c0209909_11495694.jpg
c0209909_1150440.jpg今日から2階の石膏ボードを貼るために、山本内装の2人の職人さんが現場入りです。
1人は脚立で貼り込み、片方は伝えられる採寸通りカット、分業でとても効率よく作業をして行かれます。

c0209909_11501154.jpgお大工さんは電ノコで切って今したが、内装屋さんはカッターで切れ目を入れ煎餅を割るように折り曲げカット、石膏の煙が出ずしかもスピーディに進みます。


c0209909_11502065.jpgボードを留めるビスは電動ドリルで付けて行かれます。
山本親方のビス打ちは機関銃に負けないスピードで、ドリルが回転したままビスをセットし打ち込む作業、大昔の手打ちのパチプロのような早業です。


c0209909_11502684.jpg正尊寺の庫裏は混んだピッチだそうで、今日だけでも3箱は使うだろうと。
お大工さんのような連射エアガンは使わないのかと尋ねたら、ビニールマガジンに入ったビスは、値段が高いので採算が合わないとのこと・・・・職人さんの世界、経費節減厳しいようです。




by shoson | 2010-09-28 11:30 | 工事 | Comments(0)

<< 第21回打合会    雨樋を付ける >>