c0209909_7374558.jpg
c0209909_7375353.jpg少し怪しい雲行きでしたが、早朝から岐阜吉川組の大勢の職人さんが集結し、舗装工事が始まりました。
普段道路工事でチラッと横目に眺めることはありますが、間近でゆっくり作業工程を見るのは初めて、感激でした。

c0209909_738146.jpgそれぞれの持ち場分担を何げにこなしながら、屋根の下から排水溝の回りまで凹凸のないアスファルト面が半日かからず完成しました。
午後から雨が降りましたが、もうぬかるむ事もなくなりました。
明日の受渡に間に合うようにキッチリ段取り、感謝です。


c0209909_738891.jpg



by shoson | 2010-12-09 11:37 | 工事 | Comments(0)

c0209909_31182.jpg
c0209909_312616.jpgきのう玄関前参道アプローチに生コンが投入され、1アクションで刷毛引きの参道が完成しました。
それを待って、早朝から後藤造園の親方がクレーン車を伴って庭石移動にやって来られました。
5個の石がチャボヒバの回りに配置され、すっきり趣のある境内になりました。


c0209909_31341.jpg
c0209909_314318.jpgクレーン車の後からは舗装屋さんのユンボやローラー車が運び込まれ、カーポート回りの舗装準備で地ならしが行われました。
コンクリート瓦礫や残土が除かれ整地されると、外構工事の完成像が素人目にも分かるようになりました。


by shoson | 2010-12-08 13:00 | 工事 | Comments(0)

c0209909_6212313.jpg
日曜日でも現場の追い込みは作業は続きます。
北側の新設するブロック塀に沿って電気・水道・ガスなどのライフラインが集中します。他の職人さんとバッティングすると集中できないと言われるガス屋さん、黄色いガス管複雑に地中に埋もれていきました。

by shoson | 2010-12-05 12:20 | 工事 | Comments(0)

c0209909_7373798.jpg
c0209909_7374682.jpg朝からトラックが入り、職人さんの休憩や打合会に使われていた2階建ての作業小屋が撤去されました。
あっという間に解体されトラックに積まれていきました。
小屋が片ずくと仮設のトイレもトラックに積まれ何処かへ運ばれていきました。

c0209909_7375412.jpg午後からは工事囲いが撤去され、広々としましたが一年ぶりの境内は木は生い茂り、落ち葉も溜まっていて環境は良く有りませんが、庫裡の全景は見事に見えるようになりました。


by shoson | 2010-12-04 12:36 | その他 | Comments(0)

c0209909_814053.jpg
c0209909_814848.jpg完成検査を前に最後の縁板塗装、東海ペイントのベテラン職人さんがへばり付くように仕上げ塗りをされる。
2人で塗れば早かろうにと見ていると、手前の職人さんは指先にツバを付け、床に落ちたブヨのような小虫を採っている。
虫の死骸がこびりつき仕上げを損なわないために、二人一組真剣なお仕事、安心な仕上がりになることでしょう。

c0209909_815594.jpg廊下の桧縁甲板もオスモカラー・フロアクリアーラピッドが2度塗りされて仕上げられます。
虫も集まる自然素材から作られた安心塗料、桧の無垢縁板ですが、これであんしんして素足でも歩けそうです。


by shoson | 2010-12-02 16:01 | 工事 | Comments(0)

c0209909_7481389.jpg
c0209909_7482093.jpg11月20日から追加工事で始まった、北側にブロック屏で目隠しをしたカーポート土間、基礎からブロック積み建て方までアッという間にできました。
普段は駐車場、車を出せば6m×7mの作業土間、屏に沿って、流し足洗い場などの水回りとガス・電気も引けるようにしました。
仏壮のバーベQ日曜学校のお楽しみ色々出来そうな空間になります。

by shoson | 2010-12-01 12:46 | 工事 | Comments(0)

c0209909_7512951.jpg朝一番で大きなトラックが入ってきました。
荷台の屋根がパカッと開くと、そこには銀色まばゆいステンレスの厨房機器が一杯詰まっていました。
どこから来たのか尋ねると、九州の工場から運ばれてきたようです。

c0209909_7513938.jpg厨房入口へはコンパネやステン板の下に発泡スチロールブロックで橋脚を作り、荷台のリフトからゴロゴロで一気に運び込まれていきました。

c0209909_7514841.jpg厨房には80Lと55Lの回転釜が入ります、初めて実物を見ると・・・・・デカッ!という印象、こんなモン使えるのかという不安がよぎった事でした。

c0209909_7515683.jpg次々と青い保護膜のついたアイテムが設置されては、膜が剥がされつや消しのステンレスがあらわになってきました。

c0209909_752671.jpgご門徒さんが使いやすいようにと、値段を考えずほとんどオーダーになってしまい見積を心配しましたが、こうして設置されると、無理をしてもこの厨房に合わせた機器の選択は正解だったと胸撫で下ろしました。

c0209909_645345.jpgオールステンレスの回転釜、使い勝手が良いとの話で釜底排水装置付きにしましたが、鍋の底のおヘソを外す時、強力磁石を使うとは、目から鱗が落ちました。

c0209909_65295.jpg
翌日には、トーヨーキッチンのアイランド流し台も組み立てられ、厨房も賑やかになりました。

by shoson | 2010-11-25 08:30 | 工事 | Comments(0)

c0209909_6519.jpg
c0209909_652022.jpg1階の厨房は板の間は板張り部分20畳、土間部分20畳と大人数でも小人数でも対応できるスペースになっています。
今日はその土間部分のフロアー仕上げが行われました。
緑のペンキが塗られるだけかと思っていましたが、下地処理からはじまりお手間入りです。

c0209909_655012.jpg
c0209909_6615.jpgフロアーの色目は坊守とバトルしましたが、こうした処理をするなら一目でそれと分かる方が良いと住職の意見が通り緑色です。
床に塗られるのはユータックというポリウレタン樹脂系の塗料で、やっぱり良い色しています。

c0209909_661027.jpgネズミ色のコンクリート床が緑に変わっていき、清潔感が倍増した感じです。
この清潔な厨房で、安気にお参りしてもらうためのお斎が作り出されるかと思うと、嬉しくなりました。


by shoson | 2010-11-22 11:04 | 工事 | Comments(0)

c0209909_18432332.jpg
c0209909_18433184.jpg亡き前住職も病院で気に掛けていた犬走(いぬばしり)のコンクリートが打たれました。
庫裏の基礎面と境内地には30㎝以上の落差があり、境内地に土を入れてかさ上げするのは大変と、犬走の外側にブロックを積み土止め代わりの花壇風にしました。

c0209909_18433957.jpg監督さんに積んでもらった北側の外階段廻りにも生コンが入れられました。
型枠と生コン流し込みは豊昇工務店さんが、それを綺麗に仕上げるのはサエダ左官の職人さです。
犬走ができると、建物の足元がシャキッとした感じになりました。

c0209909_18434790.jpg
c0209909_18435645.jpg大広間には京都から走って来られた表具師さんが作業場を作られました。
お内仏の金紙貼りです。

c0209909_1844547.jpgこの職人さんは10年前、本堂お内陣の壁画を貼りに来たと言っておられ、綺麗な仕事を安心して眺めておれました。


by shoson | 2010-11-20 17:42 | 工事 | Comments(0)

c0209909_675777.jpg
c0209909_68520.jpg庫裏内部の左官仕事が終わると、室内は清掃され建具や器具の取付だけとなり、いよいよ、庫裏を取り巻く外構工事が本格化しました。
浅川建設担当の大玄関では本堂との境目に長いポンプ車のホースが延ばされ、本堂側の犬走に生コンが打たれました。

c0209909_681312.jpg北側では水路に沿ってブロック塀を建てる準備、この辺りは人間で言うと首根っこ、血管や神経が集中するように排水や水道管が埋められていて慎重に掘り起こされていました。


by shoson | 2010-11-19 13:07 | 工事 | Comments(0)