2月最終月曜日、平成最後の仏教婦人会の物故者追悼法要が厳修されました。
寒波も去り暖かな一日、婦人会のメンバーゆっくりお聴聞できました。
c0209909_20410007.jpg
c0209909_21063783.jpg2月24日準備
追弔会前日は午後から役員さん集まって準備です。
25日のお斎の下拵え、ぎんなんの皮むき大量ですが流れ作業、人海戦術でできました。
c0209909_21063647.jpgぎんなんの薄皮むきは、電子レンジが良いとのアドバイスもありましたが、大量のため茹でて剥くしか有りません。
c0209909_21064506.jpg大量5㎏のぎんなんです。
c0209909_21063709.jpgにんじんシリシリも大量です。
c0209909_21063794.jpg今年が大量の蕪塩漬け、報恩講に使いきれ無かった分をカブラ煎りにしました。
参詣者のお土産にも成ります。
c0209909_21064592.jpg大量です。
c0209909_21063741.jpg長浜へ盆梅展のついでに買い込んだ赤コンニャク、5袋で良かった・・・
c0209909_21063754.jpg会員に配るお下がりも、名簿を着けた紙袋に分けて持ち帰りやすいように準備です。
c0209909_21101117.jpg2月25日(月)
仏婦役員さんは8時半集合で追弔会当日準備が始まります。
c0209909_21101092.jpg役員さん二手に別れ、デザート組みはヨーグルトをプラカップに入れ、特製マーマレードを入れ70個作ります。
c0209909_21101116.jpg弁当チームは一晩寝かしたおかずをパックに詰めます。こちらも70人前手早く出来ました。
c0209909_21101100.jpgご飯は5升釜に白米1升と餅米1升、ぎんなん2.5㎏投入です。
ひしゃく1杯800cc水多めですが、まだ足りませんでした。
塩少なめの方が良い・・
c0209909_21101132.jpg午前9時半喚鐘で朝座始まります。
役員さんも作業終え全員でお参りできました。
c0209909_21101152.jpg朝座のお勤めは『阿弥陀経』皆さん付いてきます。
c0209909_21111686.jpg耳の悪い常連さんも参って見えたので、法話の前にコミューンSP出しました。
c0209909_21111691.jpgご講師は大垣楽田林雙寺の水上先生です。
毎年趣向を凝らしながらヴァージョンアップ、退屈させない迫力のお取り次ぎです。
c0209909_21111669.jpg休憩にはお茶と珈琲も欠かせません。
c0209909_21111612.jpg法話後席から三役の方は、厨房でお斎最後の仕上げにかかりました。
c0209909_21111617.jpgぎんなんご飯片方の炊飯器不調か芯ができ、お酒を混ぜ蒸して何とか食べられるようにフォローでした。
c0209909_21111613.jpg茶碗大盛り弁当箱に詰めましたが、さすがに8升は多すぎ、お土産ご飯も作りました。
c0209909_21111701.jpgお説教も終り参詣者のお斎始まりました。
c0209909_21111729.jpgご講師は同じおかずですが、うつわは朱塗り本膳、上等そうに見えるのがイイ感じです。

c0209909_21122488.jpg1時15分雲板が鳴らされ、午後座の始まりです。
c0209909_21122317.jpg 仏婦副会長さんの進行アナウンスで始まります、献灯献花は外陣後ろでスタンバイです。
c0209909_21122362.jpg法要の始まりは献灯献花です。
c0209909_21122351.jpgお勤めは宗祖讃仰作法、CDのBGMでイイ感じのお勤めです。
c0209909_21122427.jpgお勤めの後今期逝去された遺族の焼香です。
今回は家族揃って男性もお参りが有難かったです。
c0209909_21122431.jpgお焼香の後、遺族にはお供えの吉野屋さんのお茶とケーキのセットが配られました。
c0209909_21122419.jpg昼座のお説教は、水上先生、掛軸出しての気合いのお話し、1時間一席ありがたい時間でした。
c0209909_21122453.jpg午後3時半賑やか充実有り難な追弔会終わりました。
役員の皆様お疲れ様でした。



※ 去年の仏婦追弔会


# by shoson | 2019-03-05 21:48 | 行事 | Comments(0)

平成最後になる17回目の涅槃会、開始時間を午後2時にして準備に余裕を持ち、70名程の参拝で厳修しました。今季最大の寒波で来襲で、東京に雪が降っていましたが、本巣は小雨でお焚き上げもスムーズに行われました。
c0209909_08003635.jpg
c0209909_08003735.jpg事前準備
焚焼のお釜は事前に耐熱シルバー塗料で化粧直しです。
芋煮釜メンテは内側だけの化粧は簡単です。
c0209909_08003774.jpg余間の襖外しは鴨居をジャッキアップし無いと外れません。
棒が短いのでいくつか木を足して面倒くさいので、専用の棒を工面したいと思いました。

c0209909_08003719.jpg涅槃図もLEDバーライトで明るくイイ感じに見えます。焼香台に頃香盒も三口据えて、余間の準備は完璧です。
c0209909_08003750.jpg休憩のお茶タイム用に庫裡広間も配置変えをしました。
魚島さんからあげてもらった軽い長机は助かります。
c0209909_08003763.jpg涅槃会の休憩はお供えのどら焼きをお茶菓子にします。
ほうじ茶と甘酒で、珈琲は準備しませんでした。
並んだ紙コップには甘酒用のおろし生姜がは入っています。
c0209909_08003744.jpg午後から予報どおり雨粒が落ちてきました。簡易テントで対応します。
c0209909_08012937.jpg午後1時頃からボツボツ参詣者が集まってきました。
c0209909_08012939.jpg葬儀中陰で使った白木位牌を持った方が、続々本堂に入ってみえます。
事前に預かった分は10本程でしたが、最終的には40本越えました。
c0209909_08012946.jpg家新築で仏間にしまわれた経本仏具を持ち込まれる方も有りました。
c0209909_08012990.jpg余間には焚焼の品がたくさん集まりました。
c0209909_08012930.jpg5分前に雲板が鳴らされ、住職から涅槃会の説明がされます。
c0209909_08013030.jpg定刻2時に阿弥陀経のお勤めが始まります。
住職と若院で黒衣五条でお勤めです。
c0209909_08013088.jpgお勤めの間には余間前でお焼香をしてもらいます。

c0209909_08013014.jpg涅槃図のプレゼンテーション絵解きは30分、今年はノートPCとロジクールのプレゼンテーターを使いましたが、自動スリープモードだったのか、時々ブラックアウト焦りました。
c0209909_08024783.jpg絵解きが終わるとお供えのどら焼きがお下がりとして配られ、休憩時間となります。
庫裡でお茶菓子として食べてもらいました。
c0209909_08024758.jpg甘酒はアミカの業務用4本は必要なのに2本しか準備してなく、慌ててゲンキーの家庭用買い占で対応でした。
c0209909_08024741.jpg約15分の休憩、庫裡広間で思い思いに歓談でした。
c0209909_08024795.jpg
参詣者が休憩の間に、焚焼の準備が進められます。
まず始めに白木位牌が釜に入れられます。

c0209909_08024855.jpg休憩時間の終了は、雲板を打ちお知らせで、お茶タイム終わって本堂へ戻ってもらいます。
昨年暮れから設置した雲板大活躍です。
c0209909_08024886.jpg雨も気になるほどでなく、皆さん境内に集まってもらいました。
c0209909_08024874.jpg本堂のお灯明の火をボンボリに入れて境内に運びます。
c0209909_08033616.jpg焚焼用のお荘厳蝋燭に火を移し、焚焼会が始まります。
c0209909_08033626.jpg焚焼会のお勤めは、お釈迦さまのご命日にちなんで、サンスクリット語の敬礼文と三帰依です。
c0209909_08033633.jpgお勤めが終わると、ロウソクの火を紙燭の束でお釜へ移します。
c0209909_08033693.jpg火がついたら一同合掌で、炎となって遺族の方々に無常を教える個人の法名に感謝の気持ちを表しました。
c0209909_08033640.jpg親族のお位牌の燃える姿を名残惜しそうに、写真を撮られるご門徒もありました。
c0209909_08033637.jpg焚焼釜が火に包まれると、参詣の皆さんは帰路に付かれます。
c0209909_08033651.jpg例年このあと密閉型焼却炉でお焚き上げしますが、天気も怪しくなってきたので、一時保管し日を改めて焚き上げます。
※去年の涅槃会

# by shoson | 2019-02-12 13:20 | 行事 | Comments(0)

1月15日 報恩講2日目
平成最後の報恩講は御満座まで満堂をキープできるか、新たなスタンプカード作戦は功を奏しています。
c0209909_22593263.jpg
c0209909_22593218.jpg今日からお取持ちが入れ替わります。
朝8時集合庫裡広間で説明会です。
反省:片付けについての徹底を分り易くしておくべきでした。
c0209909_22593247.jpg新たに割り振り表をプリントして配ったのは正解でした。
役割がスピーディーに決まったようです。
c0209909_22593264.jpg厨房では昨日炊いて味の染みた丸揚げが釜からあげられ、明日の分200個が再び煮られます。
今年も丸揚げは800個準備されました。
c0209909_22593239.jpgナマスは桶一つしかありませんでしたが、何とか3日持ちそうです。
c0209909_22593258.jpg2日目午前お日中のお勤めは、意訳の正信偈「しんじんのうた」です。
院代さんは余間で経切り太鼓打ちまくりです。
c0209909_22593210.jpgお聴聞も椅子ほとんど埋まり、まずまず満堂で最終日まで持ちこたえられそうです。
c0209909_22593286.jpgお説教が終わるとお斎場は満員です。
c0209909_23002534.jpgお斎待ちの方々は玄関ホールの火鉢を囲んで団欒です。
c0209909_23002504.jpgお昼休みには本堂の模様替えです。
献灯献花台をセットです、机2段置き西陣織カバーを掛けます。
c0209909_23002515.jpg仏教婦人会役員さんも集まって献灯献花スタンバイです。
c0209909_23002592.jpgお勤め開始の雲板が鳴らされました。
c0209909_23002571.jpg雲板の合図で献灯のローソクに火が付けられます。
本堂係のお取持ち良くやってもらえます。
c0209909_23002559.jpg献灯献花10対がお供えされ、賑やかなお荘厳ができました。
c0209909_23002578.jpg喚鐘が打たれ法要開始です。
境内では焚き火も管理、参詣者は全員本堂に入って始まります。
c0209909_23002554.jpg総代加談は余間に入って外陣に一般参詣者のスペース確保します。
c0209909_23010404.jpgお勤めは『宗祖讃仰作法音楽法要』CDに会わせてのお勤めです。
若院が導師を勤めました。
c0209909_23010474.jpgお勤めが終わると、総代さんから巡番に教化団体の代表焼香です。


1月15日 報恩講お初夜法要
葉書やMailで案内していますが、インフルエンザの流行や平日夜の日程で参加者が少なく少数精鋭でのお初夜法要になりました。
c0209909_23010472.jpg

c0209909_23010504.jpg午後5時ホールの大火鉢のしたに収納時キャスターを入れ、少し移動し炭を継ぎ足し餅焼きコンロに変身です。
参加者も少なそうなので広間に移さずここで行います。
c0209909_23010511.jpg午後6時定刻になりました、子ども4人で寂しいですが『宗祖讃仰作法音楽法要』のお勤め始めました。
c0209909_23010592.jpgお勤めが終わると住職が高座に上がって、報恩講についてのお話しです。
c0209909_23010522.jpgお話の途中遅刻組みの北方三人娘さんがやって来てくれました。
c0209909_23010559.jpgLEDバーライトを付けた御絵伝、明るく良く見えるので、親鸞さまのご一生を説明しました。
c0209909_23013363.jpg熊皮の御影の前でのお焼香です。
c0209909_23013432.jpg人数も少ないし、特別サービスでお内陣のお華束飾りも間近で見せてみました。
c0209909_23013478.jpgお華束とお正月お鏡餅のスライスを焼いて食べます。
さとう醤油・きな粉・ぜんざいを準備しました。
c0209909_23013466.jpg子ども7人の参加ですが、子ども達テンション高く賑やかなホールになりました。
c0209909_23013495.jpgお楽しみ輪投げは人数少ない分取りたい放題でした。
少ない参加ながら賑やかなお初夜お勤めできました。


1月16日 報恩講御満座
平成最後の報恩講は3日間とも雨も雪も無く、お天気に恵まれて賑やかにお勤めできました。
c0209909_23013437.jpg
c0209909_23013483.jpg報恩講最終日は少し雲が出ましたが、雨も雪も無し有難いお天気の報恩講です。
c0209909_23013451.jpg16日お日中は初夜礼讃、超宗寺さんの出勤で調声をお願いしました。
c0209909_23020565.jpg皆勤スタンプラリーカードが功を奏したのか、最終日のお斎も忙しそうです。
c0209909_23020505.jpg満員で座れない人はホールの火鉢の回りで順番待ちができていました。
c0209909_23020512.jpgご講師のお斎は婦人会役員さんが接待で、朱塗りのお膳で差し上げます。
c0209909_23020544.jpg御満座法要の楽人さん到着、6月23日のアメリカアリゾナ仏教会正尊寺来院、雅楽演奏のボランティア出演快く承諾してもらえました。
c0209909_23020570.jpg今年もお元気で雅楽演奏してもらえました。
c0209909_23020566.jpgなんとか法中8名そろい、無言行道できそう書院では習礼(しゅらい:練習)が始まりました。
c0209909_23020550.jpg御満座大逮夜法要が始まりました。
スタンプラリーカードの効果が有りました、空席が少なくなっています。
c0209909_23020580.jpgもう少し法中が多いということ有りませんが、『浄土法事讃作法』無言行道も何とか格好つきました。
c0209909_23025476.jpg起居礼ききょらいは立ったたり中腰になったり、とても体力の要る体育会系のお勤めです。
ご法中には申しわけないご讃嘆をお願いしています。
c0209909_23025525.jpgお勤めの後『御俗姓』のは拝読、例年になく大勢のお同行の前での蓮如上人の報恩講讃嘆の御文、気持ちの良い拝読です。
c0209909_23025588.jpg法要終了のご挨拶と、お説教は一席にし、その前にぜんざいを振る舞うお知らせでした。
c0209909_23025598.jpg紙コップにお鏡餅を入れたぜんざいが参詣者に配られました。
c0209909_23025510.jpg3日間6座の報恩講、御満座大逮夜法要も大勢のお参り、高田先生の高座説教も有難く取り次いでもらえました。
c0209909_23025558.jpg御満座終了帰路に向かわれる参詣者には、お供えのオリジナルどら焼きと、お斎の丸揚げ一つずつ配られます。
c0209909_23025583.jpg皆勤カードに3つ以上スタンプの有る方には、高級入浴剤セットが記念品として渡されました。
c0209909_23025597.jpg初試みのスタンプラリーでしたが、皆勤賞は40名あり目論見成功でした。
来年はもっと宣伝し、御満座満堂目指します。
c0209909_23033035.jpg参詣者が帰られると本堂は一気に片付けモードです。
お華束も下げられ、解体され門徒に配れるよう地区ごとの封筒に分けられます。
c0209909_23035487.jpg仏花も解体され、お取り持ちのお土産用に分けられます。
c0209909_23033073.jpg全ての片付けが終わり、お取り持ち皆さんの打上です。
下川原・辻屋のご門徒、仏婦役員の皆様献身的なお取持ちありがとうございました。
※去年の報恩講

# by shoson | 2019-01-16 18:00 | 行事 | Comments(0)

1月13日報恩講準備日
今年の報恩講お取り持ちは地元中島と辻屋のご門徒によって進められます。
前半準備日は快晴冷え込みも少なく、段取り良く報恩講準備が行われました。

c0209909_21301661.jpg
c0209909_21301738.jpg午前8時お取持ちのみなさん、1時間前から温めておいた庫裡広間に集合です。
ノートPCとロジクールでの説明プレゼンです

c0209909_21301744.jpg説明が済んだあと、役員さんが持ち場の割り振りでしたが、今回の地区は人数も多く、なかなか決まっていきません。
c0209909_21301763.jpg後半お取り持ちが割り振りがし易いように、説明会用の割り当て表を作ってみました。
c0209909_21301748.jpg1月の報恩講にしては、五月晴れのような天気、外回りの準備もはかどりました。
c0209909_21301722.jpg庫裡厨房もお華束作りからそのまま作業台を置き、大根ツキツキ下準備、快適のようでした。
キンブル作業台は収納時かさばるので、折りたたみ作業台を買おう。
c0209909_21301778.jpg仏花は大野花店さんにお任せです。
c0209909_21304817.jpg説教高座も太鼓堂倉庫から本堂に運び込まれます。
嘉永元年(1848)製作の説教台170年お教りが伝えられています。

c0209909_21304832.jpg報恩講お斎のメインディッシュ、丸揚げが湯煎して回転釜2器で煮込まれていきます。
準備日は300個です。
c0209909_21304880.jpg幕張や本堂のセッティングが終わった男性お取り持ちは、お華束の着色です。
c0209909_21304899.jpgお華束着色も全員でスムーズに、仕事終えお昼ご飯です。
c0209909_21304886.jpg昼食も済んで、お華束を本堂に運び14本をそれぞれお供えして、準備お取り持ちが終わりました。
c0209909_21304816.jpgお取り持ちが解散されたあと、本堂微調整のついでに余間証明を付けてみました。
イイ感じで明るく御絵伝照らしています。
c0209909_21304928.jpg今年新企画の皆勤参拝スタンプカード、景品も60個シール貼って準備です。



1月14日 報恩講初日
今日も天気は快晴、成人の日で祝日、今年の報恩講では唯一の休日どれほどのお参りになるのか楽しみの1日です。朝8時集合のお取り持ちは配置につき門信徒の参拝を待ちます。
c0209909_21304948.jpg
c0209909_21313083.jpgお取り持ちはそろいの袢纏をまとい、持ち場につきます。
玄関横の待合は受付係が待ち受け準備完了です。
c0209909_21313008.jpg報恩講初鳴らしの雲板、お取持ち本堂係の担当でお勤め5分前に2打叩いてもらいます。
c0209909_21313032.jpg初日のお日中法要、前の法務員藤原君が三日間手伝いに来てくれているので、4人でのお勤めです。
初夜礼讃は若院の調声です。
c0209909_21313000.jpgお勤めが終わると、住職から今回の報恩講皆勤スタンプカードの説明がされ、受付でもらい損ねた参詣者に配られました。
c0209909_10524193.jpgカラーコピー代倹約のためA3洋紙8面印刷の葉書サイズのスタンプカードです。
c0209909_21313020.jpgお説教が始まる前にも雲板が打たれます、休憩中の参詣者とご講師部屋まで良く聞こえ良い開始合図になっていました。
c0209909_21313121.jpg法話は浅木蓮教寺の高田先生、丁寧に優しくお取り次ぎです。
c0209909_21313131.jpg午前の説教中、お取持ちのお斎が始まります。
庫裡にはプロジェクターでお説教聴聞できます。

c0209909_21313109.jpgお説教の休憩にはスタンプを押して参ります。
今回からの新企画は御満座満堂の手応え有りそうです。
c0209909_21321818.jpg配膳室にもキンブル作業台を置いたのも、作業効率と評判は思った以上良いようです。
c0209909_21321953.jpg祝日の初日はお斎場も満席、お給仕係のお取持ちは大忙しでした。
c0209909_21321971.jpg午後1時半お逮夜法要の始まりです、本堂係の雲板打ち手が変わって行きます。
YouチューバーのWさんも叩いてもらえます。
c0209909_21321910.jpgお逮夜法要は『奉賛大師作法』お導師は相焼香あいじょうこうの福乗寺ご住職です。
c0209909_21321933.jpg初日の昼座から法中がたくさん参ってもらえました。
16日の御満座がちょっと心配にもなりました。
c0209909_21321996.jpg厨房では明日のお斎用の丸揚げが300個煮られています。
昨日炊いて余った数十個は、今日のお取り持ちにお土産にします。
c0209909_21321965.jpg午後のお説教も佳境、お取持ちはぜんざいを食べて、本日の片付けモードに入りました。
c0209909_21321970.jpgお説教が終わると、お取持ちも終了です。1日纏った半天も畳んで片付けます。
c0209909_21325079.jpg2日間のお取持ち、打上です。
お弁当は北方のわかの屋さんから運ばれた割子です。
c0209909_21325092.jpg食事も済み、最後は恩徳讃斉唱で解散です。
中島地区の寺内・中川原・下川原、仏婦役員の皆さん献身的なお取持ちありがとうございました。
※去年の報恩講

# by shoson | 2019-01-15 20:09 | 行事 | Comments(0)

平成最後の報恩講、そのお供えのメインは『お華束:おけそく』です。今年も大勢のお手間入りで立派なお華束を作ってもらえました。
近年お華束の復活を模索してみえるお寺があると耳にします、正尊寺流お華束のできるまでをblogでご紹介しますが、昨年のお華束も参考にして頂けると良く解ることでしょう。
c0209909_10583723.jpg
c0209909_10583757.jpg


c0209909_09520690.jpgYouTube画像PC出ないようですクリックしてみて下さい
c0209909_10583700.jpg今回ヒザの悪い方々に配慮して、200×90のプラ作業テーブル出してみました。
皆さんにはとても喜ばれ、おけそく盛りも全て作業テーブルにしました。
c0209909_10583768.jpg年季の入ったお華束台、ここ数年色々手を加え盛りやすくしてきました。
ところが1本長い縦棒の物があるようです。来年にはまたDIYして調整宿題です。
c0209909_10583722.jpgお華束の原料は餅米とうるち米粉、配分は一対一で作業しやすいように2升ずつ突くことに。
米粉は回数分小袋に分け準備です。
c0209909_10583741.jpg餅米は一晩水に浸し、作業の一時間前にざるにあけ水分調整します。
c0209909_10583827.jpg米粉は熱湯でねって、こぶし大のダンゴを作ります。
熱そうですが、熱湯でないとダンゴになりません。
c0209909_10595774.jpgせいろにに餅米、その上に米粉ダンゴを載せて蒸し上げます。
c0209909_11034975.jpg餅米が蒸し上げられる頃、厨房板の間では伸し板に粉を撒いて、球抜き準備完了です。
テーブルの上での作業は楽なようです。
去年までのセット。

c0209909_10595781.jpg餅つき器には超ベテランの85歳Yさんが張り付いてもらえます。
c0209909_10595862.jpg長年の経験と勘で、見る見るまん丸のお華束餅がつかれていきます。
c0209909_10595833.jpg餅がつき上がると伸し板に広げられます。
9mmの桟をおいて丸棒で広げられていきます。
c0209909_10595855.jpg広げられた餅を20mm水道パイプ継ぎ手を使って抜いていきます。
作業の間にも道具について色々注文が出ます。

c0209909_10595822.jpgもうチョッと短いと、指を入れてパイプ内の餅玉が出しやすいのでないか、との注文でした。
早速5㎜ほどカットして短くしてみました。
c0209909_10595896.jpg短めパイプ作りましたが、大根汁ワックスと、コンコン叩いて従来通りの方法で良かったみたいです。
c0209909_11045891.jpgお華束頂上に載せる丸餅、串固定円盤の大きさに合わせたようですが、チョッと大きくなりそうにも思えました。
c0209909_11045899.jpg形成板に整然と並べられたお華束玉は涼しい廊下に並べられます。
1枚270個程並べられ、板は25枚有ります。
c0209909_11045880.jpg伸し板が足らないと・・・
テーブル作業が良かったのか、必要以上にお華束玉ができ古い伸し板やお盆まで出動でした。今年は8,000個以上作られたようです。
c0209909_11045878.jpg翌日桶束盛り
翌朝近在の桶束盛り達人方の女性軍集合です。
まずは形成板からざるにあけ、粉を振るい落します。
c0209909_11045863.jpg餅玉を一晩寝かせるのが肝要、つきたてでは柔らかすぎ、盛っても型崩れします。
適度な堅さに成ったところでの作業です。
c0209909_11045816.jpg今年は広いテーブル、一人1本作ってもらうのは正解でした、お華束台の改良や、固定円盤が功を奏しました。
c0209909_11045884.jpg朝10時前から始まったお華束盛り、今年は風邪で参加できない達人もあらましたが、2時間半ばかりで14本が盛られていきました。
c0209909_11085780.jpg完成すると刷毛で、米粉を払い落とし完成です。
c0209909_11085779.jpg360度の丸盛り8本アミダ様と親鸞様用、180度の半盛りは6本、綺麗に完成し、また一晩寝かせられます。
c0209909_11045802.jpg13日報恩講準備
8ブロックに分けられた地区門徒の方々で報恩講の準備がされ、お華束も、食紅で着色されます。
c0209909_11093026.jpg赤と緑の2色で着色。
塗り手の個性もありますが、丁寧に色づけされたお華束は本堂に運ばれ、お供えされていきます。
c0209909_11093068.jpg今年も報恩講のお供えお荘厳が整いました。
お手間そのものが大切なお供え、それを心し報恩講を3日6座大勢のお参りのなか厳修されます。
貴重な時間をお供え下さった皆様、ありがとうございました。

# by shoson | 2019-01-13 20:00 | 行事 | Comments(0)

謹 賀 新 年
明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い申し上げます。
平成31年は平成最後の元旦です。雨も雪もなく穏やかな天気にも恵まれ過去最高の参詣者で、超満堂の中ご門徒と共に新年を祝いしました。
c0209909_19095980.jpg
c0209909_19095913.jpg
c0209909_19095920.jpg除夜会が終わり本堂は150席参詣者を待つ椅子配置になっています。
この椅子で間に合えば干支盃も足ります。
ここに座れない人が出たらその分盃が足りなくなります・・・
足りなくなる事を願いながら並べました。
c0209909_19095997.jpg平成31年はイノシシ年、四角で重ねが悪いデザインの猪顔のおちょこ、内側にはボタンがあしらわれています。
c0209909_19100031.jpg3個ずつなんとか重ね、3枚のお盆に載せられスタンバイです。
盃を包む紙は去年から採用した、アミカのハンバーガー袋にワンポイントシールです。
c0209909_19103147.jpg今年のシールはイノシシの絵をNet上から拝借です。
c0209909_19100074.jpg午前9時半にはアキモの鷲見さんと雌蝶さんの高1ガール2名が、温めた控えの間でお着替えです。
鷲見さん、昨年末お父さんのお葬式から正尊寺とご縁ができ、門徒さんになられました。

c0209909_19100056.jpg9時半頃になると、続々と参詣者が本堂に上がれます。
快晴無風のおかげで参詣者の出足は好調です。
c0209909_19140977.jpg午前10時5分前に親打ち物『雲版うんぱん』が鳴らされ、定刻には喚鐘が打たれます。
定刻になっても、まだまだ参詣者がおいでです。
本堂は既に満堂になっています・・・・


c0209909_19103016.jpg内陣にノンアルコールのお屠蘇も供えられ、正信偈のお勤めがはじまります。
c0209909_19103007.jpgお勤めの間にも参詣者が増え、南余間前に急遽腰掛けを並べ対応しました。
超満堂での正信偈は圧巻でした、
c0209909_19103154.jpgお勤めの終わった頃には170名を越えるお参りになっていました。
正尊寺元旦会では最高の参詣者になったようです。
c0209909_19103173.jpg親鸞聖人ご苦労の『教行信証』元旦にはそ一年の計になりますよう総序を唱和します。
難しいご文でありますが、声に掛けるとご開山のお心が聞こえる様です。
c0209909_19103114.jpg住職法話で、今年はリニューアルした正尊寺元旦会25回目に当たり
「第1回に参った方手をあげて!」
7人位おられました、平成7年第1回は30名も居なかったような・・・賑やかな行事に成長したものです。
c0209909_19103171.jpg元旦法話では『総序』のご文
しかれば凡小修し易き真教、愚鈍往き易き捷径なり。大聖一代の教、この徳海にしくなし。
について讃嘆しました。
c0209909_19103162.jpg御流杯では、孫も着物着て盃袋を配ってくれました。
c0209909_19113366.jpgお内陣に御供えされた、飾り銚子に入れられたお屠蘇を住職が下げ、雌蝶さん達が配り始めます。

c0209909_19113379.jpgノンアルコール『零の雫』200mlが8本と食用金箔ふんだん入っています。
c0209909_19113336.jpg150名を越えた分、お子様には干支杯で無くかつて使った盃の余剰杯でお願いしました。
盃が余った時のアルバム

c0209909_19113415.jpgここ毎年来てくれるHNちゃんお酌守られた手つきです。
c0209909_19113450.jpg今年初めて手伝ってくれる、MTちゃん高一になって余裕もできたと来てくれました。
c0209909_19113482.jpg良きお聴聞と、生・老・病・死の全過程を安心して生きることですお念仏と有らん事を念じての乾杯です。
c0209909_19113361.jpg喚鐘からちょうど1時間、皆さんで乾杯し元旦会お開きです。
c0209909_19113396.jpgイノシシの牙に金着色忘れた盃があると報告されましたが、レア物だからこのままで良いと、喜んでもらって帰って行かれました。
c0209909_19140949.jpg一昨日から若院発熱で、住職1馬力で準備し疲れましたが、過去最高数の参詣者を見送り、充実した疲労感味わえました。
c0209909_19140995.jpg正尊寺新アイテムの『雲版』寄進の方がお参りして下さり、記念写真も撮れました。
c0209909_19140905.jpg雌蝶のお嬢さん方有り難うございました。
また来年も出来たらお願いしますた。


※去年の元旦会

# by shoson | 2019-01-01 12:00 | 行事 | Comments(0)

平成最後の正尊寺除夜の鐘は雪も雨もなく穏やかな夜に突かれました。年越しにはカウントダウンなどのイベントが有るのでしょうか、若者の集まりが少なくなってきたように感じますが、お子様連れの参詣者が目立っていました。
c0209909_23042329.jpg
c0209909_23042361.jpg大晦日朝9時から仏壮有志が集まって焚物の整理でした。
エンジンチェンソーそー2台で、浅川建設から頂いた製材コワを焚き火しやすい長さにカットです。
c0209909_23042385.jpg6人の作業1時間ほどで整理完了でした。
年末の忙しい時間ご奉仕有り難うございました。
c0209909_23042319.jpg夜11時半には仏壮の手で焚き火が始まりました。
お酒や甘酒、おつまみなどが準備され、11:45からの突き初めを待ちます。
c0209909_23042353.jpg今年は、三山会員が豆当番、鐘突きたい人に煎り豆1個渡します。
鐘堂横は火の気無く寒い仕事です。
c0209909_23042421.jpgご門徒のWさん4Kビデオを持ち込んで撮影です。
ネットに上がるのが楽しみです。

c0209909_23042456.jpg今年は雪もなく穏やかな天候のせいか、小さなお子さんの姿が多く見られました。
c0209909_23074693.jpg日付が変わり、午前0時20分には108突き終わり本堂に上がるようアナウンスです。
お酒や甘酒も片付けられます。
c0209909_23054955.jpg本堂では住職の調声で『讃仏偈さんぶつげ』のお勤めのあと、若院から法話です。
若院29日のお年越し終了と同時に発熱、2日間布団から出られませんでしたが、除夜会には起きてきてかすれ声での法話でした。
c0209909_23054978.jpg横山仏壮会長もご挨拶、毎年のカップ蕎麦お年玉も振る舞われます。
c0209909_23054997.jpg今年のカップ麺、どん兵衛は大盛りでした。
c0209909_23054982.jpg約20分の除夜会、日清どん兵衛を抱え12時半には皆さん帰路につかれました。
c0209909_23054949.jpg日曜学校OBの高校生は目ざとくインスタ枠発見し記念写真でした。
ハッシュタグ「正尊寺」でUpするよう頼んでおきましたが、公開されていないのが残念。
c0209909_23054989.jpg参詣者が帰ると入れ替わりでお参りに来る家族もありました。
仏壮会員さん余った『どん兵衛』を分けていましたが、また回収してて遅参組のお年玉に渡されていました。
c0209909_23091894.jpg皆さんが帰ってからは、住職・若院と病み上がりの若院を気遣って娘婿さんも手伝ってもらえ、元旦会の会場準備です。
c0209909_23091832.jpg去年の椅子配置写真をスマホで見ながら、150席御流杯できる椅子配置をします。
c0209909_23091830.jpg30分かかりセッティング終了、内陣荘厳も10時段取り良く始められるようセットです。
干支杯も回り畳にセットし新聞紙でカーバーし、作業終了し炬燵に入って飲み直しでした。
c0209909_23091827.jpg甘酒は去年からアミカの業務用即席、5本使い準備しましたが、充分でした。


※昨年の除夜会

# by shoson | 2019-01-01 01:31 | 行事 | Comments(0)

美濃四十八座第84回正尊寺真宗講座が開催されました。今年の真宗講座は雨や猛暑に悩まされましたが、今回は秋の晴天暑くも寒くも無し、農繁期で若干参拝の人出に影響でましたが、ほぼ超満堂のなか人形説きの法話満喫できました。
c0209909_09183937.jpg
c0209909_09183911.jpg昨年、本願寺布教使を正式に拝命された安藤茎一先生、法名の『秀明』を名乗り、新作「飴買い幽霊」を発表されました。
長崎の光源寺さん(日曜学校を100年以上続けておられるお寺)の伝承をもとに、福間義朝先生の監修、これは美濃四十八座でも聴聞させてもらわねばと、今回のご出講依頼となりました。
c0209909_09184025.jpg琵琶を抱え前泊で正尊寺入りの安藤秀明先生、さっそく本堂にお参りし宅配で到着し手板人形舞台の組み立てです。
c0209909_09184061.jpg本堂舞台のセッティングが終わると、書院にこもられ薩摩琵琶のリハーサルを入念に行っておられました。
c0209909_09184068.jpg庫裡厨房では、8月末の大学同窓会に来ていた、薩摩長島の友から送られてきた薩摩芋を参詣者に振る舞うことになりました。
c0209909_09184021.jpgたくさん御供えされた餅米を混ぜ炊いたご飯に、加薬と薩摩芋を混ぜたおにぎりを大量に握ります。
c0209909_09184012.jpg厨房では本堂の法話を見聞きしながら、お手伝いの皆様の手を借り、おにぎり作られていきます。
c0209909_09191350.jpg秋の快晴、総代さんも早くから来て、行事ハッピを纏い駐車場の整備に立ってもらいます。
今回は気持ちよさそうでした。
c0209909_09191345.jpg受付の総代さんも、ハッピを着て対応してくださいます。
c0209909_09191353.jpg昼座のお勤めは、若院が調声で正信偈草譜です。
安藤先生もいっしょにお勤めでしたが、住職は会議室で表彰状作りに専念していました。

c0209909_09191309.jpg仏事作法プレゼンは美濃秋の風物、お取越報恩講についての説明と勧誘でした。
この家庭報恩講の習慣を守り続けたいという思いを込めました。
c0209909_09191320.jpg今回は人形劇と言うことで、法話途中の休憩は無し、20分ばかりの長い休憩にして、準備した御茶請け完食してもらうようにしました。
c0209909_09191305.jpg200人が一斉にティータイム、庫裡広間も廊下も参詣者で埋まりました。
c0209909_09191370.jpg法話途中休憩が無くなったので、休憩時間も集中して拵えた賞状は、法話の始まる前にお渡しできました。
c0209909_09191312.jpg人形説き法話が始まりました。
この頃には縁まで一杯の人で埋まりました。
c0209909_09194156.jpg『飴買い幽霊』想像以上に浄土真宗のお説教です、聴聞の達人方も食い入るように見て聴いていました。
c0209909_09194113.jpg本堂両袖の同行のために、急遽モニターを繋ぎ、死角の無いようにしました。
『飴買い幽霊』フィナーレ


c0209909_09194211.jpg法話終了、安藤先生は本物よりリアルな赤ちゃんの人形を抱いて、皆さんをお見送りです。
c0209909_09194232.jpgハリウッド映画のフィギアも手がける作家に作らせたという赤ちゃん人形は、質感も本当の子を抱いているようです。
c0209909_09194277.jpg今回の夕食はお相伴も少なく、4人でわかの屋のお弁当と、ノンアルコールビールです。

c0209909_09194236.jpg夜座も総代方入れ替わりでの配車受付してもらえ、院代さん欠席でも円滑に差配してもらえました。
c0209909_09194230.jpg夜座開始時は少しお参りが少なく、心配しましたがお勤めの終わる頃には何とか8割以上の椅子が埋まってくれました。
c0209909_09194259.jpg夜座のビワの弾き語りも休憩は入らず、長めの休憩で芋おにぎりたくさん食べてもらいました。
c0209909_09201618.jpg休憩が終わり、Stage終了表彰も済ませ、いよいよ安藤先生黒衣五条姿で薩摩琵琶抱えて登場です。
まずは、ビワという楽器の説明から。
c0209909_09201612.jpg4年前正尊寺仏教壮年会は関東御旧跡旅行をしました。
その時真仏寺さんで頂いた『お田植え歌』の掛け軸も披露、先生から説明もしてもらえました。
c0209909_09201729.jpg宵闇迫る本堂で、安藤秀明師プレゼンツの琵琶弾き語りでのご開山御一生、全員が一体となって800年前の世界を味わいました。
c0209909_09201728.jpg親鸞さまが、忙しい農作業の民衆に、いっしょに歌って伝えられたアミダ様の救い歌、何度も合唱でした。
『お田植え歌』YouTube



c0209909_09201720.jpgゴッつい薩摩琵琶、横からの姿です。
c0209909_09201711.jpg安藤先生の琵琶弾き語り法話、体感的にはアッと言う間の終了でした。
今回も有り難いご縁でした。
c0209909_09201740.jpg後片付け皆さん手伝ってもらい、早々と片づきました。
c0209909_09201738.jpg108回FinalStage
満了課程、本日受付もしてくださった総代さんがクリアされました。現在30名の方が金のバッチを輝かせておられます。
c0209909_09203709.jpg80回AdvanceStage
上級課程は1名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
現在58名の方が銀バッチを輝かせておられます
c0209909_09203726.jpg
50回StandardStage
一般課程終了の方も1名、通算121名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。

c0209909_09203794.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は4名あり、盲目の妙好人さんも受賞でした。黄色の認定バッチをつけておられる方が、222名となりました

c0209909_09203753.jpg
10回 EntranceStage
入門課程修了者は447人、元市会議員お総代さんも退官され、受付を手伝ってもらえるようになり、まずは10回クリアしてもらえました。


c0209909_09203750.jpg念願の150達成のお同行、足腰が不調にもかかわらず、法の友の介添えでお聴聞に来てもらえました。
150回クリアは12名となりました。

※ 前回の真宗講座

# by shoson | 2018-10-23 04:46 | 行事 | Comments(0)

梅雨明けから酷暑の続いた今年の夏、ここへきて雨雲襲来で大地の火照りが無くなり、熱中症を気にせず盂蘭盆会(うらぼんえ)と法縁廟総盆経を厳修することができました。
c0209909_01271065.jpg
c0209909_01271005.jpg8月11日おみがき
例年の海の日おみがきには、大勢の仏教婦人会の皆様集まって真鍮仏具をピカピカにしてもらえました。
c0209909_01271196.jpg本堂のガラス戸も大勢の手で奇麗に水拭きしてもらえました。
c0209909_01311414.jpg宝物虫干し
経堂に保管されている宝物や歴代御影を内陣に掛けて虫干し兼ねての、盂蘭盆会です。
c0209909_01304012.jpg法宝物の掛け軸
c0209909_01271181.jpg本願寺歴代御門主の御影、正尊寺が浄土真宗に改宗した、蓮如上人以降の御門主が並びます。
c0209909_01271127.jpg正尊寺歴代住職の掛け軸、17代目まで全て北落ち間に掛けます。
c0209909_01271171.jpg近世歴代坊守や役僧さんの御影も南落ち間で虫干しです。
c0209909_01271105.jpg法要前日
京都からお車で来られる、お客僧さまの駐車スペース確保も忘れずに。
c0209909_01350923.jpg16日は雨模様、法縁廟の焼香台と紅白チョウチン雨よけパラソルの設置です。
c0209909_01350841.jpgパラソルは去年より全体をカバーできる場所に、ブロックや板を使い設置し、見苦しい傘など立てずに、旨く収まりました。
c0209909_01350924.jpg8月16日午後2時
受付に来た法縁廟納骨遺族の方へは紅白提灯の販売、一対300円です。
c0209909_01350847.jpg購入された方は、さっそく法縁廟に飾り火を入れます。
芝の緑と提灯の紅白、イタリアンカラーでお洒落な感じがします。
c0209909_01350803.jpg定刻には本堂に座った方も、向拝階段を降りクツを履き、法縁廟のお焼香の案内です。
c0209909_01350884.jpg住職が先頭で、焼香をしてもらいます。
法縁廟は正尊寺歴代住職の墓所でもあるので、法縁廟関係以外の門徒も全員墓参りです。
c0209909_01350843.jpgお焼香が終わると、カロートの中に収められている、納骨台帳も本堂に移され、中尊前前に奉呈されます。
c0209909_01350850.jpgお勤めは『阿弥陀経』空気しか乗っていない椅子が虚しいです。
c0209909_01373598.jpg納骨台帳を備えてのお勤め、墓前でのお勤めの代わりを意識し、お焼香をしてもらいました。
c0209909_01373682.jpgお説教の休憩時間はカキ氷でクールダウンです。
一番人気は特製抹茶シロップを使った、宇治金時です。
c0209909_01373668.jpgご講師は今年も龍谷大学教授の葛野洋明先生、倶会一処くえいっしょのテーマで初日はお話し頂きました。
c0209909_01373602.jpg8月17日 午前9時半
秋を思わせる爽やかな風のお天気、盂蘭盆会第2日が始まります。

c0209909_01373683.jpg午前のお勤めは観無量寿経です、孫さん連れてお参りの方有り嬉しいことでした。
c0209909_01373625.jpgお勤め後の休憩は庫裡でアイスコーヒーとお菓子でした。
c0209909_01373675.jpg葛野先生のお説教は、ひたすらアミダ様のご讃嘆で有り難いお話しでした。
c0209909_01373619.jpg庫裡厨房では仏婦役員さんに手伝ってもらい、お斎ソーメンの準備が進みます。
兵庫県宍粟市から届いた大木箱入り揖保乃糸です。
c0209909_01381739.jpg本堂には60名程の参詣、120束茹でました。
c0209909_01400078.jpg境内のモミジ葉もいろどりに摘まれました。
c0209909_01400139.jpg氷は盆おどりで余った物がたくさん有り、各ドンブリに大きな塊、贅沢に浮かべました。
c0209909_01400179.jpgお供えの大量ナスビも、塩もみしておかずの一品になりました。
c0209909_01400110.jpg皆さん食べていってもらえると、12時ちょっと前に並べて準備完了です。
c0209909_01400166.jpgドンブリにはお年寄りも多いので、1束分と小盛りにして、替え玉充分用意しました。
c0209909_01400164.jpg参詣者の中には素麺食べずに帰る人がたくさんいて、虚しく並ぶドンブリがかわいそうでした。
c0209909_01400199.jpg先生のお斎はさすがにプラ丼では申しわけなく、琉球焼きのドンブリで出されました。
c0209909_01410408.jpg午後のお取次は現生正定聚について、易しくかみ砕いてのお話しでした。
c0209909_01410463.jpg今日は涼しく悩みましたが、氷も準備してあり宇治金時のカキ氷おやつを出しました。
c0209909_01410492.jpgカキ氷を食べながら歓談する法話の音声おんじょう休めは参詣者のお楽しみです。
c0209909_01410465.jpg法話も終わると、お供えのお菓子、月あかりをお下がりで配ります。
来年は包装紙にお盆御供えのシール考えよう。
c0209909_01410536.jpg午後4時二日間の盂蘭盆会が終了、正尊寺怒濤の夏の行事一段落でした。

お斎準備のお手伝いの皆様、ありがとうございました。
c0209909_01410511.jpg葛野先生は明日水鳥の西光寺さんで美濃四十八座講師で、さらにもう1泊です。
鵜飼いを見たこと無いと言われたのでご案内です。
c0209909_01410530.jpg乗合船に飲物だけ持ち込んで、19時15分出港で涼風吹く川面で鵜飼い見物、大変喜んでもらえました。

※去年の盂蘭盆会

# by shoson | 2018-08-17 21:00 | 行事 | Comments(0)

梅雨明けから連日猛暑日が続き草木も水不足で茶色く枯れ始めた今年のお盆、正尊寺盆おどりは熱中症対策を考えていましたが、朝から雲が覆い始めました。
ですが、午後7時過ぎには大勢の子ども連れのご門徒家族がたくさん集まってもらえました。
c0209909_22225086.jpg
c0209909_22225159.jpg8月11日午前7時、仏壮会員が集まって盆おどりヤグラ組み立てです。
c0209909_22225118.jpg鉄骨製で30年以上使っていますが、今年は制作者の高橋会員がお休みで、監督無しです。
皆でワーワー言いながら、ひっくり返しで付け替えたり、大変でした。
c0209909_22225088.jpg早朝から気温上昇で、何度も休憩水分補給しながら準備しました。
c0209909_22225109.jpg万国旗も本堂縁に貼って調整です。
c0209909_22225190.jpg午前10時過ぎにはおみがきの仏教婦人会と一緒に、カレーライスを食べてもらいました。
c0209909_22225196.png8月13日当日
いままで猛暑でずっと雨が無かったのに・・・
c0209909_22235545.jpg午後3時から、会員集合で開催準備、乙井屋さんからも冷えたビールが届き準備完了です。
c0209909_22235523.jpg北から重たそうな雲が広がってきて、気も重くなります。
c0209909_22235637.jpgそろそろ開会、庫裡からビンゴ大会の景品が会場へ運ばれます。
c0209909_22235658.jpg今年も450アイテムの子どもが喜ぶ景品揃えました。
c0209909_22235612.jpg午後7時を少し回って開会式です。
運営準備の正尊寺仏教壮年会横山会長から開会のご挨拶です。
c0209909_22235641.jpg協賛の仏教婦人会村瀬会長からも、続いて後挨拶でした。
c0209909_22235628.jpg踊りが始まる前に5連発スターマイン花火を6個一斉に点火です。
c0209909_22235687.jpg夜空に花火が炸裂し、正尊寺盆おどり大会が始まります。
c0209909_22245774.jpg開会前からカキ氷のブースは大人気、18貫目の氷で充分用意しています。
c0209909_22245722.jpgわたがし無料、今年はピンクで子どもたちの人気でした。
c0209909_22245731.jpg門前には冷えたビールも用意し、車運転しない人限定で振る舞われます。
c0209909_22245710.jpg子どもたちには紙パックジュース屋カフェオーレが配られます。


c0209909_22245850.jpg今年もたくさんの参加者で大きな踊りの輪が出来ていました。
c0209909_22245811.jpgいよいよ空模様が怪しくなり、いつ雨が降り出しても良いように、ビンゴカードは早めに配り始めました。
c0209909_22274216.jpgiPhoneでYahoo!の雨雲レーダーをたえず確認です。
前半、本巣をかすめて通る積乱雲、ギリギリ通り過ぎましたが、8時後半にはは逃れられない雲がやってくるようです。

c0209909_22245840.jpgせっかく盛り上がってきた踊り、雨が降り出すまで踊りましょうとアナウンスし、短い盆おどり精一杯楽しんでもらいます。
c0209909_22245874.jpgポツポツと降り始め、8時35分、最後の踊りとなりました。
c0209909_22271377.jpg雨雲が通り過ぎるのを待つか、悩みましたが小さい子供さんも居ます、ビンゴ大開を本堂ですることに決断し、景品の移動です。
c0209909_22271325.jpg全員本堂へ移動です。
c0209909_22271477.jpg300人近い参加者が本堂に集合、熱気ムンムンのビンゴ大会となりました。
c0209909_22271497.jpg堂内に入れず、縁側から参加の人もたくさんいました。
c0209909_22271464.jpg最初のビンゴは孫のお供で来られた総代さんが当てました。
リクライニングのキャンプチェアをもって行かれました。
c0209909_22271402.jpg2番ビンゴを当てたのは数名有り、ジャンケンで勝った子が目玉商品の扇風機をGetしていきました。
c0209909_22271446.jpg開始から30分、次々にビンゴとなり景品交換場所は騒然です、外会場なら虎ロープで仕切ってありますが、本堂は押し合いへし合いになってました。
c0209909_22271458.jpg喧噪のビンゴ大会、本堂で行ったのでチョと時間がかかり、約40分の450アイテム争奪戦でした。
c0209909_22274191.jpg最後は、恩徳讃を歌って合掌礼拝、お開きとなりました。
c0209909_22274203.jpgすでに雨も上がり、家路に着かれます。
c0209909_22274230.jpg仏壮会員は休む間もなく撤収作業開始です。
c0209909_11385832.jpg重い鋼鉄製のヤグラも皆さんの力で、鐘堂下のヤグラ倉庫へしまわれていきます。
c0209909_22274221.jpg約1時間の作業、汗だくになりエアコンで冷やして庫裡で、冷えたビールで乾杯したのが午後10時半でした。
c0209909_22274253.jpg午後11時歓談も終わり、恩徳讃歌って解散でした。

仏壮会の皆様お疲れ様でした。
※去年の盆おどり大会

# by shoson | 2018-08-16 12:44 | 行事 | Comments(0)

第83回正尊寺真宗講座、平成13年7月第1回目立ち上げ17年の歳月が流れました。5段階のステージを設けた出席カード入門編は通番が1300番台後半になりました。
熱中症の注意報が出るようなコンディションでも、大勢お聴聞に来てもらえる法座となり、今回も満堂での開催となりました。
c0209909_05283973.jpg
c0209909_06100945.jpg気象庁発表の全国最高気温ベスト10に、岐阜は6ヵ所入賞です。1位から5位まで独占、異常な暑さです。
c0209909_05283976.jpgここ数日の猛暑、朝から日差しが強く境内もあかんでいます。
法縁池に水中ポンプで引いているホースを出して置いたら、参詣者も散水協力でした。
c0209909_05283974.jpg本堂の縁にも給水所作り、境内も打ち水です。
c0209909_05283972.jpg桑羽先生1時間以上前に到着、ニュースで「日本一暑い岐阜、命がけで来ました」と、ユーモア連発で、暑さしのいでおられました。
c0209909_05283926.jpg仏壮会員でも有る総代さん、できたての研修旅行フォトアルバムを受付で会員に配って貰いました。
c0209909_05294504.jpg暑さのせいか、出足がちょっと不調、前方に空席有りました。
クールダウンの休憩多めに取るため、お勤めは『讃仏偈』をゆっくお勤めしました。
c0209909_05294539.jpg仏事作法プレゼンは超手抜き、先週行った仏壮研修旅行の写真を使い、親鸞聖人ご流罪の地、上越のお話しでした。
c0209909_05294555.jpg休憩の庫裡は1階のエアコンをフル回転で、何処でもクールダウンできるようにしておきました。
c0209909_05294533.jpg仏事作法も終わって1回目の休憩は20分取り、ゆっくり涼みながら水分補給してもらました。
c0209909_05294576.jpgご門徒さんからいただいた大量のしそジュース、ゼリーにもしてみました。
c0209909_05294602.jpgクラッシュアイスと混ぜ、ひんやりスッキリしたお茶請けになりました。
c0209909_05304271.jpg暑いので庫裡サテライトでの御聴聞を勧めましたが、ほとんどの方は休憩終え38℃の本堂へ戻って行かれました。
c0209909_05294691.jpgありったけの扇風機を回しますが、本堂はサウナ風呂状態です、皆さん良く集中してお聴聞でした。
c0209909_05294647.jpg山口からおいでの桑羽隆慈先生、暑さに負けず可愛い山口弁で、直球の他力、約仏の話しが、お同行の中に染み込んでいきました。
c0209909_05304239.jpg午後4時半定刻ぴったりに終了、熱中症で倒れる人もなく、やれやれ胸をなで下ろした住職でした。

★お帰りをドローン動画で

c0209909_05304205.jpgお同行が帰ったあとと、書院では桑羽先生と夕食のお相伴です。
先生は、本願寺総務4期、宗会議長も歴任された本山の重鎮で、これからの本願寺門末どうすべきか、示唆もいただき有意義でした。

c0209909_05304367.jpg今回は地区役員さんに夏の配り物を渡すからと案内してあり、院代さんが受付横で役員さんの顔を見ると渡していました。
7割方の役員さんはお参りしてもらえたようです。
c0209909_05304395.jpg夜座の仏事作法も昼の続きで、赤倉温泉と善光寺、親鸞聖人との関わり説明し、御旧跡巡りの旅行をお勧めしました。
c0209909_05304359.jpg日が暮れても気温はあまり下がりません、夜座も休憩長めで水分補給いっぱいしてもらいました。
c0209909_05304323.jpg桑羽先生は持ち時間90分、ご自身の辛い別れの体験も披瀝され、また遇える世界が恵まれる、親鸞聖人お勧めのお念仏をしっかりお取次して頂けました。
c0209909_05304455.jpgお座が終わると、皆さんが椅子の片付け手伝ってもらえ、助かっています。
c0209909_05315931.jpgStage表彰
今回は80回2名、108回2名と額入りが4枚出ましたが・・・
賞状額が3枚しかストックしてありませんでした、準備怠慢、慌ててアスクルに追加発注しました。
c0209909_05320058.jpg108回目のお一方には額無し、後日届けると謝りながらの表彰式でした。
c0209909_05315929.jpg108回FinalStage
満了課程、2名の方がクリアされ、29名の方が金のバッチを輝かせておられます。
c0209909_05315981.jpg80回AdvanceStage
上級課程は2名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
現在57名の方が銀バッチを輝かせておられます

c0209909_05315917.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は2名、通算120名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_05315921.jpg10回 EntranceStage
入門課程修了者は444人、岐阜の総代さんも駐車場整備や受付を手伝ってもらえるようになり、まずは10回クリアしてもらえました。



※前回の真宗講座

# by shoson | 2018-07-19 07:04 | 行事 | Comments(0)

平成29年7月11日~12日  正尊寺仏教壮年会研修旅
~ 親鸞聖人ご流罪の地を訪ね        
           恵信尼公750回忌墓参旅行 ~
c0209909_09041582.jpg
今年の仏教壮年会の研修親睦旅行は、恵信尼様750回忌に当たるということで、15年前に参拝した上越信州の御旧跡をまた回ることとなりました。
前回行けなかった御旧跡、何度か下見レジメのような少々マニアックな御旧跡参拝となりました。
c0209909_09041548.jpg
c0209909_09041552.jpgAM6:15集合
仏教壮年会はだんだん高齢化、皆さん朝は早い集合時間前には殆ど集合,参加費を集めお泊まり荷物はトランクに入れ出発準備完了です。
※15年前の出発風景です
c0209909_09041505.jpgスイトバスの池田ドライバーは去年の旅行と同じです。
安心のドライバーです。
c0209909_09041500.jpgAM7:00思わぬアクシデント、杉山会計さん網代まで進んだ時、大事なセカンドバッグを軽トラに積んだまま忘れてきたと。
c0209909_09041669.jpgUターンして戻り、再スタートとなりました。
結局午前7時出発と、一番初めの行程表に戻ってしまいました。
c0209909_09041632.jpgAM8:53第2のアクシデント、覚悟はしていましたが、東海北陸道の荘川ICで豪雨災害通行止め・・・
158号線迂回を余儀なくされました。
c0209909_09041639.jpgAM9:20下道の国道迂回最小限の15分というロスタイムで、清美ICで高速道路に復活できました。
けれど、下道の景色は良く六厩三本松など見ながら深緑楽しめた。
c0209909_09045367.jpg第3のアクシデント、下見までしてあったのに見過ごしていました。
越中境の横尾地区の旧道は大型車侵入禁止の標識有りました。
ドライバーからGoogleストリートビューで指摘、断念しました。
c0209909_09045300.jpgAM11:30一番最初の参拝地
横尾の腰掛石と大欅の御旧跡は少し離れた国道8号線から車窓参拝となりました。
c0209909_09045370.jpgAM11:50親不知展望台に到着、北アルプスが日本海へと落ち込む、親不知子不知の難所を俯瞰です。
c0209909_09045470.jpgいま通ってきた崖上の半トンネンル道路、昔は海岸べりを歩く難所、800年前に思いを馳せました。
c0209909_09045442.jpgAM11:58外波の大雲寺到着、40分遅れのためか本堂も玄関も皆鍵がかけられていました。
本堂に入って分かったこと、宝物が出してあるので防犯のための施錠だったのです。
c0209909_09053999.jpg大雲寺さんは御住職と若院様お二人で迎えてくださり、貴重な宝物を本堂一杯に出して準備してくださってたのです。

※大雲寺縁起
c0209909_09053916.jpg蓮如上人・顕如上人・准如上人・教如上人沢山の謂われ有る宝物が大火事を免れ残っているようです。
c0209909_09062256.jpg一番拝みたかった「たちすくみの阿弥陀如来」や「聖人親不知御通行之図」も間近で見せもらえました。
c0209909_09062237.jpg親鸞さまと弟子の西仏房、蓮位房が描かれた掛け軸の前で、集合写真です。
c0209909_09062277.jpg境内に有った、明日のジョーに出てくる丹下段平の頭のような石『御影石』と判明、よく見るとなるほどでした。

c0209909_09062329.jpg12:50連絡いただいた通り約一時間の滞在でしたが、意義深い大雲寺の参拝地なりました。
c0209909_09062331.jpg12:53大雲寺からはすぐそば、親不知ピアパーク到着です。
大きな亀の親子が迎えてくれ、この海岸は翡翠が取れるそうです。

c0209909_09062377.jpg1時間遅れで予約で苦労 した昼食会場の『漁り火』に到着です。
c0209909_09062340.jpg12:58乾杯
岐阜から300㎞余日本海を見ながらの初食事、バス内のビールとまたひと味違う美味しさです。
c0209909_09062311.jpgシンプルなご馳走ですが、名物たら汁もあっさり美味しく、サバ煮、お刺身は漁師の大将が捕ってきたのでしょうか
近海物でとても美味しかった。

c0209909_09065153.jpgPM2:10木浦の西性寺に到着。
親鸞さまはこのお寺の先祖、楠田出雲守の好意でこの浜から船に乗って居多ヶ浜まで行かれました。
ここは場所だけ確認で、本堂には上がりませんでした。
c0209909_09065189.jpgPM3:00居多ヶ浜
木浦から七里の聖人流刑地上陸地点です。
浜辺を眺め集合写真だけ撮り移動です。
c0209909_09065159.jpgPM3:10国府別院
居多ヶ浜から5分、五智国分寺を車窓から拝観しつつアッと言う間に到着です。
本山でも旧知の中岡輪番さん4月から赴任で、豪雪は未経験とのことでした。

c0209909_09065197.jpg別院勤務20年の職員さん短い時間のリクエストに応えつつ、丁寧に説明してもらえました。
c0209909_09065208.jpg国府別院境内は親鸞聖人が暮らされた竹ヶ花草庵跡でも有り、皆さん境内散策です。
c0209909_09065287.jpgPM4:25恵信尼公廟所
今回一番の目的、恵信尼様のお墓参り、15年前とは様相が変わり皆ビックリでした。
予定では『恵信尼さまのご生涯DVD』を見ながら到着が、ネットショップ遅延で上映できなかったのが残念。
15年前の写真
c0209909_09065232.jpg5時までは大丈夫と思っていましが、本願寺の『こぶしの里会館』4時に施錠のため入れず皆でのお勤めは出来ませんでした。
c0209909_09205198.jpg仏婦会員でもあるの女性軍は、こぶしの館は入れずガッカリとしていました。
c0209909_09081625.jpg公共の『ゑしんの里記念館』は5時まで営業ですが、職員さんはすでに帰宅、館長さん一人でお土産レジも奮闘でした。
ここも4時前に来た方が良いようでした。

c0209909_09073320.jpgPM5:25赤倉ホテル
に到着です。
本日唯一定刻より早く着きました。
まずはロビーのお内仏にお参りして腰を下ろしました。
c0209909_09073315.jpgPM6:30夕食宴会
お楽しみの宴会、乾杯は河野副会長の発声でした。
15年前は座布団でしたが、いまは畳の上に椅子テーブル成っていました。
c0209909_09101962.jpg赤倉ホテルの女将さんがご挨拶に回っておいでです。
c0209909_09105361.jpg旅行段取りだけで無く、杉山会計さんは宴会も盛り上げエンターテナーです。

c0209909_09073310.jpgカラオケ絶好調・・・2時間半の夕食宴会、今年も盛り上がりました。

7月12日【木】旅行2日目
c0209909_10520555.jpg
c0209909_09073390.jpg5時からの朝湯に浸かって、浴衣に式章姿で6時50分からロビーの仏間でお朝事です。
お勤めは「讃仏偈」お調声は横山会長さんです。
c0209909_09073486.jpgホテルの従業員さんがお勤めの態勢に椅子も並べて貰っていました。集合写真はくるっと回転して撮りました。

c0209909_09174917.jpgAM8:30出発
次ぎ行く記念館の開館時間似合わせゆっくり出発でした。
赤倉ホテルの会長(平井ショウ妙好人の孫)さんもお見送りに出てきてもらえました。
※15年前の会長
c0209909_09122512.jpgAM8:45飲物買い出し
往路で2ケースのビール完売、本日分をコンビニで爆買いです。
c0209909_09122519.jpgAM9:00一茶記念館到着
小林一茶の記念館オープンと同時に入口横付けで入館です。
c0209909_09122561.jpg開店早々、貸し切り状態オジさん達もスタンプラリー楽しんでました。
c0209909_09122532.jpg記念館裏の小丸山公園散策し俳諧寺前で記念写真、シャッターは徒歩ルート変更の相談に来たドライバーさん。

c0209909_09122555.jpg奇麗に整備された公園です。
c0209909_09122657.jpg山頂近くには小林家のお墓と一茶の墓標が立っていて、皆でお参りしました。
かつて下見に来た時は雪の中でした。

c0209909_09122689.jpg小丸山墓地から坂を下りると明専寺、途中背丈ほどの消火栓には豪雪地帯を感じさせられました。
c0209909_09131179.jpgAM9:40明専寺
御住職から明専寺の縁起(三河一向一揆で門徒衆と移ってこられた)や小林一茶の家との繋がりを聞かせた貰いました。

※明専寺縁起
c0209909_09131107.jpg庫裡ではお茶お接待をしてもらえ、蕗の煮物の御茶請けや「こずくまんじゅう」を美味しくいただきました。
c0209909_09131119.jpgAM10:10出発
小雨が降りだし、バスドライバー根性で境内までバス迎えに来てもらえました。
※下見の時の境内
c0209909_09131220.jpgAM10:50 飯山藤ノ木到着
事前に管理の正行寺に参拝レジメを送り、区長さんに取り次いでもらっておきました。
c0209909_09131228.jpg区長さん鍵を外し窓を開け歓待、坊舎の謂われなども話してくださいました。
※藤ノ木縁起
c0209909_09131275.jpg800年前実際に親鸞聖人が腰掛け説法された石の上にお堂が建てられたと、内陣の床を外しライト持参で見せてもらえました。
c0209909_09131261.jpg(えのき)御坊は親鸞聖人の腰掛け石と、蓮如上人が植えられた榎、宗祖中興両師の御旧跡、長年地域の門徒によって護り継がれた伝統味わえました。
c0209909_09131299.jpgAM11:10出発
この坊舎がいつまでも護り継がれることを念じながら藤ノ木を出発。
途中、道の駅ふるさと豊田でトイレ休憩し善光寺を目指しました。
c0209909_09134834.jpg12:20善光寺到着
善光寺第2駐車場へバスが入り、式章を掛け旗を持った塔頭ガイドさんの先導で境内に入ります。
c0209909_09134898.jpgまず入口近くにある爪彫如来堂に参拝。ここには親鸞聖人が爪彫りの阿弥陀如来の石仏が安置されています。
c0209909_09134832.jpg善光寺本堂をバックにして記念写真。
15年前も同じ場所で写真を撮っていました。
※15年前の写真
c0209909_09134836.jpg善光寺本堂に飾られた親鸞松、ほとんどの参拝者がすぐ横のビンズル木像に気を取られ、見過ごしてしまうので、仏壮会員にはくれぐれも脳裏に焼き付けるようお願いしました。
c0209909_09134869.jpg12:40昼食
旅行社の斡旋した食堂、門前すぐそば便利な所に有りました。

c0209909_09134946.jpg信州は蕎麦所、定食の前菜のように蕎麦が出てきました。
記念写真用に蕎麦で乾杯です。
c0209909_09134916.jpgお店の1階はおみやげ屋さん、ここで買うと袋に名前を書き、バスまで事前に運びトランクに収めておいてもらえると、皆さん購買意欲モリモリでした。
c0209909_09134957.jpgPM1:25堂照坊へ
今回最後の参拝です、親鸞聖人100日滞在の堂照坊です。
c0209909_09142144.jpg善光寺の浄土宗塔頭寺院の筆頭で、ここには聖人が笹の葉を組合わせ書き残された笹文字名号や聖人の歯と「いつの間に 髪に霜置き 一葉落ち、身にしみてこそ 南無阿弥陀仏」のお歌が受け継がれています。

c0209909_09142111.jpg善光寺午後2:30出発し、インター手前のおみやげ屋さんへ寄ると「もう買わん・・』といっていた会員、乗車時には全員おみやげ袋下げて戻ってきました。
c0209909_09142255.jpg駒ヶ岳SAで休憩を取り、帰路のお楽しみ車内ビンゴが始まりました。
c0209909_09142280.jpg一喜一憂、大盛り上がりのビンゴ大会。
c0209909_09142293.jpg監事さん急遽、冷蔵庫の缶ビールも景品に出し、全員がビンゴになるまで、住職リモコンスタートボタンのし続けました。
c0209909_09142262.jpg全員がビンゴになったのは、恵那山トンネル入口でした。
飯田高原ビンゴで大騒ぎのバス移動でした。
c0209909_09142252.jpgPM7:40本巣到着。
東海環状美濃SAでトイレ休憩をして、予定通り帰ってきました。
c0209909_09142249.jpgバス床下トランクには沢山のお土産、ドライバーのライトで名前確認しそれぞれの車に運び、旅行終了です。
c0209909_09144734.jpgPM7:45恩徳讃で解散
全員で本堂に向かい『恩徳讃』斉唱、無事1泊2日の研修旅行が終わりました。

仏壮幹部役員の皆様、準備段取り心遣いお疲れ様でした。

●フォトBookも72頁で作りました

※ 去年の仏壮研修旅行

# by shoson | 2018-07-12 20:00 | 教化 | Comments(0)

平成30年7月5日 第47回大谷本廟納骨団参が行われました。台風7号の影響で梅雨前線活発になり、大雨警報などが出されるような天候でしたが、38体の納骨をバス2台57名と現地2名合流で無量寿堂へ納めてきました。
c0209909_07352988.jpg
c0209909_07353084.jpg7月1日午後2時
団参に行く前、遺骨を正尊寺に持ち寄ります。
今年は38体、このとき参加費も持って来られ受付は大忙しでした。
c0209909_07353004.jpg全ての遺骨が集まると、『阿弥陀経』のお勤めです。皆さんお焼香ですが今年は子供さんも含めると60名を越え、お経の間にお焼香終わりませんでした。
人数多い時は香炉2つ必要。
c0209909_07353026.jpgお勤めお焼香の後、5日の日程や諸注意の説明です。
すでにこの日には、週間予報は雨マークばかり、雨具忘れないように注意でした。
c0209909_07353037.jpg7月5日午前7時半
出発時間30分前には名鉄バス2台到着ですが、しっかり雨も降っています。
c0209909_07360662.jpg雨が降って乗降難儀でしたが、定刻に出発しました。先頭の2号車はキャンセルもあり参加者27名乗っているだけで空きスキです。
c0209909_07360611.png岐阜から関西は雨雲が帯状に大発生しています。
出発から1時間ちょっと、8:45の多賀SAの上空雨雲です。
c0209909_07364523.jpgAM10:10大谷到着
大谷本廟に到着しました、雨は降っていますが土砂降りでなく、皆さんびしょ濡れにはならず助かりました。
c0209909_07364581.jpg明著堂へのお参りは屋根のある通路で移動しました。
c0209909_07364565.jpgAM10:30礼拝堂勤行
やはりバス2台60名だと移動や準備に時間がかかります。例年より遅れ目でお勤め開始です。
全員にお焼香をしてもらいます。
c0209909_07364591.jpgAM10:40
お勤め終えて預かっていたお骨を各自に返します。
徳岡院代はすでに無量寿堂へ行き、納骨準備しています。
c0209909_07364528.jpgAM10:55
準備万端皆さんが移動して来られると、すぐに納骨を始めます
c0209909_07364682.jpg今回は8段目の引出に収められていきます。
c0209909_07373105.jpgお焼香無量寿堂10回はやはり蒸し暑い。
院代が煽いでくれますが汗だくでのお勤めでした。
ゆっくり阿弥陀経と偈文二つ、60名のお焼香は長かった・・・
c0209909_07373167.jpgAM11:55聞法会館
何とか正午前には本山聞法会館地下1階のレストランに到着,昼食です。
c0209909_07373133.jpg矢尾定の京風弁当、イイ感じで皆さん喜んで食べておられました。
c0209909_07373212.jpgPM12:50龍虎殿
帰敬式を受けられる参加者、バス内でも2名申込があり12名が受付に集まってこられました。
c0209909_07373294.jpgPM1:10帰敬式
帰敬式組は御影堂へ移動、今回は奈良教区から30名の受式があり受式者は大勢でした。
ただこのあと、京都には洪水警報と避難勧告がだ出され、携帯緊急速報が堂内響き渡っていました。

c0209909_07373263.jpg参拝部と交渉の結果、2時までなら書院参観の許可が得られ、帰敬式の間二班に分かれて特急の書院拝観説明しました。
c0209909_07373201.jpgPM1:55法名拝受
龍虎殿2階では法名配布の前に、布教専従員からの法話が有りました。
今回は大阪の高島師、かつて親切に飛雲閣説明もしてもらえた懐かしいお顔でした。
c0209909_07373278.jpgPM2:15帰敬式終了
12名全員が法名をいただき、帰敬式終了。
皆さん阿弥陀堂に参って、向拝に置いておいた傘を差して、本山を後にします。
c0209909_07384087.jpgPM2:40五条橋
鴨川も大増水、名所の土手道が完全に水没していました。
c0209909_07384023.jpgPM3:25日野誕生院
この時間雨も小康状態、傘無しでもバスから降りられ助かりました。
c0209909_07384155.jpg日野誕生院は平安様式の本堂、外陣が無いので大勢の参拝は大変です。
c0209909_07384144.jpg参加者全員に参拝バックと腕輪念珠の記念品を頂き、皆さん大恐縮でした。
主管さんの大盤振る舞いに感謝です。
c0209909_07384148.jpg主管さん20分ばかりの熱の入った説明法話、親鸞聖人ご誕生850年に向けて良いご縁となりました。
c0209909_07384109.jpgPM4:00誕生院出発
お話しのあと内陣を参拝し、境内の句碑や銅像も参って帰路につきました。
c0209909_07384106.jpgPM7:15帰還
高速乗る前『井筒八ッ橋』で30分間、試食買物タイムを経て、大雨の名神無事帰ってこられました。
雨の参拝お疲れ様でした。

※去年の納骨団参

# by shoson | 2018-07-10 07:29 | 行事 | Comments(0)

今年度3回目の真宗講座ですが、毎回お天気に悩まされる開催です。今月は美濃四十八座が4連続、週間予報では今週はほとんど雨マーク、参詣者の目減りを気にしながらの準備でしたが、少し降りましたがなんとか傘をささずに山門くぐって出入りしてもらえました。
c0209909_08461824.jpg
c0209909_08461837.jpg田植えも終わり、晴れていれば気持ちの良いコントラストが生まれますが、どんより雲が被さり続けた開催日となりました。
c0209909_08461847.jpg昨日は法務員くんの善明寺が真宗講座開催、本堂椅子ワゴン車2台分出張していましたが、朝帰ってきて本堂に並べられました。
境内のハスはだいぶ咲いてきました。

c0209909_08461926.pngスマホのウェザーNewSをこまめにチェック、正尊寺絶対不利の予報しか出てきません・・・
c0209909_08463966.jpg午後1時には総代さんが駐車場誘導に立ってもらえましたが、薄っら陽が差しており助かりました。
c0209909_08463901.jpg定刻前には続々と受付においでです。
今回は鹿児島・川崎・大阪・福井・三河から美濃四十八座偵察がてらのお聴聞もあり、賑やかでした。
c0209909_08463965.jpg山口県徳山市から新幹線を乗り継いで、30分前にご講師到着してもらえました。
c0209909_08464067.jpg定刻午後2時、若院の調声で正信偈のお勤めです。
200名の正信偈本堂が揺れんばかりの勤行でした。
c0209909_08464071.jpg仏事作法プレゼンは、境内建物の説明で鐘楼・経堂に収まるアイテムの説明、短めにコンパクトにしました。
c0209909_08464097.jpg休憩はお供え物のミカンやイチゴで作ったジャムを味わって頂くために、ヨーグルトにかけてカップにしました。
c0209909_08472392.jpgキュウリも大量にお供えしてもらったので、浅漬けにして、お仏飯米で小おにぎりも作り、虫押さえおやつとして食べてもらいました。
c0209909_08464043.jpg200名が一斉におやつタイム、庫裏のあちこちで腰を下ろし紙コップ片手に談笑です。
c0209909_08472303.jpg大広間は満員です。
c0209909_08472365.jpgご講師は山口県の布教使重鎮、渓宏道先生です。
テーマを「阿弥陀さまのお救いに遇う尊さ」に変更して、約仏に徹してお聴かせくださいました。
c0209909_08472408.jpg今回も満堂での熱い法座になりました。
c0209909_08472482.jpg縁に並べた椅子もほぼ埋まり、超満堂となりました。
c0209909_08472461.jpg午後4時半、途中から降り出さないか心配していましたが、雨の心配なく傘を持たずにおいでになった方が正解でした。
c0209909_08472419.jpg先生との夕食はお相伴少なめでしたが、先生の蘊蓄あるお話しもご馳走にさせてもらい、わかのやさんのお弁当美味しく頂きました。
c0209909_08484863.jpg夜座の受付、まだ雨は持ち堪えていましたが、雨の予報で出足は不調です。

c0209909_08484889.jpg本日の夜座満堂にはならず、隅っこまだまだ空席がありました。渓先生渾身のお取り次ぎ、空席は勿体ない、勧誘の甘さを反省させられました。
c0209909_08484856.jpg受け念仏が一杯でる、有り難いお座がアッと言う間に10時の終了時間となりました。
明日は巣南重里の浄妙寺です、皆さんまた逢いましょうと82回真宗講座が閉じられました。
c0209909_08484816.jpg法話中は雨落としていましたが、10時には雨脚止まり、傘をささず帰るお同行も多々ありました。
空模様に翻弄された真宗講座でした。
c0209909_08484850.jpgあと片付けも皆さん手伝ってもらえ、200脚の椅子が撤去され、早々の日常の本堂へ戻してもらえました。
c0209909_08484801.jpg
表彰式
今回も切り番の表彰者は少なめでした。
10回の入門課程クリアされる方はまたいませんでした。

c0209909_08484905.jpg108回FinalStage
満了課程、1名の方がクリアされ、27名の方が金


のバッチを輝かせておられます。

c0209909_08490896.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は2名、通算118名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。
c0209909_08490894.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は3名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、218名となりました
c0209909_08490849.jpg150回 PremiumStage
正尊寺真宗講座で初期から参加してもらえた他門徒のお聴聞の達人第1号のクリアです。
通番11号、前回お休みだった№10の方と一生に缶バッチ差し上げました。



c0209909_11243866.jpg150回クリア缶バッチは、108回表彰記念の写真を加工して、事前にすぐ製作できるように準備しています。
今回は6年前の写真を使っており、ご本人には若作りで喜んでもらえました。





# by shoson | 2018-06-20 12:09 | 行事 | Comments(0)

5月の正尊寺はいろいろ行事がおこなわれます、その行事のために缶バッチの機械を購入しました。
さっそく真宗講座の達人用に写真入りバッチを作り、お聴聞の楽しみ励みに使いながらの開催と成りました。

c0209909_05030672.jpg
c0209909_05030631.jpgここ数日ずっと晴れが続くのに、天気予報通り朝から一日雨となりました。
参詣の出足心配しましたが、昼座はなんとか受付も忙しそうでした。

c0209909_05030651.jpg雨のなか、総代さん方はハッピを着て駐車場や受付をしてもらえました。
空は重苦しいですが、青空色のハッピが雰囲気明るくしてくれていました。
c0209909_05030751.jpg定刻、午後2時若院の調声でお勤めがはじまりました。
堂内は満堂ですが縁側に空席が若干あるのが悔しかったです。
c0209909_05030712.jpg仏事作法は境内建物の鐘撞き堂から、鐘や太鼓などお寺の鳴り物いろいろ取り上げ説明しました。
c0209909_05034631.jpg仏事作法も終わって最初の休憩では200人くらいの参詣になり、庫裏のお茶所はグツグツでした。
c0209909_05034689.jpg廊下から玄関まで人だらけで、思い思い休憩のティータイムを楽しんでいます。
c0209909_05034611.jpgお茶請けには、たくさんお供えされた餅米を消費するために、朝ドラで人気の出ている五平餅風ダンゴやミニぼた餅を大量に準備しました。
c0209909_05034691.jpg手間はかかりますが、お下がりの材料で作るので、コスパは良いようです。
c0209909_05034615.jpg今回は他門徒の同行さんが、手作り苺ジャムとアイスクリームを差し入れしてもらえました。
茶菓子の一品として皆さんに振る舞いました。
c0209909_05034656.jpg法話がはじまる頃には、縁側もだいたい埋まりましたが、雨のうえ気温が下がり、庫裡のサテライトへ避難していく人もたくさんありました。
c0209909_05034723.jpgご講師は大分中津から遠路来て頂いた、内藤昭文和上です。
40歳代で司教(本願寺の勧学に次ぐ学者の位)になられた先生、理論立てて丁寧に教章に書かれたことをお話ししてもらえました。
c0209909_05034780.jpgユーモアも交えながらご開山親鸞聖人がお示しに成った、お念仏とお名号の関係を教えてもらえました。
c0209909_05043518.jpg午後4時半、時間通りに法話も終わりましたが、相変わらず雨はしぐしぐ降っていました。
夜座に戻ってきてもらえるか、住職の胸はザワザワしていました。

c0209909_05043674.jpg美濃四十八座のご院さん方5人が先生との夕食、お相伴してもらえました。
司教和上に教学について、いろいろ質問しながらの会食は有意義です。
ただ、ビールはノンアルコールで、潤滑油に成らないのが残念です。
c0209909_05043693.jpg雨の夜座、やっぱり出足悪く、締め切った堂内も空席がいっぱい有り残念でした。
高齢者の運転、夜しかも雨となると自重される方がく、いつもの常連で顔の見えないお同行たくさん有りました。
c0209909_05043650.jpgお勤め写真広角だと寂しいので、まん中辺だけ写しました。
c0209909_05043723.jpg夜の和上のお説教は身に染みます。雨が降ってこられないいつものお同行残念でした。
c0209909_05043701.jpg午後10時終了、雨のなか帰路につくお同行の背中と口元には「南無阿弥陀仏」がとり憑いているようで、ありがたい真宗講座でした。
c0209909_05043768.jpg終了後、腰掛け片付けを手伝ってもらえる人が増え、助かっています。
大勢であっという間に堂内150脚片付きました。
c0209909_06045649.jpg表彰式
今回は切り番の表彰者は少なめでした。
とくに10回の入門課程クリアされる人がないのは、珍しいことでした。
c0209909_05043743.jpg80回AdvanceStage
上級課程は1名の方がクリアされ、銀藤バッチと額入り認定証が授与されました。
現在55名の方が銀バッチを輝かせておられます


c0209909_05052268.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は3名、通算116名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。

c0209909_05052237.jpg30回 BasicStage
基礎課程をクリアされた方は4名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、216名となりました



c0209909_05052260.jpg10回 EntranceStage
第441号認定のこの方は前回に表彰する予定でしたが、急用で表彰式に居られず、今回の表彰となりました。


c0209909_05052376.jpg150回クリアの10名の方へ自家製の缶バッチを差し上げることにしました。
出席カードのデザインをバッチ用にして、108回表彰時の写真を入れて作りました。
バッチマンネットのマシン大活躍です。
c0209909_05052335.jpg150回クリアのお同行は10名ですが、すでにお浄土へ出発された方が1名あり9個作りました。
c0209909_05052350.jpgきょうは、そのうち6名の方が来ておられてのでお渡ししました。
子ども騙しのようなバッチですが、皆さん喜んでもらえました。

※前回の真宗講座

# by shoson | 2018-05-23 23:00 | 行事 | Comments(0)

平成30年5月20日 第30回   正尊寺初参式
平成元年から現在の日曜午後開催で、手形を押すイベント性の高い初参式に変わって30年、今年が平成最後の開催となります。
受式者12名はちょっと寂しいですが、天気予報も味方して清々しい晴天のなか、無事に開催できました。
c0209909_16575689.jpg
c0209909_16575650.jpg花まつりのあと、解体せずに太鼓堂に片付けていた、インスタ枠も向拝へ運びセットしました。
天気が良いので助かりました。
c0209909_16585397.jpg朝、法事に出かけるまでの間に、初参式の準備は全て完了しました。
法縁廟池のカキツバタも花を咲かせています。
c0209909_16585351.jpg本堂内も今回申込は10名で、お花や記念品が少なめでした。
今回の新アイテムは『インスタ枠』親子で使ってもらえるかな・・・
c0209909_16575745.jpg午後1時半からの開式案内ですが、1時にはボツボツと赤ちゃんを抱いた家族が集まってきました。
c0209909_17012602.jpg早めに来られた家族は正面階段に立ってもらい、缶バッチ用の写真も撮りました。
参道に赤ちゃんを抱いた家族、それが風景になるのは初参式ならこそです。
c0209909_17012699.jpg仏教婦人会役員の娘さんが子どもさん2人連れて帰省中で、急遽参加者が増えました。
有り難い飛び入りで、6歳に成るお兄ちゃんも受式です。
c0209909_17012604.jpg来年使えるかが微妙な『平成』入り手形用紙、贅沢に書き損じしながら、お二人の名前を書き入れました。
c0209909_17012658.jpg今年はニコン一眼レフカメラ3台態勢、2台のカメラで手形ブース撮り損ない無いようにしました。
c0209909_17012610.jpg小さな赤ちゃん、大人に囲まれ手が『グー』に、みんな覆い被さるように、指を広げます。今年は低めの机にしましたが、失敗でした。役員さんの背中ばかりがファインダーを占領します。
※来年は高めの机で準備すること。

c0209909_17012795.jpg朱肉の付いた手は、ぬるま湯で優しく洗います。今年はドラッグストアーで見つけた『お風呂用てぶくろ』
たいへん優れものでした。
※役員さんから、バケツ深すぎ,低いテーブルがあると良いとアドバイスでした。
c0209909_17012682.jpg小さな手を大きな指で押しつけ、パーの手形を取ってもらえました。
c0209909_17012678.jpg生後3ヶ月の赤ちゃんも、五本指パーとなった手形です。
仏婦役員さんの介添え無くては押せない手形です。
c0209909_17031665.jpg二歳くらいに成ると、堂々とした自力の手形を押してくれます。
c0209909_17031675.jpg6歳に成ったお兄ちゃんは、受式者でありながら、お祖母ちゃんお手伝いで、赤ちゃんの手を拭く係をしてくれました。
c0209909_17040779.jpg手形を押すと,それを掲げて記念写真です。
ポラロイドとデジカメでそれぞれ一枚撮影です。
c0209909_17094078.jpg今年はこの写真から缶バッチも作ります、10mmレンズは大型で,ストロボに影を作ります。
フォトブックはあとでトリミングし、缶バッチはそのままプリントします。
c0209909_17040732.jpg直径57mmに収めるためには超広角で撮らないと人がはみ出ます。
c0209909_17094041.jpg向拝のインスタ枠も同様、ストロボ強制発光で影ができますが、これでちょうどのインスタ枠缶バッチができるのです。
c0209909_17051983.jpg平成元年生まれのお父さん、第1回初参式に受式で、通番第11番で赤ちゃんは№616、30年続けてきたこの行事、感無量のサプライズプレゼントとなりました。
c0209909_17094163.jpg今回も案内葉書は40枚近く出しましたが、若い親さん興味ない方もいるようです。
若い親さんに初参式受けたくなるように『#正尊寺 #初参式』を付けてインスタ投稿お願いしました。
c0209909_17051909.jpgさっそく実践してもらえる家族もありました。第一子が受式すると、その後の子も必ず来てもらえる、感動の初参式ですよ!
c0209909_17051684.jpg住職はお衣を替えて、いよいよ法要に移ります。
c0209909_17040758.jpg13:45 勤行
お勤めは『讃仏偈』皆さんいっしょに唱和します。
c0209909_17065525.jpg法話は15分くらいが限界です、授かったいのちの尊さ、アミダ様の願いのなかにあることだけ聞いてもらいます。
c0209909_17065549.jpg赤ちゃんの初お焼香です。
名前を呼んで順番に出てきてもらいます。
c0209909_17065613.jpg小さな赤ちゃんは、お兄ちゃんやお父さんが変わって焼香します。
赤ちゃんには新しいお念珠が掛けられています。
c0209909_17065621.jpg14:20 終了
今年は11組12名の受式、お焼香も順調に終わり予定より10分早く終了となりました。
c0209909_17065611.jpg閉式の挨拶が済むといっきに本堂模様替えです。
発泡スチロールの舞台3台並べ、集合写真ひな壇を作ります。
c0209909_17065627.jpg今回の集合写真は55名、5段のひな壇はスカスカで、ご本尊様も全身一緒に写ってもらえました。
c0209909_17065691.jpg解散時にはお供えのガーベラ鉢、一つずつお土産に持って本堂を出ます。
まだ、向拝のインスタ枠で缶バッチ用の写真撮っていない家族は、順番に撮影してから本堂をあとにします。
c0209909_17065632.jpg色衣五条でカメラマンする住職、花まつりで100枚以上撮った経験しているだけに、一発必中の精度で全組クリアしました。
c0209909_17094003.jpg小さな赤ちゃん相手だけに短時間勝負、小さないのちを抱いてほっこちと家路につかれ、第30回初参式無事終了です。

お手伝いの仏婦役員の皆様ありがとうございました。
※去年の初参式

今年の初参式フォトブック
c0209909_17251499.jpg
c0209909_17251488.jpg
c0209909_17251416.jpg
c0209909_17251483.jpg
c0209909_17251590.jpg
c0209909_17251525.jpg
c0209909_17251514.jpg
c0209909_17251537.jpg
c0209909_17265378.jpg
c0209909_17265345.jpg
c0209909_17265339.jpg
c0209909_17265329.jpg
c0209909_17265337.jpg
c0209909_17265393.jpg
c0209909_17265444.jpg
c0209909_17265491.jpg
c0209909_17280511.jpg
c0209909_17280516.jpg
c0209909_17280574.jpg
c0209909_17280539.jpg
c0209909_17280691.jpg
c0209909_17280631.jpg
c0209909_17280689.jpg
c0209909_17280643.jpg

# by shoson | 2018-05-20 15:00 | 行事 | Comments(2)

正尊寺真宗講座は平成13年7月からはじまって、第80回目の開催となりました。
オスカー受賞作映画『おくりびと』原作の青木新門先生をお招きしての80回記念の法座です。
c0209909_07125229.jpg
c0209909_07125241.jpgずっと初夏のような日が続いて着ましたが、予報どおり冷たい雨になってしまいました。
そんななか午後1時過ぎには青木先生到着して頂けました。
c0209909_07125260.jpgしばらく冬眠だった美濃四十八座、参詣者はたくさん持っている出席カード、どれが正尊寺かなかなかの渋滞でした。
c0209909_07125212.jpg雨の日の真宗講座は向拝階段が大騒動です。
クツが濡れると行けないので袋を用意しますが、200人からなると後片付けも大変です。
c0209909_07125340.jpg青木新門先生は2時間の持ち時間が基本、お勤めを『讃仏偈』仏事作法を超短縮、休憩回数も減らし〒講演時間確保しました。
c0209909_07125367.jpg昼座は午後2時からお勤め、雨の中満堂でのお勤めとなりました。
c0209909_07133024.jpgいつもは15分の仏事作法ですが、10分以内で簡単に済ませました。
c0209909_07133044.jpg休憩時間も余裕無く、庫裏一杯一気の休憩でした。
c0209909_07133048.jpg広間に入れ無かった方々は彼方此方陣取ってコーヒータイムでした。
c0209909_07133067.jpg2時30分過ぎ、外陣で皆さんと休憩の青木新門先生が演台前に立たれました。
外陣は一杯のお同行、余間前にサブモニターをセットして正解でした。
c0209909_07133057.jpgプロローグは映画『おくりびと』の製作のきっかけや、アカデミー賞を取った経緯のお話しでした。
c0209909_07133084.jpg82歳になられる先生1時間済んだ頃から、腰をかけられてじっくりお話しされる態勢になられました。
c0209909_07133177.jpgアメリカ進駐軍従軍カメラマン、ジョーオダネル
の焼き場に立つ少年の写真を見せて、少年時代を語られる青木先生。
目頭が熱くなります。
c0209909_07133186.jpg本堂縁は冷たい雨風が吹いていますが、皆さんお話しに集中されています。
c0209909_07142197.jpg本堂満席で、庫裏のサテライトもかなりの方が御聴聞です。
c0209909_07142140.jpg午後5時20分お話しが終わって皆さん帰られます。2時間半のいのちのバトンタッチ、集中力切らさず良くお聴聞してくださいました。
c0209909_07142135.jpg先生との夕食、ノンアルコールビールで乾杯です。
毎日角瓶一本ずつ空けておられた青木先生は3年前から断酒との事でした。
c0209909_07142275.jpg夜座も先生は本堂から離れられません。
お勤めも仏事作法も外陣に座ってお同行といっしょです。
c0209909_07142230.jpg夜座はお勤め後の休憩はとばし、いのちのバトンタッチから親鸞聖人の真瑞をお話しくださり、休憩無しの100分間のお聴聞となりました。
終わりがけの話は大変厳しいものでした。
c0209909_07142241.jpg休憩が無かった分早めに終了、午後9時40分には片付けが始まりました。
c0209909_07142281.jpg終了時間も早く、夜座休憩が一度も無かったので、皆さんゆっくりコーヒーを飲みながら歓談です。
c0209909_07142236.jpgそんな皆さんの歓談のなかへ、青木先生も帰りがけ輪の中に入って、ご法義談の花が咲きまくりでした。
c0209909_07145629.jpg150回 PremiumStage
真宗講座初回から聴聞し続けてもらえる、仏壮の会員さんが見事150回聴聞クリアですです。

c0209909_07145624.jpg30回 BasicStage
基礎課程をクリアされた方は3名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、212名となりました
c0209909_07145627.jpg
10回 EntranceStage
入門課程をクリアされた方今回は6名の方が表彰されました。入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は440名となりました。
いつもお寺を手伝ってもらえる、鷲見さん不思議に入門糧終了でした。




※前回の真宗講座


# by shoson | 2018-04-24 22:00 | 行事 | Comments(0)

寒暖の差が激しい今年の春彼岸、ウィークDayのまん中に入り参詣者の人数心配しましたが例年通り常連門徒の参詣で賑やかにお勤めできました。
c0209909_06102439.jpg
c0209909_06102544.jpg3月21日
春彼岸初日は十三参りを終え小忙しくお勤めに入ります。
十三参り偵察の超宗寺ご住職の姿が見えました、時間を間違えられたようで既に終了、しかたなくお勤めの写真を撮って帰えられました。
c0209909_06123033.jpg今回から余間の襖もはずし、お勤め中に外陣からお焼香できるように3口の香炉を置きました。
永代経には必ず参って家族でお焼香する事を勧めていきます
c0209909_06102580.jpgお勤め終わっての休憩中、庫裡ではまだ本願寺新報の取材が続いていました。
c0209909_06102522.jpgお説教は三年振りの石﨑先生、今なお東北の震災支援のタコ焼きワークショップを続けておられ『日本一のタコ焼き坊さん』だと話しておいででした。
c0209909_06102531.jpg今年の春分の日はあいにくの雨、花冷えで重装備に傘をさしての参詣でした。
c0209909_06102557.jpg3月22日二日目
千葉県からW引さんも手伝に来て下さり、手間の無い受付も寒いなか買って出てもらえました。
c0209909_06140665.jpg今日からは午前午後の2座、お斎も準備してのお勤めで、午前中参詣者も増えなんとかざっくり満堂になりました。
c0209909_06123027.jpg庫裡厨房は朝からお勝手担当女性軍大忙しです。一般の参詣者80人分と別修本膳20人前手早く拵えていきます。
c0209909_06123059.jpg開闢別修本膳はおかずの品数も多く、全て手作りです。
ごま豆腐はいつもの九州秋月本葛の高木久助商店お取り寄せの逸品です。
c0209909_06123016.jpg開闢別種お斎は塗り本膳で、座布団には名札が置かれ、席次の譲り合いで時間がロスしないようにします。
c0209909_06123075.jpg今年もお勝手方の力作精進料理美味しくできあがりました。
c0209909_06123152.jpg一般参拝のお斎も庫裡広間に並べられていきます。
おかずの品数は少ないですが、味ご飯と味噌汁漬け物は大量に準備です。
c0209909_06123133.jpgお説教は十一時半過ぎ終了です。
c0209909_06161861.jpg一般参詣の方はお説教が終わるとお斎です。
賑やかに楽しそうに食べてもらえるのが有りがたいです。
c0209909_06161859.jpg一般参詣者が庫裡へ移動されると、内陣の蝋燭がつけ替えられ開闢法要が始まります。
まず今期開闢の法名の確認をしてもらいます。
c0209909_06161862.jpg家族代表の方でしょう、スマホに収め後で見せて上がられるようです。
c0209909_04261166.jpg開闢法要では阿弥陀経お勤めのなか、余間に上がり法名軸前でお焼香をしてもらいます。
c0209909_06161867.jpg開闢法要が終わると庫裡仏間にご案内して、お斎についてもらいます。
今年は12名とゆったりでのお斎、住職若院よりお礼言上です。
c0209909_06161812.jpg恒例です、住職より形ばかりの一献注いで回ります。
c0209909_06161952.jpgお斎の席でもインスタ枠だし一枚、正尊寺SNSの宣伝怠りません。
c0209909_06161922.jpgお斎が終わるとお膳は綺麗に洗われ、セットごと風呂敷に包んでかたづけられます。
達人の厨房女性方は片付け仕事も早いのです。
c0209909_06181776.jpg永代経二日目は晴れて陽気も暖かくなりました、説教が終わり帰りがけにお斎の味ご飯をお土産に配りました。
c0209909_06172764.jpg3月23日
永代経3日目快晴です、駐車場の淡墨桜は満開、ドローンを飛ばしてみました。
c0209909_06172755.jpgお参りはちょっとお減りましたが、なんとか50人ほどでお勤めできました。
c0209909_06172787.jpg亡き人へのメッセージも30通ばかり奉呈してのお勤めでした。
600通出したメッセージ付き案内状、3割くらい回収目指して行きたいものです。
c0209909_06181771.jpg最終日のお斎はギンナンご飯、皆さん喜んでもらえました。
c0209909_06181780.jpgご講師の先生は朱塗り膳でお出しします。
中身はほぼ同じですが器で高級感がでます。
c0209909_06181740.jpg御満座が終わって、ギンナンご飯とおかずの余りを袋詰めして、夕食の一助とお土産にしてお渡しです。
ようこそお参りでした。

※ 前の春永代経




# by shoson | 2018-03-23 19:00 | 行事 | Comments(0)

この冬一番の寒さの緩み、お天気も良く平成30年の仏教婦人会物故者追弔会が勤まりました。役員さんは前日午後から集まり、お斎の下ごしらえをして全員でお勤め法話お聴聞の一日でした。
c0209909_05365082.jpg
c0209909_05365016.jpg2月最終日曜日、午後1時から役員が集まり準備です。
今年は欠席役員さん多く、チョッと心配しましたが段取りよく準備ができました。
c0209909_05365047.jpgお斎のおかず、下拵え厨房各所に分かれ作業です。
c0209909_05365005.jpg仏婦追弔会お斎は毎年銀杏ご飯です、今年の銀杏は山で採れた山で小粒の出たい量でした。
それを人海戦術で皮むきです。
c0209909_05365044.jpg銀杏の薄皮を取るのは面倒です、湯煎してめくります。
c0209909_05365055.jpg番重いっぱいの銀杏、明日このまま炊飯器に投入されます。
c0209909_05371602.jpgお供えのお菓子は地区ごとに分けて、タックシールを貼り本堂にお供えされました。
c0209909_05371661.jpg2月26日朝8時
役員さん集まり最初に
に炊飯器のお米の上に投入されました。
白米5升に餅米3升、合計7升のご飯でた。

c0209909_05371615.jpg広間では、パックにおかずを並べていきます。
c0209909_05371631.jpgデザートのヨーグルトもカップに小分けされ、特製マーマレードを載せて封されます。
c0209909_05371623.jpg70食分の弁当箱完成、銀杏ご飯が炊きあがり、詰められるのをるのを待ちます。
c0209909_05371672.jpg午前9時半、換鐘と共にお日中のお勤め始まります。
c0209909_05371737.jpg役員さん全員エプロンとヘヤーキャップ外し、式章を掛けお参りです。
お勤めは『阿弥陀経』です。

c0209909_05371731.jpg法話は今年も大垣楽田林雙寺の水上先生です。
パワー全開元気のもらえるお説教、法事勤行集の四十八願現代語訳を読ながらお取り次ぎでした。
c0209909_05390684.jpg今年は十界曼荼羅図を持参でビジュアルなお話しで退屈させません。
c0209909_05390687.jpg休憩のティータイム、広間はお斎の準備で締切、廊下やホールで歓談でした。
c0209909_05390659.jpg午前のお説教の後席の始まる頃、7升の銀杏ご飯が炊きあがりました。
日本酒・昆布だし・良い塩梅でほっこりできました。
c0209909_05390601.jpg70用意したパックに詰めていきます。
役員さん大勢で流れ作業でした。
c0209909_05390669.jpg今年の追弔会お斎です。
c0209909_05390662.jpgギンナンご飯は多めに炊き、ご飯パックにつけて参拝会員のお土産にも鳴ります。
c0209909_05390698.jpg銀杏も白米も餅米も仏さまに沢山あげて頂いたお供物、お下がりとして皆さんに配られるのです。
c0209909_05390654.jpg追弔会遺族用のお供物熨斗紙が余ったので、お斎の弁当箱にも巻いて、お下がりにしました。
c0209909_05395094.jpg正午には法話も終わり、庫裡でお斎です。
c0209909_05395103.jpg

c0209909_05395123.jpg午後1時半式次第に沿って追弔会本番始まりました。
会長さん副会長さんが司会進行です。
c0209909_05395112.jpg会長さんが会旗を内陣の住職渡してから始まります。
c0209909_05395130.jpg参詣者用椅子は70席、一番後ろを空けて外陣内で献灯献花は出発でした。
c0209909_05403297.jpgお勤めは『宗祖讃仰作法音楽法要』CDに会わせてのお勤めです。
c0209909_05403217.jpgお勤めの後は役員さんが正面でお焼香です。
c0209909_05403232.jpg今期新たに法名軸に書き入れた物故者会員の遺族は余間の法名軸前でお焼香です。
c0209909_05412344.jpg今期8名の物故者ですが、70代で交通事故で亡くなった方以外、7人は90代ばかりでした。
仏婦会員は皆さん長生きです。
c0209909_05412328.jpg献灯献花の役員さん、法要の後ガウンをたたんでお聴聞スタンバイです。
c0209909_05412322.jpg午後座の水上先生は絶好調、人生最後のご縁となる葬儀の簡略化をご法義に照らしながら熱いお話しです。
会員からは、また来年もお願いするようにと声が上がり、来年の御出講のお願いしました。

c0209909_05412386.jpgお説教が終わると、お土産のぎんなんご飯を配って解散です。

役員皆様には準備運営お疲れ様でした。

※ 去年の仏婦追弔会


# by shoson | 2018-02-26 16:30 | 行事 | Comments(0)

平成30年正尊寺涅槃会が厳修されました。この行事は平成15年から始まった行事で、少しずつ工夫を重ね16回目になりました。今回も大勢のご門徒さんが葬儀で使った白木位牌(法名板)を持ち寄ってお焚きあげしました。
c0209909_00533451.jpg
c0209909_00533424.jpg心配したお天気は冷たい風は吹いていましたが、雪も舞わず境内の焚焼(ぼんじょう)準備も安心してできました。
c0209909_00533409.jpg来年の『御堂さん』2月号に涅槃会を特集するために、大阪から寺本編集委員が取材に来られました。
寺元師は一昨年11月正蓮寺正蓮寺美濃四十八座にご講師でも来て頂いた方です。

c0209909_00533406.jpg定刻30分前にはボツボツ参詣者が集まってきました。
皆さんお位牌や焚焼品を持って、ご家族で参集です。
c0209909_00541568.jpg涅槃図の奉懸された余間には、続々と位牌が並べられていきました。
今年は焚焼の品少なめでした。
c0209909_00541533.jpg縁は寒いので、堂内入ったところに受付を作りました。
c0209909_00541622.jpg午後1時半より5分ほど遅れ喚鐘、参考参りに来ていた超宗寺のご院さんが打ってもらえました。
c0209909_00541613.jpg
c0209909_00541668.jpg85客並べた椅子、ほぼ満席となり、喚鐘で出仕した若院と仏説阿弥陀経のお勤めが始まりました。
c0209909_00541621.jpgお勤めの間には余間涅槃図の前に設えた三口の焼香場に次々と参詣者がお焼香していきます。

c0209909_00541659.jpgお勤めが終わると引き続き、スクリーンを下ろし涅槃図の絵解きプレゼンが始まります。
c0209909_00541669.jpg参詣者には涅槃図プリントを渡し、今回は菩薩衆について見ていきました。
c0209909_00552703.jpg絵解きが終わると、お供えの正尊寺どら焼きをおさがり、お茶菓子として配ります。
c0209909_00552898.jpg休憩時間には余間に上がってもらい、江戸時代に書かれた涅槃図間近に見てもらいました。
c0209909_00552872.jpg休憩時間のお庫裡では、除夜の鐘用に大量に仕入れた業務用甘酒を振る舞いました。
c0209909_00552873.jpg境内の焚焼準備ができるまで、15分ほど庫裡広間は休憩所で、皆さん歓談しておいででした。
c0209909_00533492.jpg境内焚き火場には耐熱スプレーで化粧直しされた大釜が設置されています。
c0209909_00552887.jpg焚焼釜には白木位牌と年回案内状がまずは入れられ準備です。
c0209909_00552868.jpg釜の準備ができると本堂お灯明の火がぼんぼりに移され境内に運ばれます。
c0209909_00552980.jpg休憩中の参詣者にもアナウンスして、焚焼法要が始まります。
お勤めはおしゃか様にちなんで、サンスクリットでの敬礼文三帰依です。
c0209909_00552901.jpg焚焼釜に本堂のお灯明を分灯した火を釜に入れます。
c0209909_00555954.jpg火が入って、皆さんで合掌礼拝解散です。
c0209909_00555944.jpg解散後も参詣遺族はお位牌が気になるようで、お釜の回りに集まって名残惜しそうでした。
c0209909_00555948.jpg焚焼のお荘厳です。
c0209909_00555967.jpgハソリお釜の焚焼は、かつての焼却炉より中がよく見えとてもイイ感じの儀式になりました。
c0209909_00555937.jpg強風でしたが、操縦の腕も上げた若院ドローンを匠に操って空中から焚焼の様子が撮れました。
★ドローン映像★




c0209909_00555923.jpg皆さんが帰られた後、ステン製の焼却炉を出し、ブロアーで空気を送り焚焼の品々高温で焚き上げます。
今年は品が少なく、1時間ばかりで皆綺麗に焚きあがりました。

※ 去年の涅槃会


# by shoson | 2018-02-12 06:00 | 行事 | Comments(0)

平成30年報恩講三日目ご満座、昨年とは打って変わって快晴で気温も上がり穏やかに勤まりました。
かつてはご満座のお参りは減少傾向でしたが、御聴聞楽しむお同行が増えてきて、満堂とは行きませんが、午前から大逮夜最後まで大勢のお参り賑やかに勤まりました。
c0209909_08423876.jpg
c0209909_16045416.jpg16日午前お日中法要は初夜礼讃です。
ご講師の高田先生も色衣を着て御出勤、長屋常徳寺の若様も飛び入り、若院の調声で賑やかにお勤まりでした。
c0209909_16052702.jpg多少空席はありますが、100名近くまずまずのお参り、高座説教親鸞聖人のご一代も佳境に入ってきました。
c0209909_16045473.jpg庫裡の会議室は法要受付になり、住職や坊守が対応しています。
時には耳の遠いご門徒と身振り手振りで法事日の説明もあります。
c0209909_16060763.jpg大逮夜法要(おおたいや)にあわせて楽人さんも集まってこられます。今年は暖かく2階座敷は開け放し、ストーブつけなくてもイイ感じでした。
c0209909_16060765.jpg90才になられても元気に演奏の楽人さんたち、ポカポカで記念写真も撮っておいででした。
c0209909_16060733.jpg今回6名での演奏、浄土法事讃は楽の出番が長く、頑張ってもらえました。
c0209909_16060770.jpg法中さんのお斎は朱塗りのお膳でご供養です。
一般のお椀と混同しないように朱色で揃えてあります。
これは昔からでなく、金沢の古道具屋で調達して揃えたものです。
c0209909_16060791.jpg今年の大逮夜は結集10名とかつてない法中が集まり、法要開始10分前の作法の習礼にも力がはいります。

c0209909_22430459.jpg
c0209909_16060794.jpg大逮夜法要の導師は住職、ご開山の前で焼香してから登壇します。
c0209909_16070394.jpg生演奏の雅楽で登壇です。
c0209909_16070356.jpg内陣回り畳に10名の法中だと、余裕をもって内陣右回りの円陣ができました。
☆法要の動画☆

c0209909_16070302.jpg法要の後は『御俗姓ごぞくしょう』の拝読、七条袈裟を着けたまま講座に上って読みます。
c0209909_16070301.jpg御俗姓拝読が終わり、出勤法中へのご挨拶。
皆さんお疲れのお勤めのあと、書院でまったりしておいででした。
c0209909_16070315.jpg法中の皆様お帰り、今日は住職の代わりに若院の操縦するドローンがお見送りしました。

☆ドローン映像☆


c0209909_16085070.jpgご満座のお説教、聴聞の門徒は真宗講座のバッチをした方々がほとんどです。
聴聞慶ぶ門徒が増えてきた実感が持てた大逮夜でした。
c0209909_16085010.jpg庫裡厨房ではSPから流れるお説教を聴きながら片付けが進んでいきます。
c0209909_16085095.jpg去年から始めた大逮夜参詣者へのサービス。
お華束餅の切れ端で作るぜんざいです。
c0209909_16085052.jpg昨年は吉野屋さんのあんこを使いましたが、今年は事前にアズキを煮て準備でした。
c0209909_16085160.jpgお取持お給仕係の皆様の手で、本堂へ紙コップに入ったぜんざいが届けられます。
c0209909_16085165.jpg最後までお聴聞下さった方々へのささやかな御利益でした。
c0209909_16101178.jpgお説教が終わり、住職から報恩講円成の挨拶です。
親鸞聖人のご法事、報恩講が勤め上げられた感謝の言葉でした。
c0209909_16101117.jpgお斎の丸揚げが100個ばかり残りました、一つずつお帰りの皆様にお土産として配られました。
c0209909_16101134.jpg本堂の片付けが一気に始まりました。
花瓶が降ろされ、花が小分けされお取り持ちの方々のお土産に姿を変えます。
c0209909_16101119.jpgお華束も解体され、各地区の役員さへ配って貰うよう小分けされました。
c0209909_16101197.jpg報恩講のアイテムも次々片付けられていきます。
c0209909_16101264.jpg最後の打上会食用の割子も北方のわかの屋さんから届き、お供え物やお菓子と供にテーブルに並べられました。

お取り持ちの打上会食
c0209909_16104548.jpg
みまさま方のお手間のお供えで、立派に報恩講を勤めることができました。
2日間献身的にお取持いただき、ありがとうございました。


※ 去年の報恩講御満座


# by shoson | 2018-01-16 18:00 | 行事 | Comments(0)

今年の報恩講は毎日快晴でお参りもたくさん来てもらえます。
2日目の法要も賑やかにお勤めできました。
c0209909_08175172.jpg
c0209909_08175135.jpg朝7時爽やかな日の出です。
今日も1日頑張ろうという気になります。
c0209909_08175117.jpg今日からお取持が後半へとバトンタッチです。
朝8時向野・東川原・西川原の門徒さん半分が集まって来られます。
c0209909_08181558.jpg2日間のお取持ですが、ミーティングは初日のみ、明日の後片付けの段取りまでプレゼンしておきます。
c0209909_08184567.jpgミーティングが終わると各持ち場を決め、作業開始です。
厨房ではメインディッシュの丸揚げを一晩寝かした回転釜から番重に移します。
60個入りの番重5箱、300個が今日のお斎分です。
c0209909_08181554.jpg黒豆さんもテーブルごとの小鉢に移します。
c0209909_08181550.jpgなますも桶で三日目、大根までも赤色に染まるほど味が染みて美味しくなっています。
c0209909_08181525.jpg今朝も松野豆腐屋さん岐阜から、明日の分丸揚げ200個、豆腐20丁、サービスのオカラバケツ一杯分届けて下さいました。
c0209909_08181504.jpgカブラ煎りはアクセントにミカンの皮みじん切りを入れて炒めます。
c0209909_08195460.jpgお斎場の配膳はいたってシンプル、お椀は4品のみですがテーブルごとに黒豆、カブラ煎、おから、漬け物が鉢に入れて分け合います。
c0209909_08195472.jpg受付係も記帳の仕方を説明し、スタンバイです。
c0209909_08195499.jpg本堂係は賽銭集めが大きなミッション、小銭ケースもたくさん用意してあります。
c0209909_08195447.jpg婦人会の役員さんは講師法中の接待、小さな炊事場で、お茶や珈琲にお斎の準備まで楽しそうにしてもらえます。
c0209909_08195406.jpg午前9時半
朝座、お日中法要開始で、超宗寺さんが来てもらえました。
お勤めは意訳の正信偈『しんじんのうた』です。


c0209909_08195475.jpgかぶり付きの一番前の席、皆さん敬遠がちなので上等な椅子に変えてみましたが、ガラ空きやっぱり人気薄です
c0209909_08202714.jpg高座説教では、前席(休憩前の前半)ご講師は大五条を着けてお取り次ぎです。
c0209909_08202761.jpg休憩後の後半では、ふたまわり小ぶりの小五条に着替えてのお取り次ぎ。
高田先生高座説教の伝統守ってのお説教です。
c0209909_08202726.jpg午前のお説教が終わるとお斎場は満員です。
c0209909_08202886.jpg今日は法中でお斎をよばれて下さったのはお一人だけでした。
c0209909_08202855.jpg厨房の洗い場もフル回転で、100人前のお椀が洗いもって使われます。
c0209909_08202808.jpg午後1時前には仏教婦人会の役員さん方が、紫のガウンを着て献灯献花のスタンバイです。
c0209909_08210930.jpgお花と燈明10対20名と副会長さんの香盒での田入れる準備完了です。
c0209909_08210950.jpg法の深山のBGMにあわせ、厳かにお供え物が並びます。
c0209909_08210929.jpg外陣の同行席を広げるため、総代さんは内陣余間に着座です。
c0209909_08210903.jpgお勤めは宗祖讃仰作法音楽法要で、本山BGMに合わせて快適なお勤めです。
ただ、今回CDデッキの調子悪く、iPodでとなり焦りました。
c0209909_08211058.jpg導師は若院、本山の勤式指導所で特別法務員資格も取ってきたので、安心して見ておれます。
c0209909_08211067.jpgご法中は、祐蓮寺さん、白鳥浄妙寺さん、正蓮寺若さんが来てもらえ、内陣も賑やかにお勤めできました。
c0209909_08214884.jpgお勤めの後には総代さん始め各団体代表のお焼香をしてもらいました。
c0209909_08214901.jpg2日目お説教も終わり、皆さん家路につかれますが、今日はこのあとまだお初夜のお勤めがあります。

お初夜(しょや)キッズサンガ
1月15日、今年のお初夜は月曜日、児童にとっては明日も学校、就寝時間も気になる保護者も多いだろうと、開始時間を6時、終了時間を7時半と案内しました。
徒歩で来られる子がほとんど居ないなか子供10名、大人6名がお参りに来てもらえました。
c0209909_00162874.jpg
c0209909_08214988.jpg
お勤めは昼と同じく宗祖讃仰作法ですが、頂礼文母武器時間短縮を狙いました。
正信偈の音楽礼拝は子どもたちも気持ちいいみたいで、大きな声で最後までお勤めできました。

c0209909_08214908.jpg
親鸞聖人報恩講については高座に座って住職が簡単な法話形式でお話ししました。
夜の正信偈とお華束(けそく)子どもたちの心の中で思い出になってくれますように。

c0209909_08214950.jpg
余間の御絵伝の前に集まって、掛け軸の見方と熊皮の親鸞さま間近で拝んで、お焼香をしました。

c0209909_08222231.jpg
庫裡ではお華束を大火鉢で焼いて、準備万端です。
庫裏中に香ばしい香りが漂っていました。

c0209909_08222277.jpg
お華束餅を焼いて、醤油やきな粉、ゼンザイに入れ思い思いでいっぱい食べました。
醤油にバターを溶かした新メニューは結構いける味でした。

c0209909_08222250.jpg
お腹いっぱいお餅を食べると、お楽しみの輪投げ大会です。
ジャンケンで順番を決め、取りたい放題です。

c0209909_08222222.jpg
今年は参加者も少なく、景品取りつくしの5巡、みんな袋一杯のお菓子のお土産で大満足でした。

c0209909_08222251.jpg
最後は本堂に戻り、いっしょに恩徳讃を歌って、合掌礼拝お念仏で閉じられました。

c0209909_08222221.jpg
午後7時半ピッタリ、解散となりました。
来月は16日第三金曜日におしゃか様涅槃図をかけて親子キッズサンガしますよ・・・・


※ 去年の報恩講2日目


# by shoson | 2018-01-15 19:40 | 行事 | Comments(0)

平成30年正尊寺報恩講始まりました。
今年はこの初日が日曜日、お天気も良いので例年以上たくさんお参りあるかと思いきや、多少子連れの若い方が増えていましたが、驚くほどの参詣者ではありませんでした。
c0209909_22481166.jpg
c0209909_22481150.jpg初日お日中法要お勤め始まる30分前に太鼓堂の火灯窓が開けられ、集会の太鼓が打ち鳴らされました。
c0209909_22481141.jpg午前9時半換鐘と共にお日中法要始まりました。
c0209909_22484196.jpg14日お日中法要は初夜礼讃(しょやらいさん)調声は若院が勤めました。
c0209909_22484114.jpg出勤法中は3日間泊まりこみで出勤してくれる昨年まで法務員だった東林寺の若様、正蓮寺の若様とご講師の高田先生も賑やかしでご出勤でした。
c0209909_22484105.jpgお説教は真正浅木蓮教寺の高田篤敬師、高座の上からゆっくり易しく、親鸞聖人のご苦労お取り次ぎです。
c0209909_22484182.jpg庫裡ではお斎の準備が進められています。
c0209909_22484123.jpg昨日の準備日より女性お取持ちの数が減ったようです。
日曜日なので男性お取持ちが増えたようです。
c0209909_22484170.jpg朝座が始まった頃の受付はお忙し、御法謝やお仏飯米が次々届けられ、係のお取持も大忙しです。
c0209909_22501464.jpg本堂係のお取り持ち、一年ぶりに出てきた大火鉢の火の番こまめにしてもらえました。
c0209909_22501427.jpg本堂係は賽銭をこまめに集めてもらえます。
c0209909_22501422.jpg庫裡会議室が法要受付場となり、住職と坊守が詰めて、そこからでもカメラの遠隔操作やアナウンスが出来るようにしています。
c0209909_22501423.jpg午前のお説教が終わるとお斎場は超満員、一座敷50名はアッというまに埋まり、廊下にはたくさんの順番待ち行列ができていました。
c0209909_22501460.jpg1日ゆっくり御聴聞、玄関ホールの大火鉢に当たりながらお斎場の空くのを待ち歓談中のお同行がたでした。
c0209909_22501470.jpg駐車場はいっぱい、近隣農道の路駐もたくさん、雪もなく天気良かったのでドローンで撮影です。
c0209909_22510569.jpgご講師やご法中(ほっちゅう)のお斎は、中身一緒ですが器を朱塗りに変えています。
c0209909_22510519.jpg午後お逮夜法要は奉賛大師作法第二種、お正信偈に軽快な音階がついたお勤めです。
お参りのお同行も一緒に声出してお勤めです。

c0209909_22510516.jpgお導師は相焼香(あいじょうこう)の真正小柿福乗寺の新住職です。
ご法中は八木西光寺さん、正蓮寺さん、重里浄明寺の若院さん、と賑やかになりました。
c0209909_22510598.jpg午後の法話、庫裡では手の空いたお取持は、スクリーンの前で御聴聞してもらえます。
サテライト会場が機能して嬉しいことです。
c0209909_22510534.jpg
お説教も終わり、明日の準備が整うと前班のお取持の仕事は終わります。
わかの屋さんから割子を取ってしばし歓談でう。
向野・東川原・西川原の皆さん、2日間報恩講へのお手間のお供えありがとうございました。


※ 去年の報恩講初日


# by shoson | 2018-01-14 17:00 | 行事 | Comments(0)

うっすら雪化粧の朝お取持(とりもち)ちの皆さん集まって、報恩講の準備が始まりました。
気温は下がりましたが、快晴で準備ははかどり、お飾りもお斎もお手間をかけた準備が整いました。
c0209909_23154642.jpg
c0209909_23130852.jpg朝8時半集合
まずは庫裡に集まり、お内仏に合掌礼拝して、住職からプレゼンでお取持ちの内容や準備について説明です。
c0209909_23130813.jpg今回のお取持ちは向野(むかいの)・東川原・西川原の3地区、それぞれ役員さんが持ち場を相談して作業開始です。
c0209909_23132226.jpg通常『控の間』がお取持ち方のクローゼットにもなり、配膳室にも変身します。
c0209909_23132344.jpg女性スタッフはヘアーキャップを付けてもらいます。
3色用意してありますが、今年は茶色が人気でした。
c0209909_23150103.jpgまずはじめの厨房作業は大根ツキツキです。
大勢で一気に作業でみるみる大根の姿が変わっていきます。
c0209909_23150192.jpg配膳カウンターの上では、人参もツキツキさて姿を変えて行きます。
c0209909_23150139.jpgツキツキされた大根と人参は大きな樽で合体し、酢や砂糖で味付けが施されナマスが完成します、一晩寝かし明日からお斎の色合いアクセントの一品となります。
c0209909_23150211.jpg300個の丸揚げ、岐阜の松野豆腐屋さんから届けられ、味が染み込むように+の切れ目が1個1個入れられます。
c0209909_23150253.jpg回転釜もフル稼働、正尊寺お斎名物の『カブラ煎(いり)』のお漬け物が煮込まれます。
c0209909_23150297.jpg12月に塩漬けした大量のカブラが塩抜きもされ柔らかく煮えました。
c0209909_23150217.jpgカブラの漬け物の湯煎が済むと、今度は丸揚げの湯煎が始まります。
アゲは竹カゴ150個ずつ並べられ、そのままお湯に投入です。
c0209909_23150281.jpg正尊寺流は丸揚げ用の割り下を作り、それを投入して煮て味を染み込ませます。
c0209909_23154637.jpg名古屋のたまり醤油も混ぜて味付け、チョッと濃いめの色で辛そうですが、わりと甘めの丸揚げ二鍋300個、報恩講初日の分完成です。
c0209909_23154684.jpg倉からお椀も出されます。木製漆塗りのお椀セット100人前揃い、配膳室に運ばれます。
c0209909_23154645.jpg今年は新兵器ドローンで上空から作業の様子を撮影です。

c0209909_23154665.jpg若院のドローン操作もだんだん慣れてきました。

☆ドローン映像はこちら☆






c0209909_23154788.jpg庫裡玄関も幕が張られお化粧され、参詣者のお迎え準備です。
c0209909_23154754.jpg外回りの作業一段落、焚き火を囲んで甘酒で一服歓談です。
c0209909_23170933.jpg大勢の力で、足元が悪く厄介な土塀幕も奇麗に張り巡らせられます。
c0209909_23170977.jpg駐車場のノボリも報恩講バージョンを立てます。
c0209909_23170915.jpg説教高座も本堂へ運び込まれます。
c0209909_23170939.jpg本堂内も清掃され、カーペットが敷かれ説経台もセットです。
お花は大野花屋さんが立ててもらえます。
c0209909_23170995.jpgイス席になっても伝統の大火鉢は2個出して大寒の報恩講を視覚的に演出します。
c0209909_23171052.jpg境内本堂飾り付け準備が済むと、庫裡で腰を落ち着け、お華束の着色が始まります。
14本のお華束見本の写真を見ながら、手と口が動き回ります。
c0209909_23171062.jpg最初は男性ばかりが筆を持っていましたが、厨房の下ごしらえが終わった女性陣も絵筆を持って参戦です。
c0209909_23173753.jpg途中、昼食休憩も入れながらお華束着色完成です。
いよいよ本堂のお内陣にお供えします。
c0209909_23173776.jpgここで落としたら一巻の終わり、皆さん大事そうに本堂まで運んでもらえました。
c0209909_23173875.jpg力作のお華束(おけそく)、それぞれにお供えされお荘厳の準備完成しました。
お手間入りのお供えや準備、明日からの報恩個親鸞さまをお敬いする門徒で本堂が溢れますように。
c0209909_23173858.jpg午後4時には全ての作業が終了し、少し遅めのおやつに『ゼンザイ』を食べて解散でした。

お取り持ちの皆さん一日ご奉仕お疲れ様でした。
c0209909_21440625.jpg
※去年の報恩講準備



# by shoson | 2018-01-13 16:00 | 行事 | Comments(0)

平成30年の報恩講準備が始動しました。
1月11日おみがきと『お華束(けそく)』準備が仏教婦人会の皆様のお力で滞りなくできました。
こうしてネットで紹介するお華束は多くの方に関心を持たれますが、何百年も口伝で継承されてきたお供えです。
かけたお手間がより美しく飾れるように毎年少しずつ進化しています。
c0209909_22214520.jpg
c0209909_22214569.jpg1月11日朝
おけそく作りは部屋中が粉だらけになります。
厨房はブルーシートで床全面養生し、アイランドカウンターも養生テープで粉侵入しないようにしっかりマスキングしてから始まります。
c0209909_22214540.jpgお華束の材料は、もち米とうるち米の粉を使います。
米粉は取り粉も一緒で20㎏作ってもらっています。
c0209909_22222390.jpg餅米は前日から9升分バケツで水にひやかします。




c0209909_22235752.jpg米粉はついてお餅になるよう、お湯で練ってダンゴにします。
米粉も9升分ダンゴにします。
c0209909_22222481.jpgもち米と米粉ダンゴをセイロで蒸していきます。
c0209909_22222420.jpg餅つき器ので、シャモジを使って米粉ダンゴを餅の中に融合させていきます。
c0209909_22222473.jpgできあがった餅を伸し板で9mmの桟を使い均一に伸ばします。
c0209909_22222409.jpg直系20mm厚さ9mmのお華束玉の型抜き作業、昔はブリキで作った抜き型でしたが、今は塩ビ水道パイプの外側先を削って代用しています。
c0209909_22245152.jpg型抜きで残ったお餅はまた新しく蒸した種に混ぜられ、何度も型抜きがされます。
c0209909_22245187.jpg型抜きされたお華束玉は形成のし板に並べます。
一枚の板に216個平均で並べられます。
c0209909_22245120.jpg形成板は25枚、盛り用お華束玉5,400個は重ねて一晩寝かせます。その他の玉も番重にいれ寝かせます。
c0209909_22245124.jpg朝8時半集合の仏婦会員はおみがきに精を出しておられます。
おかげで真鍮仏具がピカピカになりました。
c0209909_22245292.jpg宝恩顧2日目の音楽法要では献灯献花があるのでその練習も、しっかりしておいででした。
c0209909_22245293.jpg作業を終え珈琲飲みながらしばしの歓談、このあとのお華束玉抜き粉作業前の一時の平穏です。
c0209909_22253522.jpg6,000個以上の型抜きをする人海戦術、厨房は大賑わしになります。
c0209909_22253551.jpg大勢の力で午前中にはお華束玉の型抜き終了。
お昼ご飯を食べ本日のお供えご奉仕の終了です。
皆様方お手間のお供えありがとうございました。
c0209909_22253535.jpgおけそく盛りをしやすくする為に一晩寝かせられます。一晩おくことで程良い堅さになり、くし刺しして盛ることが可能になるため、お華束をお供えするにはどうしても2日間必要になります。
c0209909_22253669.jpg1月12日朝
8時過ぎには近所の達人お祖母ちゃん登場です。
山川おばあちゃん正尊寺お華束に携わられて60年以上の年季、84才まだまだ現役で頑張ってもらえます。

c0209909_22253660.jpg餅取り粉の粉を落とし、くし刺し開始です。
住職は一昨年から懸案のアクリル固定板を作っていました。
c0209909_22253612.jpg金串の上部を均一に固定するため円盤状に穴を空けています。
c0209909_22262554.jpgくし刺しにしたお華束玉を台の穴に立て、上部をアクリル版の穴に入れれば良し・・・
くし刺しにする玉の数をマニュアル化すればひと手間で出来ることを見ながら考えました。
c0209909_22262592.jpgこのアクリル固定板、穴は大きめで良いがもう一工夫してセットしやすくしてあげなければ・・・
c0209909_22262544.jpg固定板のアイデアは正解、セットしてからの微調整が大変なので金串に差す玉の数を決められるともっと簡単になるようです。
来年は一串23玉の統一規格でやってみよう。
c0209909_22262543.jpg丸盛りは約550個の玉、半盛はその半分玉の数が計算できてしまう。
c0209909_22262551.jpg笠餅も例年より少し大きめにして、固定板も功をそうして奇麗なお華束が完成しました。
玄関ホールに並べ記念写真を撮って、明日のお取り持ち方の彩色へバトンタッチとなりました。

お手伝いの皆さん貴重な時間をお供え下さり、
ありがとうございました。
※去年のおみがきおけそく盛り

# by shoson | 2018-01-12 18:00 | 行事 | Comments(0)

謹 賀 新 年
明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い申し上げます。
平成30年元旦は雨も雪もなく穏やかななか満堂でご門徒と共に新年を祝いしました。
c0209909_16034340.jpg
c0209909_16034352.jpg
正尊寺では新たにドローンを購入し、境内上空から参詣者の皆様を撮影できるようになりました。
参詣者の皆様上空からお見送りをしてみました。
c0209909_01401681.jpg 動画

うまくYouTubeが貼り付けられませんでした。

c0209909_16034337.jpg毎年元旦朝10時からお勤めする元旦会(がんたんえ)は平成7年から始まり24年目となりました。
絶えず満堂になるよう、年々アイデアを考えてきました。
今年は山門看板は赤字、ドローンまで登場させました。
c0209909_23065635.jpg本堂内は除夜の鐘が終わってから、150名が御流杯できるように整然と腰掛けが並べられています。
c0209909_16034491.jpg本堂入り口には長机が出され、外陣香炉と両脇にさい銭箱がおかれましたが、金封用の志納箱を出し忘れ慌てて出しました。
30年法語カレンダーの残部を出すのも忘れていました。
c0209909_16034458.jpg午前9時には、十三参りでお世話になるかんたん着物『あきも』さんがお酌してくれる中学生の着物を持って来てもらえ、着付けてもらえました。
c0209909_16034441.jpg午前9時半ボチボチと、参詣者が本堂に上がってこられます。
今年は傘もささず皆さんニコニコとおいでになります。帰りがけのドローン撮影が楽しみにもなりました。
c0209909_16034490.jpg午前10時5分少し遅れて、喚鐘を合図に『正信偈』行譜六種引のお勤めが始まります。
150名の正信偈は本堂が揺れるほどになりました。
c0209909_16034529.jpg住職からの法話は、皆で唱和した教行信証総序から、「円融至徳えんにゅうしとくの嘉号かごう」について、妙好人源左げんざさんを引き合いに出しながら、どんな苦難も転じられる浄土真宗の法義あじわいました。
c0209909_16042252.jpg11時5分前、法話も終わりいよいよ御流杯が始まります。
c0209909_16042277.jpg今年は戌いぬラッキー干支盃、可愛い姿ですが結構大きめ、盃の中のワンポイント金色マーク、鶴のように見えますが、コマ犬の金コマと観ました。


c0209909_16042399.jpg
お屠蘇は今年も金沢福光屋から取り寄せたノンアルコール吟醸酒『零の雫』に金沢今井金箔で購入した安心食用金箔を茶杓でてんこ盛り入れ混ぜてあります。

c0209909_16042352.jpg
お酌のAちゃん今年も自分の着物着て手伝ってくれました。
ありがとう!

c0209909_16042388.jpg
中三受験生にもかかわらず、今年もお酌係買って出てくれたNちゃんありがとう。

c0209909_16042428.jpg
日曜学校OBのkちゃんも着物を着て手伝いに来てもらえました。
毎年ありがとう!

c0209909_16042463.jpg
予定していた中学生が都合悪く、寺報で募集しましたが希望者なく、正尊寺の次女も今年はお酌係に回りました。


c0209909_16052662.jpg
全員にお屠蘇が注ぎ回られた所で、今年一年元気でお聴聞することを誓い合いながらいっせいに杯を掲げ『乾杯』しました。

c0209909_16052626.jpg
乾杯のあとは配布した袋に盃を包み、記念品としてお持ち帰りです。

c0209909_16052629.jpg
今年は赤縁懐紙でなく、アミカで仕入れた袋(実はハンバーガー用のラップ)にワンポイント犬年シールをを貼りつけたものです。

c0209909_16052795.jpg午前11時10分元旦会終了で、皆さん家路に着かれます。
境内上空ではドローンがホバリングして皆さんのお帰りになる姿をとらえていました。
皆さんにこやかで、正尊寺初詣の幸せ感がたまりませんでした。
c0209909_16052751.jpg
操縦は若院が縁側から行っていました。
購入から2週間ばかり、この日の為に練習してきましたが、上空チョッと風が有り不安定な動きも有りましたが、上空からの画像は新鮮でした。

c0209909_16052762.jpg
山門の外からの撮影はドローンならではの一枚です。

c0209909_16052744.jpg
今年も盛大に正尊寺元旦会お勤めることができました。
着物を着てのご協力ありがとうございました。



# by shoson | 2018-01-01 12:00 | 行事 | Comments(0)

午後から降りはじめた雨も上がり、穏やかな大晦日になりましたが、鐘突き参詣者の集まり具合は出足がおそいようでしたが、予備のカウント豆も使い果たしたくさんの方に突いてもらえました。
c0209909_08412227.jpg
c0209909_08412254.jpg31日朝8時、仏壮の役員有志が手に手にチェンソーを下げって結集です。
焚物くべやすくとカットし積み直し作業、お疲れ様でした。
おかげで、焚物整理され扱いやすくなりました。
c0209909_08412253.jpg例年、除夜の鐘は回転釜で作った本物の甘酒を振る舞いますが、今年から状況が変わりました。
住職が学生時代世話をした酒問屋の跡取りさんが、毎年酒粕20㎏送ってきて貰えたが、七月急逝されそれも途絶えました。
急遽、アミカの業務用で対応、15本買ってってきましたが、5本で間に合いました。
c0209909_08412289.jpgカウント用煎り豆は玄関横の待合室にある箱火鉢炭火で煎りました。
香ばしい良いにおいが庫裏に充満しました。
c0209909_08415243.jpg午後11時45分から鐘がつき始められますが、仏壮役員さんが管理するカウント豆を1個食べ、鐘堂にあがり突きます。
c0209909_08415254.jpg108個はとうに突きしたが、なかなか本堂に上がってきません・・・
c0209909_08415262.jpg本堂の椅子は90脚ばかり並べておきましいたが、空席状況から70人ばかりが一緒に『讃仏偈』のお勤めをしてもらえました。
c0209909_08415218.jpg法話は若院、まだ緊張するらしく、けっこう短く終わっていました。
c0209909_08415202.jpg仏壮の横山会長も新年のご挨拶です。
c0209909_08415373.jpg仏教壮年会からはお年玉代わりにカップ蕎麦が配られました。
c0209909_08421541.jpg新年午前1時、40分ばかりで除夜会は終わり皆さん帰られます。
住職は10時からの元旦会を誘いながら見送りです。
c0209909_08421534.jpg皆さんが帰った本堂では、元旦会の体形に椅子の並べ替えです。
御流杯ができるように等間隔で隙間を空け、ストーブも邪魔にならず通り道も作りながら150個並べるのは苦心します。
c0209909_08421642.jpg30分ばかり掛け、バッチりセッティングが出来あがりました。
c0209909_08421639.jpg干支盃も内陣に飾り、元旦会事前セット完了、あとは風呂入って一杯呑んで寝るだけです。
※ 昨年の除夜会


# by shoson | 2018-01-01 01:30 | 行事 | Comments(0)

10月23日季節はずれの超大型台風21号が未明静岡に上陸し、朝から強風吹く中の今年最後の真宗講座の開催となりました。
c0209909_00285993.jpg
c0209909_00284787.jpg最接近時にも960hPa瞬間最大風速50m、台風一過の晴天でも午前中は吹き返しが強くノボリが立てられず、真宗講座の開催についての電話があとを絶ちませんでした。
c0209909_00284633.jpg午前4時強風で車庫のシャッターの支柱がはずれ、轟音と共に一枚壊れました。
久々の台風被害でした。
c0209909_00284774.jpg強力台風一過、強風にも負けずお聴聞に来られるお同行に、ビタミン補給にと、休憩おやつにたくさんの果物が剥かれました。
コストコのパイナップルも差し入れられ、一段と豪華になりました。
c0209909_00284727.jpg台風が去り一気に気温が下がり、御供えにあがった巨大冬瓜を暖かスープに仕立て、暖まってもらう作戦も立てました。
c0209909_00295707.jpg台風によるJR運休遅延情報がニュースで流れ手心配しましたが、1時前には中島先生山口から到着されて一安心でした。
c0209909_00295720.jpg定刻1時間前くらいから、ボツボツとお同行があつまり始めました。
c0209909_00295884.jpg天気は晴れていますが午後になっても吹き返しの風は強く、肌寒く感じます。
c0209909_00295859.jpg縁に置かれた灰皿が風で飛び転がり回り、境内のコンクリート片を重し代わりに入れて、吹き飛ばないようになってました。
c0209909_00295809.jpg未明からの暴風警報は午前中解除される事無く、県下ほとんどの小中学校は臨時休校、昼座から子や孫を連れてお参りのお同行が有ったのは、怪我の功名でした。
c0209909_00295840.jpg台風の影響で聴聞衆の出足が若干鈍り、超満堂とは成らず空席がチラホラ有りましたが、定刻に第79回真宗講座が住職の開催挨拶で始まりました。
c0209909_00295865.jpgお勤めは若院が担当、お正信偈が本堂に響き渡っていました。
c0209909_00295961.jpg作法のプレゼンは今回から、お寺や仏教の用語説明になりました。
まず正尊寺の空撮ビデオを見て、伽藍の言葉の説明とすすめました。
c0209909_00314332.jpgお勤めとプレゼンが終わると休憩、庫裡厨房は冬瓜スープ200個ばかり紙コップに入れて準備大騒動でした。
お手伝いさんが娘さんの出産でお休み、仏婦のOBさん方が快く手伝ってもらえ何とか準備できました。
c0209909_00314318.jpg台風一過で気温が下がり、冷えた身体に暖かスープ、まずは身体を温めゆっくり聴聞の態勢作りのようでした。
c0209909_00314310.jpg寒い本堂を避け、暖か庫裡のサテライトでそのまま御聴聞の方もおいででした。
c0209909_00314463.jpg中島昭念先生『お法(みのり)に遇(あ)うということは』と題して、心に染みる阿弥陀様の救済を取り次いでもらえました。

c0209909_00314483.jpg一座二席ちょうど90分、お同行の心は仏法のお慈悲が一杯詰まり、御文章で締め括られました。
c0209909_00314411.jpg身も心もホカホカと夕刻まだ吹き返しの吹く家路淡々と帰って行かれました。
c0209909_00314402.jpg夜座の受付駐車場誘導、総代さん方張り切っておつとめしてもらえました。
水色の行事ハッピ気に入ってもらえたようです。
c0209909_00331380.jpg夜座は少しお同行減りましたが、今日のような天候を押して集まった筋金入りの聴聞の達人方、中島先生渾身のお取り次ぎ、石に水が染み入るかの如く感じられました。
c0209909_00331353.jpg午後10時まで一人として本堂を出る同行は無く、法座が終わると一斉に家路に着かれました。
c0209909_00331492.jpg法座が終わると皆さんで本堂お片付け、助かります。
c0209909_00331432.jpg今年も多くの方がステージクリアしてもらえました。
表彰式の模様写真に撮り、毎年寺報『正尊寺だより』にも紹介しています
c0209909_00331417.jpg
108回FinalStage
満了課程、1名の方がクリアされ、26名の方が金のバッチを輝かせておられます。
26人目は東川原の何時もご夫婦で御聴聞のご門徒さんでした。

c0209909_00331455.jpg50回StandardStage
一般課程終了の方は2名、通算113名の方々が中間折返しのキリ番を越えて、青藤バッチを輝かせ、お聴聞を楽しんでおられます。

c0209909_00331434.jpg30回BasicStage
基礎課程をクリアされた方は3名あり、黄色の認定バッチをつけておられる方が、209名となりました
c0209909_00331443.jpg10回 EntranceStage
入門課程をクリアされた方今回は2名の方が表彰されました。入門課程修了し白いバッチをつけておられる方は434名となりました。
最近は美濃四十八座まわり同行の表彰者が増えてきました。



※前回の真宗講座

# by shoson | 2017-10-23 22:00 | 行事 | Comments(0)

今年から盂蘭盆会(うらぼんえ)は二日間のお勤めになりました。
16日は午後から、今年2月落慶した法縁廟の総盆経を一緒にお勤めする法要となりました。
お墓参りを兼ねるには、あいにくの雨模様でしたが、法要の間は雨間で予定通りお勤めできました。
c0209909_08190641.jpg
c0209909_08190639.jpgお盆は『倒懸(とうけん)』のシンボル提灯をお供えする習慣があります。法縁廟も美濃地方特有の紅白提灯のお供え、雨対策しながら準備しました。
c0209909_08190624.jpg定刻の1時間前くらいからボチボチ参詣者が集まって見えました。
受付では夏行事パッぴも着て対応です。
c0209909_08190747.jpg皆さんが集まりだした頃、若院が提灯の蝋燭に火を付けます。
雨も上がっているのでラッキーでした。
c0209909_08190722.jpg15分前には続々参詣者があがって来られます。
c0209909_08200183.jpg京都からお車でおいでの、葛野先生も到着されました。
c0209909_08200115.jpg10分前には、一度本堂から降り、法縁廟でお焼香をして再び本堂に上がってもらえるようにアナウンス。
総代さん先頭にお焼香が始まりました。
c0209909_08200198.jpgすでにお骨の納まったお宅は、孫さんも連れてのお参りで有り難いご縁です。
c0209909_08200196.jpg当日、無縁になった叔父さんを納骨する家族も有り、正装で親戚集まってのお参りもご縁でした。
c0209909_08200132.jpgお焼香が終わると、法縁廟に納められている『過去帳』を住職が本堂へと運び、前卓の前に安置してお勤め準備です。
c0209909_08200257.jpg予定5分遅れで喚鐘が打たれ、盂蘭盆会のお勤め開始です。

c0209909_08200214.jpg法縁廟過去帳を礼盤前に安置し、仏説阿弥陀経のお勤めです。
c0209909_08200200.jpg法縁廟のお墓参りも兼ねての総盆経、お勤め中参詣者全員にお焼香をしてもらいました。
c0209909_08212442.jpgお勤めが終わり、住職から経のお勤めの意味合いと、余間に出された虫干しの宝物についての説明がされました。
c0209909_08212547.jpg住職の説明にもあった、楷書で書かれた蓮如上人真筆六字名号、皆さん間近で拝んでもらえました。
c0209909_08212522.jpg興味のある方は、あちこち虫干してある本願寺や正尊寺歴代の掛け軸見て回っておいででした。
c0209909_08212528.jpg法話は龍谷大学教授の葛野洋明先生、一泊で二日間の法話お取り次ぎお願いしてあります。
c0209909_08212583.jpg法話休憩にはカキ氷の接待もあり、盆会ではチョッとリッチに宇治金時にミルクかけと上等なカキ氷です。



c0209909_08212685.jpg皆さん喜んで食べてもらえ、熱いなかクールダウンで聴聞してもらえるよう工夫です。
c0209909_08212695.jpg初日のお説教は『倶会一処くえいっしょ』と書かれた法縁廟の石碑から、お盆のお話を聴かせてもらいました。
c0209909_08212654.jpg午後4時半法話終了、法縁廟総盆経併修の盂蘭盆会第一日目終了しました。
参詣の方にはお供えの『しおがま』が、お下がりとして配られました。
c0209909_08222318.jpg法要後、法縁廟過去帳がカロートに戻され、しばらく扉が開け放たれ法縁廟ご本尊参拝自由時間としました。
納骨家族の皆さんは、中に入りお参りしてから帰路につかれました。
c0209909_08222455.jpg参詣者が帰られると、法縁廟にセットしていたパラソルはたたまれました。
紅白の提灯はもう火を入れることも無く、役目を果たし防御する必要は無くなりました。


8月17日盂蘭盆会2日目、雨も上がり蒸し暑い日となりました。
法縁廟池には睡蓮が咲き、紅白提灯も原形を留め緑の芝生を引き立たせていました。
c0209909_08222429.jpg
c0209909_08222419.jpg庫裡厨房では、早朝から婦人会の役員さんも手伝ってもらえ、お斎のソウメン仕込みが進みました。
坊守の里からお取り寄せした揖保乃糸、取りあえず60人前120束準備したそうです。

c0209909_08222406.jpg正尊寺は創味のつゆを薄めて漬け汁を作ります。
食べる寸前ダシを冷やすために氷を一片ずつ入れるので、チョッと濃いめです。
c0209909_08222467.jpg本堂では9時半から『観無量寿経』お勤めが始まります。
c0209909_08222557.jpgお勤め終わり休憩では、庫裡でアイスコーヒーを飲む方が多くいます。
喫茶店行かず、お寺のお座でコーヒーを飲むことを習慣にしてもらいたいのです。
c0209909_08222542.jpg法話は今日も続いて葛野先生、浄土真宗のみ教えのスペシャルを、身近な事象を喩えにしながらわかりやすくお話しして頂けました。
c0209909_08225934.jpg法話が佳境に入った頃、厨房ではお湯と冷水を使いソウメン茹で合戦が始まっていました。

c0209909_08225971.jpg庫裡には60名分の座席が用意され、準備万端法話の終了を待ちます。
c0209909_08225984.jpg本堂には難聴用スピーカも設置しましたが、BOSE1705アンプ通電せず、急遽代替え品で対応しました。
今後のことも考え、Amazonで中古の1706アンプを購入しました。
c0209909_08225901.jpg法話の終わる頃、お斎準備完了です。
モミジ葉をアクセントにして、スチロールドンブリの安物感をカバーしています。
c0209909_08230028.jpg婦人会の皆様よく働いて頂けます。
ご奉仕ありがとうございました。
c0209909_08230015.jpgお斎場は賑やかになりました。
c0209909_08230036.jpgご講師にはチャンとした陶器のドンブリ、住職もお相伴です。
c0209909_08230016.jpg熱中症対策で、梅を砂糖に漬けたシロップを水で割ったジュースをビバレッジディスペンサー 3.5ガロンに入れ、清涼に提供しました。
c0209909_08233242.jpg午後からは一部参詣者も入れ替わり、スペシャルなお取り次ぎは続きます。
ソウメン食べて帰った方も有り、まことに残念な方もおいででしたが、午後からだけでも来られた方は正解でした。
c0209909_08233258.jpg法話の休憩時間は今日も宇治金時ミルクがけカキ氷のサービスです。
c0209909_08233341.jpg午後からお聴聞に来られた、仏壮会員の方々はウェイターを買って出てもらえ、とても助かりました。
c0209909_08233375.jpg葛野先生お盆の法話は死なない命のお話し、2日間有り難いご縁でした。
c0209909_08233319.jpg今日も最後までお参りの方々には、お供えの塩竃(しおがま)をお下がりで配りました。
c0209909_08233321.jpg今日は蒸し暑い日でしたが、雨の心配なくお下がりを持って、皆さん帰路につかれました。
本堂ではお盆法要飾りから日常へ一気に片付けが進みました。
c0209909_08233489.jpg8月18日、未明から隣町に避難指示が出るほどの大雨、朝起きると法縁廟提灯は無残な姿になっていました。
慌てて提灯はずし、廃棄処分となりました。

※去年のお盆会


# by shoson | 2017-08-17 17:00 | 行事 | Comments(0)

日曜日の開催となった正尊寺盆おどり大会、参加者の出足を心配しましたが、ビンゴカード420枚ちょうど配り切れる大勢の参加者で賑やかに開催されました。
c0209909_08152635.jpg
c0209909_08152668.jpg8月11日(海の日祝日)午前7時から仏教壮年会の会員が集まり、ヤグラの準備です。
c0209909_08152614.jpg早朝、涼しい内に作業を進めようと7時集合でしたが、太陽が差し始めると一気に真夏の暑さとなりましたが。
境内の提灯飾りや万国旗も整備されていきました。
c0209909_08152616.jpg木陰でカキ氷を食べながら一服、仏壮の皆さんお疲れ様でした。
c0209909_08152773.jpg
8月13日午後3時
仏壮会員集まって仕上げの準備とカキ氷や綿菓子、電飾や放送の最終テストです。今年はにわか雨の予報も無く、皆にこやかに1時間ほどで解散です。
c0209909_08155512.jpg午後6時再集合
本部席横にビンゴの気品も並べられ、スタンバイです。
c0209909_08155599.jpg今年のビンゴ4桁の目玉商品はありませんが、主婦が喜びそうな3桁商品は1ダースほど揃えました。
c0209909_08155510.png最近バージョンが上がってよく解らないポケモンGO、お約束どおり正尊寺境内3ヵ所のポケスポでは花吹雪、ルアーモジュールでモンスター出まくりにしました。
c0209909_08155607.jpgPM7:10開会
人寄を眺めながら、定刻10分遅らせ横山仏教壮年会々長から開会の挨拶です。

c0209909_08155674.jpg林仏教婦人会々長からも挨拶いただき、全員で本堂に向かい合掌礼拝して、盆おどり大会の開会式となりました。
c0209909_08155659.jpg合葬礼拝のあとは回れ右して、開会の打ち上げ花火です。
今年は5連スターマインが入手できず、1,500円の打上花火を5発、値段の割には一瞬でした・・・
c0209909_08155747.jpgまだ薄明かり、来場者もまばら、ヤグラの上には仏壮役員さんも上がって賑やかしで踊りスタートしました。
c0209909_08155764.jpg綿菓子、カキ氷も仏壮スタッフがスタンバイです。
c0209909_08163525.jpg今年から夏行事ハッピを新調、水色波模様に正尊寺々紋の涼しげ、仏壮スタッフが引き立ってとても派手やかな雰囲気になりました。
c0209909_08163570.jpg開会から20分ほど経つと、だんだん会場は人で埋まってきました。
ヤグラに上って踊っている子供さんには、蛍光ブレスレットをプレゼントしはじめたら、ヤグラは一気に賑やかになりました。
c0209909_08163580.jpg踊り始めて30分が経ち、御山音頭おやまおんども踊れるようになり、チョッと休憩です。
ここで200本用意された、子供さんジュースが配られます。

c0209909_08163563.jpg今年の正尊寺盆おどり、快晴で多くの人が集まってきましたが、招かざるガメ虫もたくさん集まってきました。
ヤグラの提灯にもたくさん集まりけっこう匂っているようです。
c0209909_08163573.jpg蛍光ブレスを付けたたくさんの子ども達、見よう見まねで一生懸命踊ってくれていました。
c0209909_08163646.jpgスピーカーの設置した太鼓堂からの俯瞰写真。
これを撮るため本部席から住職が姿を消すと『ご院さん具合が悪くなったらしい』とデマが流れたようでした。
c0209909_08163696.jpg子ども達で満開のヤグラの周りに、たくさんの人達の踊りの輪ができました。
踊りも佳境に入って大いに賑わっていました。
c0209909_08172005.jpg踊り始めから1時間半、踊り佳境になったところで、ヤグラの上で踊る人達から巡番にビンゴカードが配られます。
c0209909_08172027.jpgヤグラ上でビンゴカードが配られると、仏壮スタッフが輪になって踊っている人達へもカードが配られ始めました。
c0209909_08172081.jpg最後の御山音頭が終わるとおどり終了。
ヤグラで最後まで頑張った子供さんには、もう一枚ボーナスのカードが降りて来るとき渡されました。
c0209909_08172102.jpgPM8:40 ビンゴ大会
子ども達も楽しみの大ビンゴ大会が始まります。
カードは420枚全て配布、景品は460アイテム全員空クジ無しのビンゴです。
c0209909_08172185.jpgヤグラの周りは皆さん座り込んでの参戦です。
ビンゴを回すのは婦人会長さんです。
c0209909_08172161.jpg年季の入ったボードをめくって当たり番号が知らされます。
c0209909_08172230.jpg今年最初にビンゴになったラッキーな少女です。
c0209909_08172276.jpg次から次へビンゴになって、景品交換所は大混雑、怒濤の40分無茶苦茶ですが、これが正尊寺大ビンゴ大会の醍醐味です。

c0209909_08175924.jpgPM9:30 閉会
今年も賑やかに正尊寺盆おどり大会が開催されました。
Facebookに「盆おどり動画」もあがっています。

c0209909_08175995.jpg盆おどり終了後、少しの余韻を楽しみながら、仏壮メンバーもハッピを脱ぎ後片付けが始まります。
c0209909_08175986.jpg大勢の力で頑丈な鋼鉄製ヤグラも解体が進みます。
c0209909_08175943.jpg鐘撞き堂南側に作られた倉庫に、整理されながらヤグラが片づけられていきます。
この収納は慣れた仏壮会員しか収まりません。
c0209909_08175962.jpgPM10:30 打上
大勢の力で1時間ばかりで全てが片付き、エアコンギンギンに効かせた庫裡広間で楽しい反省慰労会です。
ここでも1ケースのビールが売れました。

仏壮お皆様、ほんとうにお疲れ様でした。


※去年の盆おどり大会

# by shoson | 2017-08-13 23:00 | 行事 | Comments(0)