰路につかれるお同行に安藤先生、親鸞様と弁円ともなってお見送りサービスです。
皆さんほっこり、微笑んでの帰り道となりました。
c0209909_22294773.jpg西郷専宗寺の新発意さんもお聴聞、人形は生後10ヶ月の赤ちゃんと同じ位の大きさでした。
c0209909_22295364.jpgお同行が帰った本堂では、夜の部で行われる琵琶の弾き語りのリハーサルです。
特に今回初めて通電する集音スピーカーのテストは入念にされていました。
c0209909_22295844.jpg夕食参加の四十八座々主方が少なく、3人で寂しくはありましたが、人形説きの誕生秘話など興味深い話を聞きながらの会食でした。
c0209909_22300368.jpg日が落ちると気温も下がり始め、外陣のガラス戸は元に戻し締め切っての会場となりました。
昼間よりお参りが減ったので、何とか堂内に140名ばかり納まっての夜座となりました。
c0209909_22300744.jpg夜座は琵琶の演奏と弾きがたりを交えての、親鸞聖人ご一代のご絵伝の絵解き物語です。
c0209909_22301110.jpg一場面ごとに拡大された絵を持って、舞台の上下所狭しと見せて歩きながらの絵解きです。
聴聞の達人の相づちが良すぎて、話が膨らむ先生・・・
あと三時間あればもっと良かったようです。
c0209909_22301963.jpg本堂から溢れた人が庫裡のサテライト会場にはおいででした。
c0209909_22302582.jpg絵伝のお話しも佳境、親鸞様が関東においでの時、真仏寺で歌われた『お田植え歌』に琵琶の伴奏を付け、お同行も一緒に合唱です。
ご講師とお同行が一体となって、歌と念仏でお御堂が溢れかえりました。
c0209909_22303299.jpgお田植え歌
五劫思惟の苗代(なえしろ)
兆載永劫の代(しろ)をして
一念帰命のたねおろし
­­自力雑行の草をとり
念々相続の水流し
往生の秋になりぬれば
この実みとるこそ
­うれしけれ
なんまんだぶ なんまんだぶ

お田植え歌の動画







c0209909_22304121.jpg絵解き法話が終わり、残ったお同行は琵琶を間近に見ていました。
ここでも安藤先生はサービス精神旺盛、素人の質問に丁寧に受け答えされていました。
c0209909_22305034.jpg仏壮など皆さんの力で、あっという間に本堂の椅子は片づけられました。

お手伝いありがとうございました。

c0209909_22305708.jpg休憩時間にはいつも通り、表彰式は行われました。
今回はステージ脇のチョッと狭いところでの行いました。
c0209909_22310337.jpg80回AdvanceStage
上級課程は2名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
いよいよFinal108回を目指し、休まずお聴聞がんばってください
c0209909_22310916.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算96名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_22311587.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは4名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は403名、きりの良い数字まであと一歩です。



前回の真宗講座

by shoson | 2015-10-07 22:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_05501136.jpg
c0209909_05504754.jpg蒸し暑い日の真宗講座、その暑さを吹っ飛ばすかのようにハイブリッドの大型ワゴン車を運転し、ご講師が駐車場に入ってこられました。
お迎えに出ると・・・車のナンバーもお説教ネタにしている、『お坊さんがゆく』の宏林先生でした。
c0209909_05505221.jpg
定刻前から参詣者は続々集まってこられます。
月曜の午後、200席程準備した椅子はみるみる埋まっていきました。
c0209909_05505836.jpg7月の真宗講座は夏の配り物をしてもらうために、地区の役員さんへ必ず出席してもらうように案内がしてあります。
普段お聴聞されないご門徒も、役員になると1回はお聴聞に来なければなりません。

c0209909_05510313.jpg定刻お勤めの始まる頃には満席、本堂内も南風が吹き抜けて爽やかだったので助かりました。
c0209909_06472178.jpg縁側の特設席も全て埋まり、嬉しい悲鳴でした。
真宗講座を始めて14年、初めの頃は外陣畳の枚数より少ないお参りだったのが、よくこれだけ聴聞する人が集まれるようになった名あと感慨無量でした。
第1回昼座写真
第2回夜座写真
c0209909_05511344.jpg今回のご講師は本願寺webテレビ『お坊さんがゆく』
の宏林先生、仏事作法はその番組を見てもらうことにしました。
c0209909_05511892.jpgお勤めと仏事作法プレゼンが終わると休憩、30℃を超える暑さに、大勢の人息で蒸す暑く、休憩には水分・糖分・塩分の補給で庫裡広間は大混雑でした。
c0209909_05512229.jpgお供えに頂いたお饅頭、冷凍保存し始まる前水増しのため、包丁で切ってラップで包み一口お茶菓子に変身させます。
c0209909_05512780.jpgたくさんいただいたメロンも冷蔵庫で冷やし、サイコロ状にカットします。
c0209909_05513087.jpg特製の梅汁ゼリーもサイコロカッとして、みつ豆風雨にしました。
c0209909_05513432.jpg山口の親戚からもらった
透明サーバー、つけ込んだ梅ジュースと氷を入れ、目で見ても感じる超涼しげなサーバーになりました。
c0209909_05515884.jpg梅ジュースは2才の孫も喜んで呑んでいました。
大人から子どもまで、健康にも良さげなこの飲み物、正尊寺定番になりそうです。
c0209909_05520307.jpg少し長めの休憩を取ってから、いよいよ宏林晃信先生ノリノリの法話がはじまります。
c0209909_05520757.jpg参詣者の履き物で埋め尽くされた向拝、堂内も縁も一杯、熱い熱いお取り次ぎ中です。
c0209909_05521178.jpgホタル柄のオシャレな輪袈裟、いつまでたっても若さみなぎるエネルギッシュな法話、この先生は本願寺のスターです。
c0209909_05521652.jpg帰省中の孫は人混み大好きで、法話の邪魔をしにちょこちょこ本堂をかきまわしていました。
c0209909_05523055.jpg法話が終わると皆さん一斉に帰路につかれます。
そこにも孫が登場して愛想しながら見送ってくれました。
c0209909_05523696.jpg参詣の美濃四十八座のご院さんとの夕食も、和気あいあいで楽しい一時です。
c0209909_05525115.jpg夜座はチョッと参詣の方が減りました、扇風機全開の暑さに負けず、先生のテンションは高く笑いと涙の90分でした。

c0209909_05530076.jpg午後10時真宗講座修了。
先日の旅行フォトブックをもらった仏壮のメンバー、率先して椅子をかたづけてもらえ助かります。

c0209909_05534241.jpg80回AdvanceStage
上級課程は3名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
いよいよFinal108回を目指し、休まずお聴聞がんばってください
c0209909_05535135.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算93名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_05540089.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は1名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、177名となりました。
c0209909_05575180.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは4名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は399名、きりの良い数字まであと一歩です。


※ 前回の真宗講座


by shoson | 2015-07-13 22:00 | 教化 | Comments(0)

c0209909_20062951.jpg
c0209909_20063905.jpg美濃四十八座 第67回正尊寺真宗講座、梅雨の田植えシーズン重い雲にお天気を心配しましたが、なんとか傘をささずに済みそうです。
c0209909_20064631.jpg1時間も前から続々とお同行が集まって来ます。
最近は皆さん乗り合っておいでの方が増え、駐車スペースの問題もあるだけに、ありがたい傾向です。
c0209909_20065695.jpgお同行に紛れ大きなカバンを転がして、大分県からご出講の田中誠証先生もご到着です。
c0209909_20070056.jpg定刻の2時きっかり、満堂になったところでお勤めです。
200名程でのお正信偈の大合唱です。
c0209909_20070643.jpg仏事作法プレゼンテーションは、お経本の扱い方について。
毎回の家族葬没滅キャンペーンには力はいります。
c0209909_20071047.jpgお勤めと作法プレゼンで約40分経過、休憩に入ると庫裡は大賑わいになっています。
c0209909_20071482.jpg今回はインターバルも短く、法事で頂くお供え菓子も少なく、自家製水菓子を大量に拵えての対応でした。
c0209909_20072530.jpg毎年、ご門徒から頂く青梅を砂糖で漬け込み梅ジュース作ります。
今回はそれを使ってのゼリーでした。
折しも本日また、大量の梅がお供えされ、手の空いた院代さんがへた取りもしていました。
c0209909_20073116.jpg法話がはじまると、堂内も縁側もいっぱいの聴衆で埋まりました。
c0209909_20073684.jpgご講師は大分の田中誠証先生、「逆対応のご法義」と哲学的な命題で本願他力をお譬えに、噛んで含める説明に同行は引き込まれていきました。
c0209909_20074131.jpgご講師の音声(おんじょう)休みには表彰式です。
今回は20人目の108満願賞がでました。
c0209909_20074520.jpg本堂から溢れた数名の方が、庫裡のサテライトでお聴聞です。
いつかここも一杯になりたい、と思ってシャッターを切りました。
c0209909_20075193.jpg法話の途中に通り雨もありました、昼座終了の頃には雨も上がり、濡れることなく帰ってもらうことができ、ヤレヤレでした。
c0209909_20075682.jpg先生の夕食には二人の四十八座ご院さんと法務員と、6名での晩餐、チョッと寂しいお相伴でした。
c0209909_20075992.jpg夜座は若院が京都からお友達を誘って帰ってきたりで、聴衆の平均年齢がだいぶ下がったふうにも感じられました。

c0209909_20084298.jpgStage表彰

平成20年4月初見、7年越しでの10回表彰お婆ちゃん、最近お嫁さんが聴聞を始められ、便乗で聴聞が復活し、表彰を受けられる事ができました。
c0209909_20081834.jpg
108回FinalStage
満了課程は1名の方がクリアされ、20名の方が金のバッチを輝かせておられます。

c0209909_20082244.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算91名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_20083143.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は1名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、178名となりました。







c0209909_20084825.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは4名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は395名に達し、Fastステージを越えたこの方々によって美濃四十八座は支えられています。



※ 前回の真宗講座

by shoson | 2015-06-19 22:00 | 行事 | Comments(2)