平成30年正尊寺報恩講始まりました。
今年はこの初日が日曜日、お天気も良いので例年以上たくさんお参りあるかと思いきや、多少子連れの若い方が増えていましたが、驚くほどの参詣者ではありませんでした。
c0209909_22481166.jpg
c0209909_22481150.jpg初日お日中法要お勤め始まる30分前に太鼓堂の火灯窓が開けられ、集会の太鼓が打ち鳴らされました。
c0209909_22481141.jpg午前9時半換鐘と共にお日中法要始まりました。
c0209909_22484196.jpg14日お日中法要は初夜礼讃(しょやらいさん)調声は若院が勤めました。
c0209909_22484114.jpg出勤法中は3日間泊まりこみで出勤してくれる昨年まで法務員だった東林寺の若様、正蓮寺の若様とご講師の高田先生も賑やかしでご出勤でした。
c0209909_22484105.jpgお説教は真正浅木蓮教寺の高田篤敬師、高座の上からゆっくり易しく、親鸞聖人のご苦労お取り次ぎです。
c0209909_22484182.jpg庫裡ではお斎の準備が進められています。
c0209909_22484123.jpg昨日の準備日より女性お取持ちの数が減ったようです。
日曜日なので男性お取持ちが増えたようです。
c0209909_22484170.jpg朝座が始まった頃の受付はお忙し、御法謝やお仏飯米が次々届けられ、係のお取持も大忙しです。
c0209909_22501464.jpg本堂係のお取り持ち、一年ぶりに出てきた大火鉢の火の番こまめにしてもらえました。
c0209909_22501427.jpg本堂係は賽銭をこまめに集めてもらえます。
c0209909_22501422.jpg庫裡会議室が法要受付場となり、住職と坊守が詰めて、そこからでもカメラの遠隔操作やアナウンスが出来るようにしています。
c0209909_22501423.jpg午前のお説教が終わるとお斎場は超満員、一座敷50名はアッというまに埋まり、廊下にはたくさんの順番待ち行列ができていました。
c0209909_22501460.jpg1日ゆっくり御聴聞、玄関ホールの大火鉢に当たりながらお斎場の空くのを待ち歓談中のお同行がたでした。
c0209909_22501470.jpg駐車場はいっぱい、近隣農道の路駐もたくさん、雪もなく天気良かったのでドローンで撮影です。
c0209909_22510569.jpgご講師やご法中(ほっちゅう)のお斎は、中身一緒ですが器を朱塗りに変えています。
c0209909_22510519.jpg午後お逮夜法要は奉賛大師作法第二種、お正信偈に軽快な音階がついたお勤めです。
お参りのお同行も一緒に声出してお勤めです。

c0209909_22510516.jpgお導師は相焼香(あいじょうこう)の真正小柿福乗寺の新住職です。
ご法中は八木西光寺さん、正蓮寺さん、重里浄明寺の若院さん、と賑やかになりました。
c0209909_22510598.jpg午後の法話、庫裡では手の空いたお取持は、スクリーンの前で御聴聞してもらえます。
サテライト会場が機能して嬉しいことです。
c0209909_22510534.jpg
お説教も終わり、明日の準備が整うと前班のお取持の仕事は終わります。
わかの屋さんから割子を取ってしばし歓談でう。
向野・東川原・西川原の皆さん、2日間報恩講へのお手間のお供えありがとうございました。


※ 去年の報恩講初日


by shoson | 2018-01-14 17:00 | 行事 | Comments(0)

<< 30年 報恩講2日目    30年 報恩講準備日 >>