c0209909_1045179.jpg
c0209909_10513.jpg報恩講の2日目、冷え込みもさほど感じられず、朝8時には後半お取り持ちのご門徒さんが集まってこられました。
まず、大広間に集合しご本尊にお参りし、お取り持ちの作業内容や分担を決めるミーティングです。


15分ばかりのミーティングの後は、それぞれの持ち場に別れ作業が始まります。
厨房ではお味噌汁の具が大量に調理されていきます。
お味噌汁は白菜・豆腐・アゲ、シンプルですが具沢山、刻み作業も人海戦術です。



大広間は掃除とテーブルの拭きあげ、お椀が並べられお斎の準備が進みます。


c0209909_105975.jpg15日の朝座は正信偈五十六億和讃、正連寺さんとご講師も出勤していただけ、賑やかでした。








若院は大学のクラブ活動のため帰たそうにしていましたが却下、ご法中に挨拶し午後のお座まで勤めててくれました。








午前のお説教はほぼ満堂でしたが、日曜日で天候に恵まれている状況を考えると、超満堂にならないのは何故だろう?今後の課題です。


c0209909_105157.jpg午前のお説教が終わる頃、広くなった庫裏ですがお斎会場は満員、玄関ホールもお斎待ちの同行で一杯になります。
今日は日曜日で、お子さん連れののかたも多く有り難いことです。





お斎も終わり厨房の後片付けも一段落すると、休憩かたがた本堂のモニターを見ながらチョこっとお聴聞、これも有りなのが正尊寺流です。







境内の休憩時間は焚き火の回りに人が集まります。
31日除夜の鐘用に頂いた、浅川建設さんの薪が大活躍して、どんどん焚かれていきました。

c0209909_1052342.jpg15日の午後からは仏教婦人会の献灯献花が行われます。
仏教婦人会は11日のおみがきから報恩講準備をして。
献灯献花のリハーサルもみっちりしてこられ、報恩講中日の素晴らしいお荘厳になりました。




寒い本堂縁に並び献灯献花スタンバイされる仏婦会員、それを応援する孫さん達、世代を超えた報恩の集いです。








皆さんいい顔です。

c0209909_10530100.jpg午後の法要は正信偈意訳『しんじんのうた』です。
15日で日曜日あちこちのお寺の報恩講と重なっているようで、お客僧さんは重里浄明寺さんだけでしたが、ご講師さんも出勤してくださり何とか格好のつくお内陣になりました。




この法要の時、北余間は総代さんの指定席になります。
いつもは下陣が超満員になるため、こうした席を設けるのですが、下陣に空席が多少有るのは残念でした。






仏教婦人会の役員メンバーはガウンを着たまま一緒にお勤めします。






お勤めの後は、総代長さんお焼香を皮切りに、各教化団体の代表がお焼香をしました。




by shoson | 2012-01-15 16:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_21562256.jpg
c0209909_21513781.jpg報恩講第1日目、玄関には受付係が半纏を着け参詣者を迎えます。
穏やかな日で、入口の扉を開け放ってもさほどの寒さはでは無かったようです。

c0209909_21515048.jpg報恩講のお参りには『おぶくまい』と言い習わすお仏飯米を持って来られます。
なかには「お嫁に来るとき母が報恩講用にと持たせてくれました、もう50年以上前のことです」と、綺麗な晴れ着布で作った米袋を持参の方もあります。
まさに報恩講の伝統でありましょう。

c0209909_21515739.jpg午前の法座は嬉しい満堂でした。
天気も良く、土曜日であったからかも知れません。

c0209909_2152736.jpgお説教の後の庫裡大広間、お斎場は一杯の人で入りきれません。

c0209909_21521626.jpg玄関ホールではお斎を待つ間、大火鉢の回りでしばし歓談。
数十年続く報恩講の風物史です。


c0209909_21522726.jpg報恩講ばかりはしかた有りません、午後の法座は少し聴衆が減ってしまいます。
お斎をよばれ帰ってしまう門徒のことを『食い逃げ同行』と内々では囁いていますが、きょうもこの様な門徒が多々有ったようです。

c0209909_21523486.jpgお斎の浪が引く頃、厨房では洗い物が山積み、流れ作業でお椀が洗われていきます。

c0209909_21524373.jpg洗い物が一段落の厨房では、モニターから流れるお説教を聴聞しながら一息。
ご苦労様でした。

c0209909_21525042.jpg会議室は衝立を使い、厨房の商品倉庫と寺務所になります。
法事の予約に次々と門徒さんが相談に来られます。

c0209909_21525967.jpg境内では一日焚き火、子ども達もその回りで遊びながら、説教聴聞の祖父ちゃん祖母ちゃんを待っています。

住職はこの光景が大好きです。
室外スピーカーが境内にもお説教を流しています、こうした子供の毛穴からもご法義は染み込んでいくことでしょう。

c0209909_2153674.jpg午後5時、後片付けと明日への準備もおわり、本年報恩講前期のお取り持ちのご奉仕は終了です。
最後に広間で打ち上げ、住職からも御礼を申し上げました。
二日間献身的なお取り持ち、笑顔を絶やさず、参詣の皆さん大いに喜んで頂けました。
ご開山聖人への何よりの御報謝ありがとうございました。

by shoson | 2012-01-14 17:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_22163859.jpg
手間がお供えのお華束が美しく完成しました。
c0209909_22164736.jpg
c0209909_2216561.jpg朝8時前お取り持ちの中島寺内・中川原・下川原3班の方々が集まってこられました。
まず庫裡の大広間仏間に集合し、阿弥陀様に合掌礼拝で始まりました。

c0209909_2217443.jpg仏間の前にスクリーンが降ろされ、報恩講お取り持ちの準備や役割についてのプレゼンテーションで確認し合ってもらいました。

c0209909_22171455.jpg厨房は女性方が中心に大根と人参をツキツキし酢の物、紅白なますを大量に作って貰います。

c0209909_22172335.jpgこの作業は人海戦術ですが、単純作業で厨房には笑い声が響き渡り、和気藹々とした雰囲気一杯でした。

c0209909_22173228.jpg20リットルの桶に3杯、絶妙の味付けで完成しました。
一晩二晩寝かせると、一段と味がしみ美味しくなります。

c0209909_2217404.jpg女性陣が厨房で奮闘中の時、男性陣は境内建物の幕張や本堂の準備など力仕事に精を出されます。

c0209909_22174957.jpg手慣れた地元のお取り持ち、早々と外仕事終了、続いて庫裡広間に戻り、お斎食器のお椀のから拭きも済ませてもらいました。

c0209909_22175667.jpgそして、いよいよ神経を集中する、お華束の着色が始まりました。
皆さん真剣に手間を掛けお供えのメイン、お華束飾りを完成されました。

c0209909_2218494.jpg何人もの手で丁寧に作られたお華束飾り、本堂に運ばれ立派なお供えとなりました。

c0209909_22181395.jpg報恩講お斎のメインディッシュ、丸アゲの煮方。

準備日は400個のアゲが2基の回転釜でまず湯通し、これで柔らかな食感が生まれるそうです。





しっかり茹であげ湯通ししたアゲを回転釜から出し、しっかり押さえてお湯が絞られます。
この時先に作っておいたキャスター台に乗った大ハソリが思った通り大活躍でした。






アゲが絞られている間に回転釜では、だし・砂糖・みりん・醤油で下味スープが煮込まれていきます。






オッと危ない・・・
初めて煮方になった方が、煮ザルの中身だけお釜に入れようとされました。
昨年の経験から200個のアゲ、煮ザル無しだと下の方は焦げてしまいます。
ザルごと漬けて煮るのが、上等な秘訣です。




ザルごとお釜に使ってじっくり煮詰められていきます。
今年は住職の糖尿病に合わせるよう、薄口あっさりめの味付けで出来上がっていくようです。

味の浸みる明日のお斎が楽しみです。

c0209909_22182392.jpgご門徒からお供えになった黒豆も、お釜で大量に煮られていきます。
お釜一杯ダイナミックな正尊寺お斎の厨房です。


☆去年の報恩講準備

by shoson | 2012-01-13 14:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_14184237.jpg
c0209909_14185590.jpgきのうのお磨きと並行して庫裡厨房ではお華束(けそく)づくりが進んでいました。
今回はお華束が作られていく過程をUpしていきましょう。

米粉と餅米粉を団子にして蒸かしていきます。

c0209909_141925.jpgおにぎりの様ですが粉を団子にしたものです。

c0209909_14191380.jpg蒸されたタネを電気餅つき機に投入します。

c0209909_14193851.jpg正尊寺お勝手方の達人が、微妙なヘラ捌きでお餅にしていきます。

c0209909_14194737.jpg伸し板に米粉を振って、熱々の内に延ばされていきます。

c0209909_14195553.jpg厚さ9ミリの添え板を使い均一に延ばされます。

c0209909_14203100.jpg延ばされた餅を抜くのは人海戦術、大勢のご奉仕で7000個以上のお華束が抜かれていきました。

c0209909_14201033.jpgこんなにたくさんのお華束、一晩涼しい廊下で寝かせられます。


c0209909_1420173.jpg本日あさ8時、地元の達人方が暫時集合してお華束盛と呼ばれるお餅のお供えタワーが作られます。

まずは、少し硬くなった餅玉の粉をふるい落とします。

c0209909_14202615.jpg長さ45㎝のステンレス串にムカデの様に餅玉が刺されていきます。

c0209909_14204411.jpgところが、そのステンレス串を形成する台の穴が小さく、うまくセットできないようで、急遽ドリルで穴を広げました。


c0209909_14205156.jpgセットの穴にスッポリと串が収まり、段取りよくお供物タワーが伸びていきました。

c0209909_14205812.jpg作業開始から4時間、14本のお華束が綺麗に完成しました。
報恩講のお供物、お手間入りのご奉仕ありがとうございました。


by shoson | 2012-01-12 12:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_21444929.jpg
c0209909_21445728.jpgおみがき前日、本堂にはゴザを敷き座卓を並べおみがき作業場が設営され、お内陣の真鍮の仏具を降ろし、パーツパーツ作業がし易いように机に並べられます。

c0209909_2145585.jpg正尊寺普段の五具足は真鍮ですが、報恩講は本願寺派正式の宣徳色のお仏具を出しお荘厳します。

金色の真鍮五具足は磨かれ一時休憩です。

c0209909_21451353.jpg庫裡はおみがきと同時に行われるお華束作りの準備もされます。


c0209909_21452230.jpg厨房もお華束作りで粉だらけになるため、ビニールシートや養生テープを使いしっかりガード、IHレンジの換気口もしっかり目張りを忘れませんでした。
この準備をキッチリしておかないと後のお掃除が大変になります。

c0209909_21452987.jpg朝8時半には婦人会の皆さん集合し、一斉に仏具みがきが始まります。
大勢での作業、1時間ばかりで見る見る金ピカの輝きが戻る仏具です。

c0209909_21453834.jpg午前10時にはおみがきも終わり、粉まみれになっても良いように、ブルーシートで養生された会議室で休憩です。
その間、仏婦会長さんから15日報恩講で献灯献花のメンバー募集など、和気相合のいっぷくです。

c0209909_21454633.jpg厨房ではお昼ご飯の準備も並行して行われています。
味ご飯イイ感じのお焦げもできて美味しそうです。
こうして大勢の力でおみがきも終わり、昼食時には住職からも御礼、とこれからの仏教婦人会への期待とお願いがされました。


by shoson | 2012-01-11 09:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_661454.jpg
c0209909_662470.jpgお彼岸のお中日から3日間は永代経が勤まります。
2日目は開闢法要もあり、庫裡広間では別修のお斎が準備されます。
床の間の掛け軸もお聖経バージョンに掛け替えました。

夏うち掛かっていた書は、長州の出身で明治維新のころ、本願寺の近代化を進めた傑僧、島地黙雷師の揮毫です。
師は雨田(うでん:雷を上下分けられた)の雅号で多くの漢詩を残しておられ、住職も師をまねて雨伝とハンドルネームにしています。
20年前の御遠忌にご講師で来られた山崎慶輝勧学の目に留まったので解説をしてもらいやっと意味が解りました。
解説書のPDF


c0209909_663468.jpg
c0209909_664363.jpg玄関絵画も入れ替え
夏の間だしてあった涼しげな絵を入れ替えました。

c0209909_665217.jpgこのスライド額縁には7枚の絵画は入っており、トランプを切るように抜き差しいながら、少し秋らしい絵を選びました。

c0209909_665924.jpg選んだ絵を先頭のレールに納め、これからの季節順にだしやすいよう並べ替えもしてから納めました。


by shoson | 2011-09-22 18:04 | 行事 | Comments(0)

c0209909_01873.jpg
c0209909_0171817.jpg
c0209909_017316.jpg大広間を英語で表すとGreatHallh、52畳和の巨大な座敷、今回は庫裡ホールとして音楽を楽しんでもらうスペースになりました。
お庫裡の借用を申し出られたのは、日曜学校の子ども達へ長年お琴の指導をして下さった市川先生です。

c0209909_0173943.jpg演奏会の前にはお内仏を開け、アミダ様にちゃんとご挨拶もしてもらえていたようです。

c0209909_0174744.jpgそして、お経代わりでしょうか、尺八でアミダ様にご挨拶の奉納演奏をして、お内仏のお扉を閉めてから演奏会が始められました。

c0209909_0175540.jpgかつて本堂でのコンサートもされましたが今回は庫裡、本堂とは少し共鳴がちがっていたでしょうが、木造の建物ゆえ音の吸収も良く、気持ちよく演奏が出来たとのこと、純木造の庫裡の利点がまた発揮されたようです。


by shoson | 2011-06-19 13:00 | 行事 | Comments(0)

正尊寺真宗講座満10年を迎え、お参りの方に夕食変わりのカレーを200食振るまいました。
その時の行事アルバム
c0209909_8121497.jpg
c0209909_8122566.jpg前日からご近所のサンガスタッフと婦人会、48座スペシャルお同行も手伝ってくださり下拵えが段取り良くできました。
山のような本巣名産取れたてタマネギが剥かれ、カレーとサラダの具材になっていきました。

c0209909_8123488.jpg200人分、お肉は細切れビーフ100%で8㎏使いました。

c0209909_812426.jpg80㍑の回転釜で炒めたタマネギとじっくり煮込みました。

c0209909_8125311.jpg人参・ジャガイモにアミカで購入した業務用バーモントフレーク・オリエンタル・SB甘口、各1㎏を2袋づつ6㎏投入し、再びじっくり煮込みました。

c0209909_81327.jpg子供やお年寄りも沢山みえますルーは甘口で仕上げ、お好みに合わせ辛味スパイスを2種類準備しました。
カレー皿のアクセント福神漬けとラッキョは定番です。

c0209909_8131179.jpg回転釜の側へキャスターワゴンを寄せ、土間スペースでご飯とルーを掛け、ハッチへ手渡しリレー風に動線を作りました。

c0209909_8131974.jpg午後4時30分本堂では昼のお座が終わりました。
厨房は押し寄せるお同行がスムーズにカレーライス受け取り、大広間で食べられるように準備完了です。

c0209909_8132729.jpg厨房ハッチの前には長い行列が出来ました。
厨房の設計段階から想い描いていた『行列の出来るお斎』は現実となりました。
しかも、考えていたとおり広く明るい廊下で和気藹々とした雰囲気で、並ぶお同行の姿はほんわかとてもイイ感じです。


c0209909_8133496.jpg法話が終わって第一陣90名程は家路を急がれる方が庫裡へ来られましたが、厨房の中はスムーズに動いていました。
初めてのセルフサービスでのお斎振るまい問題なくスムーズに行うことが出来ました。

c0209909_8134378.jpgご門徒お同行が終わった時間にはご講師の先生、48座のご院さん方、親子お経教室の参加者、夜座がはじまる午後7時半まで大広間にはスパイシーなカレーの香りと、歓談の声が響いていました。


by shoson | 2011-06-17 19:10 | 行事 | Comments(0)

c0209909_151043100.jpg
c0209909_15105380.jpg第46回を迎えた正尊寺真宗講座大勢のお参りがあり、賑やかに開催されました。
休憩時間はこの地方の人々にとってコーヒーブレイクという認識、けっして音聲休(おんじょうやすみ)という認識は無さそうです。
みなさん、コーヒーを飲みながら一服です。

c0209909_1511311.jpg今年から狭い本堂縁でのコーヒーブレイクから、ゆったりテーブルを囲み、ご講師の音聲休めの間歓談で盛り上がります。
夜のお座には小さな子供と一緒にお聴聞に来られる姿もありました。

c0209909_15111327.jpg庫裡大広間サテライト会場は、子ども達がムズかってもご講師の神経に障ったり、お話しに影響しません。
夜10時までの長丁場、子ども達はスピーカーから流れるご法話を聴きながら遅いお昼寝。
サテライトだからこそできるこの雰囲気、こうして寝ていながらもご法義はこの子ども達の毛穴から染み込んでいます。

新しい庫裡の本領発揮となった、真宗講座でした。


by shoson | 2011-05-25 20:00 | 行事 | Comments(0)

c0209909_235567.jpg
c0209909_2355281.jpg今年の『花まつり・降誕会』のお楽しみアトラクションは、絵本「もりのかくれんぼう」を読んで、正尊寺庫裡のアイデア施工を親子で見つけ探検をしました。
iPadでPDF化した絵本をスクリーンに映し、H先生に読み聞かせしてもらい、庫裡探検の動機付けとテンションアップになりました。

c0209909_236362.jpg住職からルールが説明され、見取図を手にすると親子共々我や先に庫裡へと大移動し、かくれんぼうのプトラを捜す大アトラクションが始まりました。

c0209909_2361820.jpgプトラくんは正尊寺庫裡の代表的な七箇所のアイデヤ施工の所に隠れているがヒントでした・・・・

門徒の絵心腕自慢が変わり番で飾る大玄関通路の画廊にこれ見よがしに置かれたキッズサンガミニ幟。
さすがにこれは皆ファーストGETでした。

c0209909_2362820.jpg見つけても声を立てたり指を指したりすると、皆に解ってしまうので隠密にと説明しましたが・・・・
見つけると思わず声を上げ、指を指してしまうのが、大人も子供も本性のようでした。

c0209909_2363924.jpg吹抜に吊された、京都唐長特製の天平大雲唐紙で作られたランプシェードの底に隠れたプトラの顔・・・・
イイ感じで隠れていました。

※紫色の縁取り写真はA3の回答説明です。
c0209909_2365982.jpg12畳ケヤキ張りのホール、200号のスライド絵画7枚収納絵画床の間、大人は絵に目線が行き、それを照らす蛍光灯へはなかなか目が行かないようです

c0209909_237957.jpg奥まった蛍光とに透明なシールに印刷したプトラの顔が並んでいました。

c0209909_2372434.jpg厨房は大勢の子ども達が入っては散らかるので立入禁止区間に。
廊下のハッチから厨房に隠れたプトラを捜す姿は圧巻でした。

c0209909_2373613.jpg子供の目線で捜しましょうと説明したとおり、ハッチの扉鴨居の溝にくっついているミニミニプトラ(腕輪念珠の親玉解体)がなかなか発見できないようでした。

c0209909_2381668.jpg大人も子供も宝探しは真剣になります。
100名ほどの参加ですが広い庫裡なかなか発見できません。


c0209909_2382668.jpg直径2㎝の取っての先に貼り付けられたシール、ほとんど築かず通り過ぎていきます。

c0209909_2383667.jpgEV用の倉庫にウインチで吊り下げられたプトラパペット人形、これは誰でも気づくサービス問題でした。

c0209909_238502.jpg隠れたプトラくんを発見すると、婦人会の役員さんスタッフから赤丸シールをもらい見取図に貼ります。
庫裡大広間は大騒ぎ、内緒にできない仏の子、隠れ情報がどんどん広がっていきました。

c0209909_239774.jpg大広間の仏間は電動スクリーンも降りてきます、その隅っこには超レア物のまっ白なプトラくんフィギアが貼り付いていました。
金色のご本尊ばかりへ目が行き、保護色のプトラくんみんな発見には苦労していました。

c0209909_2392136.jpg7アイデアではありませんが、中庭のドウダンが綺麗に咲いていたのでその枝にもレアなプトラくんを隠しておきました。
さすがにこの第8番目のプトラくんに気づく子は居ませんでした。

c0209909_2393075.jpg約15分充分に庫裡を探検し、本堂に戻り七つの建築施工アイデアをA3カラーコピーした回答写真で説明しながら答え合わせ、思った以上に盛り上がったアトラクションになりました。

行事アルバムに詳細有ります。

c0209909_2394072.jpg


by shoson | 2011-05-04 14:00 | 行事 | Comments(0)