c0209909_05501136.jpg
c0209909_05504754.jpg蒸し暑い日の真宗講座、その暑さを吹っ飛ばすかのようにハイブリッドの大型ワゴン車を運転し、ご講師が駐車場に入ってこられました。
お迎えに出ると・・・車のナンバーもお説教ネタにしている、『お坊さんがゆく』の宏林先生でした。
c0209909_05505221.jpg
定刻前から参詣者は続々集まってこられます。
月曜の午後、200席程準備した椅子はみるみる埋まっていきました。
c0209909_05505836.jpg7月の真宗講座は夏の配り物をしてもらうために、地区の役員さんへ必ず出席してもらうように案内がしてあります。
普段お聴聞されないご門徒も、役員になると1回はお聴聞に来なければなりません。

c0209909_05510313.jpg定刻お勤めの始まる頃には満席、本堂内も南風が吹き抜けて爽やかだったので助かりました。
c0209909_06472178.jpg縁側の特設席も全て埋まり、嬉しい悲鳴でした。
真宗講座を始めて14年、初めの頃は外陣畳の枚数より少ないお参りだったのが、よくこれだけ聴聞する人が集まれるようになった名あと感慨無量でした。
第1回昼座写真
第2回夜座写真
c0209909_05511344.jpg今回のご講師は本願寺webテレビ『お坊さんがゆく』
の宏林先生、仏事作法はその番組を見てもらうことにしました。
c0209909_05511892.jpgお勤めと仏事作法プレゼンが終わると休憩、30℃を超える暑さに、大勢の人息で蒸す暑く、休憩には水分・糖分・塩分の補給で庫裡広間は大混雑でした。
c0209909_05512229.jpgお供えに頂いたお饅頭、冷凍保存し始まる前水増しのため、包丁で切ってラップで包み一口お茶菓子に変身させます。
c0209909_05512780.jpgたくさんいただいたメロンも冷蔵庫で冷やし、サイコロ状にカットします。
c0209909_05513087.jpg特製の梅汁ゼリーもサイコロカッとして、みつ豆風雨にしました。
c0209909_05513432.jpg山口の親戚からもらった
透明サーバー、つけ込んだ梅ジュースと氷を入れ、目で見ても感じる超涼しげなサーバーになりました。
c0209909_05515884.jpg梅ジュースは2才の孫も喜んで呑んでいました。
大人から子どもまで、健康にも良さげなこの飲み物、正尊寺定番になりそうです。
c0209909_05520307.jpg少し長めの休憩を取ってから、いよいよ宏林晃信先生ノリノリの法話がはじまります。
c0209909_05520757.jpg参詣者の履き物で埋め尽くされた向拝、堂内も縁も一杯、熱い熱いお取り次ぎ中です。
c0209909_05521178.jpgホタル柄のオシャレな輪袈裟、いつまでたっても若さみなぎるエネルギッシュな法話、この先生は本願寺のスターです。
c0209909_05521652.jpg帰省中の孫は人混み大好きで、法話の邪魔をしにちょこちょこ本堂をかきまわしていました。
c0209909_05523055.jpg法話が終わると皆さん一斉に帰路につかれます。
そこにも孫が登場して愛想しながら見送ってくれました。
c0209909_05523696.jpg参詣の美濃四十八座のご院さんとの夕食も、和気あいあいで楽しい一時です。
c0209909_05525115.jpg夜座はチョッと参詣の方が減りました、扇風機全開の暑さに負けず、先生のテンションは高く笑いと涙の90分でした。

c0209909_05530076.jpg午後10時真宗講座修了。
先日の旅行フォトブックをもらった仏壮のメンバー、率先して椅子をかたづけてもらえ助かります。

c0209909_05534241.jpg80回AdvanceStage
上級課程は3名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
いよいよFinal108回を目指し、休まずお聴聞がんばってください
c0209909_05535135.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算93名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_05540089.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は1名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、177名となりました。
c0209909_05575180.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは4名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は399名、きりの良い数字まであと一歩です。


※ 前回の真宗講座


by shoson | 2015-07-13 22:00 | 教化 | Comments(0)

c0209909_20062951.jpg
c0209909_20063905.jpg美濃四十八座 第67回正尊寺真宗講座、梅雨の田植えシーズン重い雲にお天気を心配しましたが、なんとか傘をささずに済みそうです。
c0209909_20064631.jpg1時間も前から続々とお同行が集まって来ます。
最近は皆さん乗り合っておいでの方が増え、駐車スペースの問題もあるだけに、ありがたい傾向です。
c0209909_20065695.jpgお同行に紛れ大きなカバンを転がして、大分県からご出講の田中誠証先生もご到着です。
c0209909_20070056.jpg定刻の2時きっかり、満堂になったところでお勤めです。
200名程でのお正信偈の大合唱です。
c0209909_20070643.jpg仏事作法プレゼンテーションは、お経本の扱い方について。
毎回の家族葬没滅キャンペーンには力はいります。
c0209909_20071047.jpgお勤めと作法プレゼンで約40分経過、休憩に入ると庫裡は大賑わいになっています。
c0209909_20071482.jpg今回はインターバルも短く、法事で頂くお供え菓子も少なく、自家製水菓子を大量に拵えての対応でした。
c0209909_20072530.jpg毎年、ご門徒から頂く青梅を砂糖で漬け込み梅ジュース作ります。
今回はそれを使ってのゼリーでした。
折しも本日また、大量の梅がお供えされ、手の空いた院代さんがへた取りもしていました。
c0209909_20073116.jpg法話がはじまると、堂内も縁側もいっぱいの聴衆で埋まりました。
c0209909_20073684.jpgご講師は大分の田中誠証先生、「逆対応のご法義」と哲学的な命題で本願他力をお譬えに、噛んで含める説明に同行は引き込まれていきました。
c0209909_20074131.jpgご講師の音声(おんじょう)休みには表彰式です。
今回は20人目の108満願賞がでました。
c0209909_20074520.jpg本堂から溢れた数名の方が、庫裡のサテライトでお聴聞です。
いつかここも一杯になりたい、と思ってシャッターを切りました。
c0209909_20075193.jpg法話の途中に通り雨もありました、昼座終了の頃には雨も上がり、濡れることなく帰ってもらうことができ、ヤレヤレでした。
c0209909_20075682.jpg先生の夕食には二人の四十八座ご院さんと法務員と、6名での晩餐、チョッと寂しいお相伴でした。
c0209909_20075992.jpg夜座は若院が京都からお友達を誘って帰ってきたりで、聴衆の平均年齢がだいぶ下がったふうにも感じられました。

c0209909_20084298.jpgStage表彰

平成20年4月初見、7年越しでの10回表彰お婆ちゃん、最近お嫁さんが聴聞を始められ、便乗で聴聞が復活し、表彰を受けられる事ができました。
c0209909_20081834.jpg
108回FinalStage
満了課程は1名の方がクリアされ、20名の方が金のバッチを輝かせておられます。

c0209909_20082244.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算91名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_20083143.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は1名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、178名となりました。







c0209909_20084825.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは4名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は395名に達し、Fastステージを越えたこの方々によって美濃四十八座は支えられています。



※ 前回の真宗講座

by shoson | 2015-06-19 22:00 | 行事 | Comments(2)

c0209909_13130370.jpg
c0209909_13132499.jpg第66回真宗講座、猛暑日の続く5月末、今日も快晴で熱くなっています。
美濃四十八座としては連日、しかも田圃や柿畑の農繁期、参詣者数が気になり開催となりました。

c0209909_13134152.jpgお昼を回るとボツボツとお同行が山門を潜って集まってこられ、受付をしてカードにハンコを貯めていかれます。
c0209909_13134709.jpg午後2時の開始時間には門前駐車場から溢れた車が、拡幅された農道にいっぱいの路駐となりました。
c0209909_13135446.jpg縁側まで溢れる満堂の中でお正信偈のお勤めは圧巻です。

c0209909_13140335.jpg仏事作法のプレゼンもiPadとパワーポイントの相性が一段とよくなり、既存のフォームの焼き直しでも、住職がアクティブに動き、レーザーポインターで面白おかしく演出できました。 
c0209909_13152746.jpg毎回の仏事作法で、家族葬撲滅キャンペーンにも力が入ります。
真宗講座の同行宅では葬儀にお念仏の大合唱が行われるよう、執拗に説明をしました。

c0209909_13143012.jpgお同行大好きの休憩時間、法事のおさがり冷凍保存して準備した大量のお饅頭、250個に切り分けましたが、あっという間に完食でした。

c0209909_13143619.jpg京都本山から東への出講を控えてこられたご講師の岐阜県初法話、堂内も縁側もいっぱいの同行でのお聴聞、真夏日と相まってヒートアップな法座でした。
c0209909_13145276.jpg昭和10年生まれの中島昭念先生、『真実の念仏』と題して本典総序のご文から、他力回向の救い平易にお話しくださいました。
c0209909_13145810.jpg法話が終わると、ご法義いっぱい降り注がれて、ほんわか家路につかれます。
気負いのない、この何とも自然な解散風景が真宗講座の特徴です。
c0209909_13150345.jpg午後7時半、日も暮れた参道を車椅子でお聴聞のお堂行もありました。
シニアカーでのお参りなどを考慮した本堂スロープ
が活躍してくれ、スロープ工事
へ投資をしたことが酬われる思いでした。
c0209909_13150731.jpg今回の真宗講座ではネパールのカトマンズ本願寺へ震災義援金をお願いすべく、募金箱を出し仏事作法プレゼンでも寄付を呼びかけまし。
花まつり
ライオンズクラブ例会
に続いて3回目となりました。

c0209909_13151250.jpg休憩中には庫裡まで募金箱をついて行かせました。
おかげで、43,777円の義援金が集まりました。
花まつりの分、4,150円
イオンズクラブの分、15,035円
合計、62,962円カトマンズ本願寺へ送らせて頂きます。

c0209909_13151731.jpg中島先生の夜座法話は最高にありがたいものでした。
昼間に比べまだまだ空席がある事、住職として残念で成りません。
どの回も宵闇の聴聞は心に染みます、夜座を超満堂にする手立てを考えたい・・・
c0209909_13152291.jpg午後10時法話が終わると参詣の方々も気良く後片付けを手伝ってもらえます。

ありがとうございました。
c0209909_13163170.jpgStage表彰

108回FinalStage
満了課程は1名の方がクリアされ、現在19名の方が金のバッチを輝かせておられます。
c0209909_13163657.jpg80回AdvanceStage
上級課程は1名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
いよいよFinal108回を目指し、休まずお聴聞がんばってください
c0209909_13164047.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は2名、通算88名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_13164605.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は1名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、174名となりました。
c0209909_13165147.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは4名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は391名に達し、Fastステージを越えたこの方々によって美濃四十八座は支えられています。



※ 前回の真宗講座

by shoson | 2015-05-28 22:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_11140185.jpg
c0209909_11141913.jpg花冷えに雨まで降るなかの真宗講座、1時間近く前からボツボツと、傘を差してお同行が集まってこられます。

c0209909_11142416.jpg今年度初めての真宗講座、新規参加者が21名ありました。
執拗な勧誘葉書に催され来られた方もたくさんあり、住職はたいへん喜んでいました。
c0209909_11142994.jpg定刻には向拝は靴と傘で溢れかえっていました。
200名ほどの参詣者の中には、雨で外作業ができず安気に来ました、という方も大勢おられ、何が幸いするか分かりません。
c0209909_11143358.jpgお寺の南の田圃が埋められ、喫茶店がまもなく開店します。
お聴聞の行き帰り、憩いの場になると良いかな。
c0209909_11143688.jpg午後2時定刻で第65回真宗講座が始まりました。
今回も満堂200名での正信偈のお勤め圧巻でした。
c0209909_11144274.jpg仏事作法の説明は、帰敬式と法名についてのプレゼンテーションでした。

c0209909_11144636.jpg昨年末からアップルでも動くMicrosoftのパワーポイントアプリが発売され、パソコンで作ったとおりにプレゼンができるようになりました。
住職はこのお陰で変換調整にかかった数時間分楽になりました。
c0209909_11145036.jpg休憩は皆さんのお楽しみ、冷凍して蓄えた和菓子を切り分け、果物も切り分け大サービスです。
一昨日コーヒーマシンのフィルター在庫が足しないことが分かり、Amazonも間に合わず洗い回して厨房は大変だったようです。
c0209909_11145315.jpg満堂のなか、ご法話がはじまります。
半年ぶりの真宗講座、お同行の期待感が伝わるオープニングの合掌礼拝でした。
c0209909_11153671.jpgご講師は3年ぶり4度目のご出講で、群馬県から来ていただいた、阿部信幾先生です。
テーマは『無明の闇を破る恵日』です。

c0209909_11151407.jpg浄土真宗の本願他力の救い、いつにもなく熱く情熱的にお取り次ぎして頂けました。
c0209909_11151845.jpg先生の力の入った法話は15分程延長、5時前にはまた傘の花が咲き、家路につかれました。
200名の参詣者、最後の挨拶で注意喚起を忘れたので靴の取り違えが起こり反省です。
c0209909_11152150.jpg先生との夕食は郡上から駆けつけて下さった教区会議員さんもご一緒でした。
先生の宗学の機関銃トークはお相伴皆さん必死で理解しようと聞いていました。
c0209909_11152584.jpg夜座は100名チョッと、寒さも増してきたので戸は立ててのお聴聞となりました。
c0209909_11152946.jpg午後10時最後の御文章、この時間まで誰一人として帰る方はありません。
真宗講座ならではの聴聞の楽しみであります。
c0209909_11153239.jpgこうして第65回真宗講座は多くの方々にお聴聞によって充実した法座となりました。

今後も休まずお聴聞して下さい。
c0209909_11154189.jpg今回のStage終了表彰式は各座の途中休憩に行われます。
c0209909_11154502.jpg
80回 AdvanceStage
上級課程修了者は2名で、お一人は正尊寺仏壮会前会長さんでした、ファイナルStageクリア頑張ってください


c0209909_11154965.jpg
50回 StandardStage
一般課程終了の方は1名、これからも休まず通ってください。

c0209909_11155306.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされたのは前総代1名、黄色のバッチと記念品の白檀念珠をゲットされました。
c0209909_11155796.jpg10回EntranceStage入門課程をクリアされたのは、仏壮会の会長に就任されたYさん、頑張ってお聴聞にも励んで下さい。

※ 前回の真宗講座


by shoson | 2015-04-13 22:10 | 行事 | Comments(0)

c0209909_13163311.jpg
c0209909_13195358.jpg台風一過、秋晴れで第64回真宗講座が開催されました。
そよぐ風は秋、日陰では少し肌寒く感じられる陽気でした。
c0209909_13195378.jpgお供えに頂いた本巣秋の味覚柿、休憩のおやつにたくさん剝いて準備しました。
今回は山口県岩国から坊守の妹夫婦が泊まりがけで聴聞に来てくれ、準備も手伝ってもらえ助かりました。

c0209909_13195328.jpg本願寺出版社から、ご講師の著書、3種類、各30冊販売委託が有り、受付に並べました。
8%の消費税はおつりが面倒くさいので、こちらで負担し、完売を目指しましたが・・・少し売れ残ったのが残念でした。

c0209909_21572399.jpg釈先生大阪から自家用車で来院との連絡が昨夜入り、駐車場が同行の車で埋まる前に、先生の駐車スペース確保です。


c0209909_13195323.jpg
今回はお天気も良く、定刻1時間前にはゾクゾクとお同行が集まりだしました。
念入りな勧誘ハガキでお誘いしたご門徒は、律儀に来てもらえ、ヤレヤレでした。

c0209909_13195372.jpg仏事作法プレゼンはAppleのKeyノートを使いiPadでする仕組みに変えて10回目、だいぶ見場良くプレゼンすることができるようになりました。
c0209909_13214952.jpg今回のプレゼンからは、iPhoneをリモコン代わりにして、遠隔操作に挑戦しました。
コードをぞろぞろと引っぱる必要も無く、快適スマートに出来るようになりました。
アイホンの進化スゴイです。
c0209909_13195349.jpg法話前の休憩、お庫裡の広間は賑やかです。
準備の果物も良く売れました。
c0209909_13223087.jpg今回も並べた200席はほぼ埋まり、満堂での法話お聴聞となりました。
c0209909_13222003.jpg真宗講座に始めて出講して頂いた、大阪の釈徹宗先生『仏道としての浄土真宗』をテーマに丁寧にやさしくお話ししてもらえました。

c0209909_13223903.jpg夕食は四十八座の座主もたくさんお相伴してもらえ、先生の蘊蓄を聞きながら、賑やかな夕食となりました。
c0209909_13224376.jpg夜座は気温も下がり、戸を立て縁の席は撤去しました。
その分外陣は密着した席となり、温々で熱いお聴聞となりました。
夜の更けるのを忘れてのお聴聞は最高です。
c0209909_13225946.jpg庫裡のサテライトでもお聴聞する方もありました。
いずれこのサテライト会場も満堂になれば良いなぁ・・・
c0209909_13242486.jpg感謝状授与
真宗講座出席が150回になられ、その記念にと親鸞聖人句碑
を寄進してもらった、K山さんへ感謝状が贈呈されました。

c0209909_13242915.jpg88歳になっても矍鑠と1時間前には自ら運転してお聴聞を欠かせない、その積み重ねが150回という大記録になりました。
c0209909_13243242.jpg
80回 AdvanceStage
上級課程修了者は2名、あと28回頑張ってファイナルStageクリア頑張ってください。

c0209909_13243614.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされたのは1名、黄色のバッチと記念品の白檀念珠をゲットされました。
c0209909_13243940.jpg10回EntranceStage入門課程をクリアされたのは、仏壮会委員のT橋さん、近ごろご夫婦で四十八座参りを楽しみにしておいでです。

by shoson | 2014-10-17 21:00 | 教化 | Comments(0)

c0209909_08304644.jpg
c0209909_08363795.jpg正尊寺真宗講座が始まったのは平成13年7月、まる13年が経過し季節や天候にあまり左右されない法座となりました。今回も36℃を超える猛暑日となりましたが、定刻の1時間も前から次々とお同行が受付に集まってこられます。
c0209909_08373061.jpg美濃四十八座にはお聴聞の達人と呼ばれる方々がいます。達人方の席は最前列、腰掛けなど無くても平気、定刻になると連れ添ってニコニコしながらは本堂に上がってみえます。
c0209909_08392701.jpg今回も縁に並べた腰掛けも全て埋まり、超満堂での真宗講座、暑さに負けず大きな声での正信偈のお勤めです。
c0209909_08423078.jpg仏事作法のプレゼンテーションは、前回コネクターの調子が悪く投影できず悲惨でしたが、ケーブル新調し環境は整えましたが・・・
住職がお疲れ気味、先週の関東御旧跡研修のblogを大写し、浄土真宗の正しい巡礼のあり方を説明しました。
c0209909_08392717.jpgエアコンの付けられない超満堂の本堂は何台もの扇風機を回して、ヒートアップを抑えながらのお聴聞となりました。
途中、夕立の気配がありましたが、雨も雷もたいしたことなく助かりました。
c0209909_08392740.jpgご講師の松月博宣先生、インカム風のマイクは初めで、お気に召さないようでしたが、聴衆にお届けする音声はこの方が断然良く、我が儘はこらえて頂きました。
c0209909_08392798.jpg休憩は熱中症対策も考慮して、冷たいお茶だけで無く、アイスコーヒーやカルピスなどと共に、冷やした水菓子も大量に用意しました。
c0209909_08392741.jpg200名くらいのお同行が一時に休憩、部屋には入れず廊下でマッタリお茶お楽しむ方も大勢いました。
c0209909_08392756.jpg一昨日帰省した孫もお同行に愛想を振りまいてくれ、お参りの方々の人気者になっていました。
まだ1才2ヶ月ですが、なかなかやってくれます。
c0209909_08392792.jpg『 仏さまにも本能 ? 』という不思議な講題から、聴衆の心をグイッとつかみ、他力念仏に頷かざるを得ないお取り次ぎ、絶好調でした。
自己発芽なる新種の譬えに皆さんうなずきながら、松月ワールドへ引き込まれていきました。
c0209909_08392787.jpg夜座も縁側までの聴衆、夜座の満堂での法話は最高です。
10時を5分回りましたが一人として席をたつ人無く、暑い夜座堪能されたようです。
c0209909_08392766.jpg蒸し暑い本堂でなく、エアコンのはいった庫裡広間のサテライト会場では、孫と一緒に遊ぶ若い同行の子供達はしゃいでいました。
そんな中でもお聴聞される方があり、微笑まし光景でした。
c0209909_08445687.jpg80回 AdvanceStage
上級課程修了者は2名おられましたが、休憩の表彰の時賞状では50回と間違え慌てて作り直し、法話終了後表彰のやり直しをしました。
c0209909_08450701.jpg50回 StandardStage
一般課程終了の方は1名、これからも休まず通ってください。
c0209909_08451559.jpg30回 BasicStage
基礎課程をクリアされた方は4名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、171名となりました
c0209909_08442631.jpg10回 EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは3名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は383名に達し、Fastステージを越えたこの方々によって美濃四十八座は支えられています。
※ 前回の真宗講座

by shoson | 2014-07-17 22:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_10294625.jpg
c0209909_1030044.jpg梅雨の合間さわやかな快晴での第62回真宗講座、200名程のお参り、休憩時間のティーブレイクどうしたらスムーズになるか配置変えをしてみました。

c0209909_1030125.jpg病気で動けずお寺まで来ることのできないお同行夫婦のために、Ustreamを使いインターネットで聴聞できるよう配信アイテムもセットしました。
試行錯誤でしたが、何とか臨場感あるライブでき、お礼の電話もかかってきました。

c0209909_10324779.jpg拡幅された門前道路も、駐車間隔にオレンジポールも立ててもらえ、縦列でなく車庫入駐車のようなスペースとして、駐車台数が増えました。

c0209909_10302216.jpg法務員がまだ欠員のため受付は大混乱になるところでしたが、中川北組門徒推進委員のY田さんが持ち前の明るさで手伝ってもらえ、スムーズにご案内できました。

c0209909_10303195.jpg午後2時お正信偈のお勤めの頃には、本堂内も縁側もほとんどの席が埋まり、満堂でのお勤めが始まりました。

c0209909_10304138.jpg田植えをしたばかりの水田の上を渡ってくる風が、お参りの皆様の頬を揺らし、爽やかなお勤めでした。

c0209909_10311179.jpg仏事作法プレゼンテーションは、たってのリクエストで前回同様のお墓や納骨についてipadミニを使い詳しく説明をしました。
もちろん御門主の法統継承も写真Upで記憶にとどめてもらいました。

c0209909_10312357.jpg休憩時間、配置を替えたのが功を奏したのか、160個置いてあったお饅頭やお菓子、一瞬になくなったようです。
ここ一月お参りで頂いたものを冷凍保存していましたが、こうして皆様に喜んでもらえると何よりです。

c0209909_1031344.jpg法話は広島県から来て頂いた福間義朝先生、『お浄土の働きの中で』というテーマでお話しして頂きました。

c0209909_1033633.jpg福間先生独特のユーモアを交えながらのお話しのなかに、亡き方がお浄土に生まれ働いておいでになるとの話に、多くの方が涙ぐみながら頷いておられました。

c0209909_1031552.jpg午後4時半法話が終わり、『恩徳讃』を歌ったら、皆さん一斉に本堂を出られます。
お聴聞の余韻を胸に自然体での家路を急がれる姿は真宗講座独特の風景でもあります。

c0209909_10372778.jpg先生との夕食は『そば処むらせ』へ伝導車で行きました。
外食ですとお手軽です。

c0209909_10374789.jpg日が暮れかかると夜座のお参りに続々とお同行が集まってきます。
今回は念入りな勧誘ハガキを出し結果が気になっていましたが、予想以上に案内した方々ご夫婦で来てもらえ、住職ガッツポーズの連続でした。

c0209909_1038183.jpgお勤めの後、仏事作法プレゼンをしようとiPadミニにプロジェクターを繋ぎましたが、まったく反応無し・・・・焦りました。
コネクタの不調らしく、プレゼンは断念して早めの休憩となりました。

c0209909_10382349.jpgプレゼンがなく、長めの休憩で庫裡は盛り上がっていました。
寝不足でこしらえたプレゼンよりティーブレイクの方が良いのかな?

c0209909_10383486.jpg夜座の福間先生の法話は身に染みます。
ご夫婦でのお聴聞が増えた夜座の雰囲気は、これぞ真宗という世界が広がっていました。


c0209909_10385192.jpg午後10時前、一日のお疲れのなか、2時間半の真宗講座ですっきりと、漆黒の帰路へとつかれるお同行姿を見送る時、住職として疲労から解放される時でもあります。
皆さんようこそのお参りでした。

c0209909_1039657.jpgこの頃は法務員欠員で後片付けが大変だあろうと、壮年会や達人方が後片付けを手伝ってもらえます。
大勢で片付ければ一瞬の作業、ありがたい心遣いです。
皆さんありがとうございました。

c0209909_10392172.jpg
c0209909_1039895.jpg表彰式
法話の休憩時間には、それぞれのステージ出席カードがスタンプで一杯になったら、休憩時間に表彰式を行います。
満ポン出席カードを回収したら、パソコンとプリンターで賞状を印字します。

c0209909_10392018.jpg10回EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは7名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は380名になりました。


c0209909_10393290.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は1名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、167名となりました。

c0209909_1039415.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は1名、通算84名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。

c0209909_1040471.jpg80回AdvanceStage
上級課程は2名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
いよいよFinal108回を目指し、休まずお聴聞がんばってください。

c0209909_10401710.jpg108回FinalStage
満了課程は1名の方がクリアされ、現在18名の方が金のバッチを輝かせておられます。


by shoson | 2014-06-19 22:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_7434773.jpg

c0209909_7435780.jpg61回目の真宗講座、天気予報では雨のはずでしたが、ホコリ押さえほどの雨粒が降っただけで準備も苦労することなくできました。

c0209909_744934.jpg柿どころの五月は摘花作業でどの生産者も大忙しです。
ところが、チョッと雨が降ったので作業ができず、ゆっくりとお聴聞ができる、顔をほころばせながらみえるお同行がたくさんありました。
チョッとの雨、法座にはありがたい天気です。

c0209909_7441872.jpg昼座のお勤め正信偈草譜(しょうしんげそうふ)、満堂の本堂に響き渡っていました。

c0209909_7442688.jpg仏事作法のプレゼンを始める頃には縁側に並べた50脚のパイプ椅子やベンチもほぼ埋まり、お天気での出足の心配は払拭されました。

c0209909_7443734.jpg仏事作法はお墓納骨について、3年前のパワーポイントをiPadのKeyノート用に編集し直したもので解説しました。

c0209909_7444754.jpg仏事作法のあと法話までの休憩はゆっくりと取れました。
庫裡でコーヒーやお茶を飲みながらしばしの歓談です。

c0209909_7445685.jpg最近お菓子の頂きものが少なく、冷凍おまんじゅうが底をつき、ローコストでできる茶菓子として、みつ豆を120個作って食べてもらいました。


c0209909_745410.jpgご講師は東京から来て頂いた、武蔵野大学教授 山崎龍明先生。
テーマは 『浄土の真宗』
-往(ゆ)くこと(往相)は還(かえ)ること(還(相)-
時間を忘れてのお取り次ぎいただきました。


c0209909_7451458.jpg「あまり熱心に聞いて下さるので、脱線ばっかりでした・・・」と苦笑しながら、還相回向の働きとなる循環のありよう、お届けしてもらえました。

c0209909_7452321.jpg夕食はいつもの『わかのや』さんが休業日、しかもお相伴の法友も少ないので、坊守が腕を振るってくれました。
山崎先生も竹の子ご飯、お代わりもして喜んでもらえました。

c0209909_7453333.jpg道の駅織部で地元旬の野菜を揃え、坊守とお手伝いの鷲見さん頑張りました。

c0209909_7454382.jpg夜座は少し寒くなり縁側のパイプ椅子は撤去、堂内150席での会場となりましたが、空席が有りご講師には申し訳ないことでした。
しかし、夜更けのお聴聞の雲域は最高でした、先生の法話に引き込まれていきます。

c0209909_7512629.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は4名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、166名となりました。


c0209909_751427.jpg10回EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは7名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は374名になりました。

c0209909_7515211.jpg今月も法務員は1名、準備はともかく後片付けが大変。
そんな状況を見て、仏壮の方を中心に大勢の方が手伝ってもらえるようになりました。
ありがたいことです。


by shoson | 2014-05-15 22:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_7315239.jpg
c0209909_732029.jpg新年度最初の真宗講座を前に後藤造園が楠の刈り込みと境内落ち葉の清掃に来てもらえ、準備万端で第60回目の真宗講座迎えることができました。

c0209909_73288.jpg定刻前には参詣者が続々押し寄せ、法務員欠員で手薄になっている受付、四十八座メンバーのご院さんが手伝ってもらえスムーズに進みました。

c0209909_7321591.jpg定刻の午後2時には向拝に並べたスノコに沿って履き物が整然と並んでいました。

c0209909_7322212.jpg満堂で勤める正信偈、迫力あります。

c0209909_7322943.jpg久々なのか少し出足が遅く心配しましたが、仏事作法の始まる頃には縁に並べた椅子もほぼ埋まり、熱気ある真宗講座になりました。

c0209909_732373.jpg仏事作法のプレゼンはRGBケーブルいっぱいに伸ばし、iPad片手にスクリーンの反対側からレーザーポインターでチェックを入れながらの解説です。
今回は家族葬で遭遇した、御文章拝聴できない人々への対応についてでした。

c0209909_7324435.jpgご講師は山口県岩国市から来ていただいた弘中英正先生、『真の仏弟子』をテーマに、まるでNHKのアナウンサーのような聞きやすい語り口での法話でした。

c0209909_7325185.jpg美濃四十八座常連のお同行は熱心で、ビデオカメラやボイスレコーダーでお説教を聞き流さない方々が増えてきました。

c0209909_7325778.jpg休憩時間のお庫裡はコーヒーを飲みながら歓談、所属寺の違うお同行同士がだんだんとお仲間になり、その輪が広がってきています。
先生には音声(おんじょう)休め、お同行にはコミュニケーションTime、休憩も大切な時間です。

c0209909_73373.jpg10分ばかりの休憩時間、先生が再登壇されます、お同行も慌てて本堂自席に戻られます。

c0209909_7331584.jpg真宗講座の法話は仏さまの働きの話、私が立派になりなさいというお話しではありません、だから解らないけれど皆さん大真面目に聴かれています。

c0209909_7332320.jpg午後4時半法話が終わり、一斉に本堂を出られ帰って行かれます。
今回は雲一つ無い晴天、気持ちよさげに家路につかれていました。

c0209909_7333947.jpg先生との夕食ではノンアルコールについての話題がでたので、正月用ノンアルコール清酒を開栓し試飲してもらい、話が大いに盛り上がりました。

c0209909_7335093.jpg夜の受付には年末まで法務委を手伝ってくれていた能田くんが助っ人に入ってくれ、一段とスムーズに捌けていきました。
門徒さんもなつかしい顔に出会い大変喜んでもらえ、これからも時間があるときには手伝いに来てもらえることでしょう。

c0209909_7335887.jpg夜の作法プレゼンは、次世代へどうみ教えをつなぐのか、その手立ての一つとして、お彼岸に試みた十三参りを紹介し、子供さんや孫さんと仏法とのご縁作りについて考えてもらいました。

パワーポイントの中にYouTubeの動画を貼り付け見てもらう作戦大成功でした。

c0209909_734759.jpg夜の参詣者はチョッと少なかったのが残念でしたが、弘中先生の丁寧で優しい語りかけでの例話、仏さまの働きお同行の心の中に染み渡っていくのが感じられ、ぞくぞくしながらのお聴聞でした。

c0209909_7341854.jpg各ステージの記念品やバッジ充分用意して臨みましたが、今夏は年度初めだからか、表彰者の数もStageもあまり出ませんでした。

c0209909_7342676.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は2名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、162名となりました。

c0209909_7343442.jpg10回EntranceStage
入門課程をクリアされ表彰されたのは5名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は366名になりました。


by shoson | 2014-04-23 22:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_1745978.jpg
c0209909_17452322.jpg台風24号が遠ざかり影響はありませんが、夏日となった蒸し暑い真宗講座となりました。

田んぼの稲は頭を下げ、お聴聞する姿のなか、パープルの美濃四十八座ノボリがはためいています。


c0209909_17453097.jpg受付
今回は本山から『季刊せいてん』の記者2名が取材に来られ、写真は撮りまくり、参詣の方々へ取材ありまくりでした。


c0209909_17454282.jpg昼の部定刻には堂内も縁も腰掛けはほとんど埋まり超満堂、向拝はクツの脱ぎ場のないうれしい悲鳴となりました。

c0209909_17455058.jpgお勤め
最近昼の部も若い方の姿かチラホラ見られるようになり、このお座に関しては世代交代の可能性が垣間見られます。

c0209909_17455727.jpg仏事作法
iPadのKeynoteを使ったプレゼンもだんだん慣れ、今回お取越のお供えシリーズでは、クリスマスプレゼントより喜ばれる「おさがり」をと、アジテーションのようにお伝えしました。

c0209909_1746523.jpg法話
200名の聴衆ほとんどが、うつむくことなくご講師の方を向き、心地よくお聴聞を楽しんでいるように見えます。

c0209909_17461357.jpgご講師
大阪行信教校の教授、天岸浄圓先生は4度目のご出講です。
「往生浄土の目的」というテーマで、念仏者の行く末を受け止めやすいなかにも、厳しく誡められました。

c0209909_1746223.jpgとても厳しいお話なのに、皆さん幸せそうに頷き聞き入っています。
苦が転ぜられる仏法の醍醐味を味わっておられるようです。

c0209909_17464934.jpg休憩
お勤めのあと、法話の音聲(おんじょう)休めの時は庫裡の大広間は休憩場になり大賑わいです。
飲み物は廊下に、ホット・アイスのコーヒーとお茶を準備、思い思いのリラックスでした。

c0209909_17465935.jpg出店
今回も京都からわざわざ法座を賑やかにするため、鷲見法衣仏具店さんが販売ブースを開設してもらえました。


c0209909_17471015.jpg茶菓子
今回は3ヶ月ぶりの開催で冷凍保存していたお菓子がてんこ盛りでしたが、綺麗に無くなりました。
恐るべし、お同行の食欲冷凍庫や冷蔵庫で保管したお供え物の山、きれいに頂いてもらいました。

c0209909_17472465.jpg飲み物やお茶菓子をゲットすると、思い思いの場所でリラックス、お聴聞するエネルギーの充電完了です。

c0209909_17473358.jpg200名の参詣者が集まると駐車場も満杯、隙間なく有効的な駐車の仕方が回を増すごとに旨くなっています。

c0209909_17474269.jpgPM4:40
天岸先生の力の入った法話は10分延長、言いしれぬ充実感を胸に抱き、皆さん家路を急がれます。

c0209909_1748443.jpg 夕食
今回は木曜日、いつもの「わかのや」のお弁当は定休日、黒野の「蕎麦むらせ」さんにキャラバン号でご案内、手打ち蕎麦をすすりながら、先生の蘊蓄を聞かせたもらいます。

c0209909_17475570.jpg
c0209909_17481448.jpg夜座
夜の受付には学校や保育園を済ませた、最年少10回入門課程修了のアンナちゃんと、しゅう君がお手伝いしてくれました。

c0209909_17482861.jpg夜の法話
夜座の天岸先生、凜として往生浄土の目的をお釈迦様の誕生物語や捨身飼虎(しゃしんしこ)の譬えでお話しされました。

c0209909_1748406.jpg夜座も満堂
しんみりと聴かせてもらえる夜座、その雰囲気がたまらなく病み付きになられる、チョッと若いお同行が増えてきました。
10時過ぎまで誰一人帰る人無く、張り詰めた美濃四十八座ワールドが展開されました。

c0209909_17485551.jpg
c0209909_17492442.jpg表彰
今回はPremium150回到達された方が4名おられ、庫裡で店開きしている鷲見法衣店の賞品の中から、親鸞さま透かし入りミニ念珠ストラップを購入し、記念品としてお渡ししました。

c0209909_17493561.jpg108回FinalStage
満了課程は1名の方がクリアされ、現在17名の方が金のバッチを輝かせておられます。

c0209909_17494352.jpg80回AdvanceStage
上級課程は3名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
いよいよFinal108回を目指し、休まずお聴聞がんばってください。

c0209909_17495351.jpg50回StandardStage一般課程終了の方は1名、通算83名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。

c0209909_1750362.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は5名、黄色の認定バッチをつけておられる方が、160名となりました。

c0209909_17501243.jpg10回EntranceStage入門課程をクリアされ表彰されたのは7名でした。
入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は361名に達し、Fastステージを越えたこの方々によって美濃四十八座は支えられています。




by shoson | 2013-10-10 22:10 | 行事 | Comments(0)