平成30年報恩講三日目ご満座、昨年とは打って変わって快晴で気温も上がり穏やかに勤まりました。
かつてはご満座のお参りは減少傾向でしたが、御聴聞楽しむお同行が増えてきて、満堂とは行きませんが、午前から大逮夜最後まで大勢のお参り賑やかに勤まりました。
c0209909_08423876.jpg
c0209909_16045416.jpg16日午前お日中法要は初夜礼讃です。
ご講師の高田先生も色衣を着て御出勤、長屋常徳寺の若様も飛び入り、若院の調声で賑やかにお勤まりでした。
c0209909_16052702.jpg多少空席はありますが、100名近くまずまずのお参り、高座説教親鸞聖人のご一代も佳境に入ってきました。
c0209909_16045473.jpg庫裡の会議室は法要受付になり、住職や坊守が対応しています。
時には耳の遠いご門徒と身振り手振りで法事日の説明もあります。
c0209909_16060763.jpg大逮夜法要(おおたいや)にあわせて楽人さんも集まってこられます。今年は暖かく2階座敷は開け放し、ストーブつけなくてもイイ感じでした。
c0209909_16060765.jpg90才になられても元気に演奏の楽人さんたち、ポカポカで記念写真も撮っておいででした。
c0209909_16060733.jpg今回6名での演奏、浄土法事讃は楽の出番が長く、頑張ってもらえました。
c0209909_16060770.jpg法中さんのお斎は朱塗りのお膳でご供養です。
一般のお椀と混同しないように朱色で揃えてあります。
これは昔からでなく、金沢の古道具屋で調達して揃えたものです。
c0209909_16060791.jpg今年の大逮夜は結集10名とかつてない法中が集まり、法要開始10分前の作法の習礼にも力がはいります。

c0209909_22430459.jpg
c0209909_16060794.jpg大逮夜法要の導師は住職、ご開山の前で焼香してから登壇します。
c0209909_16070394.jpg生演奏の雅楽で登壇です。
c0209909_16070356.jpg内陣回り畳に10名の法中だと、余裕をもって内陣右回りの円陣ができました。
☆法要の動画☆

c0209909_16070302.jpg法要の後は『御俗姓ごぞくしょう』の拝読、七条袈裟を着けたまま講座に上って読みます。
c0209909_16070301.jpg御俗姓拝読が終わり、出勤法中へのご挨拶。
皆さんお疲れのお勤めのあと、書院でまったりしておいででした。
c0209909_16070315.jpg法中の皆様お帰り、今日は住職の代わりに若院の操縦するドローンがお見送りしました。

☆ドローン映像☆


c0209909_16085070.jpgご満座のお説教、聴聞の門徒は真宗講座のバッチをした方々がほとんどです。
聴聞慶ぶ門徒が増えてきた実感が持てた大逮夜でした。
c0209909_16085010.jpg庫裡厨房ではSPから流れるお説教を聴きながら片付けが進んでいきます。
c0209909_16085095.jpg去年から始めた大逮夜参詣者へのサービス。
お華束餅の切れ端で作るぜんざいです。
c0209909_16085052.jpg昨年は吉野屋さんのあんこを使いましたが、今年は事前にアズキを煮て準備でした。
c0209909_16085160.jpgお取持お給仕係の皆様の手で、本堂へ紙コップに入ったぜんざいが届けられます。
c0209909_16085165.jpg最後までお聴聞下さった方々へのささやかな御利益でした。
c0209909_16101178.jpgお説教が終わり、住職から報恩講円成の挨拶です。
親鸞聖人のご法事、報恩講が勤め上げられた感謝の言葉でした。
c0209909_16101117.jpgお斎の丸揚げが100個ばかり残りました、一つずつお帰りの皆様にお土産として配られました。
c0209909_16101134.jpg本堂の片付けが一気に始まりました。
花瓶が降ろされ、花が小分けされお取り持ちの方々のお土産に姿を変えます。
c0209909_16101119.jpgお華束も解体され、各地区の役員さへ配って貰うよう小分けされました。
c0209909_16101197.jpg報恩講のアイテムも次々片付けられていきます。
c0209909_16101264.jpg最後の打上会食用の割子も北方のわかの屋さんから届き、お供え物やお菓子と供にテーブルに並べられました。

お取り持ちの打上会食
c0209909_16104548.jpg
みまさま方のお手間のお供えで、立派に報恩講を勤めることができました。
2日間献身的にお取持いただき、ありがとうございました。


※ 去年の報恩講御満座


by shoson | 2018-01-16 18:00 | 行事 | Comments(0)

<< 平成30年 涅槃会    30年 報恩講2日目 >>